彼からずっと愛される女性は何が違う? 5つの特徴&NG行動

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-07-23 06:00
投稿日:2021-07-23 06:00
 多くの女性が、大好きな彼からずっと愛される女性でいたいと思っているでしょう。しかし、現実は価値観の違いやマンネリ化が原因で長続きしないカップルも多いよう。そこで今回は、彼からずっと愛される女性の特徴と避けるべきNG行動をご紹介します。しっかり身につけることができれば、恋愛以外の人付き合いにもきっと役立つはずですよ♡

彼から“ずっと愛される女性”の5つの特徴をチェック♡

いつでも楽しく!(写真:iStock)
いつでも楽しく! (写真:iStock)

 どんな女性も「すぐに飽きられる女性」よりも「愛される女性」になりたいですよね。まずはじめに、彼からずっと愛される女性の特徴をご紹介します。外見だけではない、彼女たちの魅力に迫ってみましょう。

1. いつも明るくポジティブ

 いつも明るくポジティブ思考の女性は、男性から愛される女性の一番の特徴でしょう。どんな人だって、嫌なことがあって落ち込むこともありますよね。そんな時、彼女が明るく前向きに励ましてくれたら、どんなに心強いでしょう。

 楽しいことを一緒に楽しめるのは当たり前ですが、カップルにとって重要なのは、弱っている時にどう支え合うのかということ。彼女の存在を大事だと実感できれば、きっと「ずっと愛し続けよう」と思うはずです。

2. 自分を可愛く見せる努力をしている

 付き合った当初は、デートのたびにファッションもメイクも完璧にしていたはず。しかし、長く付き合うにつれて、少しずつ気が緩んでしまうこともありますよね。

 そんな中、彼に会うために少しでも自分を可愛く見せようと努力している女性は、男性にとって可愛くて仕方のない存在。彼から愛される努力をすることも、ずっと愛されるためには必要だと言えますね。

3. 笑顔が素敵

 女性の笑顔は、男性のことを幸せにできると言われます。付き合っている彼女が自分の隣で楽しそうに笑っている姿は、男性にとってかけがえのないもの。

 笑顔が素敵な女性と一緒にいるだけで、男性は「居心地の良さ」を感じます。大好きな彼と一緒にいる時にはできるだけ笑顔を心がけて、彼が心地良い雰囲気を作るように心がけましょう。

4. 「ありがとう」と「ごめんなさい」が素直に言える

 一緒にいる時間が長くなると、彼がしてくれることを「当たり前」だと感じてしまう人も少なくありません。その点、彼からずっと愛される女性は、自分のために彼が何かしてくれたら言葉で「ありがとう」と、必ず感謝の気持ちを言葉で伝えます。

 また、彼に対して悪いことをしてしまった時には、「ごめんなさい」と真っ直ぐに謝る気持ちを持っているのもポイント。彼からずっと愛される女性になるためには、素直でいることがとても大事です。

5. いつも穏やかで上品さがある

 いつも穏やかで上品さがある女性も、男性からずっと愛される女性の秘訣でしょう。男性は女性が思っている以上に、女性の言葉遣いや仕草を細かく見ているもの。

 一般常識や礼儀、食事のマナーはしっかり覚えておくのが鉄則。どんなに彼と親しくなっても、「女性らしさ」だけは絶対に忘れないようにしましょう。

“ずっと愛される女性”になるために避けるべきNG行動

感情的になられると疲れる…(写真:iStock)
感情的になられると疲れる… (写真:iStock)

 続いては、男性からずっと愛される女性になるために避けるべきNG行動をご紹介します。思い当たる項目がある人は、彼に距離を置かれる前に今すぐ改善するようにしましょう。

1. 人の悪口を言う

 たとえ正しい意見だったとしても、女性が人の悪口を言っている姿は男性から見て気分の良いものではありません。悪口を言っているだけで、男性から「性格が悪い女性」というレッテルを貼られてしまう可能性も。

 大好きな彼と一緒にいる時は悪口はもちろん、できるだけ愚痴や不満を言うことも避けた方が良いでしょう。

2. 友達の彼氏と比べる

 女性は、友達の彼氏と自分の彼氏を比べて優劣をつけてしまいがち。しかし、比べても意味がありません。友達の彼氏と同じことをしてほしいと強要するなどは、絶対に避けるべきNG行動でしょう。

 男性は人と比べられることが大嫌いです。気が付いた途端、あなたのことを信用できなくなってしまうことも。羨ましがったり、彼を責めたりするのはやめましょう。

3. すぐに感情的になる

 自分の思い通りにならないことがあるたび、すぐに感情的になる女性は、男性から「面倒な女性」だと思われます。たとえ自分に非があっても、怒鳴ったり泣きわめいている女性の姿を見るだけで、ため息をついてしまう男性もいるようです。

 無理に感情を抑える必要はありませんが、感情を彼にぶつけるよりも話し合える冷静さを持てるようにしましょう。

4. その場しのぎの嘘をつく

 どんな理由があっても、彼氏にその場しのぎの嘘をつくのはNG。些細なことでも噓をついたことがわかれば、彼から信用されなくなってしまいます。

 カップルが長続きするためには、信頼関係を築けるかどうかが重要。一度嘘がバレてしまうと、信用を取り戻すまで時間がかかってしまうので注意しましょう。

彼の気持ちをしっかり掴んで“ずっと愛される女性”になろう♡

ずーっと愛される女性を目指そう(写真:iStock)
ずーっと愛される女性を目指そう (写真:iStock)

 ずっと愛される女性になるためには、彼にとって「居心地の良い存在」になることが必須条件。自己中心的になったり、感情的になったりせず、彼の気持ちになって考えることが大切なポイントになります。

 彼の気持ちをしっかり掴んで、ずっと愛される女性を目指してくださいね♡

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


お金に執着する女が結婚できない理由3つ 大切なことを見失った悲しい末路
 婚活中は、改めて自分がどんな男性に惹かれるのかを見つめ直す機会になりますよね。性格や趣味、価値観や見た目にこだわる人も...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
だから「媚びる女」は嫌い! 男性の本音と“媚び認定”する女の言動とは
 恋愛で「媚びる」を武器にしている女性はいませんか? でもその武器は、嫌われるきっかけになる恐れもあるため注意が必要です...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
更生して一途に?それとも性病に苦しむ?遊びだった人の明暗を分ける瞬間
 遊び人の男性にもてあそばれ、つらい思いをした女性もいるでしょう。しかし、遊び人でも年齢や経験を重ねて更生する場合がある...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
30代40代「婚活の後悔」4選 あのときどうして気づかなかったんだろう
 婚活に励んでいる女性は必見! 「あのときこうしておけば…」と、自身の婚活に後悔がある女性たちの話を集めてみました。 ...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
甘い新婚生活なんて誰が言った?ラブラブ一転イライラ爆発エピソード5選
「新婚」と聞くと、誰もがラブラブな生活を想像するでしょう。 でも、共同生活を始めて間もない新婚は、イライラする機会も多い...
恋バナ調査隊 2024-02-25 06:00 ラブ
男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