超年の差も…女性教師と中学男子が“禁断の恋”をする時代?

内藤みか 作家
更新日:2019-03-15 06:00
投稿日:2019-03-15 06:00
 先日、驚くような事件が起きました。中学生徒とテーマパークに出かけてキスをしたとして、千葉県の44歳の担任教師が懲戒免職処分となったのです。私が驚いたのは、この中学生が男子で、教師が女性だったというところ。しかも女性教師は既婚なのです!この超年齢差がある禁断の愛について考えてみました。

ドラマ中学聖日記と同じ設定

女教師と教え子が2人でテーマパークに(写真:iStock)
女教師と教え子が2人でテーマパークに (写真:iStock)

 実はこの設定、昨年秋の連続ドラマ『中学聖日記』と同じなのです。有村架純さん演じる中学教師と担任の男子生徒との恋愛模様を演じて大変な話題になりました。禁断の関係がセンセーショナルだったこともそうですが、有村さんの相手役だった岡田健史さん、そして元恋人役の町山啓太さんのイケメンっぷりと色気も話題でした。私は副業でイケメン評論家をしていますが、この2人を2019年売れるだろうイケメンベスト10の中に入れてます。

 ちまたでは今回の事件もドラマを真似たものだろう、と言われていたのですが、実はそうではありません。なんとドラマが放映される2018年秋より前の2017年12月から2人の関係は1年に渡って続いていたというのです。そして2人でテーマパークにも出かけていたというので、プライベートでも会っていたわけです。

卒業まで待てなかった?

 この男子生徒が中学何年生だったかはわかりませんが、明らかに未成年ですから、女性教師がしたことは一般的には認められるわけはないでしょう。ましてや受け持ちのクラスの生徒と恋愛関係になってしまうことは教師としてあるまじき行為かと。私も、教え子と結婚した男性高校教師の話を聞いたことがありますが、その人は生徒が卒業するのを待って交際をスタートしたそうです。

 この先生は「気持ちを抑えられなかった」「お互いに好きだった」などと釈明しているそうですが、本当にその生徒を好きなら卒業まで待てなかったのかな? と思ってしまいます。でも卒業してもまだ高校生なので、問題はありそう……。せめて18歳になるまでは、教師と生徒の恋愛は社会が認めてはくれなさそうな気がします。

 

20歳以上離れているフランス大統領夫妻

フランス大統領もかつては…(写真:iStock)
フランス大統領もかつては… (写真:iStock)

 ここで思い出すのが、フランス大統領のマクロンさん。実は彼は、高校在学中に演劇の指導をしていた女性教師と恋に落ちてしまうんですね。この時2人は15歳と40歳。つまり25歳年上で、しかも既婚で子持ち。これには恋愛に寛容なフランスでも問題とされ、彼は別の学校への転校を余儀なくされたのでした。

 しかし話これで終わりませんでした。後に女性教師が離婚し、2人は結婚するのです!

 最愛の人を得たマクロンさんは彼女と共に快進撃を続け、ついにはフランス大統領の座にのぼり詰めてしまうのですから、この愛は本物だったと周囲も認めざるをえません。そんなわけで、今回、懲戒免職となった女性教師と男子生徒の愛がもし本物だったとしたら、まだ話が続く可能性もあるのかもしれない、とは思うのです。

なぜ“超年の差恋愛”をするの?

一緒にいると年齢差はあまり感じない(写真:iStock)
一緒にいると年齢差はあまり感じない (写真:iStock)

 それにしても20歳以上も離れていて恋愛になるの?という意見も多いようなのですが、それは……なるんです。私自身20歳以上年下の男性とお付き合いしたこともありますが、一緒にいるときに年の差はあまり感じません。強いていえばカラオケに行き、曲を選ぶ際に時代の差を目の当たりにするくらいでしょうか。

 なぜ超年の差の相手を選ぶかというと、一種のフェチなんでしょうか、お互いに自然とそういう年齢差の人をいいなと感じてしまうんで、本能みたいなものなんです。そして年々超年上を好む男性が増えている気がしています。こちらのほうが「こんな年上でいいの?」とびっくりしちゃいますが、向こうがいいと言うんでありがたいですね。私自身は20代前半がタイプなので、10代と交際することはおそらく今後もなさそうですが。超年下くんは元気だから、パワーいただけて素敵な存在だ、ということは声を大にしてお伝えしたいです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「女の勘はするどい」と、聞いたことがある方は多いでしょう。男性からしてみると厄介な“女の勘”ですが、実は不思議と当たって...
リタ・トーコ 2020-04-08 06:00 ラブ
FILM
 新型コロナウイルスの猛威が止まりません。小中学校の多くは休校となり、働く大人も在宅勤務に切り替えることで、家族全員が長...
田中絵音 2020-04-07 12:07 ラブ
FILM
 あなたは、結婚相手に何を望みますか? きっと「経済力」と、答える人も多いでしょう。そんな女性にとって、“お金持ち男性”...
恋バナ調査隊 2020-04-07 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして、いつもコラムを見ています!  私は26歳で美容師をしているのですが、なかなか恋愛がうまくいきません...
神崎メリ 2020-04-05 06:00 ラブ
FILM
 結婚願望があるにも関わらず、「恋人ができても結婚話が出ない」「結婚相手が見つからない」という人もいるでしょう。でも実は...
恋バナ調査隊 2020-04-05 06:00 ラブ
FILM
 恋愛には「妥協が必要!」という声と、「妥協はしない方がいい!」という2つの声がありますね。でも、実際のところは「妥協は...
恋バナ調査隊 2020-04-04 06:00 ラブ
FILM
 恋人ができれば、友達や同僚に伝えたくなるもの。しかし、社内恋愛の場合には、バレてしまった時にデメリットがあるため、職場...
恋バナ調査隊 2020-04-03 06:00 ラブ
FILM
 恋が始まると、毎日が楽しくなるものです。その恋を叶えるためにする努力も、幸せに感じることができるでしょう。しかし、いつ...
恋バナ調査隊 2020-04-02 06:00 ラブ
FILM
「待てど暮らせど、男性から連絡が来ない……」「いつも連絡するのは私から……」そんな男性に、イライラしている女性も多いので...
恋バナ調査隊 2020-04-01 06:00 ラブ
FILM
「あの子、育ちが良さそうだよね。良いところのお嬢様って感じがする」  あなたの身の回りにもいませんか? ものすごく...
七海 2020-04-01 06:00 ラブ
FILM
 私のもとに婚活相談に来る女性の3割が、元彼が忘れられないという女性です。 「元彼のことが忘れられない→でも元彼か...
山本早織 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
「好きだから嫉妬する」、これは当たり前の感情です。でも、嫉妬をすると不安や罪悪感などネガティブな感情になってしまう……と...
リタ・トーコ 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
 恋人がほしいと思っている人にとって、マッチングサイトは魅力的な存在。マイペースに恋活をすることができますから、忙しい人...
恋バナ調査隊 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
 感染症拡大防止による外出自粛が呼びかけられている今日この頃ですが、マッチングアプリでも出会いは自粛されているのでしょう...
内藤みか 2020-03-30 06:00 ラブ
FILM
 異常気象や自然災害、ウイルス蔓延、高齢化社会など、将来が心配になるようなニュースが多い昨今。だからこそ、パートナーを選...
FILM
 あなたは、不倫にどんなイメージを持っていますか? 中には、「スリルを味わえる楽しい恋愛」と思っている人もいるかもしれま...
恋バナ調査隊 2020-03-29 06:00 ラブ