二股女性の7つの特徴! 知っておきたい二股行為のデメリット

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-04-09 06:00
投稿日:2020-04-09 06:00
 恋愛は本来、「1対1」で成り立つもの。しかし、中には二人の男性との交際を楽しんでいる女性もいます。「二人と交際できるなんて羨ましい!」なんて思う人もいるかもしれませんが、二股行為には注意点もあるんです。そんな二股女性に見られる特徴&デメリットを見ていきましょう。

自分でも気づいていない? 二股女性の7つの特徴

気づけば二股状態に…(写真:iStock)
気づけば二股状態に… (写真:iStock)

 二股女性には、共通する特徴があるようです。「二股なんて絶対しない!」と思っている人も、もしかしたら自分でも気づいていない素質があるかもしれませんよ? 1つずつ、チェックしていきましょう。

1. チヤホヤされるのが好き

 二股を楽しんでいる女性の多くは、周りからチヤホヤされることが「嬉しい」と感じる傾向にあります。たとえ自分が好きではない男性であっても、ちょっかいをかけられると「まんざらではない」と感じてしまうのです。

 そんな女性は、複数の男性からアプローチされると全てに良い顔をします。その結果、気づけば二股状態になってしまうこともあるでしょう。

2. 全ての男性から好かれたいと思っている

 女性の中には、「全ての男性から好かれたい」と思っている人もいます。好意を抱いていない男性であっても「嫌われたくない」という気持ちが働くため、アプローチされると断ることができません。

 彼氏がいたとしてもほかの男性からアプローチされれば拒絶できずに、両方と付き合ってしまいます。

3. 性格が飽きっぽい

 二股をかける女性は、性格が飽きっぽいのも特徴。何をしても長続きせず、中途半端な状態で新しいことを始めるタイプが多いでしょう。

 恋愛に関しても同じです。交際がスタートした時には楽しそうにしていますが、一緒にいる時間が増えるとだんだんと飽きてしまい、ほかの男性に興味を抱くようになるでしょう。

4. 男性をもてあそぶ女性に憧れている

 女性としての魅力があり、異性からモテる女性は、同性から「羨ましい」と思われることが多いでしょう。

 しかし、二股をかけてしまう女性は、「男性にモテること」だけではなく「男性をもてあそぶこと」に憧れを抱く場合もあります。二股をしながら「私って悪い女!」と、自分自身に酔っている女性もいるでしょう。

5. 性欲が強い

 二股をかける女性の中には性欲が強く、「一人の男性だけでは物足りない」と思う人もいます。心よりも体が満たされず、新たな快楽を求めて新たな男性を探すのです。

 そういった女性は男性を選ぶ時、価値観や性格よりも体の相性や見た目のタイプを重視する場合が多いようです。

6. 自分中心に世界が回っている

 “二股”が相手を傷つける行為だというのは、周知の事実。しかし、多くの二股女性には悪気がありません。「両方好きだから」「今日はこの男性と会いたい」といった、勝手な思いのみで行動します。自分中心に世界が回っていると思っているのかもしれませんね。

7. 同性の友達が少ない

 女性は同性の友達に悩みを相談することで気持ちが楽になったり、ストレスを発散したりすることが多いです。しかし、二股女性には同性の友達があまりいません。

 友達が少ない理由は、「自分の彼氏にも手を出されそう」「二股をするなんて!」と思われるなど、考えればいくらでもあるでしょう。要は、同性に嫌われやすいのかもしれません。

あなたは大丈夫? 二股女性であることのデメリット

失うものは大きい(写真:iStock)
失うものは大きい (写真:iStock)

 二股をかけている女性は「私はモテる」と自分に自信を持っていたり、「どちらかの男性が一緒にいるから寂しくない」と思っていたりすると思います。しかし、二股を続けることでの見過ごせないデメリットがあることも、頭に置いておくことが肝心です。

1. 信頼を失う

 二股をかけるということは、どちらにも良い顔をしているということ。二人に、好意を抱いているような態度をとっている状態です。

 それが周りに知られてしまえば信頼性を失うのはもちろん、彼氏だけでなく、友達まであなたから離れてしまうことになるでしょう。本当に好きな男性ができても、“軽い女性”と思われてしまい、「どうせ、本気じゃないだろう」と、相手にされない可能性もあります。

2. 本気の恋愛ができなくなる

 二股を楽しんでいる女性は相手の気持ちを考えることなく、「私はモテる」という満足感でいっぱいでしょう。確かに、二人の男性と恋愛がうまく進行していけば、そんな勘違いをしてしまうのかもしれません。

 しかし、そんな恋愛は長続きしませんし、気がついた時には自分自身の気持ちが分からなくなるでしょう。本気の恋愛ができなくなってしまう可能性も考えられます。

甘い二股恋愛の後には、後悔と寂しさが待っている

いつか自分に返ってくるかも(写真:iStock)
いつか自分に返ってくるかも (写真:iStock)

