主婦レズビアンの告白#3…女同士の底なしのセックスとタブー

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2019-05-15 17:33
投稿日:2019-05-15 17:15
女同士の恋愛の行方は…(写真:iStock)
女同士の恋愛の行方は… (写真:iStock)

 夫とのセックスレスに悩むY子さん(35歳・薬剤師)は、観劇仲間で、宝塚男役のように麗しい友人・Dさん(37歳・独身・映像関係)に悩みを吐露したことをきっかけに、レズビアンという関係になった。

 二人はホテルで狂おしくも甘いセックスに溺れる。

 第一回目はコチラ

 第二回目はコチラ

全身が甘美な痺れに包まれ…

全身が甘美な痺れに包まれる(写真:iStock)
全身が甘美な痺れに包まれる (写真:iStock)

「Dさんとのセックスを思いだすと、今でも体が熱くなります。彼女からはもう離れられないと思いました……すごく幸せな分だけ、つらい」

 複雑な幸福を噛みしめるように、Y子さんは言葉を選びながら話し始めた。

「丁寧なクンニリングスと指でイカせられたのち、私の乳房や脇腹、内腿……全身あますところなく、甘い接吻が浴びせられました。時おり、髪を撫でてくれたり、頬や唇にもキスをしてくれたり――過去に付き合った誰よりも的確に私の性感帯を探り当て、蕩けるような愛撫を与えてくれたんです」

 男性とは違うソフトながらも情熱的な刺激に、その後、もう一度イカされたY子さんは、「私にもDさんを愛させて」と口走ったという。

 しかし、彼女は首を振った。

「Y子さんは、女性とは初めてでしょう?無理しないで」

「あっ!」

 思わず悲鳴を上げたのは、脚を広げたDさんが、Y子さんのヴァギナにアソコを押しつけてきたからだった。二人の膣口がクチュリ……と密着する。

「『貝合わせ』っていうのよ……とても気持ちいいの」

 恍惚の表情でヴァギナをなすりつけたD子さんは、ゆっくりと腰を振りだした。

 クチュッ……ニチャ……。

「あ……ああっ」

 ベッドのきしみに合わせて、粘膜が卑猥な水音を響かせる。

 すでに2度も絶頂を味わい、性感の研ぎ澄まされたY子さんの体は敏感に反応した。

 もたらされる微細な圧迫は、やがてクリトリスや膣の奥にも響きわたる。全身が甘美な痺れに包まれ、稲妻に打たれたような電流がいくども背筋を駆け抜けた。

 ペニスの挿入なくしても十分達することができたという。

「気づけば、5回もイカされていました。それでも、彼女はまだ物足りないみたいで『Y子さんをもっと狂わせたい』って……(笑)。男性とのセックスではありえない。女のセックスが底なしという意味を存分に味わわされました。

とうとうやってはいけないタブーを

「何もかも捨てていいほど、幸せなんです」/(写真:iStock)
「何もかも捨てていいほど、幸せなんです」 /(写真:iStock)

 その夜をきっかけに、二人の密会が始まった。

 夫には「女友達と食事」と言っていれば怪しまれない。愛しあうホテルではエステ付きの「レディースプラン」なども利用したという。

 頬を紅潮させながら話していたY子さんの表情が、ふっと沈んだのは、Dさんがレズビアンになった経緯に触れた時だった。

「彼女のお父様がパイロットで、とても立派な方だったそうです。10代、20代とお付き合いした男性とはセックスもしたそうですが、いつも『何か違う』と違和感があり、結果的に、自分は父を超える男性を愛せない……と悟ったようです」

 Dさんは父親を慕うあまり、異性との恋愛ができず、女性を愛するようになったという。

「Dさんに抱かれている時は本当に幸せです。恋愛って男も女も関係ないですね。でも、私が既婚者である以上「不倫」という言葉が付きまといます。今は幸せですが、そう遠くない未来に、もしDさんに別れを切り出されたら……私、きっと生きていけません」

 Y子さんは、ギュッと唇を噛みしめた。

「先日、とうとうやってはいけないタブーを犯しました。私、『友人よ』と言ってD子さんを家に招き、夫に紹介したんです」

 しかも、客室に泊まらせたDさんの部屋に夜中こっそり忍びこみ、セックスまでしたのだという。

「いつものセックス以上に興奮しました。彼女もそうだったみたい。隣の部屋には主人が寝ているんですから。でも……もし、このことが主人にバレたら離婚ができると、心の隅で思うもう一人の自分がいるんです。最低の女だとわかっているけれど、Dさん無しの生活は考えらえません。もう戻れない場所まできてしまったんです……」

 Y子さんは切なげに微笑んだ。

「これからどうなるかわからない。でも、彼女と抱き合っている時は、何もかも捨てていいほど、幸せなんです」

 罪悪感を抱きながらも、誇らし気な彼女の表情が印象的だった。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


FILM
 リモートワーク、リモート飲み会……。リモートという言葉がこんなに使われる日が来るなんて、誰が予想したでしょう。ラブグッ...
桃子 2020-09-20 06:00 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
FILM
 手にした瞬間、ずっしりと重い。「ウィーバイブ ワンド」は私が試してきた数々のラブグッズの中でも最重量級です。  ...
桃子 2020-09-18 12:03 エロコク
FILM
 気持ち良さとは理屈によるものではない、と思われがちです。たしかに、セックスではフィーリングが大事。でも実は、体の仕組み...
桃子 2020-09-07 11:06 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
FILM
 ツイッター上で、性的な画像や発言などの投稿をくりかえす“裏垢女性”のアカウント。目にする度に「いったい何の目的があって...
大泉りか 2020-09-02 18:00 エロコク
FILM
「骨まで愛して」という懐メロを聴いたことがあります。人には見えない、自分の芯のところまで愛されたいという、情念や執着があ...
桃子 2020-08-29 06:00 エロコク
FILM
 “リモバイ”という言葉が分かるなら、あなたはラブグッズ上級者。この連載でも何度か取り上げてきましたが、リモートバイブ、...
桃子 2020-08-24 15:29 エロコク
FILM
 日々、男女のセックスを書いている官能作家の筆者ですが、実はセックス時、膣内(なか)でイクことができません。  こ...
蒼井凜花 2020-08-18 23:35 エロコク
FILM
 クリトリスを覆って振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系”グッズ。大流行となって、一時期は新商品が乱発していました。現...
桃子 2020-08-15 06:00 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
FILM
 学生時代、見た目はふんわりお嬢さま系なのに、大型バイクを乗り回す同級生がいました。その意外性にドキドキしたものです。今...
桃子 2020-08-12 06:00 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
FILM
 ステイホーム期間、ラブグッズ業界は店舗を閉めざるをえなかった一方で、通販での売れ行きはよかったといいます。  な...
桃子 2020-07-29 06:00 エロコク
FILM
 ネットフリックスで配信中の米ドラマ「セックス・エデュケーション」。  テーマは性教育ですが堅苦しくなく、恋愛や友...
桃子 2020-07-29 05:06 エロコク
FILM
 某男性有名芸能人の「多目的トイレ不倫」ですっかり有名になった六本木ヒルズですが、何を隠そう、筆者が10年間クラブママを...
蒼井凜花 2020-07-23 06:00 エロコク