マッチングアプリで外国人とも出会えるこのごろですが……

内藤みか 作家
更新日:2019-03-04 06:00
投稿日:2019-03-04 06:00
いろいろな国の男性からメッセージが……(写真:iStock)
いろいろな国の男性からメッセージが…… (写真:iStock)

 歌舞伎町で27歳の女性が、自称英国人の男性にバッグを奪われそうになったうえに刃物で切りつけられる事件が発生しました。女性はこの男性とマッチングアプリで知り合ったそうです。今やSNSやアプリで外国人男性とも知り合える時代。それに伴い事件も増えてきました。

■30年前の出会い系

 私はもう30年近く、出会い系について取材を続けています。30年ほど前にはツーショットダイヤルという、知らない男の人と話す、いわゆる声の出会い系で500人の男性と話し、その統計を大学の卒論にしようと試みたことがあるくらい、出会い系に興味があります(うまくまとめられなくて中断してしまったのですが、あの卒論、完成させていれば結構面白かったのでは……。何しろ相手の男性に血液型や星座まで聞きだしてどんなタイプが多いのか調べようとしていたので)。

 当時の出会い系は電話ですから、イケボ(かっこいい声)の男性が、有利だったんです。何しろネットもないから顔の画像すらわからないままお話するので、声だけが頼り。ステキな声の男性だったら好感度はかなり高くなるんです。今は、顔画像を載せている男性がすごく多いですね。電話で話すよりも文字でやり取りすることが多いようですし、出会い系もずいぶん変化しています。

■外国人男性もマッチング

 出会い系サイトで外国人に遭遇する率も、年々上がっています。「外国人ですが、長く日本に住んでいるので、日本語しか話せません」という人を見かけたこともありますし、「日本に来たばかりで友達が少ないので友達になってください」という人もいました。なかには「来月日本に行くので案内してくれる人いませんか?」という人もいます。あくまで自己申告のプロフィールですからそれが真実なのかはわかりませんが。

 また、外国人男性との出会い専門のマッチングサイトもいくつもあります。世界中の男性とマッチングできるのです。今までの出会い系サイトでは「東京都在住」「身長170センチ以上」というような感じで絞り込みましたが、外国人との出会いサイトでは「アメリカ人」「日本在住」「使える言語に日本語を含む人」などと、かなりグローバルな条件設定になります。私も試しに使ってみたことがありますが、日本人女性を好きな外国人男性は多いらしく、いろいろな国の男性からメッセージが届きました。

日本女性は外国人男性にモテる!?

知らない男性と会うというリスクは変わらない(写真:iStock)
知らない男性と会うというリスクは変わらない (写真:iStock)

 最近は日本語を勉強する外国人男性も多く、マッチングサイトで知り合った外国人男性からも、日本語を教えて、日本のことを教えて、などと言われることも。そんな風に言われると、ついつい「日本語を教えるくらいなら……」と、気持ちがゆるむ人もいるようです。はじめはメッセージ欄でやりとりしていると、「メッセージ欄だけじゃよくわからないから直接会ってほしい」などと切り出されることもあるのだとか。

 今回の事件では、女性がどのような出会い系アプリで自称英国人の男性と知り合ったのかはわかりませんが、わざわざ歌舞伎町まで会いに行くほどなので、相手に相当な魅力を感じていたのではないでしょうか。日本人女性を好む外国人男性は多いそうです。優しいし、尽くしてくれるなどと内面が評価されることもありますが、お金を持っているから、などという理由の人もいます。今回もバッグを奪われそうになったそうなので、相手の目的がお金だった可能性もありますよね。

■ロマンス詐欺にも注意!

 最近では、SNSで友達申請をしてきて親しくなった外国人男性から「自分は軍人で、退職するためにお金を支払う必要がある」などという理由でお金を要求される「国際ロマンス詐欺」という事件も起きています。会ったこともない外国人にお金を払うなんて、とびっくりですよね。被害に遭うのは40代女性が多いようで、それだけ結婚に対する思い入れも強いのかもしれませんが。

 そして興味深かったのは、今回の歌舞伎町の事件、知り合ったきっかけのアプリの表現が、報道機関によって「出会い系アプリ」と「マッチングアプリ」の2種類あったということ。つまり出会い系アプリはマッチングアプリなんですね。マッチングアプリだと、なんだかオシャレで明るい雰囲気ですが、結局のところ出会い系。これ以上の被害を防ぐためにも、知らない男性と会うというリスクは変わらないのだということをわかったうえで、慎重に行動してほしいなと思っています。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


