40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#2

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-07-09 06:06
投稿日:2021-07-09 06:00
 皆さんは「夫婦交換」という言葉を耳にしたことはあるだろうか。
 外資系IT企業に勤めるWさん(46歳・妻子アリ)は、夫婦のセックスレスを解消するため、さらには、夫婦生活のあり方を見直し、今後の人生を価値あるものにするため、「夫婦交換」の道を選んだ。

 第一回目はコチラ

「夫婦交換」サークルとは

お互いのパートナーを交換する(写真:iStock)
お互いのパートナーを交換する (写真:iStock)

――夫婦交換とは、どのようなサークルでしょうか?

「端的に申しますと、二組の夫婦が承諾のうえで、互いのパートナーを交換してセックスをすることです」

――そのようなサークルが現在も存在しているとは驚きです。

「はい、かつてはスワッピングや乱交パーティと言った下世話な位置づけが否めませんでしたが、話を聞くうちに、僕のように性の悩みを抱える夫婦の救いの場となる貴重なサークルだと思えました。しかも、身元審査も厳しく、夫婦で入会という意味でも、妻に後ろめたさを感じることなく、男としての自分を取り戻せると強く感じました」

――入会には奥さまのご承諾も必要でしたよね。どのように、説得されました?

「高校生の息子が合宿で不在の日、妻に『大事な話がある』とリビングに呼びました。あ……妻の紹介をしていませんでしたね。

 妻・U子(44歳)とは知人の紹介で知り合いました。女子大卒業後は旅行会社に勤めており、海外経験が豊富で語学も堪能。現在は専業主婦ですが、フラダンス教室に通う明るく活発な女性です。

 夫の僕が見ても、いい妻をもったと感謝しています。で、僕は率直に『U子のことは愛しているし、大切に思う。これからもいい夫婦関係を続けたいからこそ』と前置きをして、夫婦交換サークルに入会したい旨を打ち明けました」

妻の了承を得、夫婦で入会

あなたを信頼しているから(写真:iStock)
あなたを信頼しているから (写真:iStock)

――奥さまの反応はどのような感じでしたか?

「当然ですが、驚いていました。しかし、妻もセックスレスには悩んでいたようで……実は、夫婦のセックスで僕のモノが何度か中折れしたり、勃起しなかったこともあり、妻も女としての自信を失っていたのです。そして、教えてもらったパスワードで夫婦交換サークルのHPにアクセスし、妻にじっくり読んでもらいました。

 しばらくして、『あなたを信頼しているし、夫婦の絆が深まるなら』とOKしてくれました。彼女は、旅行会社時代、添乗員として様々な国を訪れたせいか、性に対する考え方や文化の違いに偏見はないようです。それが幸いしました。

 その後は夫婦で申し込み、無事、会員となることができました。翌週には、会員歴の長い「Sクラス会員」と呼ばれるご夫婦と、高級ホテルでディナーをする運びになりました」

――入会後、すぐに他の会員さんとお会いするのですか?

「はい、このようなことは初回が大事で、延び延びにすると妻側のほうが『やっぱりやめます』という場合が多いらしく、入会からはスピーディーですね。ご紹介されたご夫婦は、開業医のHさんご夫妻です。夫が47歳、

 奥さまが43歳と同年代とのことで、安心しました。この時点では、まだ互いの顔は知らされません。

 当日、僕はスーツ、妻のU子はロングヘアをアップにし、鮮やかなオレンジ色のワンピースで指定されたホテルに向かいました。お相手のHさんご夫妻は、一目でわかりましたよ。

 旦那さまはダンディな感じで、奥さまはややふっくらした愛らしい女性で、二人ともスーツ姿。見るからにセレブといった印象です」

蒼井凜花
記事一覧
官能作家・コラムニスト
CA、モデル、六本木のクラブママの経歴を持つ異色の官能作家。近著に「CA、モデル、六本木の高級クラブママを経た女流官能作家が教える、いつまでも魅力ある女性の秘密」(WAVE出版)、「女唇の伝言」(講談社文庫)。
オフィシャルサイトYouTube

