男性がうんざりする女性からのLINE…彼の心が離れる内容5選

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-07-15 06:00
投稿日:2021-07-15 06:00
 男性と女性は、脳の作りが違うと言われています。そのせいか、女性にとってはなんの問題もないLINEでも、男性はうんざり……と感じてしまう場合があるようです。そこで今回は、男性の心が離れてしまうLINEの内容をご紹介します! 大好きな彼にうんざりされてしまわないように、ぜひチェックしてみてくださいね。

男性の心が離れる…女性からのうんざりするLINE内容5選

1.「あの子可愛くない?」

 こちらの女性は、彼氏と一緒に参加した飲み会で彼氏の隣に座った女性が可愛かったので心配になり、このLINEを送ったそうです。「私もあんな女性になりたいな!」という感じを装い、様子を探ったつもりでしたが、しつこくなりすぎてうんざりされてしまいました。

 このようなLINEを送るくらいなら、「隣の女の子可愛かったけど、浮気しないでね♡」と、わかりやすく伝えたほうが良いのかもしれませんね。

2.「金曜日がダメなら月曜日は?」

 こちらの女性は、勇気を振り絞って片思い中の彼をデートに誘いました。でも、予定が合わないとの返事があったため、良かれと思って可能な日程を羅列し、一気に送ったのです。しかし、これが彼には、怖い“女の執念”に見えてしまったよう。この後から、まったく連絡が取れなくなってしまったそうです。

 恋愛のアプローチは、ただ押せばいいというものではなく、相手との空気感を見極めながら距離を縮めていくのが良いのかもしれませんね。

3.「家についたかな?」

 これも女性がよくやってしまう、心配確認LINE……。「家に無事ついた?」「朝起きられる?」と、親切のつもりで送っているのですが、男性からしてみれば「お母さんか!」と言いたくなってしまうそう。

 両思いなら男性の感想も変わってくるのかもしれませんが、片思い中に送ってはいけないLINEのひとつでしょう。

4.「今日のにゃんこ」

 返答に困る話題の第一位に上がるのが、ペットの写真を見せられること! 可愛いけれど、なんと返信して良いのかと混乱する男性は多いようです。

 こちらの女性は、ことあるごとに、ペットの猫の写真を使って彼に甘えていたのだとか。しかし、うんざりが募っていたのでしょう。ある日、彼から「猫の写真はもう大丈夫」と、言われてしまいました。ペットを飼っている女性は、これを肝に命じて恋愛を進めていきましょう。

5.「いいよー!それで」「そうだね!」

 いつも話題豊富な彼とのLINEを楽しんでいた、こちらの女性。彼はあれこれ話題を振ってくれるし、こちらのことを好きな気持ちも伝わってきていたので、その心に甘えて単調な返事しかしていなかったようです。

 ところが、ある日別れを切り出されてしまいました。彼は、「いつもつまらなさそうな返事にうんざりした」とのこと。もっとお互いが楽しく過ごせるように努力すればよかった、と感じた彼女ですが、それも後の祭りになってしまいました。

うんざりを回避! 男性へのLINEは愛を込めてわかりやすく♡

 紹介したLINEの例を見ていくと、回りくどい方法で相手を試したり、恋に盲目になって自分よがりになったりする時、男性にうんざりされやすいという傾向が見えてきました。男性に対してのLINEは、結論までわかりやすく伝えること、そして、配慮を忘れないことが大切なようですね。

 ぜひ、この記事を参考にして、日頃のLINEをもう一度見直してみてはいかがでしょうか? 男性にうんざりされないようなLINEの返信を、マスターしてくださいね!

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ
友情か恋愛か。友達と同じ人が好きになり“カマかけLINE”を送ったら…
 友達と同じ人が好きになってしまい、友情か恋愛かを選べずに苦しんでいる人は多いようです。  中には、自分の気持ちを...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ
「元妻とマッチング」の後悔 即ブロせずにベッドインした47歳男の決意
「冷酷と激情のあいだvol.204〜女性編〜」では、5年間前に離婚した元夫とマッチングアプリで再会し、よりを戻したいと考...
並木まき 2024-07-13 06:00 ラブ
別れた元夫とマッチング成立!デートで確信、ガチ復縁望む44歳女の心痛
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-13 06:00 ラブ
【写真でプレイバック】表情がくるくると変わる石丸伸二氏
【この写真の本文に戻る⇒】 彼が『石丸伸二さん』『ひろゆき氏』推し…論破系男性との結婚でうまくいく女性と回避法は?