主婦レズビアンの告白#3…女同士の底なしのセックスとタブー

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2019-05-15 17:33
投稿日:2019-05-15 17:15
女同士の恋愛の行方は…(写真:iStock)
女同士の恋愛の行方は… (写真:iStock)

 夫とのセックスレスに悩むY子さん(35歳・薬剤師)は、観劇仲間で、宝塚男役のように麗しい友人・Dさん(37歳・独身・映像関係)に悩みを吐露したことをきっかけに、レズビアンという関係になった。

 二人はホテルで狂おしくも甘いセックスに溺れる。

 第一回目はコチラ

 第二回目はコチラ

全身が甘美な痺れに包まれ…

全身が甘美な痺れに包まれる(写真:iStock)
全身が甘美な痺れに包まれる (写真:iStock)

「Dさんとのセックスを思いだすと、今でも体が熱くなります。彼女からはもう離れられないと思いました……すごく幸せな分だけ、つらい」

 複雑な幸福を噛みしめるように、Y子さんは言葉を選びながら話し始めた。

「丁寧なクンニリングスと指でイカせられたのち、私の乳房や脇腹、内腿……全身あますところなく、甘い接吻が浴びせられました。時おり、髪を撫でてくれたり、頬や唇にもキスをしてくれたり――過去に付き合った誰よりも的確に私の性感帯を探り当て、蕩けるような愛撫を与えてくれたんです」

 男性とは違うソフトながらも情熱的な刺激に、その後、もう一度イカされたY子さんは、「私にもDさんを愛させて」と口走ったという。

 しかし、彼女は首を振った。

「Y子さんは、女性とは初めてでしょう?無理しないで」

「あっ!」

 思わず悲鳴を上げたのは、脚を広げたDさんが、Y子さんのヴァギナにアソコを押しつけてきたからだった。二人の膣口がクチュリ……と密着する。

「『貝合わせ』っていうのよ……とても気持ちいいの」

 恍惚の表情でヴァギナをなすりつけたD子さんは、ゆっくりと腰を振りだした。

 クチュッ……ニチャ……。

「あ……ああっ」

 ベッドのきしみに合わせて、粘膜が卑猥な水音を響かせる。

 すでに2度も絶頂を味わい、性感の研ぎ澄まされたY子さんの体は敏感に反応した。

 もたらされる微細な圧迫は、やがてクリトリスや膣の奥にも響きわたる。全身が甘美な痺れに包まれ、稲妻に打たれたような電流がいくども背筋を駆け抜けた。

 ペニスの挿入なくしても十分達することができたという。

「気づけば、5回もイカされていました。それでも、彼女はまだ物足りないみたいで『Y子さんをもっと狂わせたい』って……(笑)。男性とのセックスではありえない。女のセックスが底なしという意味を存分に味わわされました。

とうとうやってはいけないタブーを

「何もかも捨てていいほど、幸せなんです」/(写真:iStock)
「何もかも捨てていいほど、幸せなんです」 /(写真:iStock)

 その夜をきっかけに、二人の密会が始まった。

 夫には「女友達と食事」と言っていれば怪しまれない。愛しあうホテルではエステ付きの「レディースプラン」なども利用したという。

 頬を紅潮させながら話していたY子さんの表情が、ふっと沈んだのは、Dさんがレズビアンになった経緯に触れた時だった。

「彼女のお父様がパイロットで、とても立派な方だったそうです。10代、20代とお付き合いした男性とはセックスもしたそうですが、いつも『何か違う』と違和感があり、結果的に、自分は父を超える男性を愛せない……と悟ったようです」

 Dさんは父親を慕うあまり、異性との恋愛ができず、女性を愛するようになったという。

「Dさんに抱かれている時は本当に幸せです。恋愛って男も女も関係ないですね。でも、私が既婚者である以上「不倫」という言葉が付きまといます。今は幸せですが、そう遠くない未来に、もしDさんに別れを切り出されたら……私、きっと生きていけません」

 Y子さんは、ギュッと唇を噛みしめた。

「先日、とうとうやってはいけないタブーを犯しました。私、『友人よ』と言ってD子さんを家に招き、夫に紹介したんです」

 しかも、客室に泊まらせたDさんの部屋に夜中こっそり忍びこみ、セックスまでしたのだという。

「いつものセックス以上に興奮しました。彼女もそうだったみたい。隣の部屋には主人が寝ているんですから。でも……もし、このことが主人にバレたら離婚ができると、心の隅で思うもう一人の自分がいるんです。最低の女だとわかっているけれど、Dさん無しの生活は考えらえません。もう戻れない場所まできてしまったんです……」

