「別れ=もう他人でしょ?」元恋人からの連絡に辟易する男性

並木まき ライター・エディター
更新日:2022-02-26 06:00
投稿日:2022-02-26 06:00
冷酷と激情のあいだvol.78〜女性編〜」では、結婚前提で交際していた恋人であるユタカさん(仮名・33歳男性)から、理由も教えてもらえずにフラれた優佳里さん(仮名・29歳女性)の未練をお届けしました。
 では、なぜユタカさんは、突如として優佳里さんに別れを告げたのでしょうか。

元カノからのしつこいLINEにイライラ

「別れたい」だけじゃだめなの?(写真:iStock)
「別れたい」だけじゃだめなの? (写真:iStock)

「“せめて別れることになった理由だけでも知りたい”と、優佳里からは相変わらずしつこく連絡が来ています。最初のうちはLINEを開いていましたけど、毎回同じことばかり送ってくるので、今では未読にして放置をしています。

 別れ話を告げるときに、“理由”って、そんなに大事なんですかね?

 結婚しているわけでもないから、どちらか一方が『別れたい』って決めたら、そこに理由なんかなくても終わる関係が恋人関係なんじゃないの? って思うんですけど……」

 優佳里さんから、別れたあとにも何度もLINEが届くことに戸惑っている様子のユタカさん。「まるで一度でも付き合ったら、相手へのマナーなんてお構いなしって感じでバシバシ送りつけてきて、イラつきます」と嫌悪感をあらわにします。

他人になっているはずなのに、なぜ?

「もういいや」それが真実で、理由なのに(写真:iStock)
「もういいや」それが真実で、理由なのに (写真:iStock)

「僕は、別れを告げたんだから、そこでもう他人になっているってことですよね? なのに優佳里は、なんでこんなにしつこいんでしょうか。

 無視されているのに、さらにLINEを送ってくるなんて、相当に図々しいと思いませんか?」

 優佳里さんからのLINEを好ましく思っていないユタカさんは、優佳里さんが自分に対して未練を抱いているであろうことにも不快感があるのだそう……。

「繰り返しになりますが、ただの恋人関係では別れるのに理由なんていらないと思うんですよ。一緒にいて楽しくないとか、結婚相手としては考えられないとか、後付けみたいな理由なら、いくらでも僕だって言えますよ?

 でも、そういう話じゃなくて、僕自身が優佳里に対して『もう付き合うのはいいや』って思った、それが真実だし本当の理由なわけです。

 だから、別れ話をしたことそれこそが、僕が優佳里と別れたいと思った理由だってことですよ。それを『理由を教えて』ってしつこく連絡してきても、それ以上の答えなんて出せるわけがない」

復縁を考えるくらいなら別れない

押し付けられているようでウンザリ(写真:iStock)
押し付けられているようでウンザリ (写真:iStock)

 優佳里さんが復縁を望んでいるであろうことは、ユタカさんも気付いていて「でも、絶対にありえないし、復縁を考えるくらいの関係なら、別れ話なんてしてない」とキッパリ言い切ります。

「結婚前提で付き合っていたんだから、別れるなら、きちんとその理由を伝えるべきだって優佳里は僕に言うんです。

 だけど、結婚して離婚する夫婦だって、明確な理由なんてない人たちだっているだろうし、“●●だったんだから、こうするべき”って、別れてからも優佳里から何かを押し付けられている気がしちゃって、本当にウンザリなんですよ……」

  ◇   ◇   ◇

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。ましてや交際前の男女となれば、なおのことです。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

