恥ずかしすぎて消えたい…職場グループに送った誤爆LINE5選

コクハク編集部
更新日:2021-11-21 10:37
投稿日:2021-11-21 06:00
 職場のグループLINEは、仕事を円滑に進めるために、今や欠かせないものでしょう。でも、あろうことかそんな職場LINEに恥ずかしすぎる誤爆をしてしまう人も少なくないようです。今回は、恥ずかしすぎて今すぐ消えたい気持ちになる誤爆LINEの数々をご紹介しましょう。

恥ずかしすぎて消えたい…職場に送った誤爆LINE5選!

1.「妻とうまくいってなくて」

 こちらは、妻のいる男性社員の誤爆。浮気男の常套文句である「最近、妻とうまくいってなくて」というワードを使いながら新入社員の女性を口説こうとしているのですが、まさかのグループLINEでの“公開ナンパ”、いや“後悔ナンパ”となってしまいました。

 新入社員も「予定があるのでごめんなさい」と伝えつつ、しっかりグループLINEであることを教えているので、狙われるのを回避したいと思っているのかもしれませんね。こういう男性社員、結構いるんですかね……。

2.「北海道最高♡」

 こちらは、苦し紛れの言い訳に絶望感を感じるLINE……。北海道に弾丸旅行に行っているこちらの女性。観光地で彼氏に待ち合わせのLINEを送ったはずが、職場LINEに誤送信。と、ここまではよくある話なのですが、問題は旅行のための休みを取る申請理由にありました。

 なんとこちらの女性、職場には「親戚が亡くなったから京都に行く」と伝えていたようなんです。驚いた上司に「葬儀のために京都にいるのでは?」と突っ込まれると「親戚が亡くなったのは勘違い」という苦しい言い訳……。これにはさすがの上司もブチギレ。素直に謝れ!と一喝されてしまいました。

3.「お前消すぞこら!」

 こちらの女性は、普段職場ではおしとやかで明るく、優しい性格で通っていたそうです。でも、ある日、職場LINEに彼氏に当てたLINEを送り間違えてしまったそう。そこには「女と浮気してただろ!」「ふざけんな!」「お前消すぞこら!」といった、普段の彼女からは想像できないような暴言の数々。

 先輩に「グループLINEだよ」と教えてもらうと、すぐに普通の可愛らしい話し方になっていますが、もうこの強烈なインパクトを拭うことはできないかもしれません……。

4.「4階の保管庫で待ち合わせね」

 こちらは、職場のグループLINEに社内恋愛を暴露してしまった誤爆です。しかも、4階の保管庫で密会していることまでバラしてしまっていますね。

 しかも悲しいことに、職場の後輩からグループLINEであることを指摘され、ただ謝るしかないという情けない先輩としての姿を晒してしまいました。スルーするほかの社員の目を気にしながら、今でも肩身の狭い思いをしているそうです。

5.「バーコード部長」

 こちらの女性は、同僚と仕事終わりに飲む約束をしていたようで、そこでバーコードの髪型で大嫌いな部長の愚痴を言おうと思っていたようです。でも、「バーコード部長に嫌味言われて文句たまってるわ」と送った先は、職場LINEでした……。

 最悪なことにすぐに既読がついてしまい、焦った女性の先輩が「グループLINEですよ!」と教えてくれたものの、バーコード部長もすでに既読済みで、時すでに遅し。

「君の気持ちはよくわかったよ」と、冷静な一言が……。この後、女性はバーコード部長に平謝りしたようなのですが、いまだにぎくしゃくしているようです。

職場への誤爆LINEはひたすら時が経つのを待つのみ!

 読んでいるだけで恥ずかしく、ヒヤヒヤしてしまう誤爆LINE。でも、一度してしまった失敗を巻き戻すことはできません。今できることは、ただみんなの記憶からこの誤爆が消え去るよう、時が経つのをじっと待つのみ……。人生の修行だと思って、静かな心でどんと構えていきましょう!

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


自己嫌悪をやめたい…陥りやすい人の4つの共通点&克服方法
 誰だって、自分に嫌なところがあるのは当然のこと。しかし、自分の悪いところを責めすぎてしまうと、自己嫌悪に陥ってしまうこ...
憧れの人と同じなのに…自信のない人が陥りやすい考え方とは
 自分が憧れている人が身につけているものを買ってみた経験はありませんか? 推しのアイドルなどが着ている服、持っているバッ...
ひとりぼっちで孤独な"にゃんたま”に一目で恋に落ちました
 きょうは、一目見て恋に落ちました。  逢った瞬間、口元の「ふぐふぐ」がにゃんたまに見えちゃうくらい、ビビっと電気...
晩秋の「寺家ふるさと村」を歩く 2021.12.2(木)
 最近やけに寒いなあと思ったら、もう12月なんですね。約4カ月ぶりに「寺家ふるさと村」に行ってみました。
ルノルマン占い~12月の恋愛運~理想の関係に近づける人は
 ルノルマンとは18世紀に活躍していた歴史上有名な占い師であるマダム・ルノルマンの占いから生まれたカードで、トランプが起...
幸運の花はいつも太陽を見つめてる!何事にも強靭“スナップ”
 ワタクシがお花屋さんになって間もないの頃のお話でございます。  当時、結婚式装飾花スタッフとして働いていたワタク...
離婚→再婚はセット? 再婚願望のないシングルマザーが考える
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
11月29日~12月5日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
無防備さがたまらない♡ほよよ顔と“にゃんたま”の豪華セット
 きょうは、猫ヨガポーズで入念に毛繕いしているところ、「にゃんたまω見せてください!」と、お願いしました。  この...
「おこもりキャンプ」レポ 2021.11.28(日)
 昨今のキャンプブームと“三密回避”の需要が相まって、人気沸騰中の「おこもりキャンプ」。今回は、埼玉県越生町にあるビオリ...
お金が貯まらない…貯金できない人の特徴&貯蓄する方法6つ
 社会人になれば自分で稼いだお金で好きな物を買い、生活することになります。収入は人によって異なりますが、中には、「なかな...
お母さんのおもしろ誤字LINE5選!なんでそうなっちゃった?
 現代の家族間での連絡手段といえば、やはり主流は「LINE」でしょう。そんな家族LINEには、面白い内容がたくさん! 特...
デキる大人は見逃さない!メンタルが弱っているサイン6選
 あなたは自分のことをどのくらいよく分かっているでしょうか。私はそろそろ大人歴(20歳が大人のスタート)が10年になろう...
ぐっすり眠る“にゃんたま”をクンクン…乙女心の行方は?
 きょうは、無防備に眠るにゃんたま君に忍び寄る……の巻。  ゆっくりゆっくり、にゃんたまωにそ~っと顔を近づけるの...
アナタの観葉植物は大丈夫? 不調の原因&冬のお手入れ3カ条
 今年もなんだかんだで残すところ、あと1カ月ちょっと。  思えばほとんどが緊急事態宣言下だった今年、ようやく少し賑...
息子のお友達から“シングルマザーだもんね!”と言われた日
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...