「出会い系」のルーツは江戸時代? 出合茶屋にみる密会模様

内藤みか 作家
更新日:2019-03-28 13:55
投稿日:2019-03-28 06:00
「出会い系」というといかがわしい響きだと感じる人も少なくないでしょう。出会い系サイトというものが、男女の肉体的なものを意味する、いわゆるワンナイトのようなイメージがあるからだと思います。実はこの「出会い系」という言葉のいかがわしさは、江戸時代からあったのです。

江戸時代のラブホテル

蓮の花を見た後は…(写真:iStock)
蓮の花を見た後は… (写真:iStock)

 実は、江戸時代には「出合茶屋」というものがありました。各地にもあったようなのですが江戸だと池の端、つまり上野公園の近くにある蓮の葉が茂っているのを見ることができるあたりに何軒も存在していたそうなのです。すべてが出合茶屋ではなかったようなので、なかには普通のお茶屋さんもあったというので、そのエリアでお茶をしていても密会していたわけではない、という言い訳もきっとできたはず。

 今でも池の端では、蓮の花が咲く時期になると、近くのお茶屋さんで食事をしながら蓮を愛でる人が少なくありません。けれど江戸時代はただ食事をする場所ではなかったのです。食事というのは建前で、個室の座敷にこもった男女の部屋の奥に布団が敷かれていて、食事の後にはそこでいいこともしていたのでありました。

江戸時代の出合いとは

「出合い」は「密会」という意味で使われていた?(写真:iStock)
「出合い」は「密会」という意味で使われていた? (写真:iStock)

 よく見ると、現代では「出会い」ですが江戸時代は「出合」と漢字も違います。現代はネットを介し、全く面識がなかった男女が出会う、つまり知り合うという意味ですが、江戸時代の場合は見知った相手と出合い頭に引きこもる、つまり密会という意味で使われていたのでは、と感じています。

 当時の出合茶屋がどんな感じだったかは、花咲一男さんが書かれた『江戸の出合茶屋』(三樹書房)という本に詳しく書かれています。当時の川柳もたくさん紹介されている興味深い本ですが、その中に「見合い」を間違えて「出合い」と言ってしまい、たしなめられる女性のことも書かれています。当時から「出合い」はいかがわしさが漂う言葉だったのかと思うと妙に感慨深いですね。

ネットがなかった時代の出会い

一階はお茶屋さんでも…(写真:iStock)
一階はお茶屋さんでも… (写真:iStock)

 この本には、出合茶屋の形態が詳しく書かれているのですが、毎回同じ相手と密会している人ばかりではなく、毎回相手を変える人もいたようです。街で気に入った人に声をかけ、出合茶屋に連れ込むということもあったそうなので、今でいうナンパですよね。

 出合茶屋は1階がお茶屋さんで2階が個室というかたちなので、1階のお茶屋で親しくなった異性を上に連れ込む人もいたのだとか。もしかしたら現代の相席屋に近い感じだったのかもしれませんね。江戸時代の人も、刺激を求めていたのでしょう。

女性主導の出会いがあった!?

刺激を求めるのは今も昔も一緒(写真:iStock)
刺激を求めるのは今も昔も一緒 (写真:iStock)

 こうした出合茶屋を利用する人は、不倫する人も多かったようですが、江戸城や武家につとめる奥女中や、夫に先立たれた後家もいたようです。場所は浅草にほど近い池の端ですから、浅草寺へのお参り、もしくはお芝居見物などと嘘をついて茶屋へと繰り出していたようです。

 本によると出合茶屋へ女から誘うことも多かったようで、後家さんが近所の若い男に「蓮を見に行かない?」と声をかけていやらしい、などと揶揄する川柳も紹介されています。出合茶屋の座敷料金を支払うのは女性が多かったのだとか。

現代の出会い事情と比べると……

女性が好みの男性を選ぶ時代になるかも(写真:iStock)
女性が好みの男性を選ぶ時代になるかも (写真:iStock)

 ある程度経済的にゆとりのある年上女性が、若い男を連れ込む……、あれ? 最近もそういう風潮が出てきているような? 「ママ活」と称して若い男が貢いでくれる女性を探していたり、レンタル彼氏(出張ホスト)を呼ぶ女性がいたり、という動きがありますよね。江戸時代も後家さんが盛んに出合茶屋を利用していましたが、出張ホストでもバツイチ女性からの呼び出しが多いそうなのです。

 働いてお金に余裕がある女性たちが、ふと時間が空いた時に束の間の逢瀬を求めるのは、江戸も現代も同じようです。出会い系アプリのなかにも女性から男性に「いいね!」をすることで始まるシステムのものもいくつか出てきています。今後ますます女性たちが自分好みの男性に声をかけ、男性は女性に声をかけられるために努力する時代になっていくのかもしれません。

