主婦レズビアンの告白#2…同性ならではの甘美さに溺れて

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2019-04-28 06:00
投稿日:2019-04-28 06:00
女同士のセックスとは(写真:iStock)
女同士のセックスとは (写真:iStock)

 夫とのセックスレスに悩む主婦・Y子さん(35歳・薬剤師)が恋に落ちてしまったのは、女性・Dさん(37歳・独身、映像関係)だった。

 第一話の記事はコチラ

 長身でスリム、端正な面差しのDさんは、宝塚の男役さながらの颯爽とした魅力を放っていた。

 Dさんとの食事中、酔った勢いで夫とのセックスレスを打ち明けてからの展開は「女同士のセックス」という予想外の流れに行き着く。

 今回は、Y子さんが溺れてしまった女同士のセックスについて述べてみたい。

理性を忘れて激しく求め合った夜

二人でホテルに(写真:iStock)
二人でホテルに (写真:iStock)

「ホテルの部屋で二人きりになるなり、Dさんは私をきつく抱き締めてきました。すでに車中で熱いキスを交わしていたので、もう言葉は不要……そんな感じです。Dさんに抱かれたいと心から欲する自分がいました」

 そう頬を赤らめるY子さんの表情は、人妻にもかかわらず、初恋を経験した少女のように初々しい。

 二人が訪れたのは、Dさんの会社が提携している、港区の外資系のホテルだ。

「シャワーも浴びず、お互い服を脱がせ合って、ベッドに倒れこんだんです。キスの時も思いましたが、女性って本当にいい匂いがしますね。肌もすべらかで、夫とは全く違う……柔らかなバストが押し付けられる頃には、私も異常に興奮してしまって」

 セックスレスに悩み、欲望を溜めこんでいた体は、理性という言葉など忘れたかのように、激しく求め合った。

 乳房を揉んでくるDさんの手つきは、男性よりも優しく、女体へのいたわりを感じさせた。同時に、もどかしいような飢餓感も味わわせる「焦らし」も与えられたという。

 触れるか触れないかのわずかなタッチで責められたかと思えば、次の瞬間、ぐっと手指が膨らみに沈みこむほど、情熱的に揉みしだかれる。ピンと勃った乳首が吸い転がされる時には、もう全身が性感帯になったかのように、わずかの刺激にも反応してしまったという。

「『恥ずかしがらないで、力抜いて』って、彼女は私の内腿を撫でながら脚を広げさせたんです。両脚の間に身をすべりこませたDさんは、ダウンライトに照らされた私のアソコをじっと見つめていました。夫はもう関心を示してくれない体に、Dさんはうっとりと見入っている。恥ずかしさよりも、嬉しさのほうが勝っていました……」

 Dさんの細い指が陰毛を梳いて、濡れた粘膜に触れてきた時、Y子さんは「ああっ……」という悩ましい喘ぎとともに、腰を突き上げてしまった。

 それをOKと理解したようで、Dさんの柔らかな唇がヴァギナに接吻し、生温かな舌が差し入れられた。ゆっくりと這いまわる舌先は、左右のヒダの溝や敏感なクリトリスを愛撫してくる。膣奥からあふれてくるトロトロの液を啜りながら、Dさんは、『もっと声を上げていいわよ。Y子さんのエッチな声を聴かせて』と告げてきたという。

「女の人の舌って細くて薄いから、よくくねって……男の人よりも断然、丁寧なクンニリングスでした」

 指と舌で情熱的なクンニリングスを受けたY子さんは、Gスポットとクリトリスを執拗に刺激され、イッてしまったという。

「私が達して呼吸を整えていたら、ふいに彼女にキスをされて『女同士のセックスは底なしよ。こんなものじゃないわ』と、再び、彼女の愛撫が始まったんです。

 わずかに残っていた夫への罪悪感はとっくに消え去っていたという。

 女ならではの底なしのセックスとは――。

(続きは次回)

