“子供っぽい”彼女が悪い! モラハラを否定する男性の言い分

並木まき ライター・エディター
更新日:2022-02-19 06:00
投稿日:2022-02-19 06:00
冷酷と激情のあいだvol.78〜女性編〜」では、恋人であるユウイチロウさん(仮名・32歳男性)から子供扱いされることに苦しんでいる女性・静華さん(仮名・30歳女性)の苛立ちをお届けしました。
 周囲からは「モラハラ彼氏」と認定されることもあるほどのユウイチロウさんの振る舞いについて、本人はどんなふうに捉えているのでしょうか。

支配欲がないからモラハラではない

なんでモラハラ扱いされるのかわからない(写真:iStock)
なんでモラハラ扱いされるのかわからない (写真:iStock)

「モラハラ!? それはナイですね。モラハラって、支配欲とかそういうのがある人がやることですよね!? 僕は静華に対して、支配したいみたいな気持ちは一切ないんで。モラハラではありませんね」

 強い口調でモラハラ疑惑を否定したユウイチロウさん。そして周囲から静華さんがそういう目で見られていることも理解していて「静華の周りには、大袈裟な人が多いんですかね?」と首をかしげます。

本来は穏やか…悪いのは彼女

ガキ過ぎて文句を言いたくなるよ…(写真:iStock)
ガキ過ぎて文句を言いたくなるよ… (写真:iStock)

「実は、静華には精神的にガキっぽいところがあって、話しているとイライラすることは多々あります。付き合う前は、そんな感じはしなかったんですけどね、まぁアプリでの出会いなので、実際に付き合ってみてから本性がわかってきたってところなのかもしれません。

 僕はもともと穏やかな性格だと思っていますし、周りにもそう言われることが多いですよ。

 それなのに静華の前ではイライラして声を荒げてしまうことも多いですし、苦言のひとつやふたつは言いたくなる。これが、どういうことかわかります?

 それだけ、静華が僕をイラつかせることばかりするってことなんですよ……」

なんでわからないかなぁ、とまたイライラ

とにかく子供っぽいところを直して!(写真:iStock)
とにかく子供っぽいところを直して! (写真:iStock)

 モラハラ彼氏の疑惑をぶつけられて、やや苛立ち始めたのか、ふたりの間に問題があるのは、すべて“彼女のせい”だと主張するユウイチロウさん。

「僕と仲良くしたいなら、静華はもっといろんなことを学ぶべきです。ヘラヘラして、僕の話もろくに聞かずに、変な受け答えをするときもあるし、こう言ってはいけないかもしれないけれど、向上心に欠けるタイプなのかな? って思わざるを得ない部分もあります。

 でも、付き合ってまだ半年程度なので、静華という人間をジャッジして将来を判断するのは時期が早いかなという気持ちから、今は普通に付き合いを続けているんです。

 静華は他の女性と比べて、聞き分けはいいほうだと思うし、浪費家でもない。料理や洗濯などはちょっと腕が悪いけれど、そういうのはやっていくうちに上達すると思うから、あまり問題にはしていません。

 それよりも、とにかく子供っぽいところを直してもらいたいですね。ガキっぽい恋人といるのは疲れるってことを本人にも理解してもらいたいだけなんですよ。なんでそれがわからないかなぁ……ってイラつきますね。話していても、だんだんイライラしてきたので、このくらいでいいですかね?」

 ◇  ◇  ◇

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。ましてや交際前の男女となれば、なおのことです。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

ラブ 新着一覧


「趣味はなに?」と男性から聞かれた!万人受けするモテ回答
 社会人になると、なぜか聞かれる定番の質問。 「趣味は何ですか?」と聞かれたら、特に趣味がないと回答に困りますよね。ま...
若林杏樹 2022-05-25 06:00 ラブ
几帳面男性=優良物件! 彼氏にピッタリな5つの“花丸”な特徴
 恋愛をするうえで、相手がどんなタイプなのかは気になるもの。最初から、恋愛向きではないと分かれば、早い段階で諦められるた...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
失恋から立ち直るための“魔法の言葉”5つ つらい時こそ読んで
 失恋をしてしまった時のダメージって、大きいですよね。なにも手につかなくなったり、未練が残って次の恋に踏み出せなかったり...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