超年の差も…女性教師と中学男子が“禁断の恋”をする時代?

内藤みか 作家
更新日:2019-03-15 06:00
投稿日:2019-03-15 06:00
 先日、驚くような事件が起きました。中学生徒とテーマパークに出かけてキスをしたとして、千葉県の44歳の担任教師が懲戒免職処分となったのです。私が驚いたのは、この中学生が男子で、教師が女性だったというところ。しかも女性教師は既婚なのです!この超年齢差がある禁断の愛について考えてみました。

ドラマ中学聖日記と同じ設定

女教師と教え子が2人でテーマパークに(写真:iStock)
女教師と教え子が2人でテーマパークに (写真:iStock)

 実はこの設定、昨年秋の連続ドラマ『中学聖日記』と同じなのです。有村架純さん演じる中学教師と担任の男子生徒との恋愛模様を演じて大変な話題になりました。禁断の関係がセンセーショナルだったこともそうですが、有村さんの相手役だった岡田健史さん、そして元恋人役の町山啓太さんのイケメンっぷりと色気も話題でした。私は副業でイケメン評論家をしていますが、この2人を2019年売れるだろうイケメンベスト10の中に入れてます。

 ちまたでは今回の事件もドラマを真似たものだろう、と言われていたのですが、実はそうではありません。なんとドラマが放映される2018年秋より前の2017年12月から2人の関係は1年に渡って続いていたというのです。そして2人でテーマパークにも出かけていたというので、プライベートでも会っていたわけです。

卒業まで待てなかった?

 この男子生徒が中学何年生だったかはわかりませんが、明らかに未成年ですから、女性教師がしたことは一般的には認められるわけはないでしょう。ましてや受け持ちのクラスの生徒と恋愛関係になってしまうことは教師としてあるまじき行為かと。私も、教え子と結婚した男性高校教師の話を聞いたことがありますが、その人は生徒が卒業するのを待って交際をスタートしたそうです。

 この先生は「気持ちを抑えられなかった」「お互いに好きだった」などと釈明しているそうですが、本当にその生徒を好きなら卒業まで待てなかったのかな? と思ってしまいます。でも卒業してもまだ高校生なので、問題はありそう……。せめて18歳になるまでは、教師と生徒の恋愛は社会が認めてはくれなさそうな気がします。

 

20歳以上離れているフランス大統領夫妻

フランス大統領もかつては…(写真:iStock)
フランス大統領もかつては… (写真:iStock)

 ここで思い出すのが、フランス大統領のマクロンさん。実は彼は、高校在学中に演劇の指導をしていた女性教師と恋に落ちてしまうんですね。この時2人は15歳と40歳。つまり25歳年上で、しかも既婚で子持ち。これには恋愛に寛容なフランスでも問題とされ、彼は別の学校への転校を余儀なくされたのでした。

 しかし話これで終わりませんでした。後に女性教師が離婚し、2人は結婚するのです!

 最愛の人を得たマクロンさんは彼女と共に快進撃を続け、ついにはフランス大統領の座にのぼり詰めてしまうのですから、この愛は本物だったと周囲も認めざるをえません。そんなわけで、今回、懲戒免職となった女性教師と男子生徒の愛がもし本物だったとしたら、まだ話が続く可能性もあるのかもしれない、とは思うのです。

なぜ“超年の差恋愛”をするの?

一緒にいると年齢差はあまり感じない(写真:iStock)
一緒にいると年齢差はあまり感じない (写真:iStock)

 それにしても20歳以上も離れていて恋愛になるの?という意見も多いようなのですが、それは……なるんです。私自身20歳以上年下の男性とお付き合いしたこともありますが、一緒にいるときに年の差はあまり感じません。強いていえばカラオケに行き、曲を選ぶ際に時代の差を目の当たりにするくらいでしょうか。

 なぜ超年の差の相手を選ぶかというと、一種のフェチなんでしょうか、お互いに自然とそういう年齢差の人をいいなと感じてしまうんで、本能みたいなものなんです。そして年々超年上を好む男性が増えている気がしています。こちらのほうが「こんな年上でいいの?」とびっくりしちゃいますが、向こうがいいと言うんでありがたいですね。私自身は20代前半がタイプなので、10代と交際することはおそらく今後もなさそうですが。超年下くんは元気だから、パワーいただけて素敵な存在だ、ということは声を大にしてお伝えしたいです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 鬼嫁がつくる家庭ルールの中には、思わず夫に同情したくなるほど過酷なものも少なくありません。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-27 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼がいます。付き合う前や付き合い始めの頃はLINEを頻繁にしていました。必ずどちらかから〈おはよう〉...
神崎メリ 2020-01-26 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の相談室に来られる方の3大テーマは、「浮気された」「離婚を考えている」「彼...
山崎世美子 2020-01-25 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁には、夫に容赦なくダメ出しをするタイプも少なくありません。  魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とす...
並木まき 2020-01-25 06:00 ラブ
FILM
 世界情勢がきな臭くなってきた感じがいたしますが、身近な世界における不毛な戦いの一つが、男女の「おごりおごられ論争」。 ...
しめサバ子 2020-01-24 06:00 ラブ
FILM
 恋のライバルが出現した時、誰もが心穏やかではいられないはず。しかも相手が年下の女性だった場合、勝てる気がしないと感じる...
内藤みか 2020-01-24 08:38 ラブ
FILM
 なぜ男性は、彼女と毎日LINEするのを嫌がるのでしょう。LINEの頻度の認識の違いで、大きなケンカになってしまうカップ...
ミクニシオリ 2020-01-23 16:31 ラブ
FILM
「恋愛と仕事の両立ができない……」、そんな悩みを抱えていませんか?中には、「仕事ができなくなるから恋愛しない!」というキ...
孔井嘉乃 2020-01-25 07:57 ラブ
FILM
 ドM男性なんて本当にいるの?と思われがちですが、実はたくさんいます!でも、相手がSかMかなんて、一目見ただけで見抜くこ...
リタ・トーコ 2020-01-22 06:00 ラブ
FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