新婚だけど妻を抱けない…自分の選択を後悔する32歳夫の告白

並木まき ライター・エディター
更新日:2022-03-19 06:00
投稿日:2022-03-19 06:00
冷酷と激情のあいだvol.82〜女性編〜」では、新婚早々のセックスレスに真剣に悩む妻・瑞季さん(仮名・34歳女性)の苦悩をお届けしました。
 では、夫であるマサヒロさん(仮名・32歳男性)は、夫婦間のこの問題について、どのように考えているのでしょうか。実はマサヒロさんは、レス問題について親しい友人に複雑な胸中を語っていました。

「責任をとって」と言われて結婚したけど

どうしても妻を抱くことができない(写真:iStock)
どうしても妻を抱くことができない (写真:iStock)

「好きじゃない女性と結婚すると、こんなにも不幸な毎日が待っていたのか……って感じ。

 世の中には、お見合い結婚もあるし、そんなに好きじゃなくても、一緒に生活をしていくうちに好きになれるのかなって思っていたけれど、そんなに甘いもんじゃなかったってことが、今になってわかりましたね」

 マサヒロさんと妻である瑞季さんは、瑞季さんからの猛アプローチの末に、お酒を飲んだ勢いで関係を持ったことが発端で、瑞季さんから「責任をとって」と迫られたことが、交際のきっかけなのだそうです。

 最初は「付き合うだけなら」と、マサヒロさんも了承。しかしそこから「私はもうこの年齢だし、責任とって結婚して」と、1カ月もしないうちに妻から結婚を迫られ、そのまま流されるように、交際1年記念日を目前に結婚へと至った関係とのこと。

大失恋を引きずっていた頃、妻と出会った

まだ元カノを忘れられない(写真:iStock)
まだ元カノを忘れられない (写真:iStock)

「深く考えなかった自分が悪いと言われれば、それまでだよね。実際、当事者である自分だって、そう思っています」

 本人いわく「そこまで好きじゃない女性を妻にした」と言い切るのには事情があるようで、実はマサヒロさんは、瑞季さんと交際する数年前に大恋愛を経験したものの、その女性から一方的に振られる形でジ・エンド。

 その後も、元恋人への未練を断ち切れないままでいたけれど、もう復縁の見込みもなく、どうにかして前を向かないといけないと考えていた矢先に、今の妻である瑞季さんと知り合ったという経緯がありました。

「その頃は、妻のことも“そんなに好きじゃない”ってくらいで、嫌いではなかったですし、僕に対して熱心にアプローチしてくれたから、僕も悪い気はしなかったんです。

 最初は、瑞季ちゃんと結婚までするとは思わなかったけれど、まぁ人生ってこんなふうに進んでいくのかな、とかって思って、瑞季ちゃんが結婚をしたがっていたし、そんなに僕の妻になりたいなら、これからの人生を一緒にやっていこうか〜って感じで、結婚を決めました」

妻への嫌悪感は増すばかり

子作りについて責められたら…(写真:iStock)
子作りについて責められたら… (写真:iStock)

 ところが、実際に一つ屋根の下で生活を送るようになると、どんどん瑞季さんへの嫌悪感が増してしまったというマサヒロさん。

「妻に大きな欠点があるわけではありません。ただ、僕の気持ちがついていかないだけですね。

 潔癖症なんじゃないのって仲間に言われたこともあるから、そうなのかもしれません。

 でも、こういうのって理屈で解決できる話ではないじゃないですか? だから、僕は僕なりに、結婚してしまった以上は、どうしたらいいのだろう……って日々悩んでいるんです。

 お酒を飲んだ勢いで抱いちゃおうか、そうしたら丸く収まるかなって考えたことも何度もあります。でも、妻を前にしても、全然そんな気持ちになれないんですよ。

 夫婦になったからには、子どもも作らないといけないのかなってプレッシャーも感じているけれど、僕自身の体が応えてくれません。

 このまま子ナシ夫婦として、騙し騙し生活するならなんとかなりそうだけど、妻からこの問題について詰められたら、僕は逃げ出すほうを選択しそうで、自分でも怖いです」

  ◇  ◇  ◇

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。ましてや交際前の男女となれば、なおのことです。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


