ジャニーズに飛び火!愛知の密フェス狂騒、KAT-TUN新曲も…

こじらぶ ライター
更新日:2021-09-11 06:00
投稿日:2021-09-11 06:00

15周年のKAT-TUNに「波物語」の火の粉が…

愛知“密フェス”大炎上がジャニーズにも飛び火/(C)日刊ゲンダイ
愛知“密フェス”大炎上がジャニーズにも飛び火 /(C)日刊ゲンダイ

 先月29日に愛知県常滑市で開催された音楽フェス「NAMIMONOGATARI2021」(波物語)は参加者に29人以上の新型コロナ感染が確認され(8日現在)、クラスター認定を受けた。同フェスでは8000人が“密”状態で参加し、演者の煽りに呼応しマスク無しで声をあげたり、県の要請に反し酒類も提供され、感染拡大に繋がるのではと大批判を浴びていた。

 同フェスにより思わぬ形で飛び火を受けたのが、今年15周年を迎えたKAT-TUNだ。今月8日発売のシングル曲「We Just Go Hard feat. AK-69」は、“密フェス”で大炎上したヒップホップアーティストAK-69が楽曲提供したものだった。

 AK-69は同フェス直後に謝罪文を出したものの、出演前に「NAMIMONOGATARIでカマシあげにいくか」「ライブの格の違い魅せたるわ」とツイートしていたり、YouTube動画でも「コロナは風邪」といった主旨を話していたことも拡散され批判を浴びることに。どちらも後に削除され「謝罪は形だけ」と炎上を加速させた。

グループ初の“feat.”なのにアピールできず

AK-69と真逆で同フェスの観客にマスクを付けるよう促した真木蔵人/(C)日刊ゲンダイ
AK-69と真逆で同フェスの観客にマスクを付けるよう促した真木蔵人 /(C)日刊ゲンダイ

 AK-69は今月1日以降、一部活動自粛に追い込まれたが、KAT-TUNは6日に音楽番組で「We Just Go Hard feat. AK-69」を予定通り披露。フェス以前はAK-69提供曲であることや、初の“feat.”というコラボ曲であることを大々的に打ち出していたが、当然、楽曲披露時にはそこに触れることは無かった。

 しかし、曲名自体にAK-69と記載があり「周年なのに大炎上中の人とコラボってタイミングが悪すぎる……」と良くない印象を持ったファンも少なからずいたようだ。

ジャニーズのコロナ禍でのイベントは…

 今回の楽曲自体に罪は無いが、KAT-TUNやジャニーズのコロナ禍でのイベントについて思い起こさせるきっかけにもなった。昨年最初に発令された緊急事態宣言以降、ジャニーズは無観客配信ライブを中心にしてきたが、長引くコロナ禍で今年に入り、アリーナクラスの会場で収容制限を設けながら有観客ライブを再開。KAT-TUNも今年3月からのツアーでは緊急事態宣言下の東京公演を中止したものの、4月初旬には宮城で地方公演をスタートさせた。

「(コロナ感染という)置き土産が無いことを願う」

15周年シングル曲コラボのタイミングが悪すぎた…/「We Just Go Hard feat. AK-69/EUPHORIA 」(初回限定盤1)
15周年シングル曲コラボのタイミングが悪すぎた… /「We Just Go Hard feat. AK-69/EUPHORIA 」(初回限定盤1)

 しかし、4月末の新潟公演前に、新潟県から「感染拡大地域から多くのファンが訪れる可能性がある」として、イベント後の飲食を伴う会合や路上・公園での飲酒などを控えるよう要請された。

 これまでにジャニーズのイベントでのクラスターは確認されていないものの、県境をまたぐ移動の自粛が呼びかけられている中で、県からこうした要請がでること自体、当該地域の住民にとっては恐怖を感じるのも仕方のないことだ。「(コロナ感染という)置き土産が無いことを願う」といった書き込みもネット上で見られた。

 またKing & Princeは「NAMIMONOGATARI2021」の数日前の先月25日、26日に緊急事態宣言下の愛知県でツアー公演を開催。ジャニーズはイベントに際し徹底した感染対策を施してきたが、マナーを守らないファンも多い。

 無償で配布している飛沫感染防止用の“スマイルアップシールド”も「メンバーが見えづらい」と着用しないファンが続出したり、メンバー登場時や曲の合間などの歓声もすごいという。

愛知県内のコロナ感染者数が初の全国最多に

 King & Prince愛知公演から約2週間後、「NAMIMONOGATARI2021」から約1週間後には愛知県内のコロナ感染者数が1000人を優に超え、東京や大阪を抜き初めて全国で最多となった。

