彼もその気に…イケメンを綺麗な“男の娘”に変身させる方法

内藤みか 作家
更新日:2019-04-01 07:13
投稿日:2019-04-01 06:00
 最近は女装をたしなむ男性も増えてきました。華奢な体つきの男性が女装をすると、女性が負けたと思うくらいの美しさを放つこともあり、かなり場が盛り上がります。身近な男性を女装させて楽しみたい時、どこで服やウィッグを仕入れたらいいのでしょう。

女装グッズを購入する

ファンデーションは濃い色のものがあるといいでしょう(写真:iStock)
ファンデーションは濃い色のものがあるといいでしょう (写真:iStock)

 まず最低限必要なのは、女装するためのお洋服とウィッグです。メイク道具はこちらの手持ちを貸すことでだいたいはなんとかなるものです(強いて言えば、色黒の男性の場合、濃い色のファンデーションも用意しておくといいでしょう。お遊びなのだから、プチプラコスメで十分です)。

 最初は予算もそんなにかけたくはないでしょうし、まずはドンキホーテなどの安売り店に行き、パーティー用の女装服やウィッグを使ってみる、というのが入門編としてはとっつきやすいのではないでしょうか。男性も着ることができる大きなサイズのセーラー服やメイド服が置かれている時もありました。それに似合うようなウィッグを合わせてメイクをすればおそらく数千円ほどの予算でにわか男の娘になれるはず。

女装できるお店で遊ぶ

ゴージャスな着せ替えを楽しんで(写真:iStock)
ゴージャスな着せ替えを楽しんで (写真:iStock)

 少し自信がついてきたら、今度は女装ができるお店での女装にチャレンジしてみましょう。新宿2丁目などには、女装を綺麗にしてくれて衣装も貸してくれるお店があります。プロの手にかかれば、さらに可愛さのレベルがアップ!ドレスもあるので、ゴージャスな着せ替えが楽しめちゃうのです。

 なかには店の隅にメイクコーナーがあり、そこで着替えやメイクができるお店もあります。私も何度かイケメンを連れて行きましたが、ずらっと並んだ洋服のなかから、どれにしようかな〜と選ぶイケメンの目は本気です。やっぱりどうせ女装するのなら、可愛くなりたいだろうし、真剣なんですね。

メイクのポイント

ウィッグのオススメは…(写真:iStock)
ウィッグのオススメは… (写真:iStock)

 個人的にオススメのウィッグは、茶色のロングヘアーで、根元に動きのあるパーマがかかっているもの。これは輪郭もうまく隠すことができ、誰でも似合うスタイルなのです。外国人のような仕上がりになり、とても可愛らしくなりますよ。

 女装するときのメイクもポイントも、女子とはひと味違います。ヒゲの跡を隠すことと、太目の眉をなんとかする必要があるのです。ヒゲの跡はファンデーションで消すとして、大変なのは眉。カットするわけにもいかないので、一番いいのは前髪が長めのウィッグで隠してしまうことなんです。それも難しい場合は薄い茶色の眉マスカラで眉を目立たなくさせてしまうといいでしょう。

男の娘なりのこだわり

実はかなりの乙女趣味?(写真:iStock)
実はかなりの乙女趣味? (写真:iStock)

 今まで何人か、イケメンを女装させてきましたが、彼らは、なぜか、好みの女装スタイルの傾向がよく似ています。まず、一番人気の衣装はメイド服かブレザーの制服。OL風スーツも人気です。派手な服よりは女の子らしいかわいいワンピースやレース、花柄が人気なのは、普段着ることができないものだからなのでしょう。

 メイクでも選ぶのが大抵ピンクのルージュ。女性のルージュといえば真っ赤というイメージですが、彼らはほんのりした色合いを好みます。そして、美人ねと言われるよりも、かわいいねと言われると、頬を染めて喜びます。かなりの乙女趣味だと思って間違いありません。

 彼らの好みはそのまま、好みの女の子のファッションでもあります。つまり私たちはデートの時に、花柄やレースがあしらわれている可愛らしいワンピースで行けばいいのです。熟女であっても色合いをシックにすれば花柄もレースも着こなせます。そしておとなしめのメイクにピンク色のルージュを引く。どこか物足りないくらいの控えめな姿こそ、男性が喜ぶ基本スタイルなのです。

ラブ 新着一覧


FILM
 好きな人ができて交際することができれば幸せですが、交際がスタートすれば新たな悩みが出てくるもの。そんな時、「女友達に相...
恋バナ調査隊 2020-04-10 06:00 ラブ
FILM
 恋愛は本来、「1対1」で成り立つもの。しかし、中には二人の男性との交際を楽しんでいる女性もいます。「二人と交際できるな...
恋バナ調査隊 2020-04-09 06:00 ラブ
FILM
「女の勘はするどい」と、聞いたことがある方は多いでしょう。男性からしてみると厄介な“女の勘”ですが、実は不思議と当たって...
リタ・トーコ 2020-04-08 06:00 ラブ
FILM
 新型コロナウイルスの猛威が止まりません。小中学校の多くは休校となり、働く大人も在宅勤務に切り替えることで、家族全員が長...
田中絵音 2020-04-07 12:07 ラブ
FILM
 あなたは、結婚相手に何を望みますか? きっと「経済力」と、答える人も多いでしょう。そんな女性にとって、“お金持ち男性”...
恋バナ調査隊 2020-04-07 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして、いつもコラムを見ています!  私は26歳で美容師をしているのですが、なかなか恋愛がうまくいきません...
神崎メリ 2020-04-05 06:00 ラブ
FILM
 結婚願望があるにも関わらず、「恋人ができても結婚話が出ない」「結婚相手が見つからない」という人もいるでしょう。でも実は...
恋バナ調査隊 2020-04-05 06:00 ラブ
FILM
 恋愛には「妥協が必要!」という声と、「妥協はしない方がいい!」という2つの声がありますね。でも、実際のところは「妥協は...
恋バナ調査隊 2020-04-04 06:00 ラブ
FILM
 恋人ができれば、友達や同僚に伝えたくなるもの。しかし、社内恋愛の場合には、バレてしまった時にデメリットがあるため、職場...
恋バナ調査隊 2020-04-03 06:00 ラブ
FILM
 恋が始まると、毎日が楽しくなるものです。その恋を叶えるためにする努力も、幸せに感じることができるでしょう。しかし、いつ...
恋バナ調査隊 2020-04-02 06:00 ラブ
FILM
「待てど暮らせど、男性から連絡が来ない……」「いつも連絡するのは私から……」そんな男性に、イライラしている女性も多いので...
恋バナ調査隊 2020-04-01 06:00 ラブ
FILM
「あの子、育ちが良さそうだよね。良いところのお嬢様って感じがする」  あなたの身の回りにもいませんか? ものすごく...
七海 2020-04-01 06:00 ラブ
FILM
 私のもとに婚活相談に来る女性の3割が、元彼が忘れられないという女性です。 「元彼のことが忘れられない→でも元彼か...
山本早織 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
「好きだから嫉妬する」、これは当たり前の感情です。でも、嫉妬をすると不安や罪悪感などネガティブな感情になってしまう……と...
リタ・トーコ 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
 恋人がほしいと思っている人にとって、マッチングサイトは魅力的な存在。マイペースに恋活をすることができますから、忙しい人...
恋バナ調査隊 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
 感染症拡大防止による外出自粛が呼びかけられている今日この頃ですが、マッチングアプリでも出会いは自粛されているのでしょう...
内藤みか 2020-03-30 06:00 ラブ