新婚だけど妻を抱けない…自分の選択を後悔する32歳夫の告白

並木まき ライター・エディター
更新日:2022-03-19 06:00
投稿日:2022-03-19 06:00
冷酷と激情のあいだvol.82〜女性編〜」では、新婚早々のセックスレスに真剣に悩む妻・瑞季さん(仮名・34歳女性)の苦悩をお届けしました。
 では、夫であるマサヒロさん(仮名・32歳男性)は、夫婦間のこの問題について、どのように考えているのでしょうか。実はマサヒロさんは、レス問題について親しい友人に複雑な胸中を語っていました。

「責任をとって」と言われて結婚したけど

どうしても妻を抱くことができない(写真:iStock)
どうしても妻を抱くことができない (写真:iStock)

「好きじゃない女性と結婚すると、こんなにも不幸な毎日が待っていたのか……って感じ。

 世の中には、お見合い結婚もあるし、そんなに好きじゃなくても、一緒に生活をしていくうちに好きになれるのかなって思っていたけれど、そんなに甘いもんじゃなかったってことが、今になってわかりましたね」

 マサヒロさんと妻である瑞季さんは、瑞季さんからの猛アプローチの末に、お酒を飲んだ勢いで関係を持ったことが発端で、瑞季さんから「責任をとって」と迫られたことが、交際のきっかけなのだそうです。

 最初は「付き合うだけなら」と、マサヒロさんも了承。しかしそこから「私はもうこの年齢だし、責任とって結婚して」と、1カ月もしないうちに妻から結婚を迫られ、そのまま流されるように、交際1年記念日を目前に結婚へと至った関係とのこと。

大失恋を引きずっていた頃、妻と出会った

まだ元カノを忘れられない(写真:iStock)
まだ元カノを忘れられない (写真:iStock)

「深く考えなかった自分が悪いと言われれば、それまでだよね。実際、当事者である自分だって、そう思っています」

 本人いわく「そこまで好きじゃない女性を妻にした」と言い切るのには事情があるようで、実はマサヒロさんは、瑞季さんと交際する数年前に大恋愛を経験したものの、その女性から一方的に振られる形でジ・エンド。

 その後も、元恋人への未練を断ち切れないままでいたけれど、もう復縁の見込みもなく、どうにかして前を向かないといけないと考えていた矢先に、今の妻である瑞季さんと知り合ったという経緯がありました。

「その頃は、妻のことも“そんなに好きじゃない”ってくらいで、嫌いではなかったですし、僕に対して熱心にアプローチしてくれたから、僕も悪い気はしなかったんです。

 最初は、瑞季ちゃんと結婚までするとは思わなかったけれど、まぁ人生ってこんなふうに進んでいくのかな、とかって思って、瑞季ちゃんが結婚をしたがっていたし、そんなに僕の妻になりたいなら、これからの人生を一緒にやっていこうか〜って感じで、結婚を決めました」

妻への嫌悪感は増すばかり

子作りについて責められたら…(写真:iStock)
子作りについて責められたら… (写真:iStock)

 ところが、実際に一つ屋根の下で生活を送るようになると、どんどん瑞季さんへの嫌悪感が増してしまったというマサヒロさん。

「妻に大きな欠点があるわけではありません。ただ、僕の気持ちがついていかないだけですね。

 潔癖症なんじゃないのって仲間に言われたこともあるから、そうなのかもしれません。

 でも、こういうのって理屈で解決できる話ではないじゃないですか? だから、僕は僕なりに、結婚してしまった以上は、どうしたらいいのだろう……って日々悩んでいるんです。

 お酒を飲んだ勢いで抱いちゃおうか、そうしたら丸く収まるかなって考えたことも何度もあります。でも、妻を前にしても、全然そんな気持ちになれないんですよ。

 夫婦になったからには、子どもも作らないといけないのかなってプレッシャーも感じているけれど、僕自身の体が応えてくれません。

 このまま子ナシ夫婦として、騙し騙し生活するならなんとかなりそうだけど、妻からこの問題について詰められたら、僕は逃げ出すほうを選択しそうで、自分でも怖いです」

  ◇  ◇  ◇

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。ましてや交際前の男女となれば、なおのことです。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


将来有望なハイスペ男子 好きなタイプは美人とは限りません
 容姿端麗で経済力もあり、家柄も申し分なしのハイスペ男子。どうせなら、そんな人と恋愛したい!と思う女性は多いのではないで...
恋バナ調査隊 2022-05-27 06:00 ラブ
【男に走る女】母親が子どもを捨てて“恋愛”に溺れる深層心理
 お子さんがいるにもかかわらず家を飛び出し、他の男性と生きていくことを選ぶ女性が時々います。芸能人や有名人にもそうした女...
内藤みか 2022-05-26 06:00 ラブ
人生一度きり「イケメンの彼女」目指しちゃう? 特徴は?
 見た目がすべてとは言いませんが、やはり彼氏がイケメンだと人に自慢したくなるものですよね。そんな世のイケメン男性たちは、...
恋バナ調査隊 2022-05-26 06:00 ラブ
他人事じゃない!「夜の生活がなくなった夫婦」レス解決法
 結婚前は2人でいちゃいちゃする時間もあったのに、結婚してから夜の生活がまったくなくなってしまう夫婦はとても多いようです...
恋バナ調査隊 2022-05-26 06:00 ラブ
「趣味はなに?」と男性から聞かれた!万人受けするモテ回答
 社会人になると、なぜか聞かれる定番の質問。 「趣味は何ですか?」と聞かれたら、特に趣味がないと回答に困りますよね。ま...
若林杏樹 2022-05-25 06:00 ラブ
几帳面男性=優良物件! 彼氏にピッタリな5つの“花丸”な特徴
 恋愛をするうえで、相手がどんなタイプなのかは気になるもの。最初から、恋愛向きではないと分かれば、早い段階で諦められるた...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
失恋から立ち直るための“魔法の言葉”5つ つらい時こそ読んで
 失恋をしてしまった時のダメージって、大きいですよね。なにも手につかなくなったり、未練が残って次の恋に踏み出せなかったり...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