美しいウクライナ女性たち 戦火でも“バッチリメイク”の理由

コクハク編集部
更新日:2022-04-29 06:00
投稿日:2022-04-29 06:00

ウクライナは世界有数の美人が多い国

ウクライナ国の公式Instagramより
ウクライナ国の公式Instagramより

 ロシアがウクライナに軍事侵攻し、24日で2カ月が経った。一連の報道で目を引くのは、現地のウクライナ女性のメイク姿である。避難先で攻撃を受けた後のインタビューに応じる女性たちが、きれいにメイクして答えていたのだ。

 もともとウクライナは世界有数の美人が多い国として知られる。理由は諸説あるが、たとえばトルコやポーランド、ロシアなどからの移民が多く、何世代もの間に美人が増えていったとされている。また、地理的に緯度の高い位置にあって、太陽の紫外線の影響を受けにくいため、肌がきれいな人が多い。

国際女性デーに投稿された女性兵士の姿も…

 さらに、国策としてモデル事業に着手しているため、美意識が高いからと考えられている。だから、どんなに厳しい状況でも、女性としての美しさを“誇り”として保っているのかもしれない。

 戦場にいる女性も同じ。現在、ウクライナ軍として約3万人の女性兵士が活躍している。3月8日の国際女性デーには、ウクライナ国の公式インスタグラムに、女性兵士の姿が多数投稿されたが、肌の色が美しく健康的に見えるメイクで微笑みながら銃を持つ姿が印象的だった。

「美」は誇りと決意表明か

ウクライナ国の公式Instagramより
ウクライナ国の公式Instagramより

 戦火の中でも、眉を整え口紅もしているのは、彼女たちの誇りと決意表明なのだろうか。元陸自レンジャー隊員の井筒高雄氏はこう言う。

「日本の場合ですが、自衛隊法第58条で『品位を保つ義務』が課されています。脱色や金髪、長髪は禁じられ、鼻毛が出ていたり、無精ひげを生やしているのもNGです。女性自衛官は駐屯地で、きれいに化粧されています。ただし、戦争部隊となると化粧するマインドはありません。化粧といえば軍事的に敵から身を隠す意味も含めて、ドーランを塗って迷彩色のペイントを施すことはあります」

 女性自衛官は髪型も、黒髪のショートカットやひとつに束ねていて“オシャレ”に気遣う余裕はなさそうだ。だが、ウクライナ女性兵士は違う。それはなぜか。

「今日が最後になるかもしれない」

「兵士は武器を持って戦場で闘う以上、生きて帰る保障はありません。それは世界共通で、彼女たちの気持ちはよくわかります。もしかしたら、『今日が最後になるかもしれない』という思いが、化粧をし、身だしなみを整えて美しい自分であろうとするモチベーションになっているのかもしれません」(前出の井筒高雄氏)

 メイクにも大きな意味が込められているのかもしれない。

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

ライフスタイル 新着一覧


「秋波を送る」は、もはや美人だけの特権ではない。
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
令和なのに「婦人会=奴隷」な件! 田舎あるあるに見る窮屈な人間関係
 田舎は人と人の繋がりが濃く、助け合ったり情報を共有し合ったりできるメリットがあります。しかし、その濃さや交友関係の狭さ...
【銀座】カラオケ館が仕掛ける“ノマド喫茶”誕生!無料豚汁の具がデカい
 人気のスタバやドトールはいつも満席でカフェ難民になることもしばしばな銀座・有楽町エリア。そんな都内喫茶激戦区で、カラオ...
【独自】すいかばか'24~究極のレシピを求めて#1 「寿風土ファーム」代表・小林栄一さんのある決意
 4月の始め、白州は少し遅めの春。冬を越した畑は、春の七草ホトケノザで一面紫の絨毯のようだった。  久しぶりに会っ...
インスタは安定のウザイ投稿祭りだよ!「可愛いよ」待ちがごく痛々しい
 知人・友人の生活を垣間見ることができる、インスタ。友人の近況を知れたり、幸せのお裾分けをしてもらったりと良いところがあ...
【拡散禁止】リモートワークのサボり方を全力で考えた。25分→5分の法則
 リモートワークの醍醐味といえば何ですか? そうです、サボりですね! リモートワークのときは周りの目もないので、やらなけ...
祖父がぽつり「年上女が好きだけど誰も生きてねえ」後期高齢者のLINEには切なさがつきもの
 最近では、後期高齢者でもスマホを操り、LINEを使いこなす人も多くいます。でも、おじいちゃんやおばあちゃんから送られて...
買って正解!不正解?「ニトリ」99円バスグッズが机周りで優秀だった件
 ニトリから生まれたインテリア雑貨のお店『デコホーム』で購入したバスグッズを紹介します♪  デコホームの魅力はなん...
長崎県の池島に上陸! お土産に夢中な“たまたま”をこっそり激写
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
親の介護が必要に【専門家監修】一人で悩まない!知っておきたい公的制度
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
任期中に【18万円】の最低保証!シンママ生活応援プロジェクト
 ただいま、『コクハクリーダーズ』2期生を、絶賛募集中!  今回は「シングルマザー応援企画」。シングルマザーであれ...
2024-05-15 11:40 ライフスタイル
花の値段も上がる一方だが、買いに来る女は必ずしもお金持ちとは限らない
 連日連夜「これも値上がりかぁ」と悶々としております。大好きなお菓子や菓子パンのサイズや個数が減っているのを確認するたび...
在宅ワークの暇つぶしも恋バナに限る。独女、久しぶりの胸アツ実況中継
 コロナ禍で、一気に在宅ワークをする人が増えましたよね。でも会社にいる時とは違い、雑談や電話などの雑務も減るため、在宅ワ...
【常勝無敗】ビールしか勝たん!飲み会好きな40女の太らないルール3本柱
 嬉しいことに最近飲みのお誘いが増えております。コロナ禍のあの日々はいったい何だったんだ…というくらい。とはいえ、気にな...
これヒットだわ…薄い・軽い・便利!40女を身軽にするU-1000円“神”3品
「薄型」で「便利」の2つが揃ったアイテムは、自宅だけでなく、出張や旅行でも活躍間違いなし…!  40代になると、出かけ...
職場の「かまってちゃんおばさん」対処法 波風立てずに断るひと言がある
 どの職場にもほぼいる「かまってちゃんおばさん」。忙しい仕事中に「かまって」アピールされたり雑談で引き止められたりすると...