ひと手間で興奮度大 セックスを極上にする“3つのスパイス”

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2019-04-11 17:23
投稿日:2019-03-26 06:00
 互いの肌の温もりを感じ、肉と粘膜を求め合うセックス。大好きな彼とのセックスをより豊饒なものへと変えるため、もしくはマンネリ打破のため、いつもは何気なくしている行為に意識を向けてはいかがでしょうか?今回はエロスがアップするセックスのひと手間を、官能作家の筆者がお伝えいたします。

1. 見つめあう・視線を絡める

視線を絡み合わせて…(写真:iStock)
視線を絡み合わせて… (写真:iStock)

 互いの肌を愛撫する、性器を弄り合う、そして挿入の瞬間も熱い視線を絡ませてみましょう。

 呼吸するのさえもどかしい興奮に包まれる中、見つめあいながらの挿入は、この上ない快感と甘美な恥じらいを与えてくれるはず。抜き差しが始まっても、決して目を逸らさずにいて下さい。彼だけにしか見せないあなたの淫靡でセクシーな表情は、二人の興奮を高める極上のカンフル剤となるのです。

2. タッチに緩急・強弱をつける

与えられた快楽を彼に伝えて更なる快感を(写真:iStock)
与えられた快楽を彼に伝えて更なる快感を (写真:iStock)

 熱いキスで興奮が高まってくると、徐々に互いの体をまさぐる・愛でる行為へと続きます。この時、一定のリズムや圧で撫でずに、少しだけ緩急・強弱をつけるのがオススメです。

 触れるか触れないかのフェザータッチや、指先、手の甲を駆使しての愛撫も意外性があってエロティック。首筋や乳首、背中、腰まわり、内腿なども、時にソフトに、時に情熱的にタッチしてくださいね。

 もちろん、あなた自身の体が感じたら、彼の背中に爪を立てたり、手をギュッと握りしめるのもOK。与えられた快楽を彼に伝えることで、二人の性感が高まり、いっそう研ぎ澄まされるでしょう。

3. 焦らす・視姦する

お預け状態の彼にあなた自身も敏感になるかも(写真:iStock)
お預け状態の彼にあなた自身も敏感になるかも (写真:iStock)

 彼の内腿やお尻は撫でても、肝心な場所にはなかなか触れてあげない――いわば欲望のお預け状態です。彼としては勃起したものに早く触れてほしいはずですが、あえてペニスを避けて乳首や脇腹を優しく責めたり、もしくは股間に顔は寄せても、ふうっと吐息をかけるのみ。

 そのもどかしさに、彼は「早く」と股間を突き上げてくるかもしれません。

 また、「視姦」と呼ばれる見るだけの焦らしプレイもおススメです。

 彼のモノに一切触れず、急角度でそそり立つモノや、カウパー液をしたたらせる尿道口をながめるエロティックな女性は官能小説にもよく登場します。

 あなた自身も彼の興奮を目の当たりにして、いつもより体が敏感に反応してしまうかもしれません。

 手に入れた時の悦びが大きいからこそ感じる焦らしのメリットを、存分に楽しんでください。

まとめ

極上のセックスライフを(写真:iStock)
極上のセックスライフを (写真:iStock)

 見つめあう、タッチに緩急と強弱をつける、焦らす、視姦する――より深い官能へと続く新たな扉を開いて、極上のセックスライフを。

蒼井凜花
記事一覧
官能作家・コラムニスト
CA、モデル、六本木のクラブママの経歴を持つ異色の官能作家。近著に「CA、モデル、六本木の高級クラブママを経た女流官能作家が教える、いつまでも魅力ある女性の秘密」(WAVE出版)、「女唇の伝言」(講談社文庫)。
オフィシャルサイトYouTube

