主婦レズビアンの告白#3…女同士の底なしのセックスとタブー

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2019-05-15 17:33
投稿日:2019-05-15 17:15
女同士の恋愛の行方は…(写真:iStock)
女同士の恋愛の行方は… (写真:iStock)

 夫とのセックスレスに悩むY子さん(35歳・薬剤師)は、観劇仲間で、宝塚男役のように麗しい友人・Dさん(37歳・独身・映像関係)に悩みを吐露したことをきっかけに、レズビアンという関係になった。

 二人はホテルで狂おしくも甘いセックスに溺れる。

 第一回目はコチラ

 第二回目はコチラ

全身が甘美な痺れに包まれ…

全身が甘美な痺れに包まれる(写真:iStock)
全身が甘美な痺れに包まれる (写真:iStock)

「Dさんとのセックスを思いだすと、今でも体が熱くなります。彼女からはもう離れられないと思いました……すごく幸せな分だけ、つらい」

 複雑な幸福を噛みしめるように、Y子さんは言葉を選びながら話し始めた。

「丁寧なクンニリングスと指でイカせられたのち、私の乳房や脇腹、内腿……全身あますところなく、甘い接吻が浴びせられました。時おり、髪を撫でてくれたり、頬や唇にもキスをしてくれたり――過去に付き合った誰よりも的確に私の性感帯を探り当て、蕩けるような愛撫を与えてくれたんです」

 男性とは違うソフトながらも情熱的な刺激に、その後、もう一度イカされたY子さんは、「私にもDさんを愛させて」と口走ったという。

 しかし、彼女は首を振った。

「Y子さんは、女性とは初めてでしょう?無理しないで」

「あっ!」

 思わず悲鳴を上げたのは、脚を広げたDさんが、Y子さんのヴァギナにアソコを押しつけてきたからだった。二人の膣口がクチュリ……と密着する。

「『貝合わせ』っていうのよ……とても気持ちいいの」

 恍惚の表情でヴァギナをなすりつけたD子さんは、ゆっくりと腰を振りだした。

 クチュッ……ニチャ……。

「あ……ああっ」

 ベッドのきしみに合わせて、粘膜が卑猥な水音を響かせる。

 すでに2度も絶頂を味わい、性感の研ぎ澄まされたY子さんの体は敏感に反応した。

 もたらされる微細な圧迫は、やがてクリトリスや膣の奥にも響きわたる。全身が甘美な痺れに包まれ、稲妻に打たれたような電流がいくども背筋を駆け抜けた。

 ペニスの挿入なくしても十分達することができたという。

「気づけば、5回もイカされていました。それでも、彼女はまだ物足りないみたいで『Y子さんをもっと狂わせたい』って……(笑)。男性とのセックスではありえない。女のセックスが底なしという意味を存分に味わわされました。

とうとうやってはいけないタブーを

「何もかも捨てていいほど、幸せなんです」/(写真:iStock)
「何もかも捨てていいほど、幸せなんです」 /(写真:iStock)

 その夜をきっかけに、二人の密会が始まった。

 夫には「女友達と食事」と言っていれば怪しまれない。愛しあうホテルではエステ付きの「レディースプラン」なども利用したという。

 頬を紅潮させながら話していたY子さんの表情が、ふっと沈んだのは、Dさんがレズビアンになった経緯に触れた時だった。

「彼女のお父様がパイロットで、とても立派な方だったそうです。10代、20代とお付き合いした男性とはセックスもしたそうですが、いつも『何か違う』と違和感があり、結果的に、自分は父を超える男性を愛せない……と悟ったようです」

 Dさんは父親を慕うあまり、異性との恋愛ができず、女性を愛するようになったという。

「Dさんに抱かれている時は本当に幸せです。恋愛って男も女も関係ないですね。でも、私が既婚者である以上「不倫」という言葉が付きまといます。今は幸せですが、そう遠くない未来に、もしDさんに別れを切り出されたら……私、きっと生きていけません」

 Y子さんは、ギュッと唇を噛みしめた。

「先日、とうとうやってはいけないタブーを犯しました。私、『友人よ』と言ってD子さんを家に招き、夫に紹介したんです」

 しかも、客室に泊まらせたDさんの部屋に夜中こっそり忍びこみ、セックスまでしたのだという。

「いつものセックス以上に興奮しました。彼女もそうだったみたい。隣の部屋には主人が寝ているんですから。でも……もし、このことが主人にバレたら離婚ができると、心の隅で思うもう一人の自分がいるんです。最低の女だとわかっているけれど、Dさん無しの生活は考えらえません。もう戻れない場所まできてしまったんです……」

 Y子さんは切なげに微笑んだ。

「これからどうなるかわからない。でも、彼女と抱き合っている時は、何もかも捨てていいほど、幸せなんです」

 罪悪感を抱きながらも、誇らし気な彼女の表情が印象的だった。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


