40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#5

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-07-30 06:00
投稿日:2021-07-30 06:00
 互いのパートナーを変える「夫婦交換」のセックス。今回、取材に応じてくれたWさん(46歳・外資系IT)は、自分の妻が他の男に抱かれているさまを目の当たりにし、激しい興奮に包まれた。互いのセックスは徐々にエスカレートし、なんと、隣同士のベッドでまぐわう事態へと発展していった――。

◆前回までの話はこちら→第1回第2回第3回第4回

言葉責めに悶える妻

斜め後ろから妻を…(写真:iStock)
斜め後ろから妻を… (写真:iStock)

――奥さまのU子さんが、Hさん(47歳・医師)に促されるまま、隣のベッドに這い上がったんですね。続きをお話しください。

「今の今までバックでハメられヨガっていたU子は、呼吸を乱し、手足を震わせながらベッドにあがりました。僕はその一部始終をHさんの奥さんを背後から貫きながら見入っていました。

 ベッドに横たわるU子に、Hさんは次のように言ったと記憶しています。『奥さま、隣のベッドでは、ご主人がバックで僕の家内と繋がっていますが、奥さまはどのような体位がお好みですか?』と。

 僕はとっさに、言葉嬲り(ことばなぶり)だと察しました。

 わざと羞恥心を煽るような言葉責めをしているわけです。むろん、それが女の興奮を掻き立てていることは明白です。

 案の定、U子は『そんなこと……訊かないで下さい』と、赤らんだ頬をさらに紅潮させながら告げていました。

 妻の恥じ入る姿を見ていると、僕のペニスがもう一段階、硬くなるのが分かりました。ええ、もちろんHさんの奥さんのヴァギナにハメこんだままです。同時に、女膣の締めつけも強まってきたんです」

――続けてください

「Hさんは、恥ずかしがるU子に対し、『では、私どももご主人と同じバックでつながりましょう』と提案したんです。U子はか細い声で『はい……』と言い、四つん這いの姿勢を取りました。

 僕は斜め後ろからU子の尻を見ることができました。元々スリムな体型ですが、四十四歳になった今、尻は丸々と熟れて柔らかそうで、ワレメの肉ビラが興奮に膨らんでいました。淡いダウンライトに赤く濡れたワレメが照らしだされ、最高にエロティックでした。

 Hさんは、妻の背後にひざ立ちし、左右に張り出した尻をわしづかみ、やわやわと揉みしだきました。

 大きな手が妻のヒップを捏ねまわすたび、尻肉に指が沈んで、ひどくセクシーでね……妻も『あっ……はああっ』と身をのけぞらせているんです。

 その光景を見ているだけで、僕のペニスはますます硬さを増していき……呼吸もまばたきさえも忘れていました。

 やがて、Hさんは僕をほうに顔を向けて、『では、ご一緒に楽しみましょう』と紳士的に告げてきたんです。

 普通の状態なら、わずかな違和感を抱いても、ここでは違った。

 二人の男がパートナーを交換して、同じ姿勢を取り、性を謳歌しようというエネルギッシュさに満ちあふれていました。

 Hさんは鋭くそそり立つ勃起を妻のヴァギナにあてがい、数回、亀頭をすべらせて愛液をなじませました。そして『奥さま、ご主人のお隣で入れますよ』と言いながら、両手で尻を引きよせました。

 次の瞬間、Hさんが力強く腰を送りだし、ペニスを突き入れました。

 同時に「はあああっ!」と四つん這いのU子は背をのけ反らせて、彼の勃起を呑みこんだんです。

 二人は動かずにいました。いや、U子が動けずにいたから、Hさんも待っていたのかもしれません」

関連キーワード

エロコク 新着一覧


ローターでありバイブでもあり!女性の体に寄り添ってくれる
「完全防水 静音設計 ナカイキボールバイブ9」を輩出しているのは、人気ブランド「P×P×P」。防水仕様であること、作動音...
桃子 2021-09-26 19:12 エロコク
一見すると口紅! すべての人に持ってほしい気配りローター
 これを見てすぐに「ラブグッズだ」と分かる人は少ないのではないでしょうか。「マジックモーション マジック ロトス」は、れ...
桃子 2021-09-19 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#6
「同じ敷地内に立つマンションの別棟」に不倫相手と住むH美さん(27歳・派遣)。LINEでの連絡は毎日、そして3日に一度は...
蒼井凜花 2021-09-17 06:00 エロコク
いかつい雰囲気を裏切る優しく繊細な刺激で極上オーガズムへ
 不良少年が捨て犬を保護した……そんな現場を目撃したら「超~いい人!」と思っちゃうのが人情というもの。好印象から悪印象へ...
桃子 2021-09-12 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#5
 不倫相手と同じ敷地内のマンションで新生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。しかしある日、分譲のA棟に住む彼と賃貸のB棟...
蒼井凜花 2021-09-10 06:00 エロコク
精密ロボット機能搭載!“押す”&“こする”を備えた最新バイブ
 女性の性感帯はいまだ謎に包まれたところが多く、中でも最もミステリアスなのがGスポットでしょう。ラブグッズ界もこれまで、...
桃子 2021-09-05 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#4
 ついに不倫相手と同じマンションでの生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。引っ越し当日は彼を部屋に招き入れ、新居で甘いセ...
蒼井凜花 2021-09-03 06:00 エロコク
レトロだけど新しい! ほかのバイブにはない気持ち良さ♡
 昨今はハイデザインなラブグッズが増える一方で、レトロなものはいつのまにやら少数派。「桃色GENERATION」は、10...
桃子 2021-08-29 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#3
 不倫相手のマンションに引っ越すことになった派遣OLのE美さん(27)。あまりにもリスキーな不倫だが、目くるめく快楽を知...
蒼井凜花 2021-08-29 21:10 エロコク
元カレでもいい…「リサイクルセックス」に走る女性の心理
 コロナ禍により、男女の出会いの機会が一気に減ったこの頃。あまりの出会いのなさに、元カレや元ダンナと再び関係を持つ女性が...
内藤みか 2021-08-26 06:00 エロコク
力で快感を引き出す電マしか知らない人ほど試してほしい一品
 エッチな目的のために電マを購入。でもそれだけでなく肩や腰のマッサージにも使っている女性、少なくないですよね。電マはパワ...
桃子 2021-08-22 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#2
 いまや日常にありふれている不倫。今回取材に応じてくれたE美さん(27歳・派遣)も、妻子ある男性と不倫をしている女性の一...
蒼井凜花 2021-08-20 06:00 エロコク
吸引グッズ火付け役の“妹分”が日本上陸!初心者もすぐ使える
 アパレルやコスメの世界では“姉妹ブランド”というものがよくあります。メインのブランドよりも価格帯が低めなのが“妹”。そ...
桃子 2021-08-15 06:00 エロコク
クリを内側にしっかり収めるよう計算され尽くされた吸引系
 上品なラベンダー色、無駄をそぎ落としたようなフォルム。クリトリスを覆って振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系”の人気...
桃子 2021-08-08 06:00 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#6
 これまで5回にわたって綴ってきた「夫婦交換」の内情。「性と生」を謳歌するべく、二組の夫婦がもつれあう光景は、Wさん(4...
蒼井凜花 2021-08-06 06:00 エロコク
カップルにも♡小さな面でクリを刺激する“一点集中ローター”
 最近、私がクリトリスをピンポイントで刺激するグッズを探しているからでしょうか。一点集中! 小さな接地面でクリをしっかり...
桃子 2021-08-01 06:00 エロコク