「好きだけど付き合えない」の本音とは? 3つの理由と対処法

若林杏樹 漫画家
更新日:2021-12-22 06:13
投稿日:2021-12-22 06:00
 恋愛感情がある男性から「ごめんね、好きだけど付き合えない」と言われてしまうとショックですよね。お互いの関係にもよりますが、「好きだけど」という好意的な言葉を使いながら「付き合えない」とはどういう意味なのでしょうか。
 今回はこの「好きだけど付き合えない」に隠された男性の本音と対処法についてお伝えしていきます。

(漫画:若林杏樹)
(漫画:若林杏樹)

距離をとるのがベスト…離れる時の一言が重要

「好きだけど付き合えない」に隠された男性の本音は、主に3つに分類できます。

1. 仕事や家族事情など、何らかの事情で付き合えない

 仕事で相当なプレッシャーがかかっていたり、繁忙期で付き合えない場合であったり、相手に婚約者がすでにいる時もあります。婚約者がいるのに気を引くようなそぶりをする男性は即切りしましょう。

 彼が仕事で忙しい場合、ご飯を作りに行ったり、「おつかれさま」の連絡を頻繁にするような“オカン行動”はやめましょう。

 別れる際の一言は「お仕事がんばってね。私はすぐに諦めることができないけど、アプローチはしないね。もし恋愛できるタイミングがあったら教えてね」と、少し可能性を匂わせつつ、去るのが良いです。

2. 期待を持たせてキープしておきたい

 この手の男性には「ちゃんと彼氏彼女の関係じゃないと嫌だからもう会いません」と伝えましょう。

 ズルズルと曖昧な関係に持ち込みたい男性も、あなたへの好意があれば真剣に向き合うきっかけになると思います。

 そうでなければ、綺麗さっぱりそんな男なんか忘れて次にいきましょう。

3. 好きな感情が恋愛感情ではなく友情

 彼にまだ脈はありません。好意を伝えていても、まだ「友達」の状態であれば、1と同様に「恋愛的なアプローチはしないね」と言い離れましょう。

 まとめると、「好きだけど付き合えない」という男性にアタックを続けても、キープ扱いにされて疲弊してしまうだけ。行動としては距離をとるのが正解です。それぞれ別れ際の一言を参考にしてみてくださいね。

登場人物紹介

だら先輩、ギャルちゃん(漫画:若林杏樹)
だら先輩、ギャルちゃん (漫画:若林杏樹)

だら先輩
年末年始、やはり食べ過ぎてしまうので、今年は「腸活」をはじめました。食べるのを我慢するよりも、外に出す方を強化して様子をみてみます!

ギャルちゃん
ヤバイ! 毎日飲んでます爆笑 みんなで飲んで、カラオケに行って、最高すぎる! 会社が眠すぎる! 怒られない程度にサボりたいと思います☆

若林杏樹
記事一覧
漫画家
初の著書『お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!』がベストセラーに。前職は私立大学職員。ニックネームはあんじゅ先生。
 https://anju-manju.com

