あなたの避妊は一回いくら?#1…価格×成功率のコスパ最強は

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2019-04-17 02:26
投稿日:2019-03-14 06:00
日本で人気の避妊法は圧倒的にコンドーム(写真:iStock)
日本で人気の避妊法は圧倒的にコンドーム (写真:iStock)

 一生に一度も避妊をしたことない、という人は多くはいないでしょう。日本人はどんな方法で避妊を行っているか、国際協力NGOジョイセフのサイトにデータがありました。

第1位 : コンドーム 82.0%
第2位 : 性交中絶法(腟外射精) 19.5%
第3位 : オギノ式 7.3%
第4位 : ピル(経口避妊薬) 4.2%
第5位 : IUD (子宮内避妊具) 0.4%
(複数回答可)

 日本で人気の避妊法は圧倒的にコンドームですね!

 それでは、いちばん安い避妊方法はなんでしょうか? 2位の膣外射精はタダですが、これは避妊法とはいえないのでコンドームの値段について調べてみました。

予定外の妊娠を避けるためにいくら払っているか?

 コンドームの値段は1個あたり200円以上するものもあれば、業務用で1個8円というものもあります。子供を産んでもいいと思える日まで、予定外の妊娠をストップする保険料と考えると、8円でも200円でも高くはないかも知れません。

避妊確率100%の避妊法はない

 性教育に取り組んでいるNPO法人ピルコンのサイトに、いろいろな避妊法の年間失敗率があったので表にしてみました。

 8~200円で買えるコンドームの理想的な使用法での失敗率がわずか2%なのは優秀ですが、一般的な使用方法だと18%となっているのが気になります。

 18%の失敗率とはどういうことかと言うと、1年間で6組に1組は、

「なんで!? コンドーム付けたのにできちゃった!」

「おいおい、俺の子じゃないんじゃない?」

 という修羅場になるかも知れない、ということです。

 使用方法によって9倍も失敗率が高くなるのはおどろきです。そもそも理想的な使用と一般的な使用のちがいって何なのでしょうか?

価格×避妊成功率 コスパ最強の避妊法を求めて

コンドームの避妊成功率を98%にできるかどうか

 まず、つけるタイミングが重要です。

×射精する前につければいい
○最初にペニスを挿入するときにつける

 射精するまでには付けるよ、ではダメ。ペニスが勃起すると、通称ガマン汁(カウパー腺液・尿道球腺液)が出てきます。この透明の液にも精子が入っているので、ペニスを挿入する前に装着しないと意味がないのです。

 あなたは、あなたのパートナーはいつ付けていますか? ツイッターでアンケートを取ってみました。

 ちゃんと最初からつけている人が多いですね。それでも2%の失敗が起きるのはなぜなのでしょうか。いろいろな原因が考えられそうです……。

・財布などに入れていたために、パッケージの上から圧迫されて傷んでいた
・裏表を一度まちがえたものをそのまま使ってしまった
・裏表をまちがえていたために、途中で外れてしまった
・ラブホに備えつけのもののサイズが合わなかった
・外れたのをつけ直すときに破れていたらしい などなど……

 そんなアクシデントにそなえて、二つの方法を併用したらいいんじゃない? という考え方があります。途中からつけた場合や、外れてしまった場合でも安心できるし、そもそもコンドームの感触や匂いが苦手な人もいるのです。

 前述のピルコンのサイトにも、避妊×性感染症予防ができる最強コラボ「ピル+コンドーム」と、避妊法を併用する方法が紹介されていました。

 そこで気になるのがコンドームより避妊率の高い低用量ピルやIUD(子宮内避妊器具)、IUS(子宮内避妊システム)の価格。これらの避妊法は一回あたりいくらかかるのでしょう?

