「ヒマワリ」はウクライナの国花 銃の代わりに花を持て!

斑目茂美 開運花師
更新日:2022-03-23 06:00
投稿日:2022-03-23 06:00
「これは本当に現代の出来事なの?」と思わず口に出してしまうほどの悲劇が今、ウクライナを襲っております。“戦争はしてはいけないことだ”と世界中の人たちが思っているにもかかわらず、何度も過ちを繰り返してしまう人間の愚かさに、ただただ驚くばかりでございます。

ヒマワリは反戦、平和、復興のシンボル

ヒマワリにはやっぱり青空がよく似合います(C)コクハク
ヒマワリにはやっぱり青空がよく似合います (C)コクハク

 そんな中、「ヒマワリ」が「反戦と平和のシンボル」としてクローズアップされています。ウクライナ支援集会などで戦争の抗議者たちが、ヒマワリの花束を持ったり身に付けたりし、ウクライナの国花である「ヒマワリ」を反戦活動の象徴として捉えているようでございます。

 思えば東日本大震災の後も、ヒマワリは「復興のシンボル」として様々な形で傷ついた人びとの心を慰めてくれました。「太陽の花」という名前を持つヒマワリは眺めているだけでも元気が出てきます。今回のウクライナ軍事侵攻においても、形を変えながら、世界中の人たちの心に元気と勇気をもたらしてくれているようでございます。

 今回は「慰めと勇気の花 ヒマワリ」の解説でございます。

美しく悲しい「ヒマワリ畑」

広大なヒマワリ畑(写真:iStock)
広大なヒマワリ畑 (写真:iStock)

 ヒマワリといえば、第二次世界大戦時に引き裂かれたイタリア人夫婦の悲運を描いた映画「ひまわり」を思い出す方も多いかと思います。半世紀も前の映画とはいえ、第二次世界大戦でも激戦地となった同国の過去と現在がリンクし、配給会社が収益の一部をウクライナの人道支援に寄付をするリバイバル上映の輪が、各地で広がっているようでございます。

 映画を象徴するあの広大なヒマワリ畑の撮影場所は、今まさに悲劇の惨状となっているウクライナです。行方不明の夫を探しにやってきた悲劇のヒロインが、広大なヒマワリ畑の中で地元の女性から衝撃の事実を聞くシーンは印象的で、「どのヒマワリや麦畑にも捕虜になった兵士が埋まっている」という台詞はシベリアでの戦争の悲惨さを物語っておりました。

 今回のウクライナ侵攻においても、ひとりのウクライナ女性がロシア兵に言い放った言葉が海外メディアの動画サイト等で取り上げられ、ヒマワリが“抵抗のシンボル”になるきっかけとなりました。

 その言葉は、「アンタたちが死んだ後に花が咲くように、ヒマワリの種をポケットに入れとけ!」

 ウクライナ女性の心の中にも、ヒマワリがウクライナの国花であるというだけでなく、映画「ひまわり」の記憶があったのではなかろうか……と思うところでございます。

斑目茂美
記事一覧
開運花師
半導体エンジニアを経て花業界に転身。イベント・ホテルなどの装飾も手がける生花店を営む傍ら、コンテストで優勝・入賞を重ね、雑誌・新聞等に作品を発表する。神奈川各所にて花教室を開催。障害者支援も花で実践。悩ましくも素敵なお客様を「花」で幸せへと導く道先案内人。ブサかわ猫店長「さぶ」ともに奮闘中。Facebookやってます。

ライフスタイル 新着一覧


口喧嘩で負けたくない! 勝ちたい時に使えるマル秘戦術3選
 みなさんは誰かと口論になった時、どんな戦法で勝ちにいきますか?  方法は十人十色ですが、今回は代表的な勝ちパターン...
凍り付いた湖の夜が更けて
 もしも突然、この瞬間に、氷が解けたらどうなるんだろう。  そう思いながら、凍て付いた湖の上に立つ自分が結構好き。...
「レンジでゆたぽん」人気じわり..足を温めると眠りやすい!
「レンジでゆたぽん」を知ったのは、年末年始に長野県の義実家に行った時。寒がりな私を気遣って、義母が用意してくれたのです。...
青空にオレンジボディが映え“たまたま”の見返りメンチにキュン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
私って性格悪い? 自分のダークサイドを自覚した4つの瞬間
 誰の心にだって、優しい部分と優しくない部分が存在するもの。そうわかっていても、自分の心のダークサイドを自覚すると「もし...
卒入学、彼岸、送別会【花屋が教える】予算内で理想の花束を贈る7カ条
「斑目さん、今年こそは頑張って期限内にお願いしますよ!」  お正月がなんとなく終わったばかり、なんて思っていたら、我が...
「とにかく盛り上がるやつ頼むよ」ってさぁ 先輩の無茶ぶりLINEがすぎる
 お笑い芸人の松本人志とその後輩芸人たちによるアテンド飲み会が話題になっていますね。  ニュースの真偽はともかく、...
2024-02-21 06:00 ライフスタイル
仕事のサボりがバレた瞬間4選 リモートワークは意外と見られている!
 近年では、リモートワークやフレックスタイムなどの制度が導入されて、数年前よりも働きやすくなりました。  一方で、自由...
真似から始まったファッションも、いつか体に馴染むもの
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
年の差婚の弊害?夫の“昭和の価値観”を持つ息子の将来が不安すぎる件
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  私の夫は10...
仕事のモチベが上がらない!30女40女のやる気スイッチをONにするテク
 どんなに好きな仕事でもモチベーションが上がらない時だってありますよね。気持ちが乗っていない時は、ミスしたり、時間が永遠...
2月19日~2月25日あなたの全体運・恋愛運・ラッキーカラー
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
この子を育てるのは無理かも…発達障害児がストレスで鏡に刻みかけた言葉
 ステップファミリー6年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
菜の花の小道で一触即発! 道を譲るのはどっちの“たまたま”
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
今夜は誰と出合おうか…人で溢れる街の隅っこに転がる心
 先に仮想世界(?)でお互いを見つけて、そこから顔を合わせるって最初は気まずくないのかな? と昭和の世代は思っちゃうけど...
水商売の水は流水説 夜の街で働くホステスやホストだけが当てはまるの?
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...