どちらも痛いけど…DVとSMの違いについて考えてみました

内藤みか 作家
更新日:2019-03-06 20:31
投稿日:2019-02-18 06:00
(写真:iStock)
(写真:iStock)

 こちらでは、はじめまして。作家の内藤みかと申します。私は、あたらしもの好きです。いろいろな新しいモノやコトを試したり観察するのが大好きです。こちらのコラムでは、新しいモノやコトについて、私なりの切り口で考察していこうと考えています。

 最近私が考えているのが「DV」と「SM」の違いです。意味を調べてみました。

 ・DVとは、パートナーに暴力をふるうこと。

 ・SMとは、暴力をふるったりふるわれたりすることに、性的な興奮を感じること。

 どちらも愛する人への暴力というところは同じなのに、イメージが随分違うのは、なぜなのでしょう?

■合意の有無の違い

 私は、合意の違いではないかと思っています。

 DVは、暴力を受ける側は、それを合意していませんし、嬉しく思ってもいません。けれどSMは、暴力を受ける側は、それを合意していますし、むしろ悦んでさえいます。この違いは、とても大きいのではないでしょうか。

 たとえば恋人の男性からぶたれた女性がいるとします。そうしたことを望んでいない女性がぶたれたら「なんでぶつの?」「ひどい!」と怒ったり、悲しんだりという感情が湧いてくるでしょう。場合によっては女性も殴り返して乱闘になるかもしれないし、警察に通報する事態になるかもしれません。どちらにしても、あまり幸せな発展にはならなそうです。

 けれど、もしそういうことを望んでいる女性が男性からぶたれたら「もっと、もっと!」になるわけです。そうした女性はぶたれたことによって、幸福感や満足感、そして愛されている実感さえも得てしまうのです。DVに比べて、めちゃくちゃ幸せそうです。

■怒り度合いの違い

 同じことをされても、立場や趣向によって、受け止めかたは全然違うものになってしまうというのは、とても興味深いです。もちろん、いくらSMが好きだからといって、日常生活でいきなり恋人から殴られたら、その時は怒ることでしょう。けれど、性行為中にぶたれたら、その時は悦ぶのでしょう。同じ人であっても、シチュエーションによって、感情に差が出てしまうのだから、不思議です。

 あとは、怒りの度合いにも、大きな違いがあるのではないでしょうか。

 DVをふるう男性の場合、殴るときは、怒りに満ちているものです。「この野郎!」と言わんばかりに相手の女性を力で制圧しようとするのです。けれどSMの場合、男性は、その女性を愛しているからこそぶつのです。そこには怒りはありません。

■配慮の有無の違い

 それから、相手への配慮にも、かなりの差があります。

 DVの場合、殴った男性は、殴られた女性がどのくらい痛いのか、どのくらいショックを受けたのか、ということを想像しようとしません。それどころか、相手への怒りで頭がいっぱいのため、女性がケガをして痛そうにしていても決して優しくせず「お前が殴られるようなことをするからだ」という態度を貫き、相手とコミュニケーションをとることから逃げようとさえします。

 では、SMの場合、どうでしょうか。実のところSMは相手への気づかいに満ちている気がします。どのくらいの力でぶったら命の危険があるか、どのように辱(はずかし)めたら快楽を感じるのかなど、常に女性の状態を思いやっているからこそ、痛みの向こうにあるギリギリのところを突いてこれるではないでしょうか。

■思いやりの違い

 あれこれ考えた末、思いやりのない暴力がDV、思いやりのある暴力がSMという結論になりました。やはり、嫌がっている相手に手をあげてはいけないと思います。

 こんなにあれこれ考察しているのだから、私は相当なSM趣味があるのだろうと思う人もいるかもしれません。けれど、私はそうした性癖は持っていません。だけどDVとSMは、どこが違うんだろう? ということを考えたら、止まらなくなってしまうのです。

 どちらかというと、かわいい男の子をいじめたいという願望のほうは、うっすら持ち合わせている気がしないでもないですが……。

 こんな感じのことをつらつらと書いていければと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

内藤みか
記事一覧
作家
著書80冊以上。大学時代に作家デビューし、一貫して年下男性との恋愛小説を書き綴る。ケータイ小説でも話題に。近年は電子媒体を中心に活動。著書に「あなたに抱かれたいだけなのに」など。イケメン評論家として、ホストや出張ホストなどにも詳しい。
XInstagram

