主婦レズビアンの告白#1…欲望を埋めてくれた同性パートナー

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2019-04-25 17:26
投稿日:2019-04-18 06:00

女ならではの快楽のツボを的確に

女性同士ならではの快楽(写真:iStock)
女性同士ならではの快楽 (写真:iStock)

 年々、増加傾向にあるセックスレス夫婦。夫に「拒まれ続けた」妻たちが、誰かに愛されることを実感したい切なる思いから婚外恋愛へと走ってしまうケースは少なくない。

 ――ただ、その相手が「同性」ならばどうだろう? そして女性とのセックスが、これまで経験したことのない快楽と心の充足感を与えてくれたとしたら――?

 実は筆者自身、女性と付き合った過去がある。

 ペニスを持たない女性は、指と舌を駆使し、女ならではの快楽のツボを的確に押さえた愛撫を与えてくれる。何度も絶頂へと導かれ、底なし沼のような果てしもない快楽を味あわせてくれ、これまでのセックスを覆すほどの愉悦を体に刻んでくれたのだ。

 今回は「心の隙間を埋めてくれる同性パートナー」に出会ってしまった妻(35歳・薬剤師)のケースをご紹介します。

すがるように「帰りたくない」と

「でも、嫌じゃなかったんです」(写真:iStock)
「でも、嫌じゃなかったんです」 (写真:iStock)

「10歳上の夫とは、結婚と同時にセックスレスが始まりました」

 そう語るのは一昨年結婚した妻・Y子さん(35歳・薬剤師)だ。

 3年間の恋人期間を経ての結婚とあって、よく言えば安定、悪く言えば新鮮味が薄れた状態での新婚生活がスタートしたという。

 また、子供を持つことへの考えも正反対だった。バツイチの夫はすでに先妻との間に小学生の男児がおり、子供は望まない向きだ。

「子供を持たない件は私も理解していましたが、気持ちって変化しますよね。妊娠だけが目的ではありませんが、セックスレスで悩んでた時期でもあり、時々セックスの誘いを持ちかけたんです」。

 初めこそ「疲れてる」「週末にね」と先延ばし状態でしたが、ある日、「いい歳して色ボケか?バーカ」と心ない言葉を返され、ショックを受けたという。

 そんな時だった。ミュージカルや宝塚観劇が趣味だったY子さんに、趣味仲間がDさん(37歳・映像関係・独身)を紹介してくれた。

「ショートカットですらりと背の高い、宝塚の男役のようなオーラがある美しい女性でした。映像関係の仕事をしているせいか、物の見方やセンスが斬新で頭の回転が速い、話も面白い。細身のパンツスーツが似合う都会的な彼女に会うたび、惹かれている自分に気づきました」

 ちなみにY子さんは、男性としか付き合ったことのないヘテロ(異性愛者)。

 Dさんとは数回、二人だけで食事をし、いつものように彼女が運転する車で送ってもらった時――。

柔らかな唇が押し当てられて

「『ちょっとドライブしようか。スカッとするよ』と夜の湾岸を飛ばしてくれたんです。その日は少しだけ夫の愚痴をこぼしてしまったので、彼女なりに私を元気づけようとしてくれたんでしょう。夜景の美しさにはしゃいでいたら、ふっと彼女の手が私の手に重なってきて――」

「えっ」と思う間もなく、車が路肩に止められました。綺麗な顔が迫ってきたと思ったら、柔らかな唇が押し当てられて。「私、Dさんとキスしてる」って胸が高鳴りました。

「でも、嫌じゃなかったんです」

 同性とは初めての経験。驚くと同時に、柔らかな唇と甘い香りにY子さんはめまいがしたそう。そして、気づけば彼女の二の腕をつかんで、熱いキスに応えていた。

「私、すごく興奮してる――そう自覚しました。誰かに欲望をぶつけられるなんてここ数年、すっかり忘れていたので。徐々に火照っていく体や、ショーツの奥が潤んでいくのを恥ずかしいくらい感じました……」

 キスが解かれたのち、Y子さんはすがるように「帰りたくない」とDさんに告げていた。 

 夫の顔が脳裏をよぎったが、セックスを拒まれ続けた苦い経験が、Y子さんにその言葉を言わせたのだ。

 二人を乗せた車は、そのままホテルへと向かったのだった。

(続きは次回)

