彼と価値観が合わない…コロナ禍で浮き彫りもすぐ別れるな!

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2022-04-12 06:00
投稿日:2022-04-12 06:00
 コロナ禍になり、生活スタイルが変わった人は多いでしょう。恋人がいない不安や寂しさから恋活に力を入れる人が増えた一方で、コロナがきっかけで恋人との関係性が壊れてしまった人も少なくないようです。
 今回は、コロナにより「恋愛の価値観が合わない」と気づく瞬間や、価値観が合わないことに気づいても別れずに済む方法をご紹介します。

コロナ禍で恋愛の価値観が合わないと気づいた5つの瞬間

 今まで経験のないコロナ禍では、さまざまな気づきがあります。恋愛において、その気づきがマイナスに働いてしまうケースも……。まずは、コロナが原因で恋人と価値観が合わないと気づいた瞬間を見ていきましょう。

1. 会えなくても平気そう

会えないのに平気なの?(写真:iStock)
会えないのに平気なの? (写真:iStock)

 コロナ禍で仕事がリモートになり、外出する機会が減った人は多いでしょう。中には、恋人と会う機会が少なくなってしまった人もいるのでは?

 そんな変化の中、自分は寂しいのに彼氏は会えなくても平気そうで連絡もくれないとなれば、「価値観が違う」と感じてしまうでしょう。

2. 自分のことしか考えていない

トイレットペーパーの買い占め騒動、あったよね(写真:iStock)
トイレットペーパーの買い占め騒動、あったよね (写真:iStock)

 緊急事態の時は、意外とその人の本質が見えてくるもの。頼りがいがある彼氏だと思っていたのに、コロナ禍になって「自分のことしか考えていない」と気づいた人も多くいます。

 当然、そんな自分本位な言動を見ると、価値観のズレを感じずにはいられないでしょう。

3. 感染対策をしてくれない

 コロナについてはまだ分からないことも多いため、何が正解か分かりません。

 しかし、これだけ「感染対策」と言われているのにも関わらず、それをしない人もいます。彼氏がそんなタイプの場合、「もうちょっと気にしたらいいのに」と、価値観の相違を感じてしまう人もいるようです。

4. 平気で遊びに行く

このご時世ではちょっと…(写真:iStock)
このご時世ではちょっと… (写真:iStock)

 コロナ禍になり、休日も外出を控えて家で過ごしている人は多いでしょう。しかし、中には緊急事態宣言などが出ているにも関わらず、平気で遊びに行く人もいます。

 お酒好きは悪いことではありませんが、コロナ禍にお店でマスクをはずして仲間たちと大声で話す彼の姿を想像するだけで「無理」と思ってしまう人もいるでしょう。

5. 仕事への意欲

リモートワークで見えた彼の本性(写真:iStock)
リモートワークで見えた彼の本性 (写真:iStock)

 彼氏が「仕事をしている姿が好き」という女性は多いはず。やはり、仕事をバリバリこなしている男性は、魅力的ですよね。

 しかし、コロナ禍になり仕事への意欲が薄れてしまった男性は少なくありません。リモートワークになり、「適当にやっておけばいいよ」なんて言う彼を見て、仕事への価値観の違いに気づく人もいます。

コロナに負けない! 価値観が合わなくても別れない方法

 コロナ禍で彼との価値観の違いに気づいた人の中には、「それでも別れたくない」と思っている人もいるでしょう。価値観の違いは、あなた次第でどうにかなるかもしれませんよ。

1. お互いに冷静に話し合う

責めずに冷静な話し合いを(写真:iStock)
責めずに冷静な話し合いを (写真:iStock)

 価値観の違いに気づいたら、それを伝えるのも大切です。「私はこう思っているんだけど、どう?」と冷静な話し合いができれば、お互いの考えをすり合わせることができるでしょう。

 この時、決して責めないようにしましょう。お互いを認め合うことが価値観の相違を埋める第一歩になるはずですよ。

2. 考え方に柔軟性を持つ

 価値観は人によって違いますし、自分自身も経験によって変わるものです。自分が正しいと思わず、彼氏の考え方に柔軟性を持ち、自分の考え方を見直すのも必要でしょう。

3. 感染対策をしたうえで楽しむ

感染対策はしっかりと!(写真:iStock)
感染対策はしっかりと! (写真:iStock)

