「出会い系」のルーツは江戸時代? 出合茶屋にみる密会模様

内藤みか 作家
更新日:2019-03-28 13:55
投稿日:2019-03-28 06:00
「出会い系」というといかがわしい響きだと感じる人も少なくないでしょう。出会い系サイトというものが、男女の肉体的なものを意味する、いわゆるワンナイトのようなイメージがあるからだと思います。実はこの「出会い系」という言葉のいかがわしさは、江戸時代からあったのです。

江戸時代のラブホテル

蓮の花を見た後は…(写真:iStock)
蓮の花を見た後は… (写真:iStock)

 実は、江戸時代には「出合茶屋」というものがありました。各地にもあったようなのですが江戸だと池の端、つまり上野公園の近くにある蓮の葉が茂っているのを見ることができるあたりに何軒も存在していたそうなのです。すべてが出合茶屋ではなかったようなので、なかには普通のお茶屋さんもあったというので、そのエリアでお茶をしていても密会していたわけではない、という言い訳もきっとできたはず。

 今でも池の端では、蓮の花が咲く時期になると、近くのお茶屋さんで食事をしながら蓮を愛でる人が少なくありません。けれど江戸時代はただ食事をする場所ではなかったのです。食事というのは建前で、個室の座敷にこもった男女の部屋の奥に布団が敷かれていて、食事の後にはそこでいいこともしていたのでありました。

江戸時代の出合いとは

「出合い」は「密会」という意味で使われていた?(写真:iStock)
「出合い」は「密会」という意味で使われていた? (写真:iStock)

 よく見ると、現代では「出会い」ですが江戸時代は「出合」と漢字も違います。現代はネットを介し、全く面識がなかった男女が出会う、つまり知り合うという意味ですが、江戸時代の場合は見知った相手と出合い頭に引きこもる、つまり密会という意味で使われていたのでは、と感じています。

 当時の出合茶屋がどんな感じだったかは、花咲一男さんが書かれた『江戸の出合茶屋』(三樹書房)という本に詳しく書かれています。当時の川柳もたくさん紹介されている興味深い本ですが、その中に「見合い」を間違えて「出合い」と言ってしまい、たしなめられる女性のことも書かれています。当時から「出合い」はいかがわしさが漂う言葉だったのかと思うと妙に感慨深いですね。

ネットがなかった時代の出会い

一階はお茶屋さんでも…(写真:iStock)
一階はお茶屋さんでも… (写真:iStock)

 この本には、出合茶屋の形態が詳しく書かれているのですが、毎回同じ相手と密会している人ばかりではなく、毎回相手を変える人もいたようです。街で気に入った人に声をかけ、出合茶屋に連れ込むということもあったそうなので、今でいうナンパですよね。

 出合茶屋は1階がお茶屋さんで2階が個室というかたちなので、1階のお茶屋で親しくなった異性を上に連れ込む人もいたのだとか。もしかしたら現代の相席屋に近い感じだったのかもしれませんね。江戸時代の人も、刺激を求めていたのでしょう。

女性主導の出会いがあった!?

刺激を求めるのは今も昔も一緒(写真:iStock)
刺激を求めるのは今も昔も一緒 (写真:iStock)

 こうした出合茶屋を利用する人は、不倫する人も多かったようですが、江戸城や武家につとめる奥女中や、夫に先立たれた後家もいたようです。場所は浅草にほど近い池の端ですから、浅草寺へのお参り、もしくはお芝居見物などと嘘をついて茶屋へと繰り出していたようです。

 本によると出合茶屋へ女から誘うことも多かったようで、後家さんが近所の若い男に「蓮を見に行かない?」と声をかけていやらしい、などと揶揄する川柳も紹介されています。出合茶屋の座敷料金を支払うのは女性が多かったのだとか。

現代の出会い事情と比べると……

女性が好みの男性を選ぶ時代になるかも(写真:iStock)
女性が好みの男性を選ぶ時代になるかも (写真:iStock)

 ある程度経済的にゆとりのある年上女性が、若い男を連れ込む……、あれ? 最近もそういう風潮が出てきているような? 「ママ活」と称して若い男が貢いでくれる女性を探していたり、レンタル彼氏(出張ホスト)を呼ぶ女性がいたり、という動きがありますよね。江戸時代も後家さんが盛んに出合茶屋を利用していましたが、出張ホストでもバツイチ女性からの呼び出しが多いそうなのです。

 働いてお金に余裕がある女性たちが、ふと時間が空いた時に束の間の逢瀬を求めるのは、江戸も現代も同じようです。出会い系アプリのなかにも女性から男性に「いいね!」をすることで始まるシステムのものもいくつか出てきています。今後ますます女性たちが自分好みの男性に声をかけ、男性は女性に声をかけられるために努力する時代になっていくのかもしれません。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


