平手友梨奈はなぜイタズラっ子?数々の暴露と心理学者の見解

こじらぶ ライター
更新日:2021-02-06 06:00
投稿日:2021-02-06 06:00

平手のイタズラっ子暴露が相次いでいる!

平手(左)からのイタズラ被害を笑顔で報告した志尊(右)。イタズラ大好き平手の行動を心理学者の見解と照らし合わせた結果…/(C)日刊ゲンダイ
平手(左)からのイタズラ被害を笑顔で報告した志尊(右)。イタズラ大好き平手の行動を心理学者の見解と照らし合わせた結果… /(C)日刊ゲンダイ

 岡田将生(31)・志尊淳(25)W主演の映画「さんかく窓の外側は夜」、岡田准一(40)主演の「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」でそれぞれヒロイン役を務める平手友梨奈(19)。連日のようにテレビや雑誌でプロモーション活動をする中で、彼女が非常にイタズラっ子であることが共演者やスタッフから暴露され、また自身の口からも自白(?)されている。

 先月18日放送の「しゃべくり007」(日本テレビ系)に出演した際には共演以来、兄妹のように親しくなったという志尊が、携帯電話に「てち」(平手の愛称)と平手に落書きされたことを明かした。また「さんかく窓の外側は夜」の森ガキ監督もTwitter上で撮影時秘話として、「トイレから帰ってきたら僕の台本の最後のページに落書きがありました。三兄妹(岡田将生、志尊、平手)の!!どうやら平手さんが書いたみたいです。」と画像付きで投稿している。

 今月2日放送の「ウチのガヤがすみません!」(日テレ系)では映画プロデューサーから「撮影現場に配送したiPadの箱を勝手に開け、平手の顔・指紋で認証登録されたため他のスタッフが開けられなくなった」との証言を受けた。ヘアメイクスタッフからは「平手さんとの仕事帰り、電車でスマホのカメラロールを見たら勝手に撮影された写真が200枚ほど入っていた」と明かされ、平手が1枚1枚撮影した自身の顔のドアップがひたすら映り続ける画像が公開された。平手は「(メイクスタッフが)『もぉ〜』と困ってる顔が好き」と無邪気な表情を見せた。

 続く4日放送の「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)ではマネージャーより、「携帯のパスワードをわざと(複数回)間違えて15分以上使えない状態にされたといったイタズラが報告された。

大人のイタズラといえば“水鉄砲”!?

平手による三兄妹の落書き(左)。スリーショットでは悪ガキ全開で岡田将生の顔を隠す平手/森ガキ侑大公式Twitter(左)、志尊淳公式Twitter(右)より
平手による三兄妹の落書き(左)。スリーショットでは悪ガキ全開で岡田将生の顔を隠す平手 /森ガキ侑大公式Twitter(左)、志尊淳公式Twitter(右)より

 平手のこうした行為は欅坂46時代から続いているもので、19歳を女子高生の延長線上と捉えるなら年相応といえなくもない。けれど平手は14歳で芸能活動を開始しており、“職歴”は5年以上。高校を卒業したことを考えるといまは一社会人ともいえるし、何より今年成人となる。

 大人のイタズラ、で思い出されるのが、12年10月に放送された「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)の人生相談コーナー。生田斗真(当時28、現36)の「楽しくなるとイタズラをしたくなってしまう」発言だ。MCの明石家さんま(65)はそんな大人の一例として、小堺一機(65)がメイク用の霧吹きで水を吹きかけてきた話をすると、生田もバーベキューで周囲の人間に水鉄砲で水をかけたという類似のエピソードを披露。

愛情確認か、愛情表現か

 すると、心理学者の植木理恵氏は「心理学で考えると、イタズラは高度なコミュニケーション。イタズラの意味が2つあって。1つが愛情確認。どこまで自分が許されるかを試す。もう1つが愛情表現。君に心を許しているからイタズラするんだよと親しさを意味する」と分析していた。

「週刊朝日」(2021年2月5日増大号)には、平手が撮影前にヘアメイク用の霧吹きの水をスタッフの髪に吹きかけるという、小堺や生田と同種のイタズラをしていたことが掲載されている。同誌のインタビューでは「いたずらをするのが好きなんです。だけど誰にでもやるわけではなくて(笑)、距離が近くなれたと感じた人にだけです」と語っている。

人見知りな平手友梨奈の場合は…

 これまでの平手の言動と植木氏の言う心理学上でのイタズラの定義を合わせると、もとより人見知りでなかなか心を開けない平手は、周囲の共演者やスタッフにイタズラを仕掛け、どこまで許されるか、自分が受け入れられているかで愛情を測りつつ、自身も相手に心を許していることを伝えているようだ。

 平手は仕事場で常々ふざけているわけではなく、むしろストイックすぎるほど魂を込めて作品づくりに全力を注いでいる。孤独や絶望を体現した欅坂46時代やソロとなってからの音楽活動でも、映画で辛い過去を背負うヒロイン役を務める時も、周りから「もっと自分を大切にして」と止められるほど自身を追い込んで良い作品を届けようとしてきた。