果物挿入するならホンモノより…見た目実力どちらにもキュン
 野菜や果物を挿入するって、官能小説やピンク映画では“定番”のひとつだったと思います。もう10年近く前のことですが、「ラ...
桃子 2022-07-03 06:00 エロコク
未来の義兄に抱かれても止まらない実姉へのマウンティング#2
 幼いころから実姉と比べ続けられて育ったH子さん(27歳クラブホステス/独身)。  華やかな美貌とグラマラスなスタ...
蒼井凜花 2022-07-01 06:00 エロコク
新感覚!ピューピュー水が噴き出る膣洗浄機兼バイブレーター
 まず写真を見てください。シックなブラックカラーの挿入部はスタンダードですが、下に目を移すと……何コレ?  透明な...
桃子 2022-06-26 06:00 エロコク
挿入部“大”なバイブ!特殊ローターが絶妙な動きをリピート♡
 今回紹介するグッズは、中級者向けです。  最近フェムテックという言葉をよく耳にするようになり、ラブグッズにも注目...
桃子 2022-06-19 06:00 エロコク
“二穴責め”の快楽 同窓会W不倫で破廉恥なセレブ妻になった#5
 東京・白金台に住むE子さん(43歳主婦/子供アリ)は、25年ぶりに地元北海道で開催された高校の同窓会に出席した。 ...
蒼井凜花 2022-06-17 06:00 エロコク
万人ウケするピンポイントバイブ♡敏感な場所をブルブル刺激
「彼女にどんなバイブを買えばいい?」と男性から聞かれることが多いのですが、これ実はとても困る質問。なぜなら体形や体質によ...
桃子 2022-06-12 06:00 エロコク
ついに挿入!25年ぶり同窓会で「アヌスも愛させて欲しい」#4
 都内の高級住宅街・白金台に住むE子さん(43歳主婦/子供アリ)は、地元北海道で開催された高校の同窓会に、25年ぶりに参...
蒼井凜花 2022-06-17 18:25 エロコク
中級者向け!やや太めのミドルサイズがよき♡ 温熱機能も◎
 かつてバイブレーターの色といえば、圧倒的にピンクが主流でした。当時制作していたのは男性ばかりで、「女性はピンクが好きだ...
桃子 2022-06-05 06:00 エロコク
25年ぶりの同窓会、燃える情欲!互いの性器を絶えず愛撫 #3
 都内の高級住宅街・白金台に住むE子さん(43歳主婦/子供アリ)は、25年ぶりに地元北海道で開催される高校の同窓会に参加...
蒼井凜花 2022-06-12 16:39 エロコク
吸引&挿入のハイブリッド型! Wの刺激にガマンできないっ
 朱色のような鮮やかな赤が大人っぽい新作バイブ。「スイート サレンダー」、つまり「甘い降伏」という商品名がなんとも意味深...
桃子 2022-05-30 10:23 エロコク
地味子だった私が憧れのK君とキス…車内は“オス臭”で充満 #2
 25年ぶりの同窓会で地元・北海道に帰省したE子さん(43歳主婦/子供アリ)。  白金台に住む彼女は楚々とした和風...
蒼井凜花 2022-06-12 16:38 エロコク
大小2つの突起付き♡ 乳首専用ローターで集中刺激しちゃおう
 女性の性感は、多様です。全身、感じる可能性がある。でもみなさんご存じの通り、多くの人が気持ちよくなれる代表的な性感帯と...
桃子 2022-05-22 06:00 エロコク
これ一本で中も外も気持ちいい! 1stバイブとしてもお薦め♡
 ラブグッズ界を見渡すと、ここのところ2ウエー、3ウエーなど多機能商品が増えています。お得感もあるし、この傾向は大歓迎。...
桃子 2022-05-15 06:00 エロコク
「ああ、彼の肉の味」不倫上司が焦らされ女体に被虐プレイ#6
 ダンディな上司と社内不倫中のU子さん(32歳広告代理店/独身)。自らを「肉食女子」「不倫体質」と公言する彼女は、コロナ...
蒼井凜花 2022-05-13 06:00 エロコク
初心者さんにも♡ 3つのボールでギュッとした締まりをゲット
 膣トレグッズの数が増えつづけています。骨盤の内側に張り巡らされた「骨盤底筋群」をトレーニングすることによって、尿もれや...
桃子 2022-05-08 06:00 エロコク
不倫相手と肉食ディナー クロス下で悶絶リモートプレイ!#5
 ダンディな上司と不倫中のU子さん(32歳広告代理店/独身)。自らを「肉食女子」「不倫体質」と豪語する彼女はセックスでも...
蒼井凜花 2022-05-06 06:00 エロコク