内藤みか
記事一覧
作家
著書80冊以上。大学時代に作家デビューし、一貫して年下男性との恋愛小説を書き綴る。ケータイ小説でも話題に。近年は電子媒体を中心に活動。著書に「あなたに抱かれたいだけなのに」など。イケメン評論家として、ホストや出張ホストなどにも詳しい。
XInstagram

関連キーワード

エロコク 新着一覧


内縁妻の抵抗。父の罵倒、引き裂かれリモートオナニーでエクスタシー #5
 異業種交流会での出会いをきっかけに、妻子ある男性と恋に落ちた千鶴さん(仮名・35歳化粧品会社を経てイベント会社/独身)...
蒼井凜花 2024-06-14 06:00 エロコク
食べ物でアソコの匂いに変化?25歳OLが実践したマル秘健康術
「私、毎回パパの精子は飲んであげるんだけど」  と語るのは、パパ活歴2年だという、可愛い顔した小悪魔女子の玲奈ちゃ...
中山美里 2024-06-11 06:00 エロコク
まるでプラネタリウム! ロマンチックな演出もできる吸引系グッズ
 コスメのような美しいケースをパカッと開くと、現れるのは定番の吸引系グッズ。  クリトリスに振動刺激を与えながら吸...
桃子 2024-06-09 06:00 エロコク
内縁妻、アヌス弄り&足舐め濃厚セックスの裏でまさかの親バレ…!#4
 異業種交流会での出会いをきっかけに、妻子ある男性との付き合いが始まった千鶴さん(仮名・35歳化粧品会社を経てイベント会...
蒼井凜花 2024-06-14 11:34 エロコク
女として育ててくれたパパにお礼がしたい…25歳女子のホッコリエピ
 世の中全体が世知辛くなってしまった昨今。ギスギスした話を読むのも聞くのも疲れちゃったよ、なんて方も多いのではないでしょ...
中山美里 2024-06-04 06:00 エロコク
反り具合が絶妙! クリとナカを同時に絶頂に導く神バイブ♡
 女性ならみんな大好き、クリ刺激。ナカがあまり感じないからクリ派だという女性は一定数いますが、ナカ派の女性もクリ刺激は大...
桃子 2024-06-02 06:00 エロコク
内縁妻「縁切り神社」で略奪愛を願掛け、AV仕込みの回転セックスで…#3
 異業種交流会での出会いをきっかけに、妻子ある男性との付き合いが始まった千鶴さん(仮名・35歳化粧品会社を経てイベント会...
蒼井凜花 2024-06-07 12:04 エロコク
ウィンウィンの関係よ♡ SMプレイでパパも私もストレス発散!
 更年期障害といえば、女性が抱える悩みと認識している方が多いと思いますが、最近では男性にも増えているそうですね。 ...
中山美里 2024-05-29 09:47 エロコク
サイズもお値段も小さめ! 1stチョイスにピッタリな電マ♡
「テルテルデンマ・BON」は、多くの人をニッコリ笑顔にする電マです。たしかに電マの形状って頭が大きく、持ち手は胴体のよう...
桃子 2024-05-26 06:00 エロコク
避妊具なんて要らない!内縁妻「感涙の初SEX」で芽ぐむ本妻への妬み #2
 異業種交流会での出会いをきっかけに、妻子ある男性との付き合いが始まった千鶴さん(仮名・35歳化粧品会社を経てイベント会...
蒼井凜花 2024-05-31 14:10 エロコク
ドM女子とパパ活は好相性? 26歳の自称“ド変態”美容師のケース
 今回ご登場いただくパパ活女子は…もしかしたらギスギス夫婦の救世主になるかもしれない女の子。 「今、4人のパパから...
中山美里 2024-05-21 06:00 エロコク
社会復帰のきっかけに?引きこもり生活から卒業した22歳女性
 今回ご登場いただくのは、超変わり種のパパ活女子でありまして…巣ごもり生活7年。最近になってようやく外に出るようになった...
中山美里 2024-05-14 06:00 エロコク
まるで野菜そのもののバイブは笑っちゃうくらいリアル♡
「らっしゃい! 新鮮な取れたて野菜、そろってるよ~」なんて声が聞こえてきそう。  私は都内に住んでいながら、近所に...
桃子 2024-05-12 06:00 エロコク
日韓カップルが沼るリモートオナニーと疑似SEX…逢えない時も欲情 #5
 第5次韓流ブームと謳われる昨今、「年下韓国人男性とのお付き合い中」と微笑むのは愛香さん(仮名・35歳フリーライター/独...
蒼井凜花 2024-05-10 06:00 エロコク
パパ活にも危機管理能力は必須!24歳フリーターの自己防衛策
 知り合いのオジサマはさいとう・たかを先生の「ゴルゴ13」の大ファン。いつも熱くその魅力を語ってくれます。 「ゴル...
中山美里 2024-05-07 06:00 エロコク
気持ちよさが何倍にも! セックスローションの新しい使い方
 みなさんはセックスローションといわれるものを、なんのために使いますか?  女性の潤いが十分でない場合、それをフォ...
桃子 2024-05-05 06:00 エロコク