どちらも痛いけど…DVとSMの違いについて考えてみました

内藤みか 作家
更新日:2019-03-06 20:31
投稿日:2019-02-18 06:00
(写真:iStock)
(写真:iStock)

 こちらでは、はじめまして。作家の内藤みかと申します。私は、あたらしもの好きです。いろいろな新しいモノやコトを試したり観察するのが大好きです。こちらのコラムでは、新しいモノやコトについて、私なりの切り口で考察していこうと考えています。

 最近私が考えているのが「DV」と「SM」の違いです。意味を調べてみました。

 ・DVとは、パートナーに暴力をふるうこと。

 ・SMとは、暴力をふるったりふるわれたりすることに、性的な興奮を感じること。

 どちらも愛する人への暴力というところは同じなのに、イメージが随分違うのは、なぜなのでしょう?

■合意の有無の違い

 私は、合意の違いではないかと思っています。

 DVは、暴力を受ける側は、それを合意していませんし、嬉しく思ってもいません。けれどSMは、暴力を受ける側は、それを合意していますし、むしろ悦んでさえいます。この違いは、とても大きいのではないでしょうか。

 たとえば恋人の男性からぶたれた女性がいるとします。そうしたことを望んでいない女性がぶたれたら「なんでぶつの?」「ひどい!」と怒ったり、悲しんだりという感情が湧いてくるでしょう。場合によっては女性も殴り返して乱闘になるかもしれないし、警察に通報する事態になるかもしれません。どちらにしても、あまり幸せな発展にはならなそうです。

 けれど、もしそういうことを望んでいる女性が男性からぶたれたら「もっと、もっと!」になるわけです。そうした女性はぶたれたことによって、幸福感や満足感、そして愛されている実感さえも得てしまうのです。DVに比べて、めちゃくちゃ幸せそうです。

■怒り度合いの違い

 同じことをされても、立場や趣向によって、受け止めかたは全然違うものになってしまうというのは、とても興味深いです。もちろん、いくらSMが好きだからといって、日常生活でいきなり恋人から殴られたら、その時は怒ることでしょう。けれど、性行為中にぶたれたら、その時は悦ぶのでしょう。同じ人であっても、シチュエーションによって、感情に差が出てしまうのだから、不思議です。

 あとは、怒りの度合いにも、大きな違いがあるのではないでしょうか。

 DVをふるう男性の場合、殴るときは、怒りに満ちているものです。「この野郎!」と言わんばかりに相手の女性を力で制圧しようとするのです。けれどSMの場合、男性は、その女性を愛しているからこそぶつのです。そこには怒りはありません。

■配慮の有無の違い

 それから、相手への配慮にも、かなりの差があります。

 DVの場合、殴った男性は、殴られた女性がどのくらい痛いのか、どのくらいショックを受けたのか、ということを想像しようとしません。それどころか、相手への怒りで頭がいっぱいのため、女性がケガをして痛そうにしていても決して優しくせず「お前が殴られるようなことをするからだ」という態度を貫き、相手とコミュニケーションをとることから逃げようとさえします。

 では、SMの場合、どうでしょうか。実のところSMは相手への気づかいに満ちている気がします。どのくらいの力でぶったら命の危険があるか、どのように辱(はずかし)めたら快楽を感じるのかなど、常に女性の状態を思いやっているからこそ、痛みの向こうにあるギリギリのところを突いてこれるではないでしょうか。

■思いやりの違い

 あれこれ考えた末、思いやりのない暴力がDV、思いやりのある暴力がSMという結論になりました。やはり、嫌がっている相手に手をあげてはいけないと思います。

 こんなにあれこれ考察しているのだから、私は相当なSM趣味があるのだろうと思う人もいるかもしれません。けれど、私はそうした性癖は持っていません。だけどDVとSMは、どこが違うんだろう? ということを考えたら、止まらなくなってしまうのです。

