超年の差も…女性教師と中学男子が“禁断の恋”をする時代?

内藤みか 作家
更新日:2019-03-15 06:00
投稿日:2019-03-15 06:00
 先日、驚くような事件が起きました。中学生徒とテーマパークに出かけてキスをしたとして、千葉県の44歳の担任教師が懲戒免職処分となったのです。私が驚いたのは、この中学生が男子で、教師が女性だったというところ。しかも女性教師は既婚なのです!この超年齢差がある禁断の愛について考えてみました。

ドラマ中学聖日記と同じ設定

女教師と教え子が2人でテーマパークに(写真:iStock)
女教師と教え子が2人でテーマパークに (写真:iStock)

 実はこの設定、昨年秋の連続ドラマ『中学聖日記』と同じなのです。有村架純さん演じる中学教師と担任の男子生徒との恋愛模様を演じて大変な話題になりました。禁断の関係がセンセーショナルだったこともそうですが、有村さんの相手役だった岡田健史さん、そして元恋人役の町山啓太さんのイケメンっぷりと色気も話題でした。私は副業でイケメン評論家をしていますが、この2人を2019年売れるだろうイケメンベスト10の中に入れてます。

 ちまたでは今回の事件もドラマを真似たものだろう、と言われていたのですが、実はそうではありません。なんとドラマが放映される2018年秋より前の2017年12月から2人の関係は1年に渡って続いていたというのです。そして2人でテーマパークにも出かけていたというので、プライベートでも会っていたわけです。

卒業まで待てなかった?

 この男子生徒が中学何年生だったかはわかりませんが、明らかに未成年ですから、女性教師がしたことは一般的には認められるわけはないでしょう。ましてや受け持ちのクラスの生徒と恋愛関係になってしまうことは教師としてあるまじき行為かと。私も、教え子と結婚した男性高校教師の話を聞いたことがありますが、その人は生徒が卒業するのを待って交際をスタートしたそうです。

 この先生は「気持ちを抑えられなかった」「お互いに好きだった」などと釈明しているそうですが、本当にその生徒を好きなら卒業まで待てなかったのかな? と思ってしまいます。でも卒業してもまだ高校生なので、問題はありそう……。せめて18歳になるまでは、教師と生徒の恋愛は社会が認めてはくれなさそうな気がします。

 

20歳以上離れているフランス大統領夫妻

フランス大統領もかつては…(写真:iStock)
フランス大統領もかつては… (写真:iStock)

 ここで思い出すのが、フランス大統領のマクロンさん。実は彼は、高校在学中に演劇の指導をしていた女性教師と恋に落ちてしまうんですね。この時2人は15歳と40歳。つまり25歳年上で、しかも既婚で子持ち。これには恋愛に寛容なフランスでも問題とされ、彼は別の学校への転校を余儀なくされたのでした。

 しかし話これで終わりませんでした。後に女性教師が離婚し、2人は結婚するのです!

 最愛の人を得たマクロンさんは彼女と共に快進撃を続け、ついにはフランス大統領の座にのぼり詰めてしまうのですから、この愛は本物だったと周囲も認めざるをえません。そんなわけで、今回、懲戒免職となった女性教師と男子生徒の愛がもし本物だったとしたら、まだ話が続く可能性もあるのかもしれない、とは思うのです。

なぜ“超年の差恋愛”をするの?

一緒にいると年齢差はあまり感じない(写真:iStock)
一緒にいると年齢差はあまり感じない (写真:iStock)

 それにしても20歳以上も離れていて恋愛になるの?という意見も多いようなのですが、それは……なるんです。私自身20歳以上年下の男性とお付き合いしたこともありますが、一緒にいるときに年の差はあまり感じません。強いていえばカラオケに行き、曲を選ぶ際に時代の差を目の当たりにするくらいでしょうか。

