自分らしく生きる!コロナ禍での“気づき”で離婚を決めた女性

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-11-09 06:00
投稿日:2021-11-09 06:00
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えていた男女ほど問題があぶり出され、その結果として別々の道を歩む選択を迎えているのも現実です。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とするメンタル心理カウンセラーの並木まきが、コロナ離婚を経験した人たちにその実態を聞くこの連載。今回は、「自分らしく生きること」を選択した結果、離婚に至った女性の事情をご紹介します。

コロナ禍で自分の人生を考えるように

日々に忙殺されていたけど…(写真:iStock)
日々に忙殺されていたけど… (写真:iStock)

 友美恵さん(仮名・33歳女性)は、ふたりの子どもを育てるシングルマザー。コロナ禍に入って2年目の春に、7年をともに過ごした夫と離婚しました。

「コロナ禍に入る前は、夫と離婚するなんて考えてもいなかったですね。と言うのも、コロナ前は、とにかく子育てや家事、パートに義父の介護に……といろんなことに追われていて、まるで自分の時間がなかったので、自分のことを考える時間すら取れていませんでした」

 そんな友美恵さんがコロナ離婚をしたきっかけは、“自分の人生を見つめた結果として”だそう。自分と向き合う時間が増えたことで「これからの人生をどう生きるか」を考えたときに、離婚という決断が出てきたのだと言います。

人生を謳歌している友人たち

自分が情けない(写真:iStock)
自分が情けない (写真:iStock)

「もともと夫婦仲は、あまりうまくいっているほうではありませんでした。けれど私は田舎暮らしなので、都会に暮らすバリキャリ女性とは違って、“結婚したらその人と添い遂げるのが当たり前”みたいな価値観の世界で生きてきていたんですよね。

 ところが、コロナ禍になって久しぶりに学生時代の友人とオンラインで会話をする機会も増えてきて、私のように田舎で結婚している女と違って、友人たちは都会でいきいきと人生を謳歌している姿に衝撃を受けたんです」

 友美恵さんは東京の大学を卒業後、東京でそのまま就職して1年ほど勤めたのちに故郷へUターン。中学時代から知っている先輩にあたる男性と、授かり婚をしました。

「都会に未練があったわけではないのだけれど、東京で仕事を続けている友人たちの自立した価値観には、憧れしかありませんでした。しかも仕事も子育ても同じくらい頑張っている姿が、とにかくかっこよく見えて……。

 私はと言えば、夫の浮気や浪費癖、出産後ずっと続いているレスに意地悪な義母と、とても幸せとは言えない結婚生活を送っていて、彼女たちと比べたら虚しさしかなく、とても情けない気持ちになりました」

ラブ 新着一覧


“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
男にモテる「大人女性」を考察 愛されたいなら流行追うな!
 精神的に大人な女性には、男性の心をわしづかみにする魅力がありますよね。でも、ただ年齢を重ねただけでは、「男性に好かれる...
恋バナ調査隊 2022-05-10 06:00 ラブ
シングルマザーへの助成金に根強い偏見…でも優しい人もいる
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...