関連キーワード

エロコク 新着一覧


コスパ感も◎! 小さなボディに似つかわしくないハイパワー
 昨年から続く物価高。何もかもが値上がりしていて、お買い物に慎重になっている人は多いと思いますし、私もその例に漏れません...
桃子 2023-02-05 06:00 エロコク
ガテン系は好きでも…25歳の愛人女子がパパ候補を振ったワケ
 知り合いのオジサマから、こんな質問が。 「月2万円程度で愛人が持てるなんて夢のある話だよね。でも、女の子にしても...
中山美里 2023-01-31 06:00 エロコク
吸引系が革命的進化!Gスポットにアプローチするバイブが登場
 クリトリスに振動刺激を与えながら吸い上げる、いわゆる“吸引系”の登場は、ラブグッズ界にパラダイムシフトをもたらしたと思...
桃子 2023-01-29 06:00 エロコク
生身のペニスで円熟SEX…美熟女が気づいた本当の幸福 #5
 某ミセスコンテストのグランプリに輝いたM子さん(45歳ウォーキング講師/既婚・子供なし)。  絶大な美しさを誇る...
蒼井凜花 2023-01-27 06:00 エロコク
お手当の値切りにため息…愛人関係はウィンウィンじゃないと
 長引く不況の影響で、最近「お手当を値切られる」という愛人希望の女性が少なからずいるそうで……。 「私は1回2万円...
中山美里 2023-01-24 06:00 エロコク
硬質な素材だからこそ! 振動がGスポットまでまっすぐ届く
 海外からの輸入バイブレーターが増えはじめた時期、私は「欧米のバイブって硬いなぁ」と思っていました。日本製はぷにぷにとし...
桃子 2023-01-22 06:00 エロコク
ED夫にはない鋭い勃起…再会した元カレの肉棒に貫かれる夜#4
 某ミセスコンテストのグランプリを手にしたM子さん(45歳ウォーキング講師/既婚・子供なし)。  圧倒的な美を誇る...
蒼井凜花 2023-01-20 11:09 エロコク
夫の胃袋をつかむはずが…35歳主婦は料理教室で愛人をゲット
“夫婦円満の秘訣は夫の胃袋をつかむこと”というのは結婚式のスピーチの常套句ですが、今の時代、年齢にかかわらず料理下手な女...
中山美里 2023-01-17 06:00 エロコク
上級者もきっと満足! マルチユースの優秀バイブレーター
 ここ数年、マルチユースなラブグッズが増えています。ひとつあればいろんな使い方ができるので、「何を買えばいいかわからない...
桃子 2023-01-15 06:00 エロコク
ED夫の指ワザで2度のアクメ、人生初の挿入ナシで爆ぜる私 #3
 某ミセスコンテストのグランプリに輝いたM子さん(45歳ウォーキング講師/既婚・子供なし)。  圧倒的な美を誇る「...
蒼井凜花 2023-01-20 11:24 エロコク
お手当は整形費用に…地味子だった26歳OLが尽き進む“愛人道”
 高級車やマンションまで買い与えられた昭和の愛人と比べると、もらえるお手当はスズメの涙というのが平成・令和の愛人事情。パ...
中山美里 2023-01-10 06:00 エロコク
3つの指で3P気分! 絶対に期待を裏切らない突起ローター♡
 3つの指のような突起が並んだ、「サティスファイヤー スリーサム3」。説明書を見ずとも、使い方を理解できる人は多いのでは...
桃子 2023-01-08 06:00 エロコク
60歳夫と初夜!クンニ直前まで濃厚な舌づかいでバック攻め#2
 ミセスコンテストのグランプリに輝いたM子さん(45歳ウォーキング講師/既婚・子供なし)。圧倒的な美を誇る彼女は、美魔女...
蒼井凜花 2023-01-14 02:56 エロコク
12人と同時進行!小悪魔系25歳女子がパパを落とすマル秘テク
 今回ご登場いただくのは、婚活パーティーをパパ探しに活用しているというめっちゃカワイイ女性。早苗ちゃんというフリーターな...
中山美里 2022-12-27 06:00 エロコク
絶対に外さない鉄板バイブ! ぬくもりを肌と粘膜で感じて♡
 雑誌やネットの記事を見ていると「鉄板コーディネート」や「絶対にハズさない手土産」のような特集があり、出費するからにはハ...
桃子 2022-12-25 06:00 エロコク
夫の精液で知るSEXの悦び…私も近親相姦する運命なの?#5
 元保育士のR子さん(25歳主婦/子供なし)は、昨年、都内の総合病院の御曹司の妻となった。大手カルチャースクールで、のち...
蒼井凜花 2022-12-23 06:00 エロコク