どちらも痛いけど…DVとSMの違いについて考えてみました

内藤みか 作家
更新日:2019-03-06 20:31
投稿日:2019-02-18 06:00
(写真:iStock)
(写真:iStock)

 こちらでは、はじめまして。作家の内藤みかと申します。私は、あたらしもの好きです。いろいろな新しいモノやコトを試したり観察するのが大好きです。こちらのコラムでは、新しいモノやコトについて、私なりの切り口で考察していこうと考えています。

 最近私が考えているのが「DV」と「SM」の違いです。意味を調べてみました。

 ・DVとは、パートナーに暴力をふるうこと。

 ・SMとは、暴力をふるったりふるわれたりすることに、性的な興奮を感じること。

 どちらも愛する人への暴力というところは同じなのに、イメージが随分違うのは、なぜなのでしょう?

■合意の有無の違い

 私は、合意の違いではないかと思っています。

 DVは、暴力を受ける側は、それを合意していませんし、嬉しく思ってもいません。けれどSMは、暴力を受ける側は、それを合意していますし、むしろ悦んでさえいます。この違いは、とても大きいのではないでしょうか。

 たとえば恋人の男性からぶたれた女性がいるとします。そうしたことを望んでいない女性がぶたれたら「なんでぶつの?」「ひどい!」と怒ったり、悲しんだりという感情が湧いてくるでしょう。場合によっては女性も殴り返して乱闘になるかもしれないし、警察に通報する事態になるかもしれません。どちらにしても、あまり幸せな発展にはならなそうです。

 けれど、もしそういうことを望んでいる女性が男性からぶたれたら「もっと、もっと!」になるわけです。そうした女性はぶたれたことによって、幸福感や満足感、そして愛されている実感さえも得てしまうのです。DVに比べて、めちゃくちゃ幸せそうです。

■怒り度合いの違い

 同じことをされても、立場や趣向によって、受け止めかたは全然違うものになってしまうというのは、とても興味深いです。もちろん、いくらSMが好きだからといって、日常生活でいきなり恋人から殴られたら、その時は怒ることでしょう。けれど、性行為中にぶたれたら、その時は悦ぶのでしょう。同じ人であっても、シチュエーションによって、感情に差が出てしまうのだから、不思議です。

 あとは、怒りの度合いにも、大きな違いがあるのではないでしょうか。

 DVをふるう男性の場合、殴るときは、怒りに満ちているものです。「この野郎!」と言わんばかりに相手の女性を力で制圧しようとするのです。けれどSMの場合、男性は、その女性を愛しているからこそぶつのです。そこには怒りはありません。

■配慮の有無の違い

 それから、相手への配慮にも、かなりの差があります。

 DVの場合、殴った男性は、殴られた女性がどのくらい痛いのか、どのくらいショックを受けたのか、ということを想像しようとしません。それどころか、相手への怒りで頭がいっぱいのため、女性がケガをして痛そうにしていても決して優しくせず「お前が殴られるようなことをするからだ」という態度を貫き、相手とコミュニケーションをとることから逃げようとさえします。

 では、SMの場合、どうでしょうか。実のところSMは相手への気づかいに満ちている気がします。どのくらいの力でぶったら命の危険があるか、どのように辱(はずかし)めたら快楽を感じるのかなど、常に女性の状態を思いやっているからこそ、痛みの向こうにあるギリギリのところを突いてこれるではないでしょうか。

■思いやりの違い

 あれこれ考えた末、思いやりのない暴力がDV、思いやりのある暴力がSMという結論になりました。やはり、嫌がっている相手に手をあげてはいけないと思います。

 こんなにあれこれ考察しているのだから、私は相当なSM趣味があるのだろうと思う人もいるかもしれません。けれど、私はそうした性癖は持っていません。だけどDVとSMは、どこが違うんだろう? ということを考えたら、止まらなくなってしまうのです。

