「青春七五三」の日 2022.5.15(日)

小原玲 動物写真家
更新日:2022-05-15 06:00
投稿日:2022-05-15 06:00
(C)小原玲
(C)小原玲

 5月15日は「青春七五三」の日 。

「幼い子どもの成長を祝う七五三から10年、13歳、15歳、17歳のまさに青春真っ盛りの少年少女に、これからの人生に対して励ましのエールを送ろうという日。

 11月15日の七五三から半年ずらした今日とした。大人へ成長する通過点として、社会性を身につけることも目的とする」(日本記念日協会HPより引用)

 青春時代に続く、朱夏、白秋、玄冬の世代にもエールを……!

関連キーワード

日めくりコクハク 新着一覧


なんかよう? 2022.7.4(月)
 こっちだってさ、忙しいんだよね。  こう見えても貴重な休憩時間だからさ。  だけど、どうしてもって言うのな...
ほどよい距離感で 2022.7.3(日)
 ほどよい距離を保ちながら、それぞれが違うところを見ている。  もしかして、シマエナガちゃんもソーシャルディスタン...
思いをはせる場所 2022.7.1 (金)
 気持ちを整理する。何かに思いをはせる。  そんなことに適した場所がある。  誰かと一緒ではなく、ひとりで向...
暑いのも寒いのもタイヘン 2022.6.29(水)
 こんな暑い日には、涼しげなシマエナガちゃんを拝んで涼を取りましょう。  シマエナガちゃんがまん丸なのは羽の下に空...
夢で見た光景 2022.6.27 (月)
 あれはとても暑い日だった。空と海が青色でつながっていた。  ブランコに揺れる後ろ姿の少年は、いつかの自分。
待ってたよ! 2022.6.26(日)
こんなに大きなお口で待っててくれたら、餌を運んできた甲斐があるというもの。 どんどん食べて大人になったら、いつかは...
こんな道をどこまでも行こう 2022.6.24(金)
 訪れたこともないのに、なぜか懐かしく感じる場所ってあるよね。  実家から山が見えたから? 都会生まれの人も同じよ...
もどかしい距離 2022.6.22(水)
こんなに近くにいるのに、あと一歩が踏み出せないんだよね。 もっと見つめたいけど、見てないふり。 勇気を出して...
とどまり続ける 2022.6.21(火)
ずっと同じ場所にとどまるわけにはいかないけれど。 変わらない場所っていつまであるのかな。
数の力 2022.6.19(日)
「三人寄れば文殊の知恵」とはいうけれど……。  じゃあ、17羽が集まったらもっとすごいことを思いつきそうだね!
空中街道 2022.6.17(金)
見上げると、ビルとクレーンの間をスイスイと歩く人たち。 人が空を歩く未来も近そうじゃない?
ちょっと気が早いけど 2022.6.15(水)
きょうは日本で初めて暑中見舞いはがきが発売された日。 うちわや朝顔が描かれて涼しげで素敵だけど、「誰に出せばいいん...
ピカピカの街で 2022.6.12(日)
慣れない日差しがまぶしくて、影を見つけて逃げ込んだ。 ピカピカの街で見覚えがあるのは裏路地だけだ。
斜めに見るって悪くない 2022.6.11(土)
いつも真っ直ぐじゃ疲れちゃう。 世の中を斜めに見てみたら、いつもは見えないものが見えてくる……かもね。
馴染みの街が飲み込まれてゆく 2022.6.10(金)
馴染みの街を歩いていたはずが、知らない風景が広がっていた。 どこもかしこも均されて、同じようになるのは寂しくて。 ...
そんな日もあるよ 2022.6.8(水)
なんとなく足元がおぼつかない日ってあるよね。 そんな日は焦らず休んで、明日からまた飛び立つ準備をしておこう。 ...