直径8ミリの極細ローター 強すぎず弱すぎずの刺激にうっとり
 クリトリスは、“性的に気持ちよくなる”ためだけに存在する器官といわれることもありますが、快感に対してほんと貪欲ですよね...
桃子 2021-01-18 11:06 エロコク
女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス5選」#1
 二回目の緊急事態宣言が発令されて、セックスに恐怖をお持ちの方も多いことでしょう。しかし、一方では「ここさえクリアすれば...
蒼井凜花 2021-01-15 06:00 エロコク
パーフェクト!自分の手ではできない小刻みな動きが病みつき
 最近パフェがブームですが、語源は「パーフェクト」。一つのグラスにさまざまな素材が絶妙なバランスで詰め込まれ、完成してい...
桃子 2021-01-10 06:00 エロコク
官能作家オススメ「寒い冬こそしたい」おすすめセックス4選
 日に日に寒さが強まってまいりましたが、こんなときこそ、愛するパートナーとのセックスを充実させたいですね。そこで、官能作...
蒼井凜花 2021-01-08 06:00 エロコク
電マのヘッドだけ ユニークなアイディアグッズで実力も◎
 国内外のアダルトグッズをかなりの数見てきているという自負のある私ですが、今でもハッとする斬新なアイデアに出合うことがあ...
桃子 2020-12-27 06:00 エロコク
女性官能作家直伝!クリスマスのセクシーデート&セックス4選
 クリスマスには、愛しいパートナーとのデートや情熱的なセックスを楽しむ方も多いでしょう。そこで官能作家の筆者が提案したい...
蒼井凜花 2020-12-24 06:00 エロコク
凹凸がダイナミックに刺激…パワフルな振動と摩擦がやみつき
 ビビッドカラーの雪だるまといった風情のバイブがお目見えです。その名も「完全防水 ビーバイブ スノーマン」。  私...
桃子 2020-12-20 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #3
 これまで二回にわたって「フェラチオの奥義」についてお話ししました。今回は最終回。やや難易度は上がりますが、官能作家なり...
蒼井凜花 2020-12-18 17:02 エロコク
一瞬で昇天確実 強烈なオーガズムで、深い眠りをサポート
 今年とても元気だった「極天(キワミテン)」シリーズから、「アンモナイト ベロ」が届きました。まさに古代生物のような形状...
桃子 2020-12-13 16:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #2
 皆さん、こんにちは。前回に引き続き、今回も官能作家が伝授する「フェラチオの奥義」についてお伝えしたいと思います。十年間...
蒼井凜花 2020-12-11 17:52 エロコク
激しいプレイでも挿入部はしなやか…根元はぶれないティルド
 この連載では、私が振動刺激を好むということもあって、ディルドを紹介してきませんでした。張り形といわれることもありますが...
桃子 2020-12-06 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #1
 もうすぐクリスマス。今から愛するパートナーとの熱い夜を待ちわびている女性も多いことでしょう。今回から数回にわたり「官能...
蒼井凜花 2020-12-04 18:00 エロコク
リアルが怖い時は…バーチャルセックスでいいんじゃない?
 冬を迎え、新型コロナウイルスの感染が加速しています。こんな時は濃厚感染なセックスをするのが怖い、という女性たちも増えて...
内藤みか 2020-12-03 06:00 エロコク
力加減が絶妙!Gスポットの広い範囲を的確に刺激してくれる
 その年を象徴するラブグッズというものがあり、2020年は、今回紹介する「LELO ソラーヤ・ウェーブ」がそうなりそうで...
桃子 2020-11-28 06:00 エロコク
「妻を他の男に抱かせたい…」エリート商社マンの告白 #5
 これまで4回にわたり連載してきた「ネトラレ」――。自分の愛する妻を他の男に抱かせることで、夫婦のセックスレスを解消しよ...
蒼井凜花 2020-11-27 06:00 エロコク
やっておいて損はない! 3つのボールで日常的に膣トレを♡
 今年は膣トレグッズが豊作です。コロナ禍を経て、これまで以上に自身の体に目が向くようになったからでしょうか。  膣...
桃子 2020-11-21 06:00 エロコク