「シングルマザー」はかわいそう? 世間は意外に優しかった

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2021-09-28 06:00
投稿日:2021-09-28 06:00
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。
 家庭の事情はそれぞれあって、離婚に至った経緯なんて誰とも分かり合えません。でも、「シングルマザー」になった女性に共通する思いは、きっとあると思います。
 まだまだシンママ歴が浅い私ですが、日々の中で感じていること、自分の中で消化できたこと、解決していないこと、そんなことをこの連載「シングルマザーもいいじゃない」で、綴りたいと思います。

シングルマザーがぜんぜん周りにいない現実

イラスト:こばやしまー
イラスト:こばやしまー

 3組に1組が離婚しているといわれる今の日本。これからシングルマザーになろうとする女性にとって、「離婚してもがんばっている女性はたくさんいる!」と勇気づけられるデータかもしれません。でも、これは子供を持たないケースももちろん含まれています。

 実際はというと、シングルマザーの割合は5,300万世帯のうち75万世帯。わずか1.42%だけ。(参考:2015年国勢調査)

 周りを見渡しても、ぜんぜんいないことにも納得。公にしていないママもいるとは思いますが、少なくとも、息子が通う幼稚園にはひとりもいません。

「シングルマザー」はかわいそう?

かわいそうかどうかは本人たちにしかわからない(写真:iStock)
かわいそうかどうかは本人たちにしかわからない (写真:iStock)

「シングルマザーの家庭」と聞くと、「かわいそう」というイメージを持つ人は少なくありません。実は長年、私もそんなふうに思ってきました。

 きっとそれは、ママと子供だけの生活を想像した時、「寂しそう」「お金がなさそう」「ママが仕事であまり構ってあげられないんだろうな」など、ネガティブなイメージが先行するから。

 でも本当にかわいそうかどうかは、シングルマザーを経験した女性、そして、その子供にしかわからないのです。

シングルマザーになるという葛藤

息子を思い悩んだけれど…(写真:iStock)
息子を思い悩んだけれど… (写真:iStock)

 離婚を考えた時、一番に考えたのはやっぱり息子のことです。無垢な笑顔を見るたび、「パパがいない家庭にしてしまっていいのだろうか」「学校で偏見を持たれたらどうしよう」と心配は尽きません。ただただ毎日、悪い想像をして、胸が痛くなりっぱなし。

 子供を理由に離婚を踏みとどまってきた母親は、おそらくごまんといるのでしょう。ただ、私は踏みとどまることができませんでした。

 息子のことを世界一幸せにしたくても、自分が心から笑えなければ意味がありませんから!

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


1月17日~1月23日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
喧嘩じゃないよ!“にゃんたま”の闘いごっこにハラハラドキドキ
 きょうは、猫プロレス「闘いごっこ」で華麗な技を披露してくれたにゃんたま君。  これは喧嘩ではなく、鍛えた肉体と習...
フレネミー女子5つの特徴&狙われた時の上手な対処方法
 友達だと思わせておいて、実は裏であなたの悪口を言ったり、陥れようとする「フレネミー女子」。あなたの周りに、そんな人はい...
仕事中にやっちゃった誤字LINE! 今すぐ忘れたい内容5選
 プライベートだけでなく、仕事でもLINEを使っている人は多いですよね。でも、気軽に送り慣れているLINEだからこそ、チ...
疲れてない? SNS断ちをするメリット&やめる6ステップ
 今では、一人一台スマホを持つ時代。スマホは、情報収集を簡単に行うことができる便利なツールです。しかし、周りについていこ...
本当は内緒にしたい!「formie(フォーミー)」スマホだけで資格取得できるサブスク体験記
 テレワークの普及などで、これまでよりも“自分磨き”の時間を取りやすくなった昨今。仕事に直結するスキルアップや「いつかは...
褒め言葉じゃない?「才能あるね」で人を傷つけてしまった話
「すごいね、才能があるんだね」。誰かにこんな言葉をかけられた経験はあるでしょうか。気軽に言ってしまうこのセリフですが、実...
専属モデルになって! レア柄“にゃんたま”の魅力にメロメロ
 きょうは前回に引き続き、左右半分に綺麗に色が分かれている、レアデザインのにゃんたま君です。  おやつのプレゼント...
インテリア度高し! オシャレ上級者注目の「コウモリラン」
 コウモリランという植物をご存知ですか?  本当の名前はビカクシダという名前ですが、最近……といってもここ数年です...
「ママよりパパがいい!」我が子の言葉にいちいち傷つかない
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
1月10日~1月16日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
肉球が濡れちゃった…雨宿り“にゃんたま”のサービスショット
 きょうは、肉球濡れちゃった!  にわか雨に遭って、雨宿りのにゃんたまω君です。  外猫なのに、柔らかそうな...
嫁姑の復讐LINE5選! 嫌がらせの痛快「倍返しエピソード」
 嫁姑でお互いの関係に悩み、「いつか復讐してやりたい……!」と決意している女性は多いでしょう。今回は、そんなバチバチの敵...
マウント女を完全撃退! スカッと返り討ちにしたLINE5選
 女性の中には、とにかくマウントを取らないと気が済まない人っていますよね。会った時の会話だけならまだしも、ひどい時にはL...
びっくりするほど愛されて幸せになる…簡単な引き寄せの法則
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。新しい年が始まると、今年の抱負としてさまざまな目標を掲げる人も多いのではない...
あったかアイテム5選。2022.1.8(土)
 例年より寒いといわれる今年の冬。どのような寒さ対策をしていますか? エアコンをつけると電気代がかかるし、お肌は容赦なく...