どちらも痛いけど…DVとSMの違いについて考えてみました

内藤みか 作家
更新日:2019-03-06 20:31
投稿日:2019-02-18 06:00
(写真:iStock)
(写真:iStock)

 こちらでは、はじめまして。作家の内藤みかと申します。私は、あたらしもの好きです。いろいろな新しいモノやコトを試したり観察するのが大好きです。こちらのコラムでは、新しいモノやコトについて、私なりの切り口で考察していこうと考えています。

 最近私が考えているのが「DV」と「SM」の違いです。意味を調べてみました。

 ・DVとは、パートナーに暴力をふるうこと。

 ・SMとは、暴力をふるったりふるわれたりすることに、性的な興奮を感じること。

 どちらも愛する人への暴力というところは同じなのに、イメージが随分違うのは、なぜなのでしょう?

■合意の有無の違い

 私は、合意の違いではないかと思っています。

 DVは、暴力を受ける側は、それを合意していませんし、嬉しく思ってもいません。けれどSMは、暴力を受ける側は、それを合意していますし、むしろ悦んでさえいます。この違いは、とても大きいのではないでしょうか。

 たとえば恋人の男性からぶたれた女性がいるとします。そうしたことを望んでいない女性がぶたれたら「なんでぶつの?」「ひどい!」と怒ったり、悲しんだりという感情が湧いてくるでしょう。場合によっては女性も殴り返して乱闘になるかもしれないし、警察に通報する事態になるかもしれません。どちらにしても、あまり幸せな発展にはならなそうです。

 けれど、もしそういうことを望んでいる女性が男性からぶたれたら「もっと、もっと!」になるわけです。そうした女性はぶたれたことによって、幸福感や満足感、そして愛されている実感さえも得てしまうのです。DVに比べて、めちゃくちゃ幸せそうです。

■怒り度合いの違い

 同じことをされても、立場や趣向によって、受け止めかたは全然違うものになってしまうというのは、とても興味深いです。もちろん、いくらSMが好きだからといって、日常生活でいきなり恋人から殴られたら、その時は怒ることでしょう。けれど、性行為中にぶたれたら、その時は悦ぶのでしょう。同じ人であっても、シチュエーションによって、感情に差が出てしまうのだから、不思議です。

 あとは、怒りの度合いにも、大きな違いがあるのではないでしょうか。

 DVをふるう男性の場合、殴るときは、怒りに満ちているものです。「この野郎!」と言わんばかりに相手の女性を力で制圧しようとするのです。けれどSMの場合、男性は、その女性を愛しているからこそぶつのです。そこには怒りはありません。

■配慮の有無の違い

 それから、相手への配慮にも、かなりの差があります。

 DVの場合、殴った男性は、殴られた女性がどのくらい痛いのか、どのくらいショックを受けたのか、ということを想像しようとしません。それどころか、相手への怒りで頭がいっぱいのため、女性がケガをして痛そうにしていても決して優しくせず「お前が殴られるようなことをするからだ」という態度を貫き、相手とコミュニケーションをとることから逃げようとさえします。

 では、SMの場合、どうでしょうか。実のところSMは相手への気づかいに満ちている気がします。どのくらいの力でぶったら命の危険があるか、どのように辱(はずかし)めたら快楽を感じるのかなど、常に女性の状態を思いやっているからこそ、痛みの向こうにあるギリギリのところを突いてこれるではないでしょうか。

■思いやりの違い

 あれこれ考えた末、思いやりのない暴力がDV、思いやりのある暴力がSMという結論になりました。やはり、嫌がっている相手に手をあげてはいけないと思います。

 こんなにあれこれ考察しているのだから、私は相当なSM趣味があるのだろうと思う人もいるかもしれません。けれど、私はそうした性癖は持っていません。だけどDVとSMは、どこが違うんだろう? ということを考えたら、止まらなくなってしまうのです。

