超年上女性を彼女にするのはこんなタイプの男性なんです!

内藤みか 作家
更新日:2021-04-24 08:00
投稿日:2019-03-19 06:00
 最近は男性が年上の女性と交際することが目につきます。女性が30〜40代で男性が20代というカップルなど、年の差が10歳以上、なかには20歳以上も離れていることも少なくありません。年上女性に近づく男性には、どんな特徴があるのでしょうか。

母親代わりを求めるタイプ

母親代わりを求めている?(写真:iStock)
母親代わりを求めている? (写真:iStock)

 私は40代なのですが、時々、20代の男性に熱烈に求愛されることがあります。30代の時よりも40代のほうが若い人から誘われることが増えたので、不思議でならなかったのですが、彼らの生い立ちを聞いていると、共通項があることに気づいたので、まとめてみます。

 まずは、「母親的存在を求める」タイプ。彼らは母親に冷たくされていたり、幼い頃に母親を亡くしたりして、母親の愛情に飢えているので、母親のような年齢の女性と恋愛することで、それを満たそうとするのです。母子家庭に育った男性にも同様の傾向がみられるのは、母親が仕事で多忙だったので、寂しい時間が多かったのかもしれません。

 こうしたタイプの男性は、今まで甘え足りなかったぶんの埋め合わせをしたいのか、ひたすら甘えてきます。40代の私は「ひざ枕して!」「よしよしして!」「いいこいいこして!」と言われたことが、何度もあります。そのたびに「いやいや、キミこそ私に腕枕してよ!」と思ってしまうので、お互いのニーズがなかなか噛み合わないのですが……。

仕事のアドバイスや支えが欲しいタイプ

人生の先輩として見ている?(写真:iStock)
人生の先輩として見ている? (写真:iStock)

 以前、KAT-TUNの亀梨和也さんが小泉今日子さんと噂になったことがありました。当時亀梨さん20歳、小泉さん40歳で、20歳もの年齢差が話題でした。思い起こせば小泉さんも昔は人気アイドルでした。そこから努力して女優としての地位を当時築いていたわけです。アイドルとして人気絶頂の亀梨さんは、自分よりも先を行っている女性として仕事の相談もしていたのではないでしょうか。

 何しろ超年上女性は人生の先輩。年下男性よりも経験豊富なので、教わることも多いのです。私のところにも「小説を書きたいんです」「作家になるにはどうしたらいいですか」という相談に来る若い人がいます。ホストをやめて作家になりたいという人もいました。相談に乗っているうちに、必要以上に仲良されることも。でも仕事目当てなんじゃないのかなと感じてしまい、あまり親しくならないようにしています……。

濃厚なエッチを求めるタイプ

女性任せで自分では何にもしない「マグロ君」も…(写真:iStock)
女性任せで自分では何にもしない「マグロ君」も… (写真:iStock)

 いちばん困るのがエッチなことを求めて年上女性に迫ってくる人。そういう人はバツイチの女性を好みます。「以前人妻だったんだから”スゴイ”でしょ?」と言われることはとてもよくあります。年上の女性なら気持ちよくしてくれるはず、と期待して、ベッドの上に寝たまま自分では何もしようとしないマグロ男の話は、何人もから聞いたことがあります。

お金が目当てのタイプ

ギブギブばかりで許されるのは猫だけ(写真:iStock)
ギブギブばかりで許されるのは猫だけ (写真:iStock)

 最近話題の「ママ活」目当ての男性もいます。私がいちばんニガテなのは、このタイプ。このタイプがいちばん甘えているんです。たとえばですが「超年上の彼女ができたら、美味しい焼肉ご馳走になって、洋服を買ってもらって、旅行にも連れてってもらって、夜はいっぱい気持ちよくしてもらって、朝起きたら彼女が味噌汁作ってくれてるんだ。それで毎回○万円お小遣いもらうんだ」というようなことを求めているからです! そんな全部入りラーメンみたいな美味しい思いができるわけないじゃないですか。ギブギブばかりで年上女性に尽くさないだなんてさすがにズルすぎです。

理由なんかないタイプ

年齢が離れているだけで普通の恋愛の世界がある(写真:iStock)
年齢が離れているだけで普通の恋愛の世界がある (写真:iStock)

 最後になりますが「理由なんかない。ただ年上女性が好き。それだけ」と言う男性がわずかですが存在します。私がいちばん仲良くなれるのはこのタイプです。私自身、理由なんてないけどひたすら年下男性が好きだから、気が合うんです。そこには甘えも仕事もお金も関係ない、普通の恋愛の世界があるんです。普通のカップルと少し違うのは、お互いの年齢がかなり離れているというだけ……。

