恋愛引退して何年?女性の片思いあるあるから始める現役復帰

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2022-03-31 06:00
投稿日:2022-03-31 06:00
「片思い」というとどこか切ないイメージがありますが、好きな人がいるのはとても幸せなこと。片思いの時しか経験できないことも、たくさんありますよね。
 そこで今回は、女性の片思いあるあるをご紹介します。しばらく恋をお休みしている人も恋愛モードのスイッチが入るかもしれませんよ。

あなたはいくつ思い当たる? 片思いあるある8選♡

 一方的に恋心を持つ「片思い」をするのは、つらいと感じることもあるでしょう。でも、片思いあるあるを見てみると、意外と恋愛を楽しんでいる人が多いことに気づきます。さっそく、見ていきましょう!

1. 会えただけで一日中幸せ

すれ違ったり、目が合っただけでHAPPY(写真:iStock)
すれ違ったり、目が合っただけでHAPPY (写真:iStock)

 学校や職場に好きな人がいる人は多いでしょう。そんな人は、片思いの相手に会えるだけで、一日中幸せな気分でいられるのではないでしょうか。

 ただすれ違っただけで、「おはよう」と挨拶を交わしただけで、「今日も一日頑張れる!」なんて思えるって、とても幸せなことですよね!

2. 目が合うとドキッとする

 片思いをしていると、ついついその相手を目で追ってしまうもの。知らず知らずのうちに、彼をじっと見つめてしまう人も多いはずです。

 そんな時、彼があなたの視線に気づき、うっかり目が合ってしまうこともあるでしょう。自分から見ていたにも関わらず、目が合うとドキッとして慌てて反らしてしまうのも、片思いあるあるです。

3. ほかの女性と話しているだけで嫉妬する

「あの子のことを好きなのかな」(写真:iStock)
「あの子のことを好きなのかな」 (写真:iStock)

 片思いの相手は、あくまでもあなたが一方的に思いを寄せている人です。それを自覚しながらも、彼がほかの女性と話しているのを見るだけで、嫉妬してしまうのも片思いあるある。

「あの子のことを好きなのかな」「付き合っているのかな」なんて勝手に想像し、ショックを受けて落ち込んでしまうこともあるでしょう。

4. 付き合っているところを想像する

 付き合っているところを想像してしまうのも、片思いあるあるです。自分の理想的なデートプランをもとに、彼とデートしているところを想像している人は多いでしょう。

 あまり彼のことを知らなくても、彼の性格やファッションなどを自分の理想に当てはめてイメージし、妄想の中でこっそり盛り上がってしまうこともあります。

5. 占いやおまじないに頼る

占いにハマったりするよね(写真:iStock)
占いにハマったりするよね (写真:iStock)

 恋をすると、占いやおまじないにハマる女性は多いです。「ただの占い」と思いつつも、結果を見て一喜一憂してしまう……これも、片思いあるあるではないでしょうか。

「彼に告白してうまくいくか」「どうすれば付き合えるか」を占いで相談したり、彼と両想いになれるおまじないに頼る人は少なくありません。

6. どんな姿もカッコよく見える

どんな彼を見てもカッコいい♡(写真:iStock)
どんな彼を見てもカッコいい♡ (写真:iStock)

 好きな彼は、なにをしていてもカッコよく見えるもの。たとえ、周りから「ダサい」なんて言われても、あなたから見るとなぜか素敵に映るはずです。

 恋は盲目などといいますが、どんな姿もカッコよく見えるのも片思いだからこそ。恋心が冷めた途端に、「なぜ、あんな人を好きだったんだろう」なんて思うのもあるあるかもしれませんね!

7. 彼との出来事に一喜一憂する

 片思い中は彼との出来事に一喜一憂してしまい、気持ちの浮き沈みが激しくなってしまうもの。

 彼と話せただけで舞い上がるほど幸せな気持ちになれても、そのあと彼がほかの女性と仲良くしている姿を見ただけで一気に気分は急降下。落ち込んでしまうこともあるでしょう。

8. ラブソングに自分を重ねる

ラブソングに自分を重ねて…(写真:iStock)
ラブソングに自分を重ねて… (写真:iStock)

 音楽というのは不思議なもので、その時々で自分にハマる曲があります。片思いの時には「これ、私のことかも!」なんて思って、その曲ばかり聴いてしまう人もいるのではないでしょうか。

 こんなふうに、ラブソングを自分に重ねてしまうのも片思いあるある。恋が終わって時間が経っても、その曲を聞くたびに片思いの相手を思い浮かべてしまう人は少なくありません。

恋愛モードのスイッチは片思いあるあるに隠れているかも♡

また恋をしてみようかな(写真:iStock)
また恋をしてみようかな (写真:iStock)

 しばらく恋愛をお休みしていると、ドキドキ感を忘れてしまいますよね。「恋愛は面倒」なんて思っていたとしても、ご紹介した片思いあるあるを見て淡い片思いを思い出し、恋愛モードのスイッチが入るかもしれません! ぜひ、たくさんの恋をしてくださいね♡