 どちらかというと、かわいい男の子をいじめたいという願望のほうは、うっすら持ち合わせている気がしないでもないですが……。

 こんな感じのことをつらつらと書いていければと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


バイブの“背”を使った唯一無二の刺激♡中と外の同時イキも
 カナダのブランド「ウィーバイブ」は、カップルで楽しむラブグッズを日本に教えてくれた立役者のひとつ。けれどこの新作バイブ...
桃子 2021-07-27 15:35 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#4
 Wさん(46歳・外資系IT)の体にまたがった奥さんは、「もう我慢できない」と猛り立つ勃起を握り、自身の女陰に導いた。人...
蒼井凜花 2021-07-23 06:17 エロコク
小型でも振動が重く細やかで上質!クリに当てると恥骨まで♡
 電マは大きいし振動が強すぎるし、ちょっと怖い……というみなさんに朗報です。全長9センチ、重さ40グラムの超小型電マ「パ...
桃子 2021-07-18 06:00 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#3
 いよいよ「夫婦交換のセックス」が始まった。Wさん(46歳・外資系IT)は、相手の奥さんに誘(いざな)われるまま、ベッド...
蒼井凜花 2021-07-16 06:00 エロコク
敏感部分を押しながらこする…今まで経験したことがない愛撫
 話題のブランド「ローラディカルロ」の中でも、挿入部と吸引部が一体化した「オセ2」は、最も上級者向けのモデルです。 ...
桃子 2021-07-11 06:00 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#2
 皆さんは「夫婦交換」という言葉を耳にしたことはあるだろうか。  外資系IT企業に勤めるWさん(46歳・妻子アリ)は、...
蒼井凜花 2021-07-09 06:06 エロコク
5WAYのスティック型ローラーで、確実にエクスタシーを提供
「ザロ」ブランドは、以前はロココ調の愛らしい系、現在は大人っぽいエレガント系と、唯一無二の世界観で人気です。ひと目惚れで...
桃子 2021-07-04 06:00 エロコク
細身でも滑らかな動きで威力十分♡挿入タイプ初心者にも
 ラブグッズを愛する私ですが、指で楽しむときもあります。原点に返る気分。グッズは振動や吸引といった、人体では不可能な動き...
桃子 2021-06-27 06:00 エロコク
“秒でいく”は本当?女性向けラブグッズ「マイメアリープラス」の口コミレビュー♡ひとりにもカップルにもおすすめな理由
 あなたは、ラブグッズを持っていますか? 「彼と試した経験がある!」という人は多そうですが、自分で購入するとなるとハード...
ラブグッズはセックスレスに効果的!男性の意外な本音とは
 セクシュアルコンタクトが1か月以上ないことをセックスレスと呼びます。こうなると男性は「女性はしたい日としたくない日の差...
神田つばき [PR] 2021-06-25 16:00 エロコク
アラフォー妻の告白「既婚者合コン」で夫以外の男性に…#5
 既婚者合コンで知り合った男性・Aさん(48歳・銀行マン)との逢瀬を続けていたウォーキング講師のI子さん(42歳)。 ...
蒼井凜花 2021-06-25 16:16 エロコク
いろんなプレーに応用可能!男女どちらの愛撫にも使える♡
 ラブグッズを購入する際、無視できないのがコストです。コロナ禍になって以降、通販での購入も増えていて、実際に手に取って質...
桃子 2021-06-20 06:00 エロコク
アラフォー妻の告白「既婚者合コン」で夫以外の男性に…#4
 既婚者合コンで知り合った男性AさんとホテルでベッドインしたI子さん(42歳・ウォーキング講師)は、彼の練達した指づかい...
蒼井凜花 2021-06-18 06:00 エロコク
クリ刺激派へ!指での刺激が楽しくなる植物由来の興奮ジェル
 ここのところ、クリトリス刺激グッズがアツいと感じています。多様化&細分化で商品が増えているからではありますが、巣ごもり...
桃子 2021-06-13 06:13 エロコク
アラフォー妻の告白「既婚者合コン」で夫以外の男性に……#3
 既婚者合コンで出会ったAさん(48歳・銀行マン)と、ついにベッドインしてしまったI美さん(42歳・ウォーキング講師)は...
蒼井凜花 2021-06-11 06:00 エロコク
レズビアンでありながら男性の恋人も…辿り着いた性の極致
 レズビアンでありながら、男性客を相手とする性風俗業に飛び込み、やがてSMに目覚めたという慧梨香さん(45歳、セラピスト...
大泉りか 2021-06-09 06:00 エロコク