主婦レズビアンの告白#1…欲望を埋めてくれた同性パートナー

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2019-04-25 17:26
投稿日:2019-04-18 06:00

女ならではの快楽のツボを的確に

女性同士ならではの快楽(写真:iStock)
女性同士ならではの快楽 (写真:iStock)

 年々、増加傾向にあるセックスレス夫婦。夫に「拒まれ続けた」妻たちが、誰かに愛されることを実感したい切なる思いから婚外恋愛へと走ってしまうケースは少なくない。

 ――ただ、その相手が「同性」ならばどうだろう? そして女性とのセックスが、これまで経験したことのない快楽と心の充足感を与えてくれたとしたら――?

 実は筆者自身、女性と付き合った過去がある。

 ペニスを持たない女性は、指と舌を駆使し、女ならではの快楽のツボを的確に押さえた愛撫を与えてくれる。何度も絶頂へと導かれ、底なし沼のような果てしもない快楽を味あわせてくれ、これまでのセックスを覆すほどの愉悦を体に刻んでくれたのだ。

 今回は「心の隙間を埋めてくれる同性パートナー」に出会ってしまった妻(35歳・薬剤師)のケースをご紹介します。

すがるように「帰りたくない」と

「でも、嫌じゃなかったんです」(写真:iStock)
「でも、嫌じゃなかったんです」 (写真:iStock)

「10歳上の夫とは、結婚と同時にセックスレスが始まりました」

 そう語るのは一昨年結婚した妻・Y子さん(35歳・薬剤師)だ。

 3年間の恋人期間を経ての結婚とあって、よく言えば安定、悪く言えば新鮮味が薄れた状態での新婚生活がスタートしたという。

 また、子供を持つことへの考えも正反対だった。バツイチの夫はすでに先妻との間に小学生の男児がおり、子供は望まない向きだ。

「子供を持たない件は私も理解していましたが、気持ちって変化しますよね。妊娠だけが目的ではありませんが、セックスレスで悩んでた時期でもあり、時々セックスの誘いを持ちかけたんです」。

 初めこそ「疲れてる」「週末にね」と先延ばし状態でしたが、ある日、「いい歳して色ボケか?バーカ」と心ない言葉を返され、ショックを受けたという。

 そんな時だった。ミュージカルや宝塚観劇が趣味だったY子さんに、趣味仲間がDさん(37歳・映像関係・独身)を紹介してくれた。

「ショートカットですらりと背の高い、宝塚の男役のようなオーラがある美しい女性でした。映像関係の仕事をしているせいか、物の見方やセンスが斬新で頭の回転が速い、話も面白い。細身のパンツスーツが似合う都会的な彼女に会うたび、惹かれている自分に気づきました」

 ちなみにY子さんは、男性としか付き合ったことのないヘテロ(異性愛者)。

 Dさんとは数回、二人だけで食事をし、いつものように彼女が運転する車で送ってもらった時――。

柔らかな唇が押し当てられて

「『ちょっとドライブしようか。スカッとするよ』と夜の湾岸を飛ばしてくれたんです。その日は少しだけ夫の愚痴をこぼしてしまったので、彼女なりに私を元気づけようとしてくれたんでしょう。夜景の美しさにはしゃいでいたら、ふっと彼女の手が私の手に重なってきて――」

「えっ」と思う間もなく、車が路肩に止められました。綺麗な顔が迫ってきたと思ったら、柔らかな唇が押し当てられて。「私、Dさんとキスしてる」って胸が高鳴りました。

「でも、嫌じゃなかったんです」

 同性とは初めての経験。驚くと同時に、柔らかな唇と甘い香りにY子さんはめまいがしたそう。そして、気づけば彼女の二の腕をつかんで、熱いキスに応えていた。

「私、すごく興奮してる――そう自覚しました。誰かに欲望をぶつけられるなんてここ数年、すっかり忘れていたので。徐々に火照っていく体や、ショーツの奥が潤んでいくのを恥ずかしいくらい感じました……」

 キスが解かれたのち、Y子さんはすがるように「帰りたくない」とDさんに告げていた。 

 夫の顔が脳裏をよぎったが、セックスを拒まれ続けた苦い経験が、Y子さんにその言葉を言わせたのだ。

 二人を乗せた車は、そのままホテルへと向かったのだった。

(続きは次回)