(次回に続きます)

◆ NEWS ◆
 今回の記事の参考にさせていただいたサイト、NPO法人ピルコン・理事長の染矢明日香さんが、3月23日(土)大人の性教育勉強会でお話してくださることになりました。性教育について、避妊について、今いちばん新しい情報をきくチャンスです!
お申込みはコチラ↓
https://slstudy01.peatix.com/

関連キーワード

エロコク 新着一覧


初心者におすすめの吸引系♡ 11段階で好みの加減を追求して
 ラブグッズに限った話ではないですが、ひとつのヒット商品が出て、その派生商品が続々と発売されると、ひとつのジャンルが形成...
桃子 2021-01-23 06:00 エロコク
女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス5選」#2
「ウィズコロナ」の生活が当たり前になった昨今。セックスも「安心・安全・心地よさ」をモットーに、パートナーとの愛を深めたい...
蒼井凜花 2021-01-22 06:00 エロコク
直径8ミリの極細ローター 強すぎず弱すぎずの刺激にうっとり
 クリトリスは、“性的に気持ちよくなる”ためだけに存在する器官といわれることもありますが、快感に対してほんと貪欲ですよね...
桃子 2021-01-18 11:06 エロコク
女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス5選」#1
 二回目の緊急事態宣言が発令されて、セックスに恐怖をお持ちの方も多いことでしょう。しかし、一方では「ここさえクリアすれば...
蒼井凜花 2021-01-15 06:00 エロコク
パーフェクト!自分の手ではできない小刻みな動きが病みつき
 最近パフェがブームですが、語源は「パーフェクト」。一つのグラスにさまざまな素材が絶妙なバランスで詰め込まれ、完成してい...
桃子 2021-01-10 06:00 エロコク
官能作家オススメ「寒い冬こそしたい」おすすめセックス4選
 日に日に寒さが強まってまいりましたが、こんなときこそ、愛するパートナーとのセックスを充実させたいですね。そこで、官能作...
蒼井凜花 2021-01-08 06:00 エロコク
電マのヘッドだけ ユニークなアイディアグッズで実力も◎
 国内外のアダルトグッズをかなりの数見てきているという自負のある私ですが、今でもハッとする斬新なアイデアに出合うことがあ...
桃子 2020-12-27 06:00 エロコク
女性官能作家直伝!クリスマスのセクシーデート&セックス4選
 クリスマスには、愛しいパートナーとのデートや情熱的なセックスを楽しむ方も多いでしょう。そこで官能作家の筆者が提案したい...
蒼井凜花 2020-12-24 06:00 エロコク
凹凸がダイナミックに刺激…パワフルな振動と摩擦がやみつき
 ビビッドカラーの雪だるまといった風情のバイブがお目見えです。その名も「完全防水 ビーバイブ スノーマン」。  私...
桃子 2020-12-20 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #3
 これまで二回にわたって「フェラチオの奥義」についてお話ししました。今回は最終回。やや難易度は上がりますが、官能作家なり...
蒼井凜花 2020-12-18 17:02 エロコク
一瞬で昇天確実 強烈なオーガズムで、深い眠りをサポート
 今年とても元気だった「極天(キワミテン)」シリーズから、「アンモナイト ベロ」が届きました。まさに古代生物のような形状...
桃子 2020-12-13 16:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #2
 皆さん、こんにちは。前回に引き続き、今回も官能作家が伝授する「フェラチオの奥義」についてお伝えしたいと思います。十年間...
蒼井凜花 2020-12-11 17:52 エロコク
激しいプレイでも挿入部はしなやか…根元はぶれないティルド
 この連載では、私が振動刺激を好むということもあって、ディルドを紹介してきませんでした。張り形といわれることもありますが...
桃子 2020-12-06 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #1
 もうすぐクリスマス。今から愛するパートナーとの熱い夜を待ちわびている女性も多いことでしょう。今回から数回にわたり「官能...
蒼井凜花 2020-12-04 18:00 エロコク
リアルが怖い時は…バーチャルセックスでいいんじゃない?
 冬を迎え、新型コロナウイルスの感染が加速しています。こんな時は濃厚感染なセックスをするのが怖い、という女性たちも増えて...
内藤みか 2020-12-03 06:00 エロコク
力加減が絶妙!Gスポットの広い範囲を的確に刺激してくれる
 その年を象徴するラブグッズというものがあり、2020年は、今回紹介する「LELO ソラーヤ・ウェーブ」がそうなりそうで...
桃子 2020-11-28 06:00 エロコク