「出会い系」のルーツは江戸時代? 出合茶屋にみる密会模様

内藤みか 作家
更新日:2019-03-28 13:55
投稿日:2019-03-28 06:00
「出会い系」というといかがわしい響きだと感じる人も少なくないでしょう。出会い系サイトというものが、男女の肉体的なものを意味する、いわゆるワンナイトのようなイメージがあるからだと思います。実はこの「出会い系」という言葉のいかがわしさは、江戸時代からあったのです。

江戸時代のラブホテル

蓮の花を見た後は…(写真:iStock)
蓮の花を見た後は… (写真:iStock)

 実は、江戸時代には「出合茶屋」というものがありました。各地にもあったようなのですが江戸だと池の端、つまり上野公園の近くにある蓮の葉が茂っているのを見ることができるあたりに何軒も存在していたそうなのです。すべてが出合茶屋ではなかったようなので、なかには普通のお茶屋さんもあったというので、そのエリアでお茶をしていても密会していたわけではない、という言い訳もきっとできたはず。

 今でも池の端では、蓮の花が咲く時期になると、近くのお茶屋さんで食事をしながら蓮を愛でる人が少なくありません。けれど江戸時代はただ食事をする場所ではなかったのです。食事というのは建前で、個室の座敷にこもった男女の部屋の奥に布団が敷かれていて、食事の後にはそこでいいこともしていたのでありました。

江戸時代の出合いとは

「出合い」は「密会」という意味で使われていた?(写真:iStock)
「出合い」は「密会」という意味で使われていた? (写真:iStock)

 よく見ると、現代では「出会い」ですが江戸時代は「出合」と漢字も違います。現代はネットを介し、全く面識がなかった男女が出会う、つまり知り合うという意味ですが、江戸時代の場合は見知った相手と出合い頭に引きこもる、つまり密会という意味で使われていたのでは、と感じています。

 当時の出合茶屋がどんな感じだったかは、花咲一男さんが書かれた『江戸の出合茶屋』(三樹書房)という本に詳しく書かれています。当時の川柳もたくさん紹介されている興味深い本ですが、その中に「見合い」を間違えて「出合い」と言ってしまい、たしなめられる女性のことも書かれています。当時から「出合い」はいかがわしさが漂う言葉だったのかと思うと妙に感慨深いですね。

ネットがなかった時代の出会い

一階はお茶屋さんでも…(写真:iStock)
一階はお茶屋さんでも… (写真:iStock)

 この本には、出合茶屋の形態が詳しく書かれているのですが、毎回同じ相手と密会している人ばかりではなく、毎回相手を変える人もいたようです。街で気に入った人に声をかけ、出合茶屋に連れ込むということもあったそうなので、今でいうナンパですよね。

 出合茶屋は1階がお茶屋さんで2階が個室というかたちなので、1階のお茶屋で親しくなった異性を上に連れ込む人もいたのだとか。もしかしたら現代の相席屋に近い感じだったのかもしれませんね。江戸時代の人も、刺激を求めていたのでしょう。

女性主導の出会いがあった!?

刺激を求めるのは今も昔も一緒(写真:iStock)
刺激を求めるのは今も昔も一緒 (写真:iStock)

 こうした出合茶屋を利用する人は、不倫する人も多かったようですが、江戸城や武家につとめる奥女中や、夫に先立たれた後家もいたようです。場所は浅草にほど近い池の端ですから、浅草寺へのお参り、もしくはお芝居見物などと嘘をついて茶屋へと繰り出していたようです。

 本によると出合茶屋へ女から誘うことも多かったようで、後家さんが近所の若い男に「蓮を見に行かない?」と声をかけていやらしい、などと揶揄する川柳も紹介されています。出合茶屋の座敷料金を支払うのは女性が多かったのだとか。

現代の出会い事情と比べると……

女性が好みの男性を選ぶ時代になるかも(写真:iStock)
女性が好みの男性を選ぶ時代になるかも (写真:iStock)

 ある程度経済的にゆとりのある年上女性が、若い男を連れ込む……、あれ? 最近もそういう風潮が出てきているような? 「ママ活」と称して若い男が貢いでくれる女性を探していたり、レンタル彼氏(出張ホスト)を呼ぶ女性がいたり、という動きがありますよね。江戸時代も後家さんが盛んに出合茶屋を利用していましたが、出張ホストでもバツイチ女性からの呼び出しが多いそうなのです。