 個人的には、このタイプの男性をお勧めしたいです。そこには何の目的も企みもありません。ただ大好きな人と一緒に時間を過ごすという、当たり前だけどとても大切な雰囲気があるんです。本能で超年上女性に魅かれる男性なんているの? と思われるかもしれませんが、実は割といるんです。最近は美魔女さんも増えてるので、30-40代は彼らには十分恋愛対象なのです。ぜひ胸を張って超年下彼氏を作ってみてくださいね♪

関連キーワード

ラブ 新着一覧


その手があった!物欲のない彼が喜ぶプレゼントを考えてみる
 付き合いが長くなってくると、彼への誕生日プレゼントをあげ尽くしてしまい、どうしたらいいのかわからないと悩む人も多いです...
恋バナ調査隊 2022-08-12 06:00 ラブ
マッチングアプリで選ぶべき男性は? ポイント3つを押さえる
 感染症が拡大すると増えるのが、マッチングアプリをする女性たち。婚活イベントが中止になったり、規模が縮小され、出会いの機...
内藤みか 2022-08-11 06:00 ラブ
【苦痛】夫婦喧嘩、マジ疲れた…意外な原因を知っていますか
 大好きな人との結婚生活とはいえ、時には喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。しかし、夫婦喧嘩が増えていくにつれて関係が悪...
恋バナ調査隊 2022-08-11 06:00 ラブ
私のことまだ好き? 彼氏との温度差を感じちゃった時の対処法
「尽くしていても、相手からは気持ちが感じられない……」  交際中、自分とパートナーとの間に気持ちの温度差を感じると不安...
若林杏樹 2022-08-10 06:00 ラブ
「この人はATM」夫が大嫌いでも絶対に離婚しない妻の本音
 まったく家事をする気がない、何歳になってもマザコン……。結婚生活を経て「年々夫を嫌いになっていく」なんて人もいるでしょ...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
彼氏の体臭がきつい(涙)傷つかない3つの対処法を考えた
 40代の同世代カップルに多い悩みが「彼氏の体臭がきつい」というもの。理由は、40代を過ぎた男性は、特に加齢臭も強くなり...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
ハロワで不採用続出!子育て真っ最中・転勤族妻の働き方事情
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
少女漫画さながら“胸キュン”シチュエーションで心に栄養を!
 恋愛では「シチュエーション」って大切ですよね。告白シーンなんかも、どんなシチュエーションかによって成功率が変わってくる...
恋バナ調査隊 2022-08-09 06:00 ラブ
おもちゃを使いたくて…彼氏へのプレゼントで失敗しちまった
 誕生日や記念日には、プレゼントで彼氏を喜ばせようと考える人が多いですよね。しかし彼の気持ちを汲み取ることができないと、...
恋バナ調査隊 2022-08-08 18:22 ラブ
男性が思わず周囲に紹介したくなる女性の特徴~行動&外見編
 長くお付き合いをしているのに、彼がなかなか友達や家族に紹介してくれなかったら、なんだか不安になってしまいますよね。男性...
恋バナ調査隊 2022-08-08 06:00 ラブ
“在宅ワーク+歯医者”の謎解き 不倫発覚妻のボロ出たLINE3選
 不倫をしている女性って「絶対にバレない」という謎の自信がある人が多いようです。でも、そう思っていたのに、些細なLINE...
恋バナ調査隊 2022-08-07 06:00 ラブ
愛情表現or独占欲? “やたらとキス魔な男性”特徴5つと対処法
 大好きな男性からキスをされると嬉しいもの。でも、場所や状況を考えずに何度もキスをされると、さすがに嫌気がさしてしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-08-07 06:00 ラブ
浮気を見破るプロが分析!“絶対に浮気しない”男たちの共通点
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。男女の問題はさまざまですが、一番胸を痛めてしまうのは「浮気」かもしれません。...
山崎世美子 2022-08-06 06:00 ラブ
「喧嘩より100倍マシ」恋人に何でも確認するバツ1男性の理屈
「冷酷と激情のあいだvol.102〜女性編〜」では、恋人のコウジさん(仮名・39歳)がなんでも自分に質問をしてからでなけ...
並木まき 2022-08-06 06:00 ラブ
「今日はする?」夜の生活も指示待ちする恋人に面食らう女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-06 06:00 ラブ
男を見る目ない自分にイラッ! 無神経な彼氏に冷めたエピ3選
 今回は、女性の「無神経な彼氏に冷めたエピソード」をご紹介します。あなたも、付き合ったあとに「そんな人だったの……?」と...
恋バナ調査隊 2022-08-06 06:00 ラブ