 どちらかというと、かわいい男の子をいじめたいという願望のほうは、うっすら持ち合わせている気がしないでもないですが……。

 こんな感じのことをつらつらと書いていければと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス5選」#1
 二回目の緊急事態宣言が発令されて、セックスに恐怖をお持ちの方も多いことでしょう。しかし、一方では「ここさえクリアすれば...
蒼井凜花 2021-01-15 06:00 エロコク
パーフェクト!自分の手ではできない小刻みな動きが病みつき
 最近パフェがブームですが、語源は「パーフェクト」。一つのグラスにさまざまな素材が絶妙なバランスで詰め込まれ、完成してい...
桃子 2021-01-10 06:00 エロコク
官能作家オススメ「寒い冬こそしたい」おすすめセックス4選
 日に日に寒さが強まってまいりましたが、こんなときこそ、愛するパートナーとのセックスを充実させたいですね。そこで、官能作...
蒼井凜花 2021-01-08 06:00 エロコク
電マのヘッドだけ ユニークなアイディアグッズで実力も◎
 国内外のアダルトグッズをかなりの数見てきているという自負のある私ですが、今でもハッとする斬新なアイデアに出合うことがあ...
桃子 2020-12-27 06:00 エロコク
女性官能作家直伝!クリスマスのセクシーデート&セックス4選
 クリスマスには、愛しいパートナーとのデートや情熱的なセックスを楽しむ方も多いでしょう。そこで官能作家の筆者が提案したい...
蒼井凜花 2020-12-24 06:00 エロコク
凹凸がダイナミックに刺激…パワフルな振動と摩擦がやみつき
 ビビッドカラーの雪だるまといった風情のバイブがお目見えです。その名も「完全防水 ビーバイブ スノーマン」。  私...
桃子 2020-12-20 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #3
 これまで二回にわたって「フェラチオの奥義」についてお話ししました。今回は最終回。やや難易度は上がりますが、官能作家なり...
蒼井凜花 2020-12-18 17:02 エロコク
一瞬で昇天確実 強烈なオーガズムで、深い眠りをサポート
 今年とても元気だった「極天(キワミテン)」シリーズから、「アンモナイト ベロ」が届きました。まさに古代生物のような形状...
桃子 2020-12-13 16:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #2
 皆さん、こんにちは。前回に引き続き、今回も官能作家が伝授する「フェラチオの奥義」についてお伝えしたいと思います。十年間...
蒼井凜花 2020-12-11 17:52 エロコク
激しいプレイでも挿入部はしなやか…根元はぶれないティルド
 この連載では、私が振動刺激を好むということもあって、ディルドを紹介してきませんでした。張り形といわれることもありますが...
桃子 2020-12-06 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #1
 もうすぐクリスマス。今から愛するパートナーとの熱い夜を待ちわびている女性も多いことでしょう。今回から数回にわたり「官能...
蒼井凜花 2020-12-04 18:00 エロコク
リアルが怖い時は…バーチャルセックスでいいんじゃない?
 冬を迎え、新型コロナウイルスの感染が加速しています。こんな時は濃厚感染なセックスをするのが怖い、という女性たちも増えて...
内藤みか 2020-12-03 06:00 エロコク
力加減が絶妙!Gスポットの広い範囲を的確に刺激してくれる
 その年を象徴するラブグッズというものがあり、2020年は、今回紹介する「LELO ソラーヤ・ウェーブ」がそうなりそうで...
桃子 2020-11-28 06:00 エロコク
「妻を他の男に抱かせたい…」エリート商社マンの告白 #5
 これまで4回にわたり連載してきた「ネトラレ」――。自分の愛する妻を他の男に抱かせることで、夫婦のセックスレスを解消しよ...
蒼井凜花 2020-11-27 06:00 エロコク
やっておいて損はない! 3つのボールで日常的に膣トレを♡
 今年は膣トレグッズが豊作です。コロナ禍を経て、これまで以上に自身の体に目が向くようになったからでしょうか。  膣...
桃子 2020-11-21 06:00 エロコク
「妻を他の男性に抱かせたい…」エリート商社マンの告白 #4
 出張ホストの美青年Yくん(24)の巧みなクンニリングスに身もだえする妻を見たエリート商社マンMさん(43)。ネトラレで...
蒼井凜花 2020-11-20 17:00 エロコク