ぽっちゃり熟女が繁華街から“ちょい離れた”スナックで働く訳
 今回ご登場いただくのも、前回に続きスナックのホステスさんなんですが……。 「以前は千葉のスナックにいたんだけど、...
中山美里 2022-12-06 06:00 エロコク
リモコン&温感付きのハンズフリー! 中からも外からもW刺激
 ラブグッズにもトレンドがありますが、その中でも最近勢いがあると感じるのは、ハンズフリーで使えるバイブです。  具...
桃子 2022-12-04 06:00 エロコク
初夜は近親相姦の序章 ウェディングドレスを切り裂かれ… #2
 元保育士のR子さん(25歳主婦/子供なし)は、昨年、都内にある総合病院の御曹司の妻となった。まさに「玉の輿婚」だ。 ...
蒼井凜花 2022-12-02 06:00 エロコク
ホステスも愛人も両立させなきゃ! 四十路熟女のマル秘テク
 今回ご登場いただいたのは東京は江東区の下町、亀戸のスナックでホステスをしている彩花さん。彼女、お店の常連さん数人を相手...
中山美里 2022-11-29 06:00 エロコク
かわいいだけじゃない!挿入すると自然と膣のお腹側も刺激♡
 野菜やフルーツにエロチックな妄想を刺激されるのは世界で広く見られる現象ですが、お国柄もあるようですね。アメリカではナス...
桃子 2022-12-02 17:35 エロコク
月のお手当30万円のはずが…ヤリ逃げされた31歳主婦の後悔
 今年もあとわずか。年末年始は還付金詐欺が増えるそうなので「医療費控除を払い戻す」なんて甘言にご注意いただきたいものです...
中山美里 2022-11-22 06:00 エロコク
挿入しながらクリ刺激OK!ペニスリングとしても優秀
 数え切れないほどのラブグッズを試してきた私ですが、いまだに飽きることはありません。それは年に数度はアッと驚くようなグッ...
桃子 2022-11-20 06:00 エロコク
足先を終始舐められ…ドM美青年のペニス欲しがり同時イキ #4
 かつて六本木の高級クラブでホステスとして働いていたP子さん(41歳主婦/子供アリ)。クールビューティを体現するかのよう...
蒼井凜花 2022-11-18 06:00 エロコク
“デキちゃった婚”の巨乳人妻が援助額より重要視しているコト
 今回お話を聞かせてくれたのは東京・豊島区在住の人妻で、巨乳が魅力的な小百合さん。  彼女には8歳になる息子さんが...
中山美里 2022-11-15 06:00 エロコク
吸引+舌の衝撃!ピンクの舌が敏感な部分を力強く舐め上げる
「SU-SHITA-吸う舌-」=「吸う舌」。疑似オーラルセックスを多角的に楽しめるグッズが登場しました。「吸う」といえば...
桃子 2022-11-13 06:00 エロコク
「勃起させてすみません!」顔面騎乗で詫びる20歳下M男 #3
 かつて六本木の高級クラブのホステスだったP子さん(41歳主婦/子供アリ)。  ロングヘアのクール美人の彼女には、...
蒼井凜花 2022-11-19 02:18 エロコク
パパにするなら50代独身男性! 20歳の学生がハマった愛人沼
 男女の「生涯未婚率」(調査年に50歳である男女のうち結婚歴がない人の割合)は、40年以上にわたり、男女ともに右肩上がり...
中山美里 2022-11-08 06:00 エロコク
コスパ最高! 吸われて敏感になったところを先端から刺激♡
 物価高に悩まされる日が続いています。なんでもかんでも値上がりするご時世では、ラブグッズを買うにも“お得感”を求めるのは...
桃子 2022-11-06 06:00 エロコク
「僕の股間をいたぶって」20歳下ドM男のペニスを爪先で…#2
 かつて六本木の高級クラブで働いていたP子さん(41歳主婦/子供アリ)。  彼女はクラブ時代の仲間と定期的に行われ...
蒼井凜花 2022-11-11 17:42 エロコク
「閉経前に女を楽しみたい」バツ1美魔女がプチ愛人になった
 超高齢社会の日本ですが、いつの時代も変わらないのが「いくつになっても女でいたい」という女心です。  現在、愛人を...
中山美里 2022-11-01 06:00 エロコク
人気の「し」の字形バイブ、“指振愛撫”でGスポットを刺激♡
 お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、2週連続で「し」の字形バイブの紹介です。それだけ、いま市場ではこのタイプが...
桃子 2022-10-30 06:00 エロコク