セックス編<1>81歳相手でもヤリマンとしての美学(キリッ)

小悪魔ドルチェ寿司 編集者
更新日:2019-07-28 17:55
投稿日:2019-03-29 06:00
 わたしとひろし(非仮名w)の48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものか。ホットなイットボーイというより、じわじわ低温やけどさせる引退系男子。そんな男を好いて惚れ尽くしたわたしの話をしてみたいと思います。今回は2人が出会った晩の出来事について、引き続き、お話しをさせてください――。

81歳とは思えないピストン

絶頂のまま…(写真:iStock)
絶頂のまま… (写真:iStock)

【vol.6】

 ベッドルームに投げ出されると「しゃぶれ」とわたしの両ひじをひろしの両膝で挟み込まれて(自分でも何いっているか分からない)、仰向けになっているわたしの口元にはひろしのペニスが眼前にそそり勃っています。

先ほどからの下から突き上げてくるような快感に無我夢中で頬張り、どんどん大きくなるそれを激しいディープスロートから、ペロペロと裏や亀頭を舐め回しながら涙目で「入れて……、入れて……、お願い」と懇願しつつ、わたしの喉元にはダラダラとよだれとカウパー腺液が流れ出します。

 息継ぎをしようと口からペニスを離すと、そのタイミングを見計らっていたかのように突然挿れられ、81歳とは思えぬピストンが始まりました。

 攻めからの、懇願からの、渇望からの、突然の快感でエビ反りになりながら、

「いや、だめぇ、そこ、は、だめです。んっ、あっ、やめてくださいぃっ」

 そう叫びながらも、何度も打ちつけられるので声が枯れる始末。ひろしはピストンの最中も乳首を舌でもてあそびながら、クリトリスをピストンより早くまさぐっています。

 そして、発狂に近い悲鳴のような喘ぎ声に暗闇でひろしがドヤ顔をしているのが見えたあと、絶頂のまま、意識が遠のいていきました。

熟睡しているひろしを横目に、向かった先はオフィス

ブルルルル........(写真:iStock)
ブルルルル........ (写真:iStock)

 目が覚めてここはどこ、わたしは誰状態に。なんとかお手洗いまでたどり着き、長々と放尿したあと、バスルームで顔を洗ってiPhoneを確認すると、深夜1時でした。

 なんだかこの感じ。ああ、夏休みに小学校のプール開放日に行き、午後、カルピスを濃いめに作って飲んでいるような充足感に満ち溢れた気分。

 熟睡しているひろしを横目に身支度を整え、向かった先はオフィス。だってまだ仕事終わってないんですもの……。会食の集合時間18時だったからさ……。ライターさんたちからの原稿を朝7時までに入稿しないと、編集長にリアルに殺されるマジで。

 ということで、小汚いわたしは編集部に向かいました。ひろしの超絶技巧を彷彿とさせるアカ入れからの入稿原稿を整え怒涛の“シュトゥルム・ウント・ドラング入稿”が終わりを迎えそうなとき、隣でiPhoneのバイブレーション。

 午前4時、ひろしからLINE電話がかかってきました。こんな時間になんだろうと思って電話に出たところ……。

 ヤリマンとしてはセックス後にそそくさスタコラサッサで帰宅することは珍しくないのですが(むしろヤリマンの美学)、電話に出るなり、

「どこへ行ったんや! こんな夜中にどこへ行ったんや。何しとんねん」

「あ、ごめんなさい。仕事が残っていたので、編集部に帰ってきました(笑)」

「そんな仕事、やめてしまえ! アホか。こんな時間に仕事せんといかんくらい、お前の会社はヤバいんか! 今すぐ戻って来い!」

「あはは。そうかもしれません。なので、わたしがこれを終わらせないと帰れないんですよお」

午前4時「お前がおらんと寂しいんやけど」

残業もがまんできる(写真:iStock)
残業もがまんできる (写真:iStock)

 セックス後にのらりくらりの余韻ゼロな女性に対して、初セックス後(ここから男性は下がっていくだけ/小悪魔ドルチェ寿司調べ)に執着度MAXのひろしが、

「お前がおらんと寂しいんやけど」

と、ここにきて、まさかのちょっと折れる系統男子に……! 途端に膣が締まってくるわたし。あの打ちつけを思い出すと、わたしだって今すぐ、穴た、もとい、あなたの元に戻ってまだまだしたいよう、という乙女心が超絶技巧の中で芽生えます。でも、命が惜しい。編集長にまだ殺されたくない。

「ごめんなさい。どうしてもこれを終わらせないとダメなんです」

「そうか。今夜は何してるんや」

 聞き分けがいいのも年の功か。普通、「なんで来ないんや、俺のこと愛してないのか」とダダをこね、クソみたいなケンカになるのが若い男性の常ですが、さらっと切り替えが早い。さすが、年輪重ねた屋久杉だわ。セコイアにある世界一の巨木のような安心感があるわ。

「今夜ですか? 原稿を仕上げようと思って残業予定ですけど」

「一緒に肉喰うのはどうや。わしが焼くけ」

 ストレート! 家に誘い込むのストレート! 断られたらそれまで感! 駆け引きゼロ! そんな男性が久しぶりのわたしは、

「はい~~うふふ」

って、今夜がとっても楽しみになっちゃいました。

 次回、男性を悦ばせる喘ぎ言葉を研究してみたアハン(4/5更新予定)も是非……!

