結婚10年目にして…運命の「彼女」との出会いでレズビアンに

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-09-24 06:15
投稿日:2021-09-24 06:00
 今やLGBTを公言できる時代となった。海外では有名人も同性愛者のパートナーや配偶者がいることを公表し、日本でも徐々に「ありのままの性」を受け入れる世の中になりつつある。そんな中、レズビアンとしての愛と苦悩を語ってくれたのが、W子さん(41歳・パート主婦・子供なし)だ。待ち合わせ場所に現れた彼女は、サラサラのボブヘアに和風美人と言った顔立ち。ポロシャツに細身のパンツが似合う魅力あふれる女性だった。

夫とはお見合い結婚、子供を授かることはできず

運命の女性との出会い(写真:iStock)
運命の女性との出会い (写真:iStock)

――レズビアンの彼女との出会いのきっかけを教えて下さい。

「新宿二丁目――いわゆるゲイタウンのレズビアンバーです。私はもともと男性よりも女性が好きなので、独身時代からよく飲みに行っていたのですが、そこで出会ったのが、A美さん(42歳・アパレル勤務)だったんです。

 初めて見た時は「ロングヘアが似合う、彫りの深いエキゾチック美人」という印象で、けっこう一目惚れに近かったかも。
で、A美さんも独り客だったので、店主が気を利かせて、互いを自己紹介してくれたんです。そこで席を移動して隣同士なり、乾杯したのがきっかけですね。

 彼女はアパレル関係という仕事柄、とてもオシャレで、その日もグレーのシックなパンツスーツ、ゴールドの揺れるピアスが日に焼けた肌に似合っていて……真っ赤な口紅やネイルも、すごくカッコよかった」

――失礼ですが、既婚者であるW子さんは夫がいる身ですよね。バイセクシュアルという感じでしょうか?

「バイセクシュアルといえば、そうかもしれません。実は、男性ともお付き合いをしていた時期がありました。でも、なんとなく違和感があって……ただ、30歳になった時に『将来を見据えて、安定した生活が欲しい』と思い立ち、知人の紹介でお見合いをしたんです。

 交際を経て、1年後に結婚したのが今の夫です。9歳上の夫は、ルックスは並ですが、おっとりして優しくて……決め手になったのは、郊外に持ち家があり、経済的に不自由がなかったことが大きかったかな(笑)」

――続けて下さい。

「夫は実家住まいのため、義理の両親も一緒に暮らしていますが、二人ともいい人で……私にはもったいない家族でした。結婚したのが31歳だったので、すぐにでも子供が欲しかったのですが、なかなか授からなくて……。

 人工授精は5回、体外受精は2回トライしましたが、結局できずじまい。なので、夫婦で『子供を持つことはあきらめよう』と話し合い、義理の両親に打ち明けたんです。孫の顔が見せられず、申し訳ないと思ったのですが、両親は『子供がいなくとも、夫婦仲よく添いとげることが一番の幸せだよ』って、逆になぐさめてくれて……。私、嬉しくて……涙が出ました」

ラブ 新着一覧


別れ話をせず約2年…自然消滅に期待も彼女の執着に驚く男性
「冷酷と激情のあいだvol.60〜女性編〜」では、自分とはコロナ禍を理由に会わないのに、他の人とは出かけている恋人・エツ...
並木まき 2021-10-16 06:00 ラブ
仲間とは遊ぶのに…約2年ほとんど会えない彼氏に苛立つ女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-16 06:00 ラブ
結婚後は別人に豹変! 嫁の本性が露見した強気すぎるLINE5選
「結婚前と結婚後で、相手の性格が別人になった」という話は、よく聞きますよね。今回は、そんな事例の中でも、結婚後に本性が見...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
要注意!“地雷男”の5つの見分け方&付き合うデメリット
 一見普通そうに見えるのに、付き合うと問題が勃発しやすい「地雷男」は、誰だって敬遠したいものでしょう。でも、多くの地雷男...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
男性から突然告白された…彼に隠れた5つの心理&答え方
 男性から告白されるのは嬉しいことではありますが、異性として意識していなかった相手から突然告白されてしまったら戸惑ってし...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
付き合うべき? プライドの低い男性のメリット&デメリット
 好きになった人がプライドの低い男性だと、なんとなく頼りがいがなさそうと感じて、少し不安を覚えてしまうことってありますよ...
恋バナ調査隊 2021-10-14 06:00 ラブ
彼をキュン死にさせる♡ 恋愛上級者の大胆LINEテク5つ
 モテるとモテないの違いって、実はとても些細なことだったりします。恋愛上級者たちは、その小さな違いをさりげなく言動に織り...
恋バナ調査隊 2021-10-14 06:00 ラブ
彼氏が優しいのは最初だけ…? 残念な理由2つと抜け出す方法
 せっかく付き合えた彼氏。なぜか毎回、最初は楽しいのに数カ月経つとデートや連絡が激減したり、奢ってくれなくなったり、「好...
若林杏樹 2021-10-13 06:00 ラブ
運命の出会いを果たし…夫の元から去った女性の意外な選択
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-10-13 06:00 ラブ
おしゃべりor無口な彼女どっちがいい?男性の本音を紹介
 おしゃべりな彼女と無口な彼女、あなたはどちらですか?「無口だとつまらないと思われるかも……」「おしゃべりな女は嫌われる...
恋バナ調査隊 2021-10-12 06:00 ラブ
ぞぞっ!パートナーが“DV男”かどうかを見抜く質問と禁句の話
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-12 06:00 ラブ
恋愛に見返りを求めてしまう人必見!デメリット&抜け出し方
 好きな人と付き合えただけで幸せを感じていたはずなのに、交際が進むにつれて「もっと愛されたい」と欲張りになる人は少なくあ...
恋バナ調査隊 2021-10-11 06:00 ラブ
次のデートに♡カラオケデートの4つのメリット&成功の秘訣
 彼とのデートが決まったら、「どこに行こう?」と、盛り上がるプランを考える人も多いでしょう。デートといえば映画や遊園地と...
恋バナ調査隊 2021-10-11 06:00 ラブ
LINEに隠された彼の本心は? 文章から分かる男性心理5つ
 男性の知り合いや友達とLINEのやりとりをしていると、「ん? これってどういう意味だろう?」と、相手の本心が気になるこ...
恋バナ調査隊 2021-10-10 06:00 ラブ
「もう、うんざりだ」夫から離婚を告げられる妻の6つの行動
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。離婚を切り出すのは女性からというイメージはもはやありません。ここ最近目立つの...
山崎世美子 2021-10-09 06:00 ラブ