どうしたらいいの…二股で一人だけを選べない時の対処法4つ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-12-24 06:00
投稿日:2021-12-24 06:00
 不倫や浮気などで二股をかけてしまっているという女性は、意外と多いようです。もちろん心の中では「どちらかに決めないといけない」とわかっているのに、どちらも好きで一人だけを選べない!と苦しんでしまうこともありますよね。そこで今回は、二股をかけている女性に向けて、一人を選べず辛い時の対処法をご紹介します!

二股中…男性一人を選べない時の対処法4つ

いつかは選ばなきゃいけないのはわかってるけど(写真:iStock)
いつかは選ばなきゃいけないのはわかってるけど (写真:iStock)

 二股中、多くの女性は「どちらも本気で好き!」と言いますが、でも、いつかはどちらか一方を選ばなければならないこともわかっているはず。そんな時には、こんな対処法を試してみるのはいかがですか?

1. 距離を置いてみる

 2人を好きだとしても、その状態で二股を続けていれば、ただ決められない状態が続くだけではないでしょうか?

 本気で一人を選ぼうと決意ができたなら、いったん2人と距離を置いて、フラットな状態で判断するのが良いかもしれません。2人に会わず、情に流されない状態で冷静に自分の気持ちを観察してみましょう。大切な一人を、選ぶことができるかもしれません。

2. 条件で選ぶ

 本当に同じだけ2人が好きという場合は、感情で選ぶことは難しいでしょう。そんな時には、条件で選ぶと割り切ったほうが答えは出やすいはず。

 長所と短所を挙げて「長所が多い彼」を選ぶ、「別れたら失うものが多い彼」を選ぶ、「結婚して幸せになれそうな彼」を選ぶなど、ルールを決めて、条件の合う人を選んでみるのもひとつの方法です。

3. 素の自分でいられる相手を選ぶ

 どちらも大好きな彼。ということは、きっとこれからも長くずっと一緒にいたいと思っているでしょう。未来を思って相手を選ぶ時には、より素の自分でいられる相手かどうかも判断ポイント。

 背伸びし続けるのはストレスが溜まりますし、押さえ込んでいる我慢や本音が、いつか爆発するものです。あなたが幸せになるためには、ありのままの自分を出せる相手かどうかということがとても大切になるはずです。

4. 2人と別れてみる

 恋多き人や、優柔不断な人、情に流されやすい人などは、どちらか一人を決めたとしても、手放してしまったほうの人が惜しくなって、「失った人のほうが良かったかも」と気持ちが揺れ動いてしまいがち。

 これを防ぐためには、2人と同時に別れてみるのもありです。最低でも3カ月は連絡を取らずに離れてみてください。新しい本命の彼氏ができるかもしれませんし、会わないぶん、今まで見えなかったいろいろなことが見えてくるはずです。

それでも二股を続ける? 一人を選べないままでいるデメリット

あの時ちゃんと決めていれば…(写真:iStock)
あの時ちゃんと決めていれば… (写真:iStock)

 なんとなくだらだらと続けてしまっている二股……。しかし、「二兎を追う者は一兎をも得ず」ではないですが、2人の彼をどちらも失ってしまうという可能性があります。なぜなら、一度ついた嘘は、たとえ今は隠し続けられていても、事実としては永遠になくならないからです。

 いつかずっと後になって、その嘘が誰かの口から彼にバレた時、大好きな2人、もしくは選んだ1人を傷つけて、どちらも失うことになるかもしれません。どちらかを選ぶことができなければ、いったん距離を置いて考えてみるなど、堂々と生きたほうがきっと嘘をつくよりずっと楽なはずです。

二股で一人を選べない時は一度環境を変えて冷静になってみて

本当はもう答えは出ているかも?(写真:iStock)
本当はもう答えは出ているかも? (写真:iStock)

 二股をかけているあなたも、きっと辛くて悩んでいるのだと思います。1日も早く、この辛い状況から抜け出すためには、ぜひ一度環境を変えて、冷静な視点で状況を判断してみてください。

 そのうえで、未来の自分や周囲の幸せをもう一度考えてみましょう。本当は自分の心の中で、答えはすでに出ているのかもしれませんよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「趣味はなに?」と男性から聞かれた!万人受けするモテ回答
 社会人になると、なぜか聞かれる定番の質問。 「趣味は何ですか?」と聞かれたら、特に趣味がないと回答に困りますよね。ま...
若林杏樹 2022-05-25 06:00 ラブ
几帳面男性=優良物件! 彼氏にピッタリな5つの“花丸”な特徴
 恋愛をするうえで、相手がどんなタイプなのかは気になるもの。最初から、恋愛向きではないと分かれば、早い段階で諦められるた...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
失恋から立ち直るための“魔法の言葉”5つ つらい時こそ読んで
 失恋をしてしまった時のダメージって、大きいですよね。なにも手につかなくなったり、未練が残って次の恋に踏み出せなかったり...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