マッチングアプリで外国人とも出会えるこのごろですが……

内藤みか 作家
更新日:2019-03-04 06:00
投稿日:2019-03-04 06:00
いろいろな国の男性からメッセージが……(写真:iStock)
いろいろな国の男性からメッセージが…… (写真:iStock)

 歌舞伎町で27歳の女性が、自称英国人の男性にバッグを奪われそうになったうえに刃物で切りつけられる事件が発生しました。女性はこの男性とマッチングアプリで知り合ったそうです。今やSNSやアプリで外国人男性とも知り合える時代。それに伴い事件も増えてきました。

■30年前の出会い系

 私はもう30年近く、出会い系について取材を続けています。30年ほど前にはツーショットダイヤルという、知らない男の人と話す、いわゆる声の出会い系で500人の男性と話し、その統計を大学の卒論にしようと試みたことがあるくらい、出会い系に興味があります(うまくまとめられなくて中断してしまったのですが、あの卒論、完成させていれば結構面白かったのでは……。何しろ相手の男性に血液型や星座まで聞きだしてどんなタイプが多いのか調べようとしていたので)。

 当時の出会い系は電話ですから、イケボ(かっこいい声)の男性が、有利だったんです。何しろネットもないから顔の画像すらわからないままお話するので、声だけが頼り。ステキな声の男性だったら好感度はかなり高くなるんです。今は、顔画像を載せている男性がすごく多いですね。電話で話すよりも文字でやり取りすることが多いようですし、出会い系もずいぶん変化しています。

■外国人男性もマッチング

 出会い系サイトで外国人に遭遇する率も、年々上がっています。「外国人ですが、長く日本に住んでいるので、日本語しか話せません」という人を見かけたこともありますし、「日本に来たばかりで友達が少ないので友達になってください」という人もいました。なかには「来月日本に行くので案内してくれる人いませんか?」という人もいます。あくまで自己申告のプロフィールですからそれが真実なのかはわかりませんが。

 また、外国人男性との出会い専門のマッチングサイトもいくつもあります。世界中の男性とマッチングできるのです。今までの出会い系サイトでは「東京都在住」「身長170センチ以上」というような感じで絞り込みましたが、外国人との出会いサイトでは「アメリカ人」「日本在住」「使える言語に日本語を含む人」などと、かなりグローバルな条件設定になります。私も試しに使ってみたことがありますが、日本人女性を好きな外国人男性は多いらしく、いろいろな国の男性からメッセージが届きました。

日本女性は外国人男性にモテる!?

知らない男性と会うというリスクは変わらない(写真:iStock)
知らない男性と会うというリスクは変わらない (写真:iStock)

 最近は日本語を勉強する外国人男性も多く、マッチングサイトで知り合った外国人男性からも、日本語を教えて、日本のことを教えて、などと言われることも。そんな風に言われると、ついつい「日本語を教えるくらいなら……」と、気持ちがゆるむ人もいるようです。はじめはメッセージ欄でやりとりしていると、「メッセージ欄だけじゃよくわからないから直接会ってほしい」などと切り出されることもあるのだとか。

 今回の事件では、女性がどのような出会い系アプリで自称英国人の男性と知り合ったのかはわかりませんが、わざわざ歌舞伎町まで会いに行くほどなので、相手に相当な魅力を感じていたのではないでしょうか。日本人女性を好む外国人男性は多いそうです。優しいし、尽くしてくれるなどと内面が評価されることもありますが、お金を持っているから、などという理由の人もいます。今回もバッグを奪われそうになったそうなので、相手の目的がお金だった可能性もありますよね。

■ロマンス詐欺にも注意!

 最近では、SNSで友達申請をしてきて親しくなった外国人男性から「自分は軍人で、退職するためにお金を支払う必要がある」などという理由でお金を要求される「国際ロマンス詐欺」という事件も起きています。会ったこともない外国人にお金を払うなんて、とびっくりですよね。被害に遭うのは40代女性が多いようで、それだけ結婚に対する思い入れも強いのかもしれませんが。

 そして興味深かったのは、今回の歌舞伎町の事件、知り合ったきっかけのアプリの表現が、報道機関によって「出会い系アプリ」と「マッチングアプリ」の2種類あったということ。つまり出会い系アプリはマッチングアプリなんですね。マッチングアプリだと、なんだかオシャレで明るい雰囲気ですが、結局のところ出会い系。これ以上の被害を防ぐためにも、知らない男性と会うというリスクは変わらないのだということをわかったうえで、慎重に行動してほしいなと思っています。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


FILM
 日に日に秋の色が濃くなっていくこの季節、ぬくもりが恋しくなりませんか? 私はなります! セックスしたいとか気持ち良くな...
桃子 2020-10-17 06:00 エロコク
FILM
「ビーン スポット ピンク」には度肝を抜かれました。私だけではないはず。このS字形の物体が最新バイブレーターだと聞いて、...
桃子 2020-10-12 16:34 エロコク
FILM
「ネトラレ(寝取られ)」という言葉をご存じでしょうか。官能小説やアダルトゲーム等ではすでに定番化しているこちらの分野、い...
蒼井凜花 2020-10-11 06:38 エロコク
FILM
「膣トレ」って、聞いたことがある人は多いでしょう。締まりが良くなる、イキやすくなるなど、セックス時にメリットがあるだけで...
FILM
「安物買いの銭失い」という言葉がありますが、ラブグッズをコレクションし始めたころの私は、まさにそれでした。というよりも、...
桃子 2020-10-05 06:00 エロコク
FILM
 その人の生き方は、セックスのシーンでも滲み出るのではないでしょうか。受け身だったり恥ずかしがるよりも、アクティブで主体...
大泉りか 2020-10-03 06:00 エロコク
FILM
 あなたは、ラブグッズを使ったことがありますか? 「興味はあるけれど機会がない」「周りにバレたら困る……」と、尻込みして...
FILM
 女性はクリトリスの刺激が大好きです♡  ラブグッズ業界はそのへんをしっかり心得ているので、あの手この手でクリに...
桃子 2020-09-26 06:00 エロコク
FILM
 カラダ目当ての男って、私は嫌いじゃありません。「ヤリ逃げされた」とか「遊ばれた」とか言ってる女子もいるけど、性欲を満た...
FILM
 リモートワーク、リモート飲み会……。リモートという言葉がこんなに使われる日が来るなんて、誰が予想したでしょう。ラブグッ...
桃子 2020-09-20 06:00 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
FILM
 手にした瞬間、ずっしりと重い。「ウィーバイブ ワンド」は私が試してきた数々のラブグッズの中でも最重量級です。  ...
桃子 2020-09-18 12:03 エロコク
FILM
 気持ち良さとは理屈によるものではない、と思われがちです。たしかに、セックスではフィーリングが大事。でも実は、体の仕組み...
桃子 2020-09-07 11:06 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
FILM
 ツイッター上で、性的な画像や発言などの投稿をくりかえす“裏垢女性”のアカウント。目にする度に「いったい何の目的があって...
大泉りか 2020-09-02 18:00 エロコク
FILM
「骨まで愛して」という懐メロを聴いたことがあります。人には見えない、自分の芯のところまで愛されたいという、情念や執着があ...
桃子 2020-08-29 06:00 エロコク