 どちらかというと、かわいい男の子をいじめたいという願望のほうは、うっすら持ち合わせている気がしないでもないですが……。

 こんな感じのことをつらつらと書いていければと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


強烈ハイパワーな電マ 時短でイキたい夜のお供にうってつけ
 強振動がお好みの皆さん、お待たせしました。かつて電マはパワーの強さを競い合っていましたが、最近はあまり聞かなくなりまし...
桃子 2021-10-17 06:00 エロコク
涙が頬を…彼女に見せられたレズビアンの元カノとの裸写真
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。二人の幸せな時間はほどなくして消え...
蒼井凜花 2021-10-15 06:00 エロコク
脱・マンネリ! 自宅をラブホテル風に演出できるアイテム3選
 コロナ禍で、お部屋デートが続く今日このごろ、今週も彼が部屋に泊まりに来た……! と、戸惑う女性が少なくありません。時に...
内藤みか 2021-10-14 06:00 エロコク
先端を直接デリケート部分にあてたら…オーガズムは不可避♡
 ビビッドなオレンジ色で、形状はまるで糸切りバサミ。雑貨ショップの店頭にあってもおかしくない風貌の「サティスファイヤー ...
桃子 2021-10-10 06:00 エロコク
天国と地獄の繰り返し…豹変した彼女に身も心も傷つけられて
 結婚10年目にしてレズビアンの恋人ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。一目ぼれした相手・A美さんとのセッ...
蒼井凜花 2021-10-08 11:43 エロコク
絶賛の声も 男性は年上女性とのセックスに何を求めている?
 年上女性と年下男性とのカップルが珍しいことではなくなっている今日このごろ、「年上の人とのエッチは最高!」と絶賛する男性...
内藤みか 2021-10-07 06:00 エロコク
カップルでのお出かけ羞恥プレーにも! 一石三鳥の活躍ぶり
 膣トレが盛んな昨今、グッズも多様化しています。骨盤の内側に張り巡らされた骨盤底筋群を刺激し、鍛えるためのグッズのことで...
桃子 2021-10-03 06:00 エロコク
同性とはいえ不倫…つらいのに彼女のキスは甘美で優しくて
 結婚10年目にして女性と恋に落ちてしまったW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。お相手の女性は、新宿二丁目のレズビ...
蒼井凜花 2021-10-01 06:00 エロコク
ローターでありバイブでもあり!女性の体に寄り添ってくれる
「完全防水 静音設計 ナカイキボールバイブ9」を輩出しているのは、人気ブランド「P×P×P」。防水仕様であること、作動音...
桃子 2021-09-26 19:12 エロコク
一見すると口紅! すべての人に持ってほしい気配りローター
 これを見てすぐに「ラブグッズだ」と分かる人は少ないのではないでしょうか。「マジックモーション マジック ロトス」は、れ...
桃子 2021-09-19 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#6
「同じ敷地内に立つマンションの別棟」に不倫相手と住むH美さん(27歳・派遣)。LINEでの連絡は毎日、そして3日に一度は...
蒼井凜花 2021-09-17 06:00 エロコク
いかつい雰囲気を裏切る優しく繊細な刺激で極上オーガズムへ
 不良少年が捨て犬を保護した……そんな現場を目撃したら「超~いい人!」と思っちゃうのが人情というもの。好印象から悪印象へ...
桃子 2021-09-12 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#5
 不倫相手と同じ敷地内のマンションで新生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。しかしある日、分譲のA棟に住む彼と賃貸のB棟...
蒼井凜花 2021-09-10 06:00 エロコク
精密ロボット機能搭載!“押す”&“こする”を備えた最新バイブ
 女性の性感帯はいまだ謎に包まれたところが多く、中でも最もミステリアスなのがGスポットでしょう。ラブグッズ界もこれまで、...
桃子 2021-09-05 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#4
 ついに不倫相手と同じマンションでの生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。引っ越し当日は彼を部屋に招き入れ、新居で甘いセ...
蒼井凜花 2021-09-03 06:00 エロコク
レトロだけど新しい! ほかのバイブにはない気持ち良さ♡
 昨今はハイデザインなラブグッズが増える一方で、レトロなものはいつのまにやら少数派。「桃色GENERATION」は、10...
桃子 2021-08-29 06:00 エロコク