 なぜ超年の差の相手を選ぶかというと、一種のフェチなんでしょうか、お互いに自然とそういう年齢差の人をいいなと感じてしまうんで、本能みたいなものなんです。そして年々超年上を好む男性が増えている気がしています。こちらのほうが「こんな年上でいいの?」とびっくりしちゃいますが、向こうがいいと言うんでありがたいですね。私自身は20代前半がタイプなので、10代と交際することはおそらく今後もなさそうですが。超年下くんは元気だから、パワーいただけて素敵な存在だ、ということは声を大にしてお伝えしたいです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性がドキっとする女性のギャップとは? 作り方4つのコツ♡
 恋愛を進展させるためには、「ギャップ」が効果的。コツさえ掴めば誰にでも簡単に身につけられる恋愛テクニックですが、何から...
恋バナ調査隊 2020-11-25 06:00 ラブ
28歳で優良物件男とお見合いしたが、どうしても無理だった。
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2020-11-24 16:03 ラブ
100年の恋も冷める…たった一言で女性が幻滅する恐怖のLINE
 第一印象はよかったのに……会えない期間、LINEでコミュニケーションをしているうちに、なんだか異性に幻滅してしまった経...
ミクニシオリ 2020-11-24 06:06 ラブ
愛想がいい女性は意外とモテない? 男性たちの7つの本音
 誰に対してもニコニコ愛想のいい女性は、モテるイメージがありますよね。実際に、愛想を良くしようと、意識的に笑顔を振りまい...
恋バナ調査隊 2020-11-24 06:00 ラブ
過去の恋愛に決別を…元カレに別れたことを後悔させる方法!
 自分が振られた立場でも振った立場でも、元カレって特別な存在ですよね。一番近かった相手なのに、友達よりも遠い存在になって...
若林杏樹 2020-11-23 06:00 ラブ
陽気で豪快!四国出身の女性の特徴や恋愛観&相性の良い男性
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の女性についてご紹介します。香川県、徳島...
熱しやすく冷めやすい?四国出身の男性の性格や特徴&恋愛観
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の男性の性格や特徴、恋愛傾向についてご紹...
あなたのタイプはどう?“何系女子”の種類や特徴を徹底分析!
 ◯系女子や◯ガールなど、女性の系統を分ける言葉を耳にする機会も多くなりましたが、自分が何系女子かわからない人も多いはず...
恋バナ調査隊 2020-11-22 06:00 ラブ
妻と子供が溺れたら…夫は迷わず妻を助けるという衝撃の事実
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「いい夫婦の日(11月22日)」に関するアンケート調査を明治安田生命が発表し...
山崎世美子 2020-11-21 06:00 ラブ
妻から何度も「離婚」突きつけられ…ついに覚悟を決めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.21〜女性編〜」では、夫に対してたびたび「離婚したい」と口にするものの、本心は揺れている妻の...
並木まき 2020-11-21 06:01 ラブ
夫婦喧嘩をするたびに「離婚」を口にしてしまう女性の本音
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-11-21 06:02 ラブ
職場内離婚…どうやって後処理する!?速やかにやるべきこと
 出会いのきっかけランキングで必ずトップ3に入っている「職場での出会い」。そう、社内恋愛はとってもメジャーなものなんです...
七味さや 2020-11-20 07:06 ラブ
恋愛するなら冬♡ 恋の季節と言われる理由&おすすめデート
 美しい四季のある日本は、季節によって大きく雰囲気が異なりますよね。特に、冬は肌寒く人恋しくなるため、「恋愛したくなる」...
恋バナ調査隊 2020-11-20 06:00 ラブ
料金は?リスクは?「ママ活」と「出張ホスト」どう違うの?
 近ごろは、密を避けてマンツーマンで遊ぶ人が増えています。そんな時に便利なのが彼氏代行的な存在。けれど最近は「ママ活」と...
内藤みか 2020-11-19 06:00 ラブ
結婚すると苦労する男性の6つの特徴&男性選びのポイント
 日本の離婚率は現在35%ほどとも言われていますが、誰だって「離婚するかも?」なんて考えて、結婚をしているわけがありませ...
恋バナ調査隊 2020-11-19 06:00 ラブ
恋愛は焦ると失敗する!うまくいかない5つの原因&対処法♪
「恋愛に焦りは禁物」と言われますが、実際、恋愛中に焦って行動してしまい、うまくいかなかった経験がある人は多いでしょう。し...
恋バナ調査隊 2020-11-18 06:00 ラブ