主婦レズビアンの告白#3…女同士の底なしのセックスとタブー

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2019-05-15 17:33
投稿日:2019-05-15 17:15
女同士の恋愛の行方は…(写真:iStock)
女同士の恋愛の行方は… (写真:iStock)

 夫とのセックスレスに悩むY子さん(35歳・薬剤師)は、観劇仲間で、宝塚男役のように麗しい友人・Dさん(37歳・独身・映像関係)に悩みを吐露したことをきっかけに、レズビアンという関係になった。

 二人はホテルで狂おしくも甘いセックスに溺れる。

 第一回目はコチラ

 第二回目はコチラ

全身が甘美な痺れに包まれ…

全身が甘美な痺れに包まれる(写真:iStock)
全身が甘美な痺れに包まれる (写真:iStock)

「Dさんとのセックスを思いだすと、今でも体が熱くなります。彼女からはもう離れられないと思いました……すごく幸せな分だけ、つらい」

 複雑な幸福を噛みしめるように、Y子さんは言葉を選びながら話し始めた。

「丁寧なクンニリングスと指でイカせられたのち、私の乳房や脇腹、内腿……全身あますところなく、甘い接吻が浴びせられました。時おり、髪を撫でてくれたり、頬や唇にもキスをしてくれたり――過去に付き合った誰よりも的確に私の性感帯を探り当て、蕩けるような愛撫を与えてくれたんです」

 男性とは違うソフトながらも情熱的な刺激に、その後、もう一度イカされたY子さんは、「私にもDさんを愛させて」と口走ったという。

 しかし、彼女は首を振った。

「Y子さんは、女性とは初めてでしょう?無理しないで」

「あっ!」

 思わず悲鳴を上げたのは、脚を広げたDさんが、Y子さんのヴァギナにアソコを押しつけてきたからだった。二人の膣口がクチュリ……と密着する。

「『貝合わせ』っていうのよ……とても気持ちいいの」

 恍惚の表情でヴァギナをなすりつけたD子さんは、ゆっくりと腰を振りだした。

 クチュッ……ニチャ……。

「あ……ああっ」

 ベッドのきしみに合わせて、粘膜が卑猥な水音を響かせる。

 すでに2度も絶頂を味わい、性感の研ぎ澄まされたY子さんの体は敏感に反応した。

 もたらされる微細な圧迫は、やがてクリトリスや膣の奥にも響きわたる。全身が甘美な痺れに包まれ、稲妻に打たれたような電流がいくども背筋を駆け抜けた。

 ペニスの挿入なくしても十分達することができたという。

「気づけば、5回もイカされていました。それでも、彼女はまだ物足りないみたいで『Y子さんをもっと狂わせたい』って……(笑)。男性とのセックスではありえない。女のセックスが底なしという意味を存分に味わわされました。

とうとうやってはいけないタブーを

「何もかも捨てていいほど、幸せなんです」/(写真:iStock)
「何もかも捨てていいほど、幸せなんです」 /(写真:iStock)

 その夜をきっかけに、二人の密会が始まった。

 夫には「女友達と食事」と言っていれば怪しまれない。愛しあうホテルではエステ付きの「レディースプラン」なども利用したという。

 頬を紅潮させながら話していたY子さんの表情が、ふっと沈んだのは、Dさんがレズビアンになった経緯に触れた時だった。

「彼女のお父様がパイロットで、とても立派な方だったそうです。10代、20代とお付き合いした男性とはセックスもしたそうですが、いつも『何か違う』と違和感があり、結果的に、自分は父を超える男性を愛せない……と悟ったようです」

 Dさんは父親を慕うあまり、異性との恋愛ができず、女性を愛するようになったという。

「Dさんに抱かれている時は本当に幸せです。恋愛って男も女も関係ないですね。でも、私が既婚者である以上「不倫」という言葉が付きまといます。今は幸せですが、そう遠くない未来に、もしDさんに別れを切り出されたら……私、きっと生きていけません」

 Y子さんは、ギュッと唇を噛みしめた。

「先日、とうとうやってはいけないタブーを犯しました。私、『友人よ』と言ってD子さんを家に招き、夫に紹介したんです」

 しかも、客室に泊まらせたDさんの部屋に夜中こっそり忍びこみ、セックスまでしたのだという。

「いつものセックス以上に興奮しました。彼女もそうだったみたい。隣の部屋には主人が寝ているんですから。でも……もし、このことが主人にバレたら離婚ができると、心の隅で思うもう一人の自分がいるんです。最低の女だとわかっているけれど、Dさん無しの生活は考えらえません。もう戻れない場所まできてしまったんです……」

 Y子さんは切なげに微笑んだ。

「これからどうなるかわからない。でも、彼女と抱き合っている時は、何もかも捨てていいほど、幸せなんです」

 罪悪感を抱きながらも、誇らし気な彼女の表情が印象的だった。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


FILM
 黒のキルティング柄にゴールドのキャップ。 「サティスファイヤー ミニ」はシャ○ルのバッグを思わせる意匠のミニバイ...
桃子 2020-06-28 06:00 エロコク
FILM
 長かった自粛期間で、私はひさしぶりに筋トレの喜びを思い出しました。ツラ~イ、でもここを乗り越えれば~! という、あの充...
桃子 2020-06-23 04:37 エロコク
FILM
 緊急事態宣言の解除からしばらく経ち、繁華街やビジネス街にも活気が戻ってきていますね。まだまだ本調子で営業している、とは...
FILM
 あなたは、どういった性の願望を抱いていて、ひそかに何をしたい/されたいと願っていますか。自分の性癖の形を知れば、もっと...
大泉りか 2020-06-12 06:00 エロコク
FILM
「実力主義ワンタッチバイブ」シリーズを当連載で紹介するのは、これが2回目。  なぜそんなに推しているのかというと、...
桃子 2020-06-08 20:00 エロコク
FILM
 ネットに雑誌読み放題は多いけれど、どこもアダルト雑誌は入っていません。リサーチした結果、なんとアダルト雑誌を1000以...
内藤みか 2020-06-04 06:00 エロコク
FILM
 家にいる時間が増えたことで、お風呂にゆっくりつかるようになった人も増えているのではないでしょうか。夏でも熱い湯に身を浸...
桃子 2020-06-01 06:16 エロコク
FILM
 世界的ヒットとなるアダルトグッズは、ピストンバイブやクリトリス吸引グッズなど、だいたいはそれまでにない新機能を搭載した...
桃子 2020-05-26 06:12 エロコク
FILM
 女性向けグッズの世界で“2点責め”といえば、だいたいは中とクリトリスです。モノとしては、ラビットタイプといわれることも...
桃子 2020-05-21 06:07 エロコク
FILM
 2020年、もう3分の1が終わってしまいましたね。世間では何かと心落ち着かないことが続いていますが、ここまでのグッズ界...
桃子 2020-05-14 06:00 エロコク
FILM
 外出自粛にも慣れてきたこの頃、トイレットペーパーは復活しつつあるものの、またいろんなものが品薄になっていますね。バター...
FILM
 ステイホームな日々が続くと、R18な気分もどこか遠くにいってしまいがち。そんな時、成人向け雑誌読み放題を見つけてしまい...
内藤みか 2020-05-07 06:00 エロコク
FILM
 初心者にオススメのラブグッズは? そう聞かれるとき、「初心者」とは女性“だけ”を指すことがほとんどです。  けれ...
桃子 2020-05-03 06:00 エロコク
FILM
「彼と一緒に寝てたら、彼が横でもぞもぞしてたんだよね。どうしたのかなーって思ったら、彼、オナニーしてたんだよ。なんかキュ...