体育会彼氏の恋愛傾向ってどうよ?40代婚活女が落とすには…
 引き締まった男らしい体が素敵な体育会系男子は、女性に人気がありますよね! でも、40代で婚活中の女性からすると手の届か...
恋バナ調査隊 2022-10-04 06:00 ラブ
夫のイラっとする口癖6語に共感!「~でいいや」って何様?
 毎日の夫のイラッとする口癖、ストレスが溜まりますよね。実は、熟年離婚をする人は、浮気や借金などの大きな出来事ではなく、...
恋バナ調査隊 2022-10-03 06:00 ラブ
超ドMなの? 彼氏の束縛が嬉しい女性が抱く「欲望」の種類
 彼氏からの束縛が「鬱陶しい」「窮屈」という愚痴は、よく聞くものです。しかし、中には束縛を嬉しく感じる女性もいるようです...
恋バナ調査隊 2022-10-03 06:00 ラブ
「車擦って財布なくす」とウジ男さん 元カレの女々しいLINE
 忘れた頃にやってくる「元カレ」からのLINEって厄介ですよね。自分のほうから別れを切り出したくせに、何を今さら? って...
恋バナ調査隊 2022-10-02 13:32 ラブ
片付けられない男性の“調教”トリセツ 百年の恋が冷める前に
 結婚を意識し始めた大人女子にとって、彼氏が物を片付けられないという事実は、大きな不安材料でしょう。実は「何歳になっても...
恋バナ調査隊 2022-10-02 06:00 ラブ
書類だけの妻がいいけど…レスなのに求婚した潔癖男の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.110〜女性編〜」では、交際9カ月にして深刻なセックスレスに陥っているのに、彼氏であるマサム...
並木まき 2022-10-01 06:00 ラブ
セックスレスなハイスペ男性からの求婚!即答できない33歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-10-01 06:00 ラブ
「り」で浮気認定!疑わずにはいられない彼の怪しいLINE3選
 あなたには、彼氏に浮気された経験があるでしょうか。もしあるなら、なにがきっかけで彼氏の浮気を知りましたか? 「ある日...
恋バナ調査隊 2022-10-01 06:00 ラブ
リモート恋愛で婚活する40代急増中!はじめ方&成功の法則
 長引くコロナ禍は、40代女性の婚活事情にも大きな変化をもたらしました。非接触が広まったことから「リモート恋愛」で婚活を...
恋バナ調査隊 2022-10-01 06:00 ラブ
恋愛経験なしのアラサーへ…焦りは禁物!幸せな恋への3STEP
 恋愛経験なしのままアラサーを迎えてしまうと、「もしかして私ってこのまま恋愛できないかも……」と不安や焦りを感じてしまう...
恋バナ調査隊 2022-09-30 06:00 ラブ
恋活・婚活は「リモワ男子」を狙う!スーツケースじゃないよ
 コロナ禍もだいぶ落ち着いてきたとはいえ、依然としてリモート勤務を続けている男性もいます。彼らは実は、恋活や婚活に狙い目...
内藤みか 2022-09-29 06:00 ラブ
わ、いいかも♡ ドS彼氏からの不意打ち胸キュンLINE3選
 ドS彼氏を持つ女性に「そんな彼氏のどこがいいの?」と思う人もいるでしょう。でも、ドS彼氏の意外な一面を見たら、あなたも...
恋バナ調査隊 2022-09-29 06:00 ラブ
NO,ヤリモク!“都合のいい女”回避で初デートを成功させる法
 気になる男性との初デート、絶対に成功させたいですよね。できればデートを通して関係を深めて、真剣交際に発展させたいもの。...
若林杏樹 2022-09-28 06:00 ラブ
浮気の沼から出たい!なぜ禁断の恋ばかり? 5つのやめる方法
 パートナーがいるにも関わらず、ドキドキ感がたまらなくて浮気にはまってしまう人は少なくありません。しかし、ある程度の期間...
恋バナ調査隊 2022-09-28 06:00 ラブ
仰天!男目線で分析する「美人の条件6つ」演じる際の参考に
 男性からモテるために「美人な女性」を目指していても、実は男女で美人の条件は大きく異なるようです。つまり、男性にモテるた...
恋バナ調査隊 2022-09-28 06:00 ラブ
【実録】離婚は嘘、嫁いるよね?絶対に自宅に誘ってこない男
 こんにちは! 林知佳と申します。マッチングアプリで出会ったとんでもない男たちの第2回目! 世の中の女子たちがこれを読ん...
林知佳 2022-09-27 06:00 ラブ