関連キーワード

エロコク 新着一覧


コンパクトな見た目を裏切るパワフルな振動にうっとり♡
 ゆっくりとセクシュアルな妄想を広げて、じっくりと自分の体を気持ち良くしていく……。そんなセルフプレジャーを楽しみたい夜...
桃子 2021-02-28 06:00 エロコク
終わった後も肌が突っ張らない潤滑剤♡セルフプレジャーにも
 女性には基礎化粧品を季節や肌の調子によって使い分ける習慣がありますが、潤滑剤も同じように考えてほしいと思います。香りで...
桃子 2021-02-21 06:00 エロコク
振動だけじゃない!肉感的な本体が生き物みたいにぐねぐねと
 ローターとは元来、「挿入を目的とせず」「振動によって主に体の表面に刺激を与えるもの」を意味していました。今もそのイメー...
桃子 2021-02-14 06:00 エロコク
ビギナーもOKなピストンバイブ 奥への突きに目覚めちゃう?
 私はピストンバイブを愛用していて使用頻度も高いですが、これまで「バイブビギナーさんにはオススメしにくいなぁ」と思ってき...
桃子 2021-02-12 18:53 エロコク
音に合わせてローターが…強烈な刺激におかしくなっちゃう♡
「スピーカー付きのローター」――。最初に聞いたとき思わず耳を疑いました。でも米国の「スバコム」が手掛けたと知り、納得。確...
桃子 2021-01-31 06:00 エロコク
女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス」#3
 これまで二回にわたり、ウィズコロナのセックスを提案してきました。前回は、安心・安全・気持ちいいセックスの体位5つをお伝...
蒼井凜花 2021-01-29 06:00 エロコク
初心者におすすめの吸引系♡ 11段階で好みの加減を追求して
 ラブグッズに限った話ではないですが、ひとつのヒット商品が出て、その派生商品が続々と発売されると、ひとつのジャンルが形成...
桃子 2021-01-23 06:00 エロコク
女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス5選」#2
「ウィズコロナ」の生活が当たり前になった昨今。セックスも「安心・安全・心地よさ」をモットーに、パートナーとの愛を深めたい...
蒼井凜花 2021-01-22 06:00 エロコク
直径8ミリの極細ローター 強すぎず弱すぎずの刺激にうっとり
 クリトリスは、“性的に気持ちよくなる”ためだけに存在する器官といわれることもありますが、快感に対してほんと貪欲ですよね...
桃子 2021-01-18 11:06 エロコク
女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス5選」#1
 二回目の緊急事態宣言が発令されて、セックスに恐怖をお持ちの方も多いことでしょう。しかし、一方では「ここさえクリアすれば...
蒼井凜花 2021-01-15 06:00 エロコク
パーフェクト!自分の手ではできない小刻みな動きが病みつき
 最近パフェがブームですが、語源は「パーフェクト」。一つのグラスにさまざまな素材が絶妙なバランスで詰め込まれ、完成してい...
桃子 2021-01-10 06:00 エロコク
官能作家オススメ「寒い冬こそしたい」おすすめセックス4選
 日に日に寒さが強まってまいりましたが、こんなときこそ、愛するパートナーとのセックスを充実させたいですね。そこで、官能作...
蒼井凜花 2021-01-08 06:00 エロコク
電マのヘッドだけ ユニークなアイディアグッズで実力も◎
 国内外のアダルトグッズをかなりの数見てきているという自負のある私ですが、今でもハッとする斬新なアイデアに出合うことがあ...
桃子 2020-12-27 06:00 エロコク
女性官能作家直伝!クリスマスのセクシーデート&セックス4選
 クリスマスには、愛しいパートナーとのデートや情熱的なセックスを楽しむ方も多いでしょう。そこで官能作家の筆者が提案したい...
蒼井凜花 2020-12-24 06:00 エロコク
凹凸がダイナミックに刺激…パワフルな振動と摩擦がやみつき
 ビビッドカラーの雪だるまといった風情のバイブがお目見えです。その名も「完全防水 ビーバイブ スノーマン」。  私...
桃子 2020-12-20 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #3
 これまで二回にわたって「フェラチオの奥義」についてお話ししました。今回は最終回。やや難易度は上がりますが、官能作家なり...
蒼井凜花 2020-12-18 17:02 エロコク