クラブママ直伝!生々しい“男の不倫のホンネ”をお伝えします

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2020-02-02 06:00
投稿日:2020-02-02 06:00
 某有名俳優と女優の不倫が世間を騒がせている昨今、過去10年にわたって六本木のクラブママを務めた筆者は、「浮気や不倫」に対する男の生々しいホンネを多く聞いてきました。
 今回は、夜の世界だからこそ聞けた「ここだけの不倫話」を皆さんにお届けしたいと思います。

1・不倫がバレないために、男性が必死に心がけていること

不倫男性が必死に心がけていることとは(写真:iStock)
不倫男性が必死に心がけていることとは (写真:iStock)

 浮気や不倫と言っても、「家庭を守る妻」の存在があり、離婚は絶対考えていない。ましてや子供がいるなら、なおさらのこと――このような声が大多数でした。

 自分勝手ではあるけれど、男性はちゃんと「本命」と「遊び相手」を区別しているのです。

 奥さんにバレないためにも、

1. 愛人からのメールは、読んだら即、削除。……痕跡を一切残さない。

2. 不倫相手に「(匂いがつくから)香水はやめて」と言う。……遊び慣れしている男性は、妻と不倫相手に同じ香水をプレゼントする、という声もありました。

3. 相手の名前を、絶対呼び間違えない。……もしくは、奥さんにも愛人にも「ハニー」や「君」と呼ぶという強者もいました

4. いつもと同じ行動をする。……とある新婚の野球選手が来店した際、新人ホステスが『早く帰らなくていいんですか?』と訊くと、横にいたコーチが『ダメダメ、早く帰る癖をつけておくと、夫婦仲が落ち着いた時、どうして帰宅が遅いのかと奥さんに責められる。だったら、新婚時代から、遅く帰る習慣をつけさせるんだ』と言っていました。

2・浮気相手の年齢と人柄を厳選

ゆっくり自然に距離をとってフェードアウトを狙う(写真:iStock)
ゆっくり自然に距離をとってフェードアウトを狙う (写真:iStock)

1. 不倫相手は、結婚適齢期の女性を避ける。……二十代半ばから三十代前半の女性は、結婚を夢見がち。下手すれば『奥さんから奪ってやる』という恐ろしい結果になることだってあり得ます。

 結婚願望が比較的弱く、お金やプレゼントで解決できる(傾向が強い)二十代前半、もしくは絶対に家庭を壊さない人妻をターゲットにしている男性も多かったです。

2. 女性が怒った時の逆上ぶりを観察する。……人は「怒った時」「酔った時」「運転している時」に本性が現れると言われています。

 特に、女性が怒って感情的になった際に「あ、この子はキレるとマズいな」と判断するんだとか。またSNS好きの女性も、匂わせやネガティブな発信をする可能性があるので、要注意だそうです。

3. 別れる時は、フェードアウトがベスト。……恋愛に別れはつきものですが、不倫だって同じです。その際、男性から「別れよう」と言うと、激昂する、もしくは「今までのことを奥さんにバラす」という逆上パターンもありえます。

 別れたい際は「徐々に連絡を減らしていく」「しばらく仕事であわただしい」などと理由をつけて、フェードアウトするのがベスト。これは女性にも言えますね。白黒つけることなく、自然と連絡を控えていくのが賢い選択だと思います。

3・クラブママ時代、男性客に気遣っていたこと

さりげなく奥さまが喜ぶ贈り物を(写真:iStock)
さりげなく奥さまが喜ぶ贈り物を (写真:iStock)

 私自身、お客様との不倫はありませんが、ことクラブママと言うものは、世の奥様方から嫉妬の対象になりがちです。

 そんな私が心がけていたことは、

1. ご夫婦の結婚記念日を訊き、奥さまにも喜んでもらえる贈り物をする。……例えばバカラのペアグラス、奥さまが大好きなブランドのスイーツ、ご家族で美味しく食べて頂ける老舗高級フルーツ店のフルーツ詰め合わせなど。

 奥さまやご家族への気づかいの姿勢を見せるのです。

2. 香水は男性に移ってもいい「メンズ香水」を使用。……女性は意外と匂いに敏感です。私はメンズの香水、もしくはユニセックスの香水をつけて、移り香で迷惑がかからぬよう、気をつけていました。

 お見送りの際は、明るい照明の下で、お客さまのスーツに化粧品やラメがついていないかもチェック!

3. お客様に「奥さまとご一緒に、クラブに遊びにいらして下さい」と告げる。……女性のお客様は無料ですとお伝えしたうえで、奥様をご招待していました。そして店長や黒服、ホステスたちを紹介し、安心して頂くのです。

 気に入ってもらえれば「あの店なら行ってもいいわよ」と、奥さま直々にお墨付きを頂き、接待などの来店に繋がりました。とにかく「本妻を敵に回さないことが一番」だと、肝に銘じていました。

まとめ

 いかがでしたか? 夜の世界ならではの男性の本音や、奥様への心遣いを少しだけお伝えしました。「相手に大切にされる、唯一無二の存在」でありたいのは、誰もが思うことですよね。

 そんな皆さんに書いたモテ本「CA・モデル・六本木の高級クラブママを経た女流官能作家が教える、いつまでも魅力ある女性の秘密」が好評発売中です。すぐに実践できる「特別感ある女性なれるモテテク・見た目づくり・トーク術・女同士の嫉妬のかわし方など」が満載です。

 ぜひ、お手に取ってみて下さい。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 LINEでの恋の駆け引きテクニックはいろいろありますが、意外にみんな使いこなせていないのが、スタンプテクニック。実は、...
恋バナ調査隊 2020-09-30 06:00 ラブ
FILM
 新型コロナウイルスによって始まったテレワークにより、コロナ破局や同棲解消が増えている、という話が取りざたされています。...
ミクニシオリ 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
 10〜20代の頃は好きな人のためにオシャレをして、髪をかわいく盛って、毎日楽しかった……。しかし、オトナ女子になった今...
若林杏樹 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性とやっとLINEを交換できたのに、あまりにそっけないと連絡を続けるべきかやめるべきか迷ってしまいますよね。...
恋バナ調査隊 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-29 06:54 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-28 17:53 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