 新型コロナの潜伏期間は1日~14日ともいわれており、「愛知が全国最多とか波物語だけのせい? キンプリ関係ないよね?」と疑問視するファンも出てきた。
また今月6日から帝国劇場で開催されているジャニーズの舞台「DREAM BOYS」には、コロナに感染しながらも観劇したと思われるファンの「めちゃくちゃ見やすかった!!」「わたしコロナになって声ガスガスになり、まだハスキーなんだけど初めて話す人はわたしがこの声だと思うんだよな」といったツイートが拡散され炎上。投稿者はTwitterアカウントを削除したが、「波物語のニュースとか見ただろうに…」「感染してるのに何やってるの? バカなの?」とファンの間で議論の的となった。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


岸田改造内閣ではっきりしたこと…自民党全体が統一教会に蝕まれているのだ
【ラサール石井 東憤西笑】#117  岸田総理が内閣改造を行った。予定よりも1カ月も前倒しで始まったのには、旧統一教会...
2022-08-18 07:08 エンタメ
エイベックス松浦会長がガーシー議員とヤバい生配信 “芸能界のドン”をネタに言いたい放題
 16日、エイベックスの松浦勝人会長(57)の公式ユーチューブチャンネルの生配信に、NHK党のガーシー議員こと東谷義和氏...
2022-08-18 07:08 エンタメ
「払えないならデートしろ」投げ銭の見返りを求める男の脅迫
 毎度! お世話になります。ライブ配信アプリの光と闇を見続けている「龍野ヲトシ」です。  先日ちょっとおどろおどろ...
竹内涼真に韓国ショービズ界が熱視線!「六本木クラス」視聴率V字回復で“億万長者”の目
 竹内涼真(29)が近い将来、“国際派俳優”として世界に羽ばたく日が訪れるかもしれない。  ドラマや映画製作において多...
2022-08-17 17:03 エンタメ
夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台
 とにかく今年の夏ドラマは爆死、大爆死と、かしましい。  夏は例年、視聴率が下がりがち。イマドキ世帯視聴率だけでドラマ...
2022-08-17 17:03 エンタメ
「竹のこ」の前座名を付けたのは「竹」が付く可愛らしい名前だから
【桂竹丸 竹千代 師弟で大いに語る】#2  竹千代が入門を志願したのは11年前。初めて会った時の印象はどうだったか? ...
2022-08-17 17:03 エンタメ
仲代達矢89歳「役者人生70周年」赤秋の境地…コロナ禍は無名塾の稽古場でひとり汗を流す
 若い時分の青春は過ぎ去ったけれども、中高年になった今は「赤秋」だ。実りの秋を精いっぱい生きればいい。仲代達矢(89)は...
2022-08-17 17:03 エンタメ
NHK戦争ドラマの佳作「アイドル」 古川琴音を抜擢したことに拍手だ
碓井広義【テレビ 見るべきものは!!】  これは女優・古川琴音による古川琴音のための古川琴音のドラマだ。11日に放送さ...
2022-08-17 17:03 エンタメ
「ぜんぶ、ボクのせい」松本まりかの姿態もイイが…寄る辺なき少年の試練と諦観を見よ
【この夏の映画 観るならこの1本】#2  この夏、ミニシアターで密やかに輝きを放つ日本映画に触れてみたい、と思う人にお...
2022-08-17 17:03 エンタメ
NHK朝ドラ「ちむどんどん」ニーニー今度は“ねずみ講”トラブル…旧統一教会を連想と大炎上
 16日に放送されたNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」がまた炎上している。  (以下、ネタバレ注意)  これまで一...
2022-08-17 17:03 エンタメ
鈴木亮平の冴羽獠なら異議なし?実写版「シティーハンター」が原作ファンからも支持されるワケ
 人気漫画「シティーハンター」の実写映画に、俳優・鈴木亮平(39)が主人公の冴羽獠として主演することが決定したと一部で報...
2022-08-17 17:03 エンタメ
三上大進って何者? テレビやインスタで人気「スキンケア研究家」のハイスペックぶり
 いとうあさこ(52)、大久保佳代子(51)、若槻千夏(38)……そんなトークの猛者たちが顔を揃えた、10日放送のバラエ...
2022-08-16 17:03 エンタメ
橋本愛「家庭教師のトラコ」は「家政婦は見た!」から続く“因縁”の産物なのか?
 民放地上波では唯一の“連ドラ対決”となっている水曜夜10時枠。今期は、日本テレビが橋本愛(26)主演の「家庭教師のトラ...
2022-08-16 17:03 エンタメ
旧統一教会問題に消極的なNHK ラジオで“北朝鮮が文鮮明氏たたえ弔電”と報じネットで批判噴出
 安倍晋三元首相(享年67)の銃撃事件以降、政治と世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関係が明らかになる中で、旧統一教会...
2022-08-16 17:03 エンタメ
映画「トップガン マーヴェリック」人気を支えるのは…“おひとりさま”中高年男性だった
 7月末に日本での累計興収100億円を突破した「トップガン マーヴェリック」の勢いが止まらない。1986年の前作を知るバ...
2022-08-16 17:03 エンタメ
井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍
 タレントの井森美幸(53)が「CHANTO WEB」(8月7日配信)のインタビューに登場し、デビュー当初から、「田舎者...
2022-08-16 17:03 エンタメ