ラブ 新着一覧


彼氏のドタキャンから始まるイイ女道 いらっとしたら飲み込むのが得策
 楽しみにしていたデートをドタキャンされたら、誰だって悲しいものです。でも文句を言ったら、それが別れの原因になってしまう...
恋バナ調査隊 2023-09-26 06:00 ラブ
39歳、赤ちゃんを見ると母乳が出るような気に…出産のリミットを考える
 最近、お母さんの腕に抱かれている小さな赤ちゃんを見るとなんだかおっぱいがうずきます。  見てるだけで母乳が出るん...
まめ 2023-09-26 06:00 ラブ
外見が大事ですか? 見た目のことを言う男性の心理&3つの対処法
 どうせ恋愛をするなら、自分の中身をまるごと愛してほしいもの。でも、彼氏がやたらと見た目のことを言う男だと、がっかりしま...
恋バナ調査隊 2023-09-25 06:00 ラブ
「不倫の慰謝料」気になる使い道、サレ妻たちは何を思い、どう使った?
 夫に不倫された場合、相手の女性に慰謝料を請求できます。その相場は数十万円から数百万円ほど。時には1000万円以上になる...
恋バナ調査隊 2023-09-24 06:00 ラブ
当てはまりすぎて自分が怖い!? 恋愛ご無沙汰女性5つの特徴と脱出方法
 気が付いたら「数年、彼氏がいない……」なんて人はいませんか。あまりにもご無沙汰だと、恋愛の仕方すら忘れてしまいますよね...
恋バナ調査隊 2023-09-23 06:00 ラブ
「結婚6年でメシマズは致命傷」妻に抱かない宣言を突き付けた夫の決断
「冷酷と激情のあいだvol.161〜女性編〜」では、結婚6年目にして完全にセックスレスになり、夫婦で話し合うたびに状況が...
並木まき 2023-09-23 06:00 ラブ
夫の「2度と抱かない」宣言にタガが外れた43歳レス妻、潮目が変わった
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-09-23 06:00 ラブ
大失恋を経て婚約した男は視えてる? 20代ネイリストの幸福と恐怖 #1
 秋は結婚式の多い季節。 「ゼクシィ結婚トレンド調査2022」によると、結婚式の多い月は11月、10月、5月となっ...
蒼井凜花 2023-09-22 06:00 ラブ
やっておけばよかった…既婚女性が悔やむ「恋愛ときめき」7大イベント
 イベントは恋愛に欠かせないときめきエッセンス。結婚して落ち着いた今、「もっと、こんなことしておけばよかった」なんて後悔...
恋バナ調査隊 2023-09-22 06:00 ラブ
平静を装い1年…“不倫クソ夫”は絶対に許さない!妻たちの仕返しエピ3選
 夫に不倫された妻の苦しみは、計り知れません。家族や子供のために「許そう」と一人葛藤しながら、一生懸命生活しています。で...
恋バナ調査隊 2023-09-22 06:00 ラブ
「20代vs30代」女性の婚活バトルで判明!? 年齢は若いほど有利は幻想だ
 20代女性と30代女性、婚活中の男性はどちらを選ぶのか、がコンセプトのABEMA新恋リア番組『GIRL or LADY...
内藤みか 2023-09-21 06:00 ラブ
大好きな人とのキスでドン引き→集中できず“ご辞退申し上げた”思い出3選
 あなたは男性からのキスにドン引きした経験がありますか? 世の中には意中の彼からのキスでドン引きし、相手への気持ちが激萎...
恋バナ調査隊 2023-09-21 06:00 ラブ
親との関係が影響している可能性も…モラハラ夫を作り出す義母の特徴3つ
 妻に対して攻撃的な言動を繰り返す「モラハラ夫」に怯える女性は少なくありません。家にいても安心してくつろげず、いつも夫の...
恋バナ調査隊 2023-09-21 06:00 ラブ
他人事だとシャッターおろす前に確認を…泥沼不倫に陥る男の特徴と末路
 不倫は他人事と思っているかもしれませんが、あなたの夫が泥沼に陥ってしまう可能性もあります。夫婦関係がうまくいっていると...
恋バナ調査隊 2023-09-20 06:00 ラブ
モテる男攻略のめちゃ大事な第一歩は? 見た目もキャリアも平凡でOK!
 SNSを見ているとイケメンには、スタイル抜群の可愛い彼女がいます。  フォロワーが多かったり、特別なお仕事をして...
若林杏樹 2023-09-20 06:00 ラブ
貴女の度数は? フェロモンジャッジに挑戦! 相性抜群のメンズ香水も♪
 素敵な女性はいい香りがする――。  そう感じるのは、肌から放たれるフェロモンの効果。フェロモンが高まると色気だけ...
太田奈月 2023-09-19 06:00 ラブ