関連キーワード

エロコク 新着一覧


避妊具なんて要らない!内縁妻「感涙の初SEX」で芽ぐむ本妻への妬み #2
 異業種交流会での出会いをきっかけに、妻子ある男性との付き合いが始まった千鶴さん(仮名・35歳化粧品会社を経てイベント会...
蒼井凜花 2024-05-24 06:00 エロコク
ドM女子とパパ活は好相性? 26歳の自称“ド変態”美容師のケース
 今回ご登場いただくパパ活女子は…もしかしたらギスギス夫婦の救世主になるかもしれない女の子。 「今、4人のパパから...
中山美里 2024-05-21 06:00 エロコク
社会復帰のきっかけに?引きこもり生活から卒業した22歳女性
 今回ご登場いただくのは、超変わり種のパパ活女子でありまして…巣ごもり生活7年。最近になってようやく外に出るようになった...
中山美里 2024-05-14 06:00 エロコク
まるで野菜そのもののバイブは笑っちゃうくらいリアル♡
「らっしゃい! 新鮮な取れたて野菜、そろってるよ~」なんて声が聞こえてきそう。  私は都内に住んでいながら、近所に...
桃子 2024-05-12 06:00 エロコク
日韓カップルが沼るリモートオナニーと疑似SEX…逢えない時も欲情 #5
 第5次韓流ブームと謳われる昨今、「年下韓国人男性とのお付き合い中」と微笑むのは愛香さん(仮名・35歳フリーライター/独...
蒼井凜花 2024-05-10 06:00 エロコク
パパ活にも危機管理能力は必須!24歳フリーターの自己防衛策
 知り合いのオジサマはさいとう・たかを先生の「ゴルゴ13」の大ファン。いつも熱くその魅力を語ってくれます。 「ゴル...
中山美里 2024-05-07 06:00 エロコク
気持ちよさが何倍にも! セックスローションの新しい使い方
 みなさんはセックスローションといわれるものを、なんのために使いますか?  女性の潤いが十分でない場合、それをフォ...
桃子 2024-05-05 06:00 エロコク
韓国男子の指テクと巧みなクンニリングに溺れ、天国からよもや地獄へ #4
 第5次韓流ブームと謳われる昨今、「年下韓国人男性とのお付き合い中」と微笑むのは愛香さん(仮名・35歳フリーライター/独...
蒼井凜花 2024-05-10 17:10 エロコク
意外性に思わず声が漏れた! 新発想の吸引系ローターが爆誕♡
 ラブグッズの中でも、ローターは“振動する物体”であればいいので、その形状はバリエーションに富んでいます。  口紅...
桃子 2024-04-28 06:00 エロコク
前戯ナシの生SEXにGスポがひくつく快楽 挿入時の痛みは消え去り… #3
 第5次韓流ブームと謳われる昨今、「年下韓国人男性とのお付き合いが始まった」と頬を赤らめるのは愛香さん(仮名・35歳フリ...
蒼井凜花 2024-05-07 18:40 エロコク
アソコ臭すぎ問題を解決! 50代のパパに脱毛を勧めた結果…
 突然ですが“ハイジーナ女子”ってナンのことだか分かります?  4、5年前。AVモデル事務所のマネジャーさんからこ...
中山美里 2024-04-23 06:00 エロコク
驚異のsmallサイズ! でも吸引口は大きめに設計されパワーがすごい
 クリトリスを覆い、振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系”が最初に登場したのは2016年ごろ。時間が経つにつれ女性の間...
桃子 2024-04-21 06:00 エロコク
韓国男子は前戯ナシ? 初ポッポから“韓流SEX”の流れに身を任せて#2
 第5次韓流ブームと謳われる昨今、「年下韓国人男性とのお付き合いが始まった」と頬を赤らめるのは愛香さん(仮名・35歳フリ...
蒼井凜花 2024-05-07 18:39 エロコク
管理栄養士の資格をアッチでも活用!パパの脱メタボを成功させた28歳
 今回ご登場いただくパパ活女子は、50代パパのメタボ腹を103から85センチまで、1年で18センチ減らさせることに成功し...
中山美里 2024-04-16 06:00 エロコク
シンプルだけどお楽しみの幅が無限大! ぜひスマホと連動を
 淡くやさしいブルー、優美な曲線を描くボディー。太すぎず細すぎず、シンプルを極めたような「スバコム アヴァネオ」ですが、...
桃子 2024-04-14 06:00 エロコク
お医者さんごっこの続きを…31歳シンママと幼馴染の秘密の遊戯
 今回ご登場いただくのは、帰省した際に幼なじみの浩くんと再会し、それを機に愛人エッチするようになったというシングルマザー...
中山美里 2024-04-09 06:00 エロコク