 二股を楽しんでいる女性は、「男性は私の思い通りになる」と考えているかもしれません。「モテるから、仕方ない」なんて、ひどい勘違いをする人もいるでしょう。

 しかし、二股という行為は人を傷つけて裏切る行為であることを、今一度考えてみるべきです。今回ご紹介したデメリットのように、気づいた時には彼氏や友人がいなくなってしまい、後悔と寂しさが待っているかもしれませんよ。

 もしもあなたが現在、二股をしているのであれば、この機会に考えてみてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


会ってくれないのはなぜ?コロナ破局を回避するための対処法
 感染症の流行が続くなか、恋人から「もう別れよう」「もう友達に戻ろう」などと言われる女性が続出しています。その原因は女性...
内藤みか 2021-05-13 06:00 ラブ
奥手な草食系男子との恋愛…LINEはどう送る?注意点5つ
 草食系男子といえば、「恋愛に対する熱量が低く、心優しくて奥手」というイメージが強いですよね。繊細な彼らの特徴やポイント...
恋バナ調査隊 2021-05-13 06:00 ラブ
甘えたくなる〜!男子が弱いところを見せたくなる女子の特徴
 いつもは仕事などでキリッとしているカレが、素の顔や弱いところを見せてくるとキュンと来ちゃいますよね。仕事のできる男性に...
若林杏樹 2021-05-12 06:00 ラブ
男性は記念日を忘れる生き物?納得の理由&忘れさせない方法
 誕生日や付き合った記念日、結婚記念日など、女性が大切にしたい「記念日」。でも、そんな記念日を、あっさり忘れてしまうのが...
孔井嘉乃 2021-05-11 06:00 ラブ
遠距離恋愛中こそLINEを活用♡ 愛が深まる送り方5つ
 遠距離恋愛中のカップルは、会えないぶんだけ絆が深まっていくか、物理的に距離が離れた生活に心も離れてしまうかのどちらかで...
恋バナ調査隊 2021-05-11 06:00 ラブ
実は幸せかも♡ ドキドキしない恋愛の魅力&見極めポイント
「恋愛するなら、思いっきりドキドキしたい♡」と、思っている人は多いでしょう。確かに、ドキドキする恋愛は刺激的です。しかし...
恋バナ調査隊 2021-05-10 06:01 ラブ
いい匂いの女は記憶に残る…男性を魅了する香りのテクニック
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。嫌でも汗ばむ季節の到来です。今年こそ香りを操れる素敵な女性になりたいものです...
山崎世美子 2021-05-08 06:00 ラブ
男性が恐怖を感じる女性の恋愛暴走LINE…あなたは大丈夫?
 恋愛中の女性って、ついつい妄想してしまいがち。特に、LINEでのやりとりでは、相手の顔が見えないぶん、1人で勝手に暴走...
恋バナ調査隊 2021-05-08 06:00 ラブ
愛はなかった…離婚に同意するも話し合いで揉める夫の本心
「冷酷と激情のあいだvol.38〜女性編〜」では、コロナ禍だからこそ、別居婚を経て同居婚になった途端に、離婚を選ばざるを...
並木まき 2021-05-08 05:57 ラブ
同居した途端…夫への愛がないことを悟ってしまった妻の決断
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-08 05:56 ラブ
好きじゃない男性と付き合う5つのメリット&ポイントとは
「彼氏がいる」と聞くと、多くの人は「彼のことが好きだから付き合っている」と思うでしょう。しかし、恋愛のはじまり方はさまざ...
恋バナ調査隊 2021-05-07 06:00 ラブ
キスの場所には意味がある♡ パーツ別に隠れた14の男性心理
 恋人同士が愛情を伝えるために交わす、「キス」。実は、キスには場所ごとに意味があるのをご存知でしょうか? 今回は、厳選し...
リタ・トーコ 2021-05-07 06:00 ラブ
年下男性からの好感度アップ!年上女性のLINEメッセージテク
 最近、LINEでのモテメッセージの傾向に変化が起きています。スタンプを散りばめた派手なメッセージよりも、落ち着いたオト...
内藤みか 2021-05-06 06:00 ラブ
結婚に失敗する人の特徴&後悔しないためのチェックポイント
「いつか素敵な人と結婚して幸せになりたい」と、思っている人は多いでしょう。しかし、現実はそう甘くはありません。今では、3...
恋バナ調査隊 2021-05-06 06:00 ラブ
同棲彼氏とのマンネリに悩まない!ラブラブに過ごす方法とは
 カレと同棲を初めてある程度月日が経過すると、お互いにいい意味でも悪い意味でも慣れてしまい、コミュニケーションが少なくな...
若林杏樹 2021-05-05 06:00 ラブ
いくつ当てはまる? モテない女性の共通点5つ&卒業する方法
 女性の中には、「どうして私はモテないのだろう?」と、疑問を抱いている人がいます。自分のことは1番分かっているつもりでも...
恋バナ調査隊 2021-05-05 06:01 ラブ