 Y子さんは切なげに微笑んだ。

「これからどうなるかわからない。でも、彼女と抱き合っている時は、何もかも捨てていいほど、幸せなんです」

 罪悪感を抱きながらも、誇らし気な彼女の表情が印象的だった。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


初夜は近親相姦の序章 ウェディングドレスを切り裂かれ… #2
 元保育士のR子さん(25歳主婦/子供なし)は、昨年、都内にある総合病院の御曹司の妻となった。まさに「玉の輿婚」だ。 ...
蒼井凜花 2022-12-02 06:00 エロコク
ホステスも愛人も両立させなきゃ! 四十路熟女のマル秘テク
 今回ご登場いただいたのは東京は江東区の下町、亀戸のスナックでホステスをしている彩花さん。彼女、お店の常連さん数人を相手...
中山美里 2022-11-29 06:00 エロコク
かわいいだけじゃない!挿入すると自然と膣のお腹側も刺激♡
 野菜やフルーツにエロチックな妄想を刺激されるのは世界で広く見られる現象ですが、お国柄もあるようですね。アメリカではナス...
桃子 2022-12-02 17:35 エロコク
月のお手当30万円のはずが…ヤリ逃げされた31歳主婦の後悔
 今年もあとわずか。年末年始は還付金詐欺が増えるそうなので「医療費控除を払い戻す」なんて甘言にご注意いただきたいものです...
中山美里 2022-11-22 06:00 エロコク
挿入しながらクリ刺激OK!ペニスリングとしても優秀
 数え切れないほどのラブグッズを試してきた私ですが、いまだに飽きることはありません。それは年に数度はアッと驚くようなグッ...
桃子 2022-11-20 06:00 エロコク
足先を終始舐められ…ドM美青年のペニス欲しがり同時イキ #4
 かつて六本木の高級クラブでホステスとして働いていたP子さん(41歳主婦/子供アリ)。クールビューティを体現するかのよう...
蒼井凜花 2022-11-18 06:00 エロコク
“デキちゃった婚”の巨乳人妻が援助額より重要視しているコト
 今回お話を聞かせてくれたのは東京・豊島区在住の人妻で、巨乳が魅力的な小百合さん。  彼女には8歳になる息子さんが...
中山美里 2022-11-15 06:00 エロコク
吸引+舌の衝撃!ピンクの舌が敏感な部分を力強く舐め上げる
「SU-SHITA-吸う舌-」=「吸う舌」。疑似オーラルセックスを多角的に楽しめるグッズが登場しました。「吸う」といえば...
桃子 2022-11-13 06:00 エロコク
「勃起させてすみません!」顔面騎乗で詫びる20歳下M男 #3
 かつて六本木の高級クラブのホステスだったP子さん(41歳主婦/子供アリ)。  ロングヘアのクール美人の彼女には、...
蒼井凜花 2022-11-19 02:18 エロコク
パパにするなら50代独身男性! 20歳の学生がハマった愛人沼
 男女の「生涯未婚率」(調査年に50歳である男女のうち結婚歴がない人の割合)は、40年以上にわたり、男女ともに右肩上がり...
中山美里 2022-11-08 06:00 エロコク
コスパ最高! 吸われて敏感になったところを先端から刺激♡
 物価高に悩まされる日が続いています。なんでもかんでも値上がりするご時世では、ラブグッズを買うにも“お得感”を求めるのは...
桃子 2022-11-06 06:00 エロコク
「僕の股間をいたぶって」20歳下ドM男のペニスを爪先で…#2
 かつて六本木の高級クラブで働いていたP子さん(41歳主婦/子供アリ)。  彼女はクラブ時代の仲間と定期的に行われ...
蒼井凜花 2022-11-11 17:42 エロコク
「閉経前に女を楽しみたい」バツ1美魔女がプチ愛人になった
 超高齢社会の日本ですが、いつの時代も変わらないのが「いくつになっても女でいたい」という女心です。  現在、愛人を...
中山美里 2022-11-01 06:00 エロコク
人気の「し」の字形バイブ、“指振愛撫”でGスポットを刺激♡
 お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、2週連続で「し」の字形バイブの紹介です。それだけ、いま市場ではこのタイプが...
桃子 2022-10-30 06:00 エロコク
実の娘と“親子丼”!? 41歳バツ1女性が愛人とお別れしたワケ
 読者のみなさんは親子丼はお好きですか? だしの染みた軟らかい鶏肉とトロ~リとした卵をご飯と一緒に口の中に……って、そっ...
中山美里 2022-10-25 06:00 エロコク
挿入&クリ刺激も心地いい「し」の字型♡フィット感もgood!
 今年一番のトレンドともいえる「し」の字形バイブ。挿入しながら、クリトリスにも何らかの刺激を与えるハイブリッドタイプの勢...
桃子 2022-10-23 06:00 エロコク