ラブ 新着一覧


あんた何様ですか? いい加減つら、理想が高い夫を持つ妻たちの愚痴5選
 夫の理想が高ければ高いほど、妻たちの不満は膨らむ様子。「なんなのコイツ!」と怒りがこみあげ、離婚を考えるようになる女性...
恋バナ調査隊 2023-12-01 06:00 ラブ
コロナ後のいま“レス不倫”増殖中! 2度目も3度目も食事だけデートのワケ
 コロナが5類に移行してから、くすぶり始めているのが、不倫です。濃厚接触を避けていたコロナ禍では自粛傾向にあった禁断の関...
内藤みか 2023-11-30 06:00 ラブ
不倫も人生経験、不倫してよかったと語るツワモノたち 一体何を学んだ?
 誰もが「不倫はいけない恋愛」と思っているでしょう。でも「不倫してよかった」「不倫も人生経験の1つ」と考えるツワモノもい...
恋バナ調査隊 2023-11-30 06:00 ラブ
あなたは何のため? 女性が入籍・結婚を望む5つの理由を考えてみた
「大好きな人とずっと一緒に過ごしたいから」「子どもが欲しいから」などなど、結婚したい理由は人それぞれ。あなたが結婚したい...
恋バナ調査隊 2023-11-29 06:00 ラブ
男の「よく食べる人が好き」発言に裏ナシ? “食好き女”アピる前に読んで
「好きな女性のタイプは?」という質問に対して、「よく食べる女の子が好き!」と答える男性って結構いますよね。でも、その言葉...
恋バナ調査隊 2023-11-28 06:00 ラブ
家事をしない夫への「プチ仕返し」私ばっかりしんどいの、おかしくね?
 男女平等が常識になってきた現代ですが、まだまだ男女の差は存在します。その差が特に顕著なのが家庭の中。夫婦共働きであるに...
恋バナ調査隊 2023-11-28 06:00 ラブ
現在イイ感じの彼に「過去の恋愛」どこまで話す? 許容範囲はどこ
 男女が距離を縮めていく中で、話題になりやすい内容といえば“過去の恋愛”。ですが、「どこまで話していいのか……」と、迷っ...
恋バナ調査隊 2023-11-27 06:00 ラブ
「一生独身でいいかも…」推し活で満足する40代独女の心理とよぎる心配
 好きなキャラクターやアイドルなどを追いかけて応援する「推し活」。40代独女の中には最近では「推し活」だけで満足してしま...
恋バナ調査隊 2023-11-27 06:00 ラブ
スイカから保険金殺人に発展!? 夫が戦慄する妻の「ヒス構文」LINE3選
 皆さんは「ヒス構文」を知っていますか? 「ヒス構文」とは、お笑い芸人のラランドさんのネタから生まれた言葉で、ヒス...
彼の人間性を疑ったあり得えない4つの言動、不信感を抱いた感覚は大事に
 彼氏や夫の言動に「そんな人だったの?」と引いた経験はありませんか? 人間性を疑うほどの出来事があると、大好きだった彼へ...
恋バナ調査隊 2023-11-26 06:00 ラブ
「入籍は餞別みたいなもん」30男が非モテ系彼女とのケジメ婚に悩むウラ
「冷酷と激情のあいだvol.170〜女性編〜」では、交際2年目で同棲をしている恋人が、風俗通いや浮気をすることに悩む理奈...
並木まき 2023-11-25 06:00 ラブ
風俗に職場女性とねんごろ…それでも年下男と別れられない34歳女の悲哀
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-11-25 06:00 ラブ
恋愛ライバルが少ない「出会いの穴場」は? おすすめの趣味&業界
 良い恋愛をするには、素敵な男性と出会う必要があります。でも、現実には素敵な男性は彼女がいたり、既婚者だったりとなかなか...
恋バナ調査隊 2023-11-24 06:00 ラブ
別居中の夫と復縁する方法…3カ月以内ならあり?チェック方法&きっかけ
 夫婦関係がうまくいかなくなった時、すぐに離婚するのではなく一旦別居する夫婦は多いですよね。でも、いざ別居すると相手の存...
恋バナ調査隊 2023-11-24 06:00 ラブ
マッチングアプリの既婚者男性、真の目的と女性が騙されない有効策を聞く
 恋活系マッチングアプリといえば、ほとんどの人は独身男女が恋人を見つけるために使うものだと考えるでしょう。けれど、その中...
内藤みか 2023-11-23 06:00 ラブ
適齢期ではあったけど…私が「元彼と結婚しなかった理由」
 アラサー・アラフォーになると、結婚を視野に入れた恋愛をする人がほとんど。そのときに交際している彼がいたら、彼との結婚も...
恋バナ調査隊 2023-11-23 06:00 ラブ