関連キーワード

エロコク 新着一覧


小さなボディに似つかわしくない強振動!10秒で迎える絶頂♡
 最近、「極天クリサリスローター」が手放せません。全長9・2センチと小ぶりで、シンプルを極めたフォルム。鏡と見まごうほど...
桃子 2021-04-18 06:00 エロコク
思わず赤面! うっかりやらかしたLINEのエッチな誤変換10選
 官能作家を生業としている筆者のパソコンとスマホの中は、一般の方はまず使わない「官能用語」のオンパレードです。まるで「体...
蒼井凜花 2021-04-16 06:00 エロコク
水分98%の「iroha petit」 プニプニ触感で全身を愛撫して
 ラブグッズの醍醐味は、人の体からは繰り出せない刺激を体験できるところにある、と私は思っています。振動や回転は生身の人間...
桃子 2021-04-11 06:00 エロコク
イケメンナルシスト俳優との恋でボロボロに…30代OLの告白#5
 イケメン俳優Oさん(36)とついにセックスに至ったR子さん(31歳独身・不動産勤務・実家暮らし)。しかし、彼のセックス...
蒼井凜花 2021-04-09 06:45 エロコク
吸盤のようにピタッと張り付き…2種類の刺激で極上の時間を
 クリトリスが性的に敏感な器官であることは、いまさら説明の必要もなく、ピンポイントで攻めると強い快感が得られます。一方で...
桃子 2021-04-03 06:00 エロコク
イケメンナルシスト俳優との恋でボロボロに…30代OLの告白#4
 イケメン俳優・Oさん(36)とついにセックスすることになったR子さん(31歳独身・不動産勤務・実家暮らし)。濃厚なフェ...
蒼井凜花 2021-04-09 06:42 エロコク
まっすぐ挿れればヘッドの先端が“ちょうどいいところ”を刺激
 棒の先に、うずらの卵を2回りほど大きくしたような楕円体がついている――。 「Gストレート」の形状を言い表すとこう...
桃子 2021-03-28 06:00 エロコク
イケメンナルシスト俳優との恋でボロボロに…30代OLの告白#3
 イケメン俳優・Oさん(36)とSNSを通じて知り合い、付き合いが始まったR子さん(31歳独身・不動産勤務・実家暮らし)...
蒼井凜花 2021-04-09 06:47 エロコク
カップル向けバイブを一人で…ハンズフリーで深い快感に酔う
 U字形バイブはカップル向けに作られているものが多いので、自分ひとりの密かなお楽しみのために使いたい……という女性からは...
桃子 2021-03-21 06:00 エロコク
イケメンナルシスト俳優との恋でボロボロに…30代OLの告白#2
 SNSがきっかけでイケメン俳優・Oさん(36歳)と知り合い、LINEで親交を深めて付き合いが始まったR子さん(31歳独...
蒼井凜花 2021-04-09 07:13 エロコク
スイッチオンで…クリがまっすぐきゅーっと吸い上げられる!
 基礎化粧品をシリーズ使いしている女性は少なくないですよね。相乗効果を狙うほか、シリーズへの信頼感というものがあるのでし...
桃子 2021-03-19 17:53 エロコク
上級者も満足♡多彩な機能で身も心もヒートアップ間違いなし
 バイブ選びはビギナーの方が難しいと思われがちですが、実は中~上級者の方がハードルが高いものです。あの機能も欲しいし、こ...
桃子 2021-03-07 10:43 エロコク
コンパクトな見た目を裏切るパワフルな振動にうっとり♡
 ゆっくりとセクシュアルな妄想を広げて、じっくりと自分の体を気持ち良くしていく……。そんなセルフプレジャーを楽しみたい夜...
桃子 2021-02-28 06:00 エロコク
終わった後も肌が突っ張らない潤滑剤♡セルフプレジャーにも
 女性には基礎化粧品を季節や肌の調子によって使い分ける習慣がありますが、潤滑剤も同じように考えてほしいと思います。香りで...
桃子 2021-02-21 06:00 エロコク
振動だけじゃない!肉感的な本体が生き物みたいにぐねぐねと
 ローターとは元来、「挿入を目的とせず」「振動によって主に体の表面に刺激を与えるもの」を意味していました。今もそのイメー...
桃子 2021-02-14 06:00 エロコク
ビギナーもOKなピストンバイブ 奥への突きに目覚めちゃう?
 私はピストンバイブを愛用していて使用頻度も高いですが、これまで「バイブビギナーさんにはオススメしにくいなぁ」と思ってき...
桃子 2021-02-12 18:53 エロコク