関連キーワード

エロコク 新着一覧


ガテン系は好きでも…25歳の愛人女子がパパ候補を振ったワケ
 知り合いのオジサマから、こんな質問が。 「月2万円程度で愛人が持てるなんて夢のある話だよね。でも、女の子にしても...
中山美里 2023-01-31 06:00 エロコク
吸引系が革命的進化!Gスポットにアプローチするバイブが登場
 クリトリスに振動刺激を与えながら吸い上げる、いわゆる“吸引系”の登場は、ラブグッズ界にパラダイムシフトをもたらしたと思...
桃子 2023-01-29 06:00 エロコク
生身のペニスで円熟SEX…美熟女が気づいた本当の幸福 #5
 某ミセスコンテストのグランプリに輝いたM子さん(45歳ウォーキング講師/既婚・子供なし)。  絶大な美しさを誇る...
蒼井凜花 2023-01-27 06:00 エロコク
お手当の値切りにため息…愛人関係はウィンウィンじゃないと
 長引く不況の影響で、最近「お手当を値切られる」という愛人希望の女性が少なからずいるそうで……。 「私は1回2万円...
中山美里 2023-01-24 06:00 エロコク
硬質な素材だからこそ! 振動がGスポットまでまっすぐ届く
 海外からの輸入バイブレーターが増えはじめた時期、私は「欧米のバイブって硬いなぁ」と思っていました。日本製はぷにぷにとし...
桃子 2023-01-22 06:00 エロコク
ED夫にはない鋭い勃起…再会した元カレの肉棒に貫かれる夜#4
 某ミセスコンテストのグランプリを手にしたM子さん(45歳ウォーキング講師/既婚・子供なし)。  圧倒的な美を誇る...
蒼井凜花 2023-01-20 11:09 エロコク
夫の胃袋をつかむはずが…35歳主婦は料理教室で愛人をゲット
“夫婦円満の秘訣は夫の胃袋をつかむこと”というのは結婚式のスピーチの常套句ですが、今の時代、年齢にかかわらず料理下手な女...
中山美里 2023-01-17 06:00 エロコク
上級者もきっと満足! マルチユースの優秀バイブレーター
 ここ数年、マルチユースなラブグッズが増えています。ひとつあればいろんな使い方ができるので、「何を買えばいいかわからない...
桃子 2023-01-15 06:00 エロコク
ED夫の指ワザで2度のアクメ、人生初の挿入ナシで爆ぜる私 #3
 某ミセスコンテストのグランプリに輝いたM子さん(45歳ウォーキング講師/既婚・子供なし)。  圧倒的な美を誇る「...
蒼井凜花 2023-01-20 11:24 エロコク
お手当は整形費用に…地味子だった26歳OLが尽き進む“愛人道”
 高級車やマンションまで買い与えられた昭和の愛人と比べると、もらえるお手当はスズメの涙というのが平成・令和の愛人事情。パ...
中山美里 2023-01-10 06:00 エロコク
3つの指で3P気分! 絶対に期待を裏切らない突起ローター♡
 3つの指のような突起が並んだ、「サティスファイヤー スリーサム3」。説明書を見ずとも、使い方を理解できる人は多いのでは...
桃子 2023-01-08 06:00 エロコク
60歳夫と初夜!クンニ直前まで濃厚な舌づかいでバック攻め#2
 ミセスコンテストのグランプリに輝いたM子さん(45歳ウォーキング講師/既婚・子供なし)。圧倒的な美を誇る彼女は、美魔女...
蒼井凜花 2023-01-14 02:56 エロコク
12人と同時進行!小悪魔系25歳女子がパパを落とすマル秘テク
 今回ご登場いただくのは、婚活パーティーをパパ探しに活用しているというめっちゃカワイイ女性。早苗ちゃんというフリーターな...
中山美里 2022-12-27 06:00 エロコク
絶対に外さない鉄板バイブ! ぬくもりを肌と粘膜で感じて♡
 雑誌やネットの記事を見ていると「鉄板コーディネート」や「絶対にハズさない手土産」のような特集があり、出費するからにはハ...
桃子 2022-12-25 06:00 エロコク
夫の精液で知るSEXの悦び…私も近親相姦する運命なの?#5
 元保育士のR子さん(25歳主婦/子供なし)は、昨年、都内の総合病院の御曹司の妻となった。大手カルチャースクールで、のち...
蒼井凜花 2022-12-23 06:00 エロコク
風俗は愛人探しにピッタリ? 27歳のデリヘル嬢が得た気づき
 そろそろ風俗を卒業したいと語るのは、新宿の某デリに在籍する宏美ちゃん。 「風俗なら稼げると思ったけど……この世界...
中山美里 2022-12-20 06:00 エロコク