「シングルマザー」はかわいそう? 世間は意外に優しかった

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2021-09-28 06:00
投稿日:2021-09-28 06:00
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。
 家庭の事情はそれぞれあって、離婚に至った経緯なんて誰とも分かり合えません。でも、「シングルマザー」になった女性に共通する思いは、きっとあると思います。
 まだまだシンママ歴が浅い私ですが、日々の中で感じていること、自分の中で消化できたこと、解決していないこと、そんなことをこの連載「シングルマザーもいいじゃない」で、綴りたいと思います。

シングルマザーがぜんぜん周りにいない現実

イラスト:こばやしまー
イラスト:こばやしまー

 3組に1組が離婚しているといわれる今の日本。これからシングルマザーになろうとする女性にとって、「離婚してもがんばっている女性はたくさんいる!」と勇気づけられるデータかもしれません。でも、これは子供を持たないケースももちろん含まれています。

 実際はというと、シングルマザーの割合は5,300万世帯のうち75万世帯。わずか1.42%だけ。(参考:2015年国勢調査)

 周りを見渡しても、ぜんぜんいないことにも納得。公にしていないママもいるとは思いますが、少なくとも、息子が通う幼稚園にはひとりもいません。

「シングルマザー」はかわいそう?

かわいそうかどうかは本人たちにしかわからない(写真:iStock)
かわいそうかどうかは本人たちにしかわからない (写真:iStock)

「シングルマザーの家庭」と聞くと、「かわいそう」というイメージを持つ人は少なくありません。実は長年、私もそんなふうに思ってきました。

 きっとそれは、ママと子供だけの生活を想像した時、「寂しそう」「お金がなさそう」「ママが仕事であまり構ってあげられないんだろうな」など、ネガティブなイメージが先行するから。

 でも本当にかわいそうかどうかは、シングルマザーを経験した女性、そして、その子供にしかわからないのです。

シングルマザーになるという葛藤

息子を思い悩んだけれど…(写真:iStock)
息子を思い悩んだけれど… (写真:iStock)

 離婚を考えた時、一番に考えたのはやっぱり息子のことです。無垢な笑顔を見るたび、「パパがいない家庭にしてしまっていいのだろうか」「学校で偏見を持たれたらどうしよう」と心配は尽きません。ただただ毎日、悪い想像をして、胸が痛くなりっぱなし。

 子供を理由に離婚を踏みとどまってきた母親は、おそらくごまんといるのでしょう。ただ、私は踏みとどまることができませんでした。

 息子のことを世界一幸せにしたくても、自分が心から笑えなければ意味がありませんから!

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


なにが違うの?努力して憧れの存在に近づける人と遠ざかる人
 皆さんには憧れの人はいますか? 仕事ができる先輩や上司、友人や家族、著名人の名前をあげる人もいるかもしれません。私はた...
プロレスごっこで力加減を勉強中!“にゃんたま”兄弟をパチリ
 きょうは、プロレスごっこに夢中なにゃんたま兄弟。これは格闘の練習です。  獲物をつかまえる時の練習にもなっていて...
花と色の相乗効果! ビタミンカラーで心も身体もポジティブに
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋は、カントリー風情たっぷりな立地でありながら、なんだかんだで毎日のように外国人のお客様がご...
褒め言葉を理解? ドヤ顔する猫がかわいい 2021.10.12(火)
 猫の知能は1歳半~2歳半の子ども程度だとされています。一説によると、80語くらいの人間の言葉を認識できるそう。彼らが覚...
ムカつきながらも息子の前では「パパを立てる」と決めたこと
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
10月11日~17日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“にゃんたま”をくんくん…この匂いは間違いなく我が息子!
 あらゆるものをくんくんしたがる習性は、野生時代からの名残。  きょうは先輩に、にゃんたまω付近をくんくんされてド...
結婚式のご祝儀のマナーは? 相場・書き方・渡し方まで解説
 友人や親族の結婚式にお呼ばれされたはいいものの、ご祝儀の渡し方のマナーを忘れてしまい、毎回「どうだったっけ?」と迷う人...
経験や資格じゃない!自分に向いてる道を見つける簡単な方法
 仕事でも家事でも「なんかこれ自分に向いてないかも……」と思ってしまう時ってありませんか? 私も少し前まではそんなことを...
「菜々緒ポーズ」みたい? “にゃんたま”の魅力たっぷりの1枚
 こんな写真が撮れたらガッツポーズ!  きょうは、私が一番好きな「にゃんたまωポーズ」です。  にゃんたまω...
最強の汎用性で大活躍!インパクト抜群の「ピンクッション」
 にゃんこの習性なんでしょうけれど……。お気に入りのものには、自分の頭や首を使って入念にスリスリと自分の匂いを付けるって...
肩車で張り合った夜…引け目を感じても「パパ」にはなれない
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
10月4日~10月10日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
中銀カプセルタワービル 2021.10.4(月)
 銀座8丁目の首都高速沿いに建てられている中銀カプセルタワービル。2022年3月以降に解体されることが決定し、ニュースに...
不審物を見つけたにゃ!パトロール中の“オペラ座にゃんたま”
 きょうは、宮城県の田代島で大人気のにゃんたま様、愛称は「オペラ座」です。  まるで仮面を被ったようなクールな模様...
悲しみにサヨナラしたい…心の傷を癒すたった1つの方法とは
 信頼している人に裏切られるって、想像以上にしんどいことですよね。その相手への好意や信頼が大きければ大きいほど傷も深くな...