結婚10年目にして…運命の「彼女」との出会いでレズビアンに

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-09-24 06:15
投稿日:2021-09-24 06:00
 今やLGBTを公言できる時代となった。海外では有名人も同性愛者のパートナーや配偶者がいることを公表し、日本でも徐々に「ありのままの性」を受け入れる世の中になりつつある。そんな中、レズビアンとしての愛と苦悩を語ってくれたのが、W子さん(41歳・パート主婦・子供なし)だ。待ち合わせ場所に現れた彼女は、サラサラのボブヘアに和風美人と言った顔立ち。ポロシャツに細身のパンツが似合う魅力あふれる女性だった。

夫とはお見合い結婚、子供を授かることはできず

運命の女性との出会い(写真:iStock)
運命の女性との出会い (写真:iStock)

――レズビアンの彼女との出会いのきっかけを教えて下さい。

「新宿二丁目――いわゆるゲイタウンのレズビアンバーです。私はもともと男性よりも女性が好きなので、独身時代からよく飲みに行っていたのですが、そこで出会ったのが、A美さん(42歳・アパレル勤務)だったんです。

 初めて見た時は「ロングヘアが似合う、彫りの深いエキゾチック美人」という印象で、けっこう一目惚れに近かったかも。
で、A美さんも独り客だったので、店主が気を利かせて、互いを自己紹介してくれたんです。そこで席を移動して隣同士なり、乾杯したのがきっかけですね。

 彼女はアパレル関係という仕事柄、とてもオシャレで、その日もグレーのシックなパンツスーツ、ゴールドの揺れるピアスが日に焼けた肌に似合っていて……真っ赤な口紅やネイルも、すごくカッコよかった」

――失礼ですが、既婚者であるW子さんは夫がいる身ですよね。バイセクシュアルという感じでしょうか?

「バイセクシュアルといえば、そうかもしれません。実は、男性ともお付き合いをしていた時期がありました。でも、なんとなく違和感があって……ただ、30歳になった時に『将来を見据えて、安定した生活が欲しい』と思い立ち、知人の紹介でお見合いをしたんです。

 交際を経て、1年後に結婚したのが今の夫です。9歳上の夫は、ルックスは並ですが、おっとりして優しくて……決め手になったのは、郊外に持ち家があり、経済的に不自由がなかったことが大きかったかな(笑)」

――続けて下さい。

「夫は実家住まいのため、義理の両親も一緒に暮らしていますが、二人ともいい人で……私にはもったいない家族でした。結婚したのが31歳だったので、すぐにでも子供が欲しかったのですが、なかなか授からなくて……。

 人工授精は5回、体外受精は2回トライしましたが、結局できずじまい。なので、夫婦で『子供を持つことはあきらめよう』と話し合い、義理の両親に打ち明けたんです。孫の顔が見せられず、申し訳ないと思ったのですが、両親は『子供がいなくとも、夫婦仲よく添いとげることが一番の幸せだよ』って、逆になぐさめてくれて……。私、嬉しくて……涙が出ました」

ラブ 新着一覧


【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