「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方

内藤みか 作家
更新日:2022-05-12 06:00
投稿日:2022-05-12 06:00
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相手なので、慎重な行動が必要です。
 そんな時は、相手のSNSアカウントのどのようなところをチェックするといいのでしょうか?

SNSなら教えてもらいやすい

女性は無料で利用できるけれど…(写真:iStock)
女性は無料で利用できるけれど… (写真:iStock)

 ネットでの出会いで、携帯電話の番号やメールアドレスを教える人は少ないでしょう。SNSアカウントで通話もメッセージもできてしまうので、その必要がないのです。

 そのためマッチングアプリをしていると、「SNSでやり取りしませんか?」と持ちかけられることがあります。

 マッチングアプリの多くは、男性だけ利用料金がかかります。SNSでやり取りすれば、女性と無料でやり取りできるため、SNS交換をしたがる男性が多いのです。

 そしてこのSNSをチェックすれば、相手の男性の信用度も透けて見えてくるはずです。

「サブアカ」と「本アカ」を見極める

サブアカ男子には要注意!(写真:iStock)
サブアカ男子には要注意! (写真:iStock)

 まず、相手が教えてくれたアカウントが普段使っているものなのか、それともサブアカウントなのかをチェックしましょう。

 メッセージアプリなら、日本人があまり使わないアプリを指定してくる場合、サブアカウントの可能性が高いです。SNSアカウントの場合、彼のフォロワーが100人未満でほぼ女性ばかりなら、サブだと思われます。

 わざわざサブアカウントを用意している男性は、過去にも同様の手段で女性とやり取りした経験者だといえるでしょう。

 自分の素性を隠して女性と知り合いたいと考えているわけですから、既婚者の可能性も否定できません。こうしたアカウントの男性には慎重な行動が必要です。

 逆に、本人が普段使っているであろうアカウントを教えてくれた男性については、かなり信用度が高いといえるでしょう。

 SNSアカウントには男性の友人知人もわかるため、どういう人たちと関わりがあるのかも見ることができます。そのようなアカウントを誰にでも教えているわけではないでしょう。

なりすましチェックも

本人のアカウントかどうかを確認して(写真:iStock)
本人のアカウントかどうかを確認して (写真:iStock)

 ただし、他人のSNSアカウントを伝えてくる悪質な人もいます。

 例えば、ハンサムで一流企業に勤める男性。SNSアカウントを伝えたうえで、「SNSは勤務中は使用を禁止されているので、こちらから連絡してほしい」と別のメッセージアプリを教えてくることがあるのです。

 なので、SNSアカウントを教えてもらった時には、一度そこにメッセージを送ってみましょう。男性からきちんと返信があるのなら、本人だということが確定できるので安心です。

 逆になりすましであった場合、SNSにメッセージを送りましたと伝えた時点で返答に詰まるはずです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


体育会彼氏の恋愛傾向ってどうよ?40代婚活女が落とすには…
 引き締まった男らしい体が素敵な体育会系男子は、女性に人気がありますよね! でも、40代で婚活中の女性からすると手の届か...
恋バナ調査隊 2022-10-04 06:00 ラブ
夫のイラっとする口癖6語に共感!「~でいいや」って何様?
 毎日の夫のイラッとする口癖、ストレスが溜まりますよね。実は、熟年離婚をする人は、浮気や借金などの大きな出来事ではなく、...
恋バナ調査隊 2022-10-03 06:00 ラブ
超ドMなの? 彼氏の束縛が嬉しい女性が抱く「欲望」の種類
 彼氏からの束縛が「鬱陶しい」「窮屈」という愚痴は、よく聞くものです。しかし、中には束縛を嬉しく感じる女性もいるようです...
恋バナ調査隊 2022-10-03 06:00 ラブ
「車擦って財布なくす」とウジ男さん 元カレの女々しいLINE
 忘れた頃にやってくる「元カレ」からのLINEって厄介ですよね。自分のほうから別れを切り出したくせに、何を今さら? って...
恋バナ調査隊 2022-10-02 13:32 ラブ
片付けられない男性の“調教”トリセツ 百年の恋が冷める前に
 結婚を意識し始めた大人女子にとって、彼氏が物を片付けられないという事実は、大きな不安材料でしょう。実は「何歳になっても...
恋バナ調査隊 2022-10-02 06:00 ラブ
書類だけの妻がいいけど…レスなのに求婚した潔癖男の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.110〜女性編〜」では、交際9カ月にして深刻なセックスレスに陥っているのに、彼氏であるマサム...
並木まき 2022-10-01 06:00 ラブ
セックスレスなハイスペ男性からの求婚!即答できない33歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-10-01 06:00 ラブ
「り」で浮気認定!疑わずにはいられない彼の怪しいLINE3選
 あなたには、彼氏に浮気された経験があるでしょうか。もしあるなら、なにがきっかけで彼氏の浮気を知りましたか? 「ある日...
恋バナ調査隊 2022-10-01 06:00 ラブ
リモート恋愛で婚活する40代急増中!はじめ方&成功の法則
 長引くコロナ禍は、40代女性の婚活事情にも大きな変化をもたらしました。非接触が広まったことから「リモート恋愛」で婚活を...
恋バナ調査隊 2022-10-01 06:00 ラブ
恋愛経験なしのアラサーへ…焦りは禁物!幸せな恋への3STEP
 恋愛経験なしのままアラサーを迎えてしまうと、「もしかして私ってこのまま恋愛できないかも……」と不安や焦りを感じてしまう...
恋バナ調査隊 2022-09-30 06:00 ラブ
恋活・婚活は「リモワ男子」を狙う!スーツケースじゃないよ
 コロナ禍もだいぶ落ち着いてきたとはいえ、依然としてリモート勤務を続けている男性もいます。彼らは実は、恋活や婚活に狙い目...
内藤みか 2022-09-29 06:00 ラブ
わ、いいかも♡ ドS彼氏からの不意打ち胸キュンLINE3選
 ドS彼氏を持つ女性に「そんな彼氏のどこがいいの?」と思う人もいるでしょう。でも、ドS彼氏の意外な一面を見たら、あなたも...
恋バナ調査隊 2022-09-29 06:00 ラブ
NO,ヤリモク!“都合のいい女”回避で初デートを成功させる法
 気になる男性との初デート、絶対に成功させたいですよね。できればデートを通して関係を深めて、真剣交際に発展させたいもの。...
若林杏樹 2022-09-28 06:00 ラブ
浮気の沼から出たい!なぜ禁断の恋ばかり? 5つのやめる方法
 パートナーがいるにも関わらず、ドキドキ感がたまらなくて浮気にはまってしまう人は少なくありません。しかし、ある程度の期間...
恋バナ調査隊 2022-09-28 06:00 ラブ
仰天!男目線で分析する「美人の条件6つ」演じる際の参考に
 男性からモテるために「美人な女性」を目指していても、実は男女で美人の条件は大きく異なるようです。つまり、男性にモテるた...
恋バナ調査隊 2022-09-28 06:00 ラブ
【実録】離婚は嘘、嫁いるよね?絶対に自宅に誘ってこない男
 こんにちは! 林知佳と申します。マッチングアプリで出会ったとんでもない男たちの第2回目! 世の中の女子たちがこれを読ん...
林知佳 2022-09-27 06:00 ラブ