 コロナ禍になって、できなくなってしまったことはたくさんあるでしょう。しかし、今だからこそ楽しめることもあるはずです。感染対策をしっかりしたうえで、彼氏と一緒にデートプランを練ってみるのもひとつの方法。新鮮さを保てるはずですよ。

コロナに負けないで! 恋愛の価値観には臨機応変に対応しよう

絆を深めるチャンス(写真:iStock)
絆を深めるチャンス (写真:iStock)

 せっかく彼氏がいるのに、コロナ禍のせいで価値観の違いに気づき、それが理由で別れてしまってはもったいありません。今だからこそ、二人の絆を深める絶好のチャンスと考え、距離を縮めてみませんか?

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ラブ 新着一覧


年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ
器が小さい男性の見極め方 交際後に幻滅&ストレスMAXエピソード3選
 器の大きい男は、豪快で頼りがいがあってかっこいいですよね! でも、残念ながら世の中には「器が小さい男」もたくさんいるの...
恋バナ調査隊 2024-02-20 06:00 ラブ
本命じゃない人と結婚したっていい…幸せのための5つの心得
 愛し合うカップルのゴールとされる、結婚。一方で、なかには「本命じゃない人と結婚することになった」と悩んでいる女性も存在...
恋バナ調査隊 2024-02-19 06:00 ラブ
美人の結婚が遅い3つの理由、男性の切ない本音を紐解くと…
 女性から羨ましがられる美人は、結婚も早いだろうと誰もが思いますよね。でも、実際に周囲を見回してみると、見た目は平均点の...
恋バナ調査隊 2024-02-19 06:00 ラブ
「性欲強めになったのは…」今カレにはナイショ!元カレの影響6選
「好きな人の口癖がうつっちゃった」なんて経験がある女性は、多いのではないでしょうか?  人は好意を持っている相手や長く...
恋バナ調査隊 2024-02-18 06:00 ラブ
男「日曜会えない?」独女「100人の部下が動いてて」残念あるあるLINE
 40代になっても独身を貫く人には、いくつかの共通点があります。  男性としては、独女特有の共通点を察知した途端、...
恋バナ調査隊 2024-02-18 06:00 ラブ
“半径3m”に合コンの指示書…芸人だけにあらず! 必死感ダダもれLINE
 芸能界でも話題となっている“合コン指示書”ですが、一般社会でも出回っているようです。合コンに向けて送られてくる命令や要...
恋バナ調査隊 2024-02-17 06:00 ラブ
「40代の婚約者が別居婚を望むのは年齢的な問題?」とブルーな43歳男
「冷酷と激情のあいだvol.182〜女性編〜」では、婚約したヨシテルさん(43歳・仮名)のニオイを生理的に受け付けなくな...
並木まき 2024-02-17 06:00 ラブ
そうだ、別居婚だ!婚約者のツンとしたニオイに倒れそうな43歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-17 06:00 ラブ
女性への理想はエベレスト級? 陰キャ男性のこじらせ恋愛あるある5選
 今回は、陰キャ男性の恋愛あるあるを紹介します。陽キャ男性は男性・女性関係なくフレンドリーにコミュニケーションを取ろうと...
恋バナ調査隊 2024-02-17 06:00 ラブ
幸せにはなれないかも…体だけの「割り切った関係」を望む男たちの事情
「セックスする仲でも付き合うのは無理」と、割り切った関係を望む男性は一定数いるもの。そんな彼に悩んでいる女性もいるでしょ...
恋バナ調査隊 2024-02-17 06:00 ラブ
コスパもタイパもいいかも♡奢られ上手の女性がデートで実践するテク3選
 奢られ上手な女性は、本当に嫌味なく気持ちよく奢られていますよね。反対に奢られるのが苦手な人は、オドオドしたり、レジ前で...
恋バナ調査隊 2024-02-17 06:00 ラブ
隙あらば会話泥棒! すぐ「俺も」としゃしゃり出る“自分語り”男の心理
 会話中、すぐに「俺もさ〜」と自分語りに話を持っていく男性ってかなり多いですよね。  女性からすると「いや、聞いてない...
恋バナ調査隊 2024-02-16 06:00 ラブ