主婦レズビアンの告白#2…同性ならではの甘美さに溺れて

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2019-04-28 06:00
投稿日:2019-04-28 06:00
女同士のセックスとは(写真:iStock)
女同士のセックスとは (写真:iStock)

 夫とのセックスレスに悩む主婦・Y子さん(35歳・薬剤師)が恋に落ちてしまったのは、女性・Dさん(37歳・独身、映像関係)だった。

 第一話の記事はコチラ

 長身でスリム、端正な面差しのDさんは、宝塚の男役さながらの颯爽とした魅力を放っていた。

 Dさんとの食事中、酔った勢いで夫とのセックスレスを打ち明けてからの展開は「女同士のセックス」という予想外の流れに行き着く。

 今回は、Y子さんが溺れてしまった女同士のセックスについて述べてみたい。

理性を忘れて激しく求め合った夜

二人でホテルに(写真:iStock)
二人でホテルに (写真:iStock)

「ホテルの部屋で二人きりになるなり、Dさんは私をきつく抱き締めてきました。すでに車中で熱いキスを交わしていたので、もう言葉は不要……そんな感じです。Dさんに抱かれたいと心から欲する自分がいました」

 そう頬を赤らめるY子さんの表情は、人妻にもかかわらず、初恋を経験した少女のように初々しい。

 二人が訪れたのは、Dさんの会社が提携している、港区の外資系のホテルだ。

「シャワーも浴びず、お互い服を脱がせ合って、ベッドに倒れこんだんです。キスの時も思いましたが、女性って本当にいい匂いがしますね。肌もすべらかで、夫とは全く違う……柔らかなバストが押し付けられる頃には、私も異常に興奮してしまって」

 セックスレスに悩み、欲望を溜めこんでいた体は、理性という言葉など忘れたかのように、激しく求め合った。

 乳房を揉んでくるDさんの手つきは、男性よりも優しく、女体へのいたわりを感じさせた。同時に、もどかしいような飢餓感も味わわせる「焦らし」も与えられたという。

 触れるか触れないかのわずかなタッチで責められたかと思えば、次の瞬間、ぐっと手指が膨らみに沈みこむほど、情熱的に揉みしだかれる。ピンと勃った乳首が吸い転がされる時には、もう全身が性感帯になったかのように、わずかの刺激にも反応してしまったという。

「『恥ずかしがらないで、力抜いて』って、彼女は私の内腿を撫でながら脚を広げさせたんです。両脚の間に身をすべりこませたDさんは、ダウンライトに照らされた私のアソコをじっと見つめていました。夫はもう関心を示してくれない体に、Dさんはうっとりと見入っている。恥ずかしさよりも、嬉しさのほうが勝っていました……」

 Dさんの細い指が陰毛を梳いて、濡れた粘膜に触れてきた時、Y子さんは「ああっ……」という悩ましい喘ぎとともに、腰を突き上げてしまった。

 それをOKと理解したようで、Dさんの柔らかな唇がヴァギナに接吻し、生温かな舌が差し入れられた。ゆっくりと這いまわる舌先は、左右のヒダの溝や敏感なクリトリスを愛撫してくる。膣奥からあふれてくるトロトロの液を啜りながら、Dさんは、『もっと声を上げていいわよ。Y子さんのエッチな声を聴かせて』と告げてきたという。

「女の人の舌って細くて薄いから、よくくねって……男の人よりも断然、丁寧なクンニリングスでした」

 指と舌で情熱的なクンニリングスを受けたY子さんは、Gスポットとクリトリスを執拗に刺激され、イッてしまったという。

「私が達して呼吸を整えていたら、ふいに彼女にキスをされて『女同士のセックスは底なしよ。こんなものじゃないわ』と、再び、彼女の愛撫が始まったんです。

 わずかに残っていた夫への罪悪感はとっくに消え去っていたという。

 女ならではの底なしのセックスとは――。

(続きは次回)

蒼井凜花
記事一覧
官能作家・コラムニスト
CA、モデル、六本木のクラブママの経歴を持つ異色の官能作家。近著に「CA、モデル、六本木の高級クラブママを経た女流官能作家が教える、いつまでも魅力ある女性の秘密」(WAVE出版)、「女唇の伝言」(講談社文庫)。
オフィシャルサイトYouTube

