40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ #1

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-07-02 06:00
投稿日:2021-07-02 06:00

50歳を前にして「男としての自分の人生」に疑問

 既婚者であっても、愛するパートナーがいても、それが「日常」となってしまえば、飽きを感じ、別の刺激を欲するのが人間の本能だ。では、どのような選択肢があるのだろう。このコラムでは不倫や既婚者合コンなど、様々な「愛の形」を発信してきた。

 今回、取材に応じてくれたのは、Wさん(46歳・外資系IT)。学生時代はラグビー部だったという彼は、長身で筋肉質、高級感あるスーツがよく似合うワイルドかつ知的な印象の男性だ。

 都内のタワーマンションに、二歳下の奥さま、高校生の息子さんと一緒に住んでいる。平日は可能な限り早めに帰宅し、家族と夕食を摂り、休日は友人ファミリーとともにアウトドアを楽しむ、理想的な「良き夫、良き父」である。

 不安定な世の中ゆえ、いつ職を失っても路頭に迷わぬよう、IT関連はもちろん、転職関連のセミナー講師、ビジネス書作家、メルマガ著述者、投資家としての顔も持つ。

 そんな彼が持つ悩みは、他でもない「妻との関係」だった。

 誰もが羨むエリート男性の持つ驚きの告白に、筆者が迫ってみました。

 ◇  ◇  ◇

――お悩みの詳細を教えてください。

「はい、これまでの人生、山あり谷ありでしたが、何とか目標どおり頑張ってこられました。しかし、50歳を前にして、『自分の男としての人生は、このままでいいのか』と疑問を持つようになったんです。

 ズバリ言うと、完全にレスになった現状です。結婚して十七年も経つと、当然ですが妻とは『家族愛』になってしまうわけですよ。

 結婚前はあれほど情熱的に愛し合った妻ですが、今はすっかり落ち着いて……見方を変えれば、それだけ円熟味の増した夫婦とも言えますが、やはり、もっと男としての実感が欲しいというのが本音です」

夜の街に誘われても…

――他の女性との恋愛もしたいということでしょうか?

「単刀直入に言えば、イエスです。若いころのような、ヒリヒリドキドキするような刺激が欲しいんです。もっと言えば、オスとして奮い立たせてくれるような環境や相手が欲しかったんです。

 で、以前、知人に誘われて銀座や六本木のクラブに行きました。若くて美しいホステスは、懸命に話術やボディタッチで僕を楽しませてくれようとしているのが分かりました。でも、楽しく話していても、『接客』だと思うと、どこか白けてしまってね……。

 日本人男性は『ホステスをいかに口説き落とすか』などの駆け引きを楽しんでいるようですが、僕には合いませんでした。それに、外資系の会社に勤め、日々、『成果主義』『効率性』を求められる僕からすると、口説き落とせるかどうかも定かでないクラブやキャバクラのホステスに大金と時間を費やすのは人生のムダだと判断したんです」

「夫婦交換」サークルとの出会い

――なるほど、続けてください。

「そんな時でした。元同僚で、現在は輸入雑貨会社の社長として成功している同い年の知人に、『夫婦交換』のサークルを紹介してもらったんです。

 あまり大きな声では言えませんが、夫婦で入会するのが必須であるグループ交際の場と言ったらいいでしょうか。会員は紹介者がなくては入会できず、勤務先や年収、家族構成など、厳しい審査があります。

 会員は非公開。政治家、財界人、投資家、会社社長など、多くがエリートとのことです。僕としては興味があったのですが、夫婦で入会することが前提です。

 僕は妻に説得方法を考えました」

――基本的な質問で恐縮ですが、「夫婦交換」の内容をお教えいただけますか?

「はい……実は」

 重い口を開いたWさんの話を聞き、筆者は驚いた。

 現在もそのような交際の場があったとは――「夫婦交換」とは、いったい如何なるものか。

 続きは次回。

蒼井凜花
記事一覧
官能作家・コラムニスト
CA、モデル、六本木のクラブママの経歴を持つ異色の官能作家。近著に「CA、モデル、六本木の高級クラブママを経た女流官能作家が教える、いつまでも魅力ある女性の秘密」(WAVE出版)、「女唇の伝言」(講談社文庫)。
オフィシャルサイトYouTube

ラブ 新着一覧


マチアプに“借金男子”が増殖中!生活苦を訴え、カネを無心。助けを求められたら即すべきことは…
 マッチングアプリで近ごろ見かけるのが「借金男子」です。支払いが大変なので、支援してくれる女性いませんか、と呼びかけてい...
内藤みか 2024-07-25 06:00 ラブ
夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