こじらぶ
記事一覧
ライター
ジャニーズ、秋元康系女性アイドル、ローカル、地下アイドル等数々の現場を経験。Xでもご意見を募集しております。

エンタメ 新着一覧


北乃きいは《ぽちゃぽちゃが超かわいい》定期的に激変ぶりが話題に…“豪快キャラ”今後は?
 15日放送の日本テレビ系バラエティ番組『上田と女がDEEPに吠える夜』に出演した女優の北乃きい(33)。【ひとり好き女...
2024-05-17 17:03 エンタメ
フワちゃん機中の問題行動を暴露され大炎上! "次に消えるタレント"が…しぶとくサバイブのなぜ
 タレントでYouTuberのフワちゃんを巡るエピソードがまた炎上中だ。5月9日に更新された千原ジュニア(50)のYou...
2024-05-16 17:03 エンタメ
「僕じゃ駄目かな」あすなろ白書のキムタクを想起、優三渾身のプロポーズ
 寅子(伊藤沙莉)は、弁護士として社会的な信用を得るためにお見合いをさせて欲しいと直言(岡部たかし)とはる(石田ゆり子)...
桧山珠美 2024-05-16 16:43 エンタメ
事件はいつも「あの階段」で起こる! 岩ちゃん演じる花岡もう婚約
 晴れて弁護士になったが、女性であることを理由になかなか依頼をしてもらえない寅子(伊藤沙莉)。「女の幸せより大事なものか...
桧山珠美 2024-05-15 15:00 エンタメ
炎上芸人・粗品は松本人志にビビってない!キンプリへの暴言も計算済み?
 2018年にコンビとして『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)のチャンピオンとなり、2019年にピン芸人として『R-1ぐ...
堺屋大地 2024-05-15 06:00 エンタメ
井上真央「結婚説」否定から長すぎる”動向不明”…新作出演なし1年超に心配の声広がる
 井上真央(37)が新作に出演していない期間が1年を超え、芸能界では徐々に心配の声が出始めている。今年1月、新春番組で「...
2024-05-14 17:03 エンタメ
水原一平事件「ドラマ化」米国では即決、日本では実現ムリ…識者が指摘する数々の障壁
 ドジャース大谷翔平(29)の元通訳・水原一平被告(39)の横領事件が「エンタメのネタ」になり始めた。アメリカにおいてテ...
2024-05-14 17:03 エンタメ
「握手」の演出に伏線?寅子と花岡は友情の証、優三のそれとは真逆だった
 寅子(伊藤沙莉)の1年先を行く花岡(岩田剛典)は司法修習後の試験に合格。どうしても早く伝えたいと寅子に電話をしてきたの...
桧山珠美 2024-05-14 16:00 エンタメ
生田斗真「無痛分娩おねだり」発言でP&Gに問い合わせ殺到 「ノーコメント」貫くCM企業の苦しい胸中
 生田斗真(39)の舌禍が尾を引いている。生田は5日、インスタグラムのストーリーズで集まったファンからの質問に答え、その...
2024-05-13 17:03 エンタメ
浜崎あゆみの足の形は日本人の中では少数派だった! 過去には池田エライザも話題に
 歌手の浜崎あゆみ(45)が5月10日、インスタグラムに自撮り写真など5枚を投稿。うち4枚は自身の手のネイルを披露するも...
2024-05-13 18:28 エンタメ
滝沢カレン似モノマネ芸人らいるRIEさん 乳がんを初告白…GW前に手術、宣告と経緯を聞いた
 滝沢カレンのモノマネで知られる女芸人、らりるRIEさんが乳がんになったことを日刊ゲンダイで初告白。GW前に手術が終わっ...
2024-05-12 17:03 エンタメ
あぶ刑事ヒットならドラマ化も?柴田恭兵の“枯れた老人”は世を忍ぶ仮の姿
 先月までNHK-BSで放送していた「舟を編む~私、辞書つくります~」はなかなか素敵なドラマでした。  三浦しをん...
中森明菜ついに復活!会員限定イベントは10億円稼ぐとも トラブル続きだった歌姫の売り出し方
【城下尊之 芸能界ぶっちゃけトーク】  このところ記事や動画で中森明菜(58)の情報を見たり聞いたりすることが増えてい...
2024-05-11 17:03 エンタメ
映画『広末涼子』(仮)の鳥羽氏は中盤キャラ?スキャンダル史まだ続く説
 昨年6月、人気シェフ・鳥羽周作氏とのダブル不倫が報じられ、無期限の謹慎処分を受けていた広末涼子。その後、夫だったキャン...
堺屋大地 2024-05-11 06:00 エンタメ
大谷翔平のパンツめぐり荒唐無稽な“陰謀論”…前後逆にはくのは「メッセージ」と信じる人々
 米連邦検察は日本時間5月9日、ドジャース大谷翔平(29)の通訳を務めていた水原一平容疑者(39)が銀行詐欺と虚偽の納税...
2024-05-10 17:03 エンタメ
花岡(岩ちゃん)、寅子に匂わせプロポーズ!?でも黄色いバラの花言葉は…
 とうとう合格した寅子(伊藤沙莉)、先輩の久保田(小林涼子)、中山(安藤輪子)。そして寅子と合格者が3人も出たことで、廃...
桧山珠美 2024-05-10 15:30 エンタメ