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「20代vs30代」女性の婚活バトルで判明!? 年齢は若いほど有利は幻想だ
 20代女性と30代女性、婚活中の男性はどちらを選ぶのか、がコンセプトのABEMA新恋リア番組『GIRL or LADY...
内藤みか 2023-09-21 06:00 ラブ
大好きな人とのキスでドン引き→集中できず“ご辞退申し上げた”思い出3選
 あなたは男性からのキスにドン引きした経験がありますか? 世の中には意中の彼からのキスでドン引きし、相手への気持ちが激萎...
恋バナ調査隊 2023-09-21 06:00 ラブ
親との関係が影響している可能性も…モラハラ夫を作り出す義母の特徴3つ
 妻に対して攻撃的な言動を繰り返す「モラハラ夫」に怯える女性は少なくありません。家にいても安心してくつろげず、いつも夫の...
恋バナ調査隊 2023-09-21 06:00 ラブ
他人事だとシャッターおろす前に確認を…泥沼不倫に陥る男の特徴と末路
 不倫は他人事と思っているかもしれませんが、あなたの夫が泥沼に陥ってしまう可能性もあります。夫婦関係がうまくいっていると...
恋バナ調査隊 2023-09-20 06:00 ラブ
モテる男攻略のめちゃ大事な第一歩は? 見た目もキャリアも平凡でOK!
 SNSを見ているとイケメンには、スタイル抜群の可愛い彼女がいます。  フォロワーが多かったり、特別なお仕事をして...
若林杏樹 2023-09-20 06:00 ラブ
貴女の度数は? フェロモンジャッジに挑戦! 相性抜群のメンズ香水も♪
 素敵な女性はいい香りがする――。  そう感じるのは、肌から放たれるフェロモンの効果。フェロモンが高まると色気だけ...
太田奈月 2023-09-19 06:00 ラブ
結婚指輪の支払い、どっち!? 左薬指を見るたびにモヤっとするのは嫌…
 結婚指輪は、夫婦の証としてお互いが指にはめる大切なジュエリー。でも、疑問に感じるのが「結婚指輪の支払いをどっちがするの...
恋バナ調査隊 2023-09-19 06:00 ラブ
イチャイチャ希望! あくまでも自然に「彼氏をムラムラさせる」大作戦
 いくら付き合っているとはいえ、女性から彼氏に「セックスしよ!」とは言いづらいですよね。そんな会話ができるのは、カンチと...
恋バナ調査隊 2023-09-18 06:00 ラブ
「人の彼氏を好きになっていた…」後悔しないための行動と失うもの
 人を好きになる気持ちは、自分ではコントロールできないですよね。でも、もしも好きになった相手が人の彼氏だった場合、コント...
恋バナ調査隊 2023-09-18 06:00 ラブ
「妊娠も嘘なんでしょう」虚言癖の恋人を蔑みながら付き合う男の計画
「冷酷と激情のあいだvol.160〜女性編〜」では、恋人・トシさん(仮名)に対して、年齢のみならず、さまざまな嘘をついて...
並木まき 2023-09-16 06:00 ラブ
「38と偽って」妊娠捏造、処置代カンパ…息を吐くように嘘をつく40女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-09-16 06:00 ラブ
察してちゃん、ずるくない!? 既婚者の彼が「別れたいサイン」で濁すワケ
 現在、既婚者の彼と不倫中の女性もいるでしょう。ただ既婚者の中は、関係を終わりにしたくてもハッキリ「別れよう」と言えない...
恋バナ調査隊 2023-09-16 06:00 ラブ
金持ちと結婚=幸せとは限らない? 意外と高い離婚率のワケ
 女性なら、多くの人が憧れる「玉の輿婚」。一見、経済的にゆとりがある結婚生活は、幸せでいっぱいのように思いますよね。でも...
恋バナ調査隊 2023-09-15 06:00 ラブ
チェリーな童貞男子ついに4割に…! あえて付き合うメリットとデメリット
 童貞男性は、私たちの想像以上に大勢います。出会った男性が童貞だったケースも実は結構あるものなのです。  童貞男性と付...
内藤みか 2023-09-14 06:00 ラブ
他人様に相談しにくい性事情、彼氏の“性欲”がつらい場合はどうする?
 いくら仲が良くても、彼氏との性事情は友達に相談しづらいですよね。 「つらい」と感じていても、1人で抱え込んでいる女性...
恋バナ調査隊 2023-09-14 06:00 ラブ
「どんな人がタイプなの?」紹介で“好みの男性”に巡り合うベスト返答
 年齢が上がってくると出会いの数も減ってきてしまいますよね。 「いいな」と思った人にはすでにパートナーがいたり、そ...
若林杏樹 2023-09-13 06:00 ラブ