関連キーワード

エロコク 新着一覧


アンダー3000円でも超優秀!ラブグッズ初心者にもおすすめ♡
 ラブグッズと価格の関係には、悩ましいところがあります。海外ブランドが続々と上陸していますが、比較的高額になるのは致し方...
桃子 2021-10-24 06:00 エロコク
もう別れられない…裏切られ続けてもレズビアンの彼女が好き
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女と付き合うことになったW子さん(41歳・パート・子供なし)。しかし、パートナーの女性...
蒼井凜花 2021-10-22 06:00 エロコク
強烈ハイパワーな電マ 時短でイキたい夜のお供にうってつけ
 強振動がお好みの皆さん、お待たせしました。かつて電マはパワーの強さを競い合っていましたが、最近はあまり聞かなくなりまし...
桃子 2021-10-17 06:00 エロコク
涙が頬を…彼女に見せられたレズビアンの元カノとの裸写真
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。二人の幸せな時間はほどなくして消え...
蒼井凜花 2021-10-15 06:00 エロコク
脱・マンネリ! 自宅をラブホテル風に演出できるアイテム3選
 コロナ禍で、お部屋デートが続く今日このごろ、今週も彼が部屋に泊まりに来た……! と、戸惑う女性が少なくありません。時に...
内藤みか 2021-10-14 06:00 エロコク
先端を直接デリケート部分にあてたら…オーガズムは不可避♡
 ビビッドなオレンジ色で、形状はまるで糸切りバサミ。雑貨ショップの店頭にあってもおかしくない風貌の「サティスファイヤー ...
桃子 2021-10-10 06:00 エロコク
天国と地獄の繰り返し…豹変した彼女に身も心も傷つけられて
 結婚10年目にしてレズビアンの恋人ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。一目ぼれした相手・A美さんとのセッ...
蒼井凜花 2021-10-08 11:43 エロコク
絶賛の声も 男性は年上女性とのセックスに何を求めている?
 年上女性と年下男性とのカップルが珍しいことではなくなっている今日このごろ、「年上の人とのエッチは最高!」と絶賛する男性...
内藤みか 2021-10-07 06:00 エロコク
カップルでのお出かけ羞恥プレーにも! 一石三鳥の活躍ぶり
 膣トレが盛んな昨今、グッズも多様化しています。骨盤の内側に張り巡らされた骨盤底筋群を刺激し、鍛えるためのグッズのことで...
桃子 2021-10-03 06:00 エロコク
同性とはいえ不倫…つらいのに彼女のキスは甘美で優しくて
 結婚10年目にして女性と恋に落ちてしまったW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。お相手の女性は、新宿二丁目のレズビ...
蒼井凜花 2021-10-01 06:00 エロコク
ローターでありバイブでもあり!女性の体に寄り添ってくれる
「完全防水 静音設計 ナカイキボールバイブ9」を輩出しているのは、人気ブランド「P×P×P」。防水仕様であること、作動音...
桃子 2021-09-26 19:12 エロコク
一見すると口紅! すべての人に持ってほしい気配りローター
 これを見てすぐに「ラブグッズだ」と分かる人は少ないのではないでしょうか。「マジックモーション マジック ロトス」は、れ...
桃子 2021-09-19 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#6
「同じ敷地内に立つマンションの別棟」に不倫相手と住むH美さん(27歳・派遣)。LINEでの連絡は毎日、そして3日に一度は...
蒼井凜花 2021-09-17 06:00 エロコク
いかつい雰囲気を裏切る優しく繊細な刺激で極上オーガズムへ
 不良少年が捨て犬を保護した……そんな現場を目撃したら「超~いい人!」と思っちゃうのが人情というもの。好印象から悪印象へ...
桃子 2021-09-12 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#5
 不倫相手と同じ敷地内のマンションで新生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。しかしある日、分譲のA棟に住む彼と賃貸のB棟...
蒼井凜花 2021-09-10 06:00 エロコク
精密ロボット機能搭載!“押す”&“こする”を備えた最新バイブ
 女性の性感帯はいまだ謎に包まれたところが多く、中でも最もミステリアスなのがGスポットでしょう。ラブグッズ界もこれまで、...
桃子 2021-09-05 06:00 エロコク