「痔の薬よろしく」彼氏に誤送信LINE!終わったと思いきや…

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2022-06-01 12:25
投稿日:2022-05-01 06:00
 大好きな人の前では、いつでも可愛くいたいもの。でも、私たちの日常には、それを脅かす危険なツールがあります。
 そう、「LINE」です。いろいろな人に気軽にメッセージを送れる反面、「誤送信」という落とし穴が待っている……。今回はそんなLINEの落とし穴にハマって誤送信してしまい、化けの皮が剥がれてしまった女性3人のLINEをお届けします。

終わった…彼氏への誤送信LINEで化けの皮が剥がれた瞬間3選

彼氏に誤爆!!(写真:iStock)
彼氏に誤爆!! (写真:iStock)

1. 不要な報告をして彼氏を失ったLINE

 こちらの女性は、こともあろうか仲の良い女友達に送るつもりだったLINEを彼氏に誤送信してしまったようです。

 内容は「今季一番でかい鼻くそとれた♡」というもの(笑)。慌てて「違う違う! この女友達から届いたLINEを転送しちゃったの!」と弁解するも、文章的には無理がある言い訳で彼氏も呆れ気味。

 さらに、何を血迷ったか、芸人さんの面白スタンプを使って場の空気を変えようする顛末。もちろん、空気はさらに凍りつき、この後2人は別れてしまったそうです。たったひとつ不幸中の幸いだったのは、写真を送らなかったことですね……。

 過ぎたことは変えられません。ここは開き直って、次の恋愛に挑戦しましょう!

2. 誤送信で彼氏の懐の大きさを知り号泣

 こちらの女性、大好きな彼氏の前ではいつでも完璧でいようとして綺麗に着飾り、常に笑顔で過ごしていたそう。ところがある日、「痔の薬を買ってきて! かゆみもあるから塗るタイプね!」というLINEをお母さんに送るつもりが、なんと彼氏に誤送信してしまったのです。

 これに対してすかさず「これはママの痔なの!」と言い訳したのですが、この後、反対に彼氏の本音を知ることに……。実は彼氏、いつでも欠点をまったく見せない彼女にどこか寂しさを感じていたんだそう。

「痔」という一見隠したいマイナスのような一面を知れたことで、「そのほうが人間ぽくて可愛いよ」と一言! これに彼女は、ただ号泣するスタンプで返していますね(笑)。誤送信でようやく本来の自分が出せて、愛も深まった2人でした。

3. ドラマのようなどんでん返しを生んだ伝説のLINE

 こちらの女性は、イケメンの彼氏と付き合っていることがステータスだったそう。そんな時、何も知らない女友達の一人が、女性の彼氏に恋をしたことを打ち明けてきたのだとか。

 これに対して、このLINEの女性は「私の彼氏のこと好きらしいw 私と付き合ってることは黙っておいて! 告白するまで観察するわw」と、違う女友達に送るはずの性格の悪いLINEを彼氏に誤送信……。

 最終的にLINEを送ったこの女性は振られて、バカにしていた女友達と彼氏が付き合うことに! まるで月9ドラマのようなどんでん返しの結末に、さすがの女性も反省したようですよ。

彼氏への誤送信LINEでお互いの本当の相性がわかるかも!

 誤送信LINEといっても、化けの皮が剥がれたことで別れるカップル、絆が深まるカップルがいるようです。誰でも、最初は恋人の前でいい顔をしてしまうもの。でも、本当は、最初からありのままの自分で付き合えたらベストですよね。

 どうしても本性を彼氏に見せられずに背伸びをしてしまっている人は、LINEの誤送信を利用して、彼氏との相性や本音をチェックしてみるのもひとつの方法かもしれませんね。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


お金に執着する女が結婚できない理由3つ 大切なことを見失った悲しい末路
 婚活中は、改めて自分がどんな男性に惹かれるのかを見つめ直す機会になりますよね。性格や趣味、価値観や見た目にこだわる人も...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
だから「媚びる女」は嫌い! 男性の本音と“媚び認定”する女の言動とは
 恋愛で「媚びる」を武器にしている女性はいませんか? でもその武器は、嫌われるきっかけになる恐れもあるため注意が必要です...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
更生して一途に?それとも性病に苦しむ?遊びだった人の明暗を分ける瞬間
 遊び人の男性にもてあそばれ、つらい思いをした女性もいるでしょう。しかし、遊び人でも年齢や経験を重ねて更生する場合がある...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
30代40代「婚活の後悔」4選 あのときどうして気づかなかったんだろう
 婚活に励んでいる女性は必見! 「あのときこうしておけば…」と、自身の婚活に後悔がある女性たちの話を集めてみました。 ...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
甘い新婚生活なんて誰が言った?ラブラブ一転イライラ爆発エピソード5選
「新婚」と聞くと、誰もがラブラブな生活を想像するでしょう。 でも、共同生活を始めて間もない新婚は、イライラする機会も多い...
恋バナ調査隊 2024-02-25 06:00 ラブ
男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