関連キーワード

エロコク 新着一覧


これこそが求める快感♡ボルテージが上がるピストンバイブ
 ピストンバイブと聞くと、ずんずん激しく突かれるイメージがあるでしょうか。私もかつてはそう思っていましたし、実際、長いス...
桃子 2021-12-05 06:00 エロコク
出張ホストに溺れて淫らに迫った私…待っていた意外な結末
 夫の浮気を知り、出張ホストを呼んだT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。本業は俳優をしているというタクミ君(29)...
蒼井凜花 2021-12-03 06:00 エロコク
50歳前後でやってくる…閉経後の性欲について調べてみました
 閉経期を迎えると、女性の性欲にはいったいどのような変化が訪れるのか。そしてセックスライフはどうなっていくのか。気になっ...
内藤みか 2021-12-02 06:00 エロコク
懐かしのピンクローターがパワーUP! 振動パターンは10種類
「ピンクローター」という言葉を知る人は、ひょっとして少なくなっているのでしょうか? ローターのなかでも、振動部とコントロ...
桃子 2021-11-28 06:00 エロコク
出張ホストのフィンガーテクで絶頂…それでも欲望はやまず
 夫の浮気がきっかけで出張ホストを呼んだT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。紳士的な韓流イケメンホスト・タクミ君(...
蒼井凜花 2021-11-26 06:00 エロコク
刺激のバリエーションは無限大!中級者女子にぴったり♡
 女性のプレジャーを追求するグッズに注目が集まる昨今、ビギナー向けの細身バイブを紹介する機会は多いのですが、そこからワン...
桃子 2021-11-21 06:00 エロコク
もう絶頂寸前…出張ホストの絶妙テクニックに身も心も濡れて
 夫の浮気から、出張ホストとのデートに喜びを見出したT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。長身イケメンの出張ホスト・...
蒼井凜花 2021-11-19 06:00 エロコク
クリを吸い上げつつ内側も震わせ快感を与えてくれる優れもの
 未知の生物のような不思議なフォルム、深みのあるディープローズカラー。スウェーデンから届いた「LELO(レロ)エニグマ」...
桃子 2021-11-14 06:00 エロコク
出張ホストのオイルマッサージに…つい漏れてしまった喘ぎ声
 夫の浮気への腹いせから出張ホストとデートをすることになったT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。当日、待ち合わせ場...
蒼井凜花 2021-11-12 06:00 エロコク
小さい“舌”が予想以上のハイパワーでクリトリスを刺激♡
 クリトリスに振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系グッズ”のブレークを受けて、いまクリ刺激に特化したグッズが花盛り! ...
桃子 2021-11-12 23:08 エロコク
中イキ未体験女性も初めてのオーガズムを経験できるかも
 今年最もホットな話題を振りまいている新進ブランドが「ROMP(ロンプ)」です。ほかにはないカラーリングが魅力。バイブレ...
桃子 2021-10-31 06:00 エロコク
思いがけず夫とセックス…レズビアンに開発された体は敏感に
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。パートナーの彼女は酔うと攻撃的にな...
蒼井凜花 2021-10-29 06:00 エロコク
アンダー3000円でも超優秀!ラブグッズ初心者にもおすすめ♡
 ラブグッズと価格の関係には、悩ましいところがあります。海外ブランドが続々と上陸していますが、比較的高額になるのは致し方...
桃子 2021-10-24 06:00 エロコク
もう別れられない…裏切られ続けてもレズビアンの彼女が好き
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女と付き合うことになったW子さん(41歳・パート・子供なし)。しかし、パートナーの女性...
蒼井凜花 2021-10-22 06:00 エロコク
強烈ハイパワーな電マ 時短でイキたい夜のお供にうってつけ
 強振動がお好みの皆さん、お待たせしました。かつて電マはパワーの強さを競い合っていましたが、最近はあまり聞かなくなりまし...
桃子 2021-10-17 06:00 エロコク
涙が頬を…彼女に見せられたレズビアンの元カノとの裸写真
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。二人の幸せな時間はほどなくして消え...
蒼井凜花 2021-10-15 06:00 エロコク