男性が恐怖に陥った…女性の“黒い本性”が見える怖いLINE5つ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-08-23 20:46
投稿日:2021-08-21 06:00
 LINEは気軽に文章を送れてしまうからこそ、言葉の端々に相手の本性が表れやすいもの。今回は、LINEで男性たちを恐怖に陥れた「女性の本性が垣間見える怖い内容」を5つご紹介します。LINEでやりとりする際には、くれぐれも相手の本性を見極めながら、上手な距離を保ってくださいね……。

男性を恐怖に陥れた「女性の本性が出た怖いLINE」5つ

1. 同僚の悪いところを密告

 こちらの男性は会社の飲み会に参加した翌日、女性の上司からLINEが入ったそうです。内容は、「飲み会に隣の部署の女の子も来たの?」というもの。そして、「その子は女子から嫌われているから気をつけて」という悪口が……。ちなみに、“隣の部署のしおりさん”は、社内でも可愛いと評判の女性でした。

 後から同僚に聞いたところによると、どうやら女性上司はこの男性のことがお気に入りだったよう。つまり、ライバルを蹴落とそうと思って送ってきたLINEだったのです。この男性も、「女性って本当に怖い」と痛感したそうです。

2. 毎日同じ時間にLINE

 こちらは、ちょっとしたホラーLINE。この男性、1カ月前に合コンで出会った女性とLINEを交換したら、毎晩22時22分になるとLINEが届くようになりました。怖いので未読無視をしているのに、それでもお構いなしに毎晩届くそう……。

 女友達に相談したところ、ネットで「ゾロ目の時間に好きな人のことを思うと両思いになれる」というおまじないがあるから、それを意識したのではないか? とのこと。とはいえ、未読無視をされているのに送り続けたら、叶う恋も叶わなくなりそうですが……。まさに、恋は盲目なのでしょう。

3. 返信が遅れたら態度が急変

 こちらのLINEは、最近女友達から紹介された女性とのやりとり。出会った時から、かなりグイグイ押してきたので「好かれているのかな?」と、思っていた男性。でも、彼女がいるかどうかについての返信が翌日になってしまった時、女性の本性が見えたそうです。

 突然、言葉遣いが急変し、「遅せーし」「調子に乗りやがって」など、それまでとは別人のような文章が……。さらに「もう興味ないからいいわ!」と、それまで続いていたLINEもぱたっと終わったそうです。猫をかぶっていた女性の本性が見える瞬間って、本当に怖いですね。

4. 女友達へのLINEを誤爆で本性丸出し

 知り合った女性とデートをした、こちらの男性。彼女はとても楽しそうにしていたし、デート後にも丁寧なお礼LINEが届いたので、すっかり「脈あり」だと思っていたそうです。

 ところが、その直後に届いた誤送信LINE! 女友達宛てに送ったであろうLINEには、男性とのデートについての文句や、さらに「男友達を紹介してもらうためにキープしておく」といった内容までが並んでいました。

 脈ありとまで思わせる演技力と裏の顔を知り、男性は女性のことが信じられなくなってしまったそうです。

5. 会社の裏事情に精通

 こちらのLINEは、会社に入社して1カ月の女性に送ったLINE。さらっと送られてくるLINEの内容には、社内の裏事情に精通した内容がズラリ。入社13年のこちらの男性でさえ、まったく知らない内容ばかりでした。

 翌日、同僚たちに聞いても誰も知らない情報でしたが、しかし、彼女が話した内容は後に全部本当になったそう。どのようなルートで情報を仕入れているのかはわかりませんが、情報通の女性っていますよね……。仕事をしながら、聞き耳を立てているのかもしれません。

男性は要注意! 女性の怖い本性はLINEに表れる!

 女性の本性がわかるLINEの内容を見ていると、本当に女性のことが信じられなくなってしまいそうですね。男性と女性との間でも怖さがありますが、本当に怖いのは女同士の関係かもしれません……。ぜひ、世の男性は「女性はたくましい生き物だ」ということを肝に命じておいてくださいね!

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


8年前に“ゆるFIRE”した男 新NISAより確実なリターンは自分への投資
 コミックや書籍など数々の表紙デザインを手がけてきた元・装丁デザイナーの山口明さん(64)。多忙な現役時代を経て、56歳...
母親は夢を諦めなきゃダメですか?夫を「支えてあげて」の言葉が悔しい
 かつて漫画家を目指していた夫婦の絵里奈と拓郎。双子の子供ができたことを機に、夢を諦め堅気の生活をしている。  夜...
浮気より酷い夫の裏切り SNSには私の知らない「もう1人の彼」がいた
 かつて漫画家を目指していた夫婦の絵里奈と拓郎。双子の子供ができたことを機に、夢を諦め堅気の生活を暮らしている。 ...
妊娠妻の電話に出ない…いまだ夢見る漫画家志望の夫とワンオペ妻の軋轢
 初夏の印象が霞むほどの汗ばむ陽気の午前中。  林絵里奈は井の頭公園の池のほとりのベンチに腰を掛け、在りし日のデー...
「晩ごはん何?」焼肉、すき焼き却下でもやし炒め! 家族間攻防LINE3戦
 仕事で疲れて帰宅した時、一番楽しみなのは晩ごはんですよね! とはいえ、主婦としては毎日の晩ごはんのメニューを考えるのも...
【ファミマ】コンビニ衣類正直レビュー、ショーパンゆる履きはOKだけど
 ファミリーマートとファセッタズム(FACETASM)のデザイナー落合宏理氏が共同開発した衣類「コンビニエンスウェア」。...
【独自】すいかばか初の“夕方専用すいか”、気になる出来栄えは?
 すいか生産量全国47位、ごくごくレアな山梨県ですいか作りに情熱を注ぐ「寿風土(こどぶきふうど)ファーム」代表の小林栄一...
インフルエンサー退職願望のアラフォー、“発信=スキル”なる大きな勘違い
 普通の会社員を続けることに不安を感じる女性が増えています。周囲に自分の才能を活かして稼いでいるがいると、「自分も何か発...
職場やママ友“ケチな人”との付き合い方5選 1円単位で文句ブーブーは勘弁
「この飲み会、私はあまり飲んでないから、あなたたちが多めに払ってくれるよね?」「ここの料理、5,000円もするの? え〜...
背徳感がたまらにゃい♡ ガラステーブルの下から見る涼し気“たまたま”
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
夏場の観葉植物、様子が変!間違った育て方、救済法、最新便利グッズまで
 危険な暑さが続く夏。猫店長「さぶ」率いる我が愛すべきお花屋は古い平屋の建屋のため、エアコンをフル活用しても、毎日が熱中...
きっと、夫も気付いていた…40女が長年の“腐れ縁”にケリをつける日
 実は筆者には、結婚前から長く続いている“腐れ縁”があります。その相手を仮にP氏とします。
くねくねコロンは信頼の証♡ 無防備な“たまたま”をガン見しちゃおう
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
目的地は決めてない 見知らぬ町を深夜にふらつく解放感
 終電が終わって、深夜の踏切はしばしの休憩。また朝から大忙しだからね。  こちらは明日は予定もないから、見知らぬ町...
【難解女ことば】「婆」の部首はさんずいではない。正解は?
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
母と夫がまさか…流行りの性格診断で腰抜かす『16Personalities』が怖い
 SNSのプロフィールに診断結果のアルファベットを入れたり、それぞれの性格をコンテンツにまとめたりと、若者を中心に流行し...
2024-07-06 06:00 ライフスタイル