関連キーワード

エロコク 新着一覧


ガテン系は好きでも…25歳の愛人女子がパパ候補を振ったワケ
 知り合いのオジサマから、こんな質問が。 「月2万円程度で愛人が持てるなんて夢のある話だよね。でも、女の子にしても...
中山美里 2023-01-31 06:00 エロコク
吸引系が革命的進化!Gスポットにアプローチするバイブが登場
 クリトリスに振動刺激を与えながら吸い上げる、いわゆる“吸引系”の登場は、ラブグッズ界にパラダイムシフトをもたらしたと思...
桃子 2023-01-29 06:00 エロコク
生身のペニスで円熟SEX…美熟女が気づいた本当の幸福 #5
 某ミセスコンテストのグランプリに輝いたM子さん(45歳ウォーキング講師/既婚・子供なし)。  絶大な美しさを誇る...
蒼井凜花 2023-01-27 06:00 エロコク
お手当の値切りにため息…愛人関係はウィンウィンじゃないと
 長引く不況の影響で、最近「お手当を値切られる」という愛人希望の女性が少なからずいるそうで……。 「私は1回2万円...
中山美里 2023-01-24 06:00 エロコク
硬質な素材だからこそ! 振動がGスポットまでまっすぐ届く
 海外からの輸入バイブレーターが増えはじめた時期、私は「欧米のバイブって硬いなぁ」と思っていました。日本製はぷにぷにとし...
桃子 2023-01-22 06:00 エロコク
ED夫にはない鋭い勃起…再会した元カレの肉棒に貫かれる夜#4
 某ミセスコンテストのグランプリを手にしたM子さん(45歳ウォーキング講師/既婚・子供なし)。  圧倒的な美を誇る...
蒼井凜花 2023-01-20 11:09 エロコク
夫の胃袋をつかむはずが…35歳主婦は料理教室で愛人をゲット
“夫婦円満の秘訣は夫の胃袋をつかむこと”というのは結婚式のスピーチの常套句ですが、今の時代、年齢にかかわらず料理下手な女...
中山美里 2023-01-17 06:00 エロコク
上級者もきっと満足! マルチユースの優秀バイブレーター
 ここ数年、マルチユースなラブグッズが増えています。ひとつあればいろんな使い方ができるので、「何を買えばいいかわからない...
桃子 2023-01-15 06:00 エロコク
ED夫の指ワザで2度のアクメ、人生初の挿入ナシで爆ぜる私 #3
 某ミセスコンテストのグランプリに輝いたM子さん(45歳ウォーキング講師/既婚・子供なし)。  圧倒的な美を誇る「...
蒼井凜花 2023-01-20 11:24 エロコク
お手当は整形費用に…地味子だった26歳OLが尽き進む“愛人道”
 高級車やマンションまで買い与えられた昭和の愛人と比べると、もらえるお手当はスズメの涙というのが平成・令和の愛人事情。パ...
中山美里 2023-01-10 06:00 エロコク
3つの指で3P気分! 絶対に期待を裏切らない突起ローター♡
 3つの指のような突起が並んだ、「サティスファイヤー スリーサム3」。説明書を見ずとも、使い方を理解できる人は多いのでは...
桃子 2023-01-08 06:00 エロコク
60歳夫と初夜!クンニ直前まで濃厚な舌づかいでバック攻め#2
 ミセスコンテストのグランプリに輝いたM子さん(45歳ウォーキング講師/既婚・子供なし)。圧倒的な美を誇る彼女は、美魔女...
蒼井凜花 2023-01-14 02:56 エロコク
12人と同時進行!小悪魔系25歳女子がパパを落とすマル秘テク
 今回ご登場いただくのは、婚活パーティーをパパ探しに活用しているというめっちゃカワイイ女性。早苗ちゃんというフリーターな...
中山美里 2022-12-27 06:00 エロコク
絶対に外さない鉄板バイブ! ぬくもりを肌と粘膜で感じて♡
 雑誌やネットの記事を見ていると「鉄板コーディネート」や「絶対にハズさない手土産」のような特集があり、出費するからにはハ...
桃子 2022-12-25 06:00 エロコク
夫の精液で知るSEXの悦び…私も近親相姦する運命なの?#5
 元保育士のR子さん(25歳主婦/子供なし)は、昨年、都内の総合病院の御曹司の妻となった。大手カルチャースクールで、のち...
蒼井凜花 2022-12-23 06:00 エロコク
風俗は愛人探しにピッタリ? 27歳のデリヘル嬢が得た気づき
 そろそろ風俗を卒業したいと語るのは、新宿の某デリに在籍する宏美ちゃん。 「風俗なら稼げると思ったけど……この世界...
中山美里 2022-12-20 06:00 エロコク