 働いてお金に余裕がある女性たちが、ふと時間が空いた時に束の間の逢瀬を求めるのは、江戸も現代も同じようです。出会い系アプリのなかにも女性から男性に「いいね!」をすることで始まるシステムのものもいくつか出てきています。今後ますます女性たちが自分好みの男性に声をかけ、男性は女性に声をかけられるために努力する時代になっていくのかもしれません。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


カップルにも♡小さな面でクリを刺激する“一点集中ローター”
 最近、私がクリトリスをピンポイントで刺激するグッズを探しているからでしょうか。一点集中! 小さな接地面でクリをしっかり...
桃子 2021-08-01 06:00 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#5
 互いのパートナーを変える「夫婦交換」のセックス。今回、取材に応じてくれたWさん(46歳・外資系IT)は、自分の妻が他の...
蒼井凜花 2021-07-30 06:00 エロコク
射精だけがすべてではない…トラウマを乗り越えた女性の告白
 近頃は、セックスはコミュニケーションであり、“挿入”と“射精”ばかりがセックスではないということもよく言われています。...
大泉りか 2021-07-29 06:00 エロコク
バイブの“背”を使った唯一無二の刺激♡中と外の同時イキも
 カナダのブランド「ウィーバイブ」は、カップルで楽しむラブグッズを日本に教えてくれた立役者のひとつ。けれどこの新作バイブ...
桃子 2021-07-27 15:35 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#4
 Wさん(46歳・外資系IT)の体にまたがった奥さんは、「もう我慢できない」と猛り立つ勃起を握り、自身の女陰に導いた。人...
蒼井凜花 2021-07-23 06:17 エロコク
小型でも振動が重く細やかで上質!クリに当てると恥骨まで♡
 電マは大きいし振動が強すぎるし、ちょっと怖い……というみなさんに朗報です。全長9センチ、重さ40グラムの超小型電マ「パ...
桃子 2021-07-18 06:00 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#3
 いよいよ「夫婦交換のセックス」が始まった。Wさん(46歳・外資系IT)は、相手の奥さんに誘(いざな)われるまま、ベッド...
蒼井凜花 2021-07-16 06:00 エロコク
敏感部分を押しながらこする…今まで経験したことがない愛撫
 話題のブランド「ローラディカルロ」の中でも、挿入部と吸引部が一体化した「オセ2」は、最も上級者向けのモデルです。 ...
桃子 2021-07-11 06:00 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#2
 皆さんは「夫婦交換」という言葉を耳にしたことはあるだろうか。  外資系IT企業に勤めるWさん(46歳・妻子アリ)は、...
蒼井凜花 2021-07-09 06:06 エロコク
5WAYのスティック型ローラーで、確実にエクスタシーを提供
「ザロ」ブランドは、以前はロココ調の愛らしい系、現在は大人っぽいエレガント系と、唯一無二の世界観で人気です。ひと目惚れで...
桃子 2021-07-04 06:00 エロコク
細身でも滑らかな動きで威力十分♡挿入タイプ初心者にも
 ラブグッズを愛する私ですが、指で楽しむときもあります。原点に返る気分。グッズは振動や吸引といった、人体では不可能な動き...
桃子 2021-06-27 06:00 エロコク
女性向けラブグッズ「マイメアリープラス」の口コミレビュー♡ 充電時間は? 楽天とamazon、どこで購入するのがお得?
 あなたは、ラブグッズを持っていますか? 「彼と試した経験がある!」という人は多そうですが、自分で購入するとなるとハード...
ラブグッズはセックスレスに効果的!男性の意外な本音とは
 セクシュアルコンタクトが1か月以上ないことをセックスレスと呼びます。こうなると男性は「女性はしたい日としたくない日の差...
神田つばき [PR] 2021-06-25 16:00 エロコク
アラフォー妻の告白「既婚者合コン」で夫以外の男性に…#5
 既婚者合コンで知り合った男性・Aさん(48歳・銀行マン)との逢瀬を続けていたウォーキング講師のI子さん(42歳)。 ...
蒼井凜花 2021-06-25 16:16 エロコク
いろんなプレーに応用可能!男女どちらの愛撫にも使える♡
 ラブグッズを購入する際、無視できないのがコストです。コロナ禍になって以降、通販での購入も増えていて、実際に手に取って質...
桃子 2021-06-20 06:00 エロコク
アラフォー妻の告白「既婚者合コン」で夫以外の男性に…#4
 既婚者合コンで知り合った男性AさんとホテルでベッドインしたI子さん(42歳・ウォーキング講師)は、彼の練達した指づかい...
蒼井凜花 2021-06-18 06:00 エロコク