実は卵並みの安定価格!ユリで金運と恋愛運UP、今が最盛期!!

斑目茂美 開運花師
更新日:2022-06-15 06:00
投稿日:2022-06-15 06:00

まるで卵みたいに安定価格の優等生

パッと咲いたユリは運気アップ!(写真:浅野光寿)
パッと咲いたユリは運気アップ! (写真:浅野光寿)

 神奈川でささやかなお花屋さんを営んでいるワタクシですが、年がら年中たくさんのお花に囲まれた生活のせいか、“四季”みたいなものは入荷してくるお花で感じることが多いのでございます。

 まさに花屋の特権みたいなもんでござんすな。今しかない“旬”な商材も多く、そんなお花や植物が入荷する度に一年の移ろいの早さを感じるのでございます。

 とはいえ、八百屋さんでいえばトマトやキュウリのように年間通して売られている種類も当然あるわけで、どんな時期であっても入荷伝票を見るたび「まるで卵みたいな安定価格だわ……」と花屋のワタクシでさえ感じてしまうお花がございます。

 しかもそれは、圧倒的な美しさで冠婚葬祭には欠かすことのできないお花ーー。

 “安心安定価格”ではあるものの、ワタクシたちを支えてくれている頼れる相棒にも旬がございます。ただでさえ種類豊富なその花が、旬ともなるとギョ! とするほどのレパートリーでお花屋さんを惑わせます。それがまさに今! なう! なのでございます。

 今回はお買い得情報と感謝の気持ちを込めまして、「夏が旬! 魅惑のユリの世界」の解説でございます。

知られざるユリの世界

今回もキマッとるやろ、ワシのポーズ byさぶ店長(C)コクハク
今回もキマッとるやろ、ワシのポーズ byさぶ店長 (C)コクハク

 意外とご存じないかも知れませんけれども、ユリの種類はものすごいたくさんございます。ユリは古代より神聖な植物としてさまざまな象徴とされてきた歴史があるからでございます。

 たとえば古代エジプトでは女神イシスに捧げられる花として豊穣の象徴とされ、美術館で見るような中世の宗教画に描かれてきたユリは聖母マリアと純潔の象徴となり、キリスト教で白いユリは特別な存在となっております。

 日本では古事記にも登場しており、8世紀初期から続いている三枝祭り(さいくさの祭り)で3人の巫女が神に捧げるのは、日本だけに自生した「ササユリ」でございます。

 19世紀にはあの有名な植物学者シーボルト(鎖国時代に日本地図を国外に持ってちゃったアノ人)が日本自生品種や栽培品種など多くのユリの球根をヨーロッパに持ち帰り、のちの西洋における爆発的人気のきっかけを作りました。

 つまり古代より人はユリの花の美しさに心奪われちゃってる、ということでございますな。

花屋でも覚えきれない…豊富すぎるユリの種類

今までこの花をどんだけ頭の上に乗せて写真を撮ったか… byさぶ店長(C)コクハク
今までこの花をどんだけ頭の上に乗せて写真を撮ったか… byさぶ店長 (C)コクハク

 そんな昔からみんな大好きユリの花、あまりの種類の豊富さにワタクシ、覚えきれませんわよ! ツボミが小指の先ほどのものから、咲けば顔よりデカい特大サイズのユリや、最近では花びらがめちゃくちゃいっぱいある八重咲きのユリまで……本当にたくさんの種類があります。

 ユリは日本全国生産農家さんのリレーで絶やすことなく、1年中お花屋さんで何かしらの品種を見ることができます。それもこれも、品種改良・栽培方法を確立した育種家さんや育成農家さん、そして研究者たちのたゆまぬ努力のおかげ……。

 ですが、豊富に見られる季節がございます。それは前述の通り、今が旬。特に6月こそがユリの最も豊富な季節といっても過言ではございません!

 いろいろなユリを見たいと思うのであれば、チャンス! とはいえ、「やっぱりお高いんじゃないの~ユリって敷居がちょっと高いわ~」なんて思っているアナタ。

「カサブランカ」に代表されるようなオリエンタルリリーは確かに敷居が高いと感じるかもしれませんが、これからの季節、逆にお得かもしれません。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


ミッフィーのライトが寝かしつけをお手伝い 2022.7.7(木)
 夫の転勤に伴い、子どもが生まれてから2度の引っ越しを経験した我が家ですが、どのおうちでも、子どもがいる部屋のどこかに鎮...
伏し目がち“たまたま”の大人の色気…美シルエットにドキッ♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
人の幸せを喜ぶには? まずは“自分ファースト”で心に余裕を
 友達が幸せそうにしていると、なぜか自分だけが取り残されたような気持ちになる人もいるでしょう。人の幸せを自分のことのよう...
開運花師激推し!夏っぽ“黄色の花”で元気&やる気をチャージ
 びっくりするほど短かった梅雨が明け、猛烈に暑い日本でございます。 「日本の気温がヨーロッパではニュースになってい...
円安でも大満足!ダナン&ホイアン満喫、世界はもう動いてる
 こんにちは! 複業家の林知佳です(占い師もやってます!)。全4回にわたり、コロナ後初の海外について書かせていただきます...
「忘れ物が多い」と自覚するなら“時間ギリ子”の習慣をなくす
 常日頃、忘れ物が多いと悩んでいませんか? 仕事で必要な資料を家に忘れてきたり、お店に傘を忘れてきたなんて経験がある人は...
えっ“たまたま”が落ちてる?夏の夕暮れの路地で大胆ポーズ♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 7月4日~7月10日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
「40代の女子会」手抜きメークは“ご法度”!NGマナーの確認を
 気の合う女性同士が集まって、本音を言い合いながら楽しめる「女子会」ですが、大人になると、やはりそれなりのマナーが必要で...
「枕元に麻婆豆腐置いとくわね」世界一意地悪な姑LINE3選!
 大切な息子をとられた恨みがあるからなのか、世の中には嫁をいびる意地悪な姑が存在します。今回は、運悪く意地悪な姑と家族に...
自分ファーストは難しい…他人軸で生きる人のメンタル安定術
 みなさんは、“自分のため”だけにできる行動って何かありますか? 「スキルアップに繋がる」「誰かのためになるかも」とか...
“たまたま”そっくりな口元に注目!ソファの上で寝落ち寸前!!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
暑い夏!“NO.1”の青い花「デルフィニウム」で頭も体も冷やす
 ここ数日の暑さには本当にまいっちゃいます。暑いのが大の苦手で、基本毎日薄着のワタクシ。夏だからとはいえ、女である以上脱...
悲劇のヒロイン説も浮上!「疲れるネガティブ」ちゃんへのお作法
「どうせ自分なんて」「もう嫌だ」……あなたの周囲にも「他人を疲れさせる」ネガティブな人はいませんか? 悲観的な発言を聞か...
事前準備が命!子連れ引っ越しこう乗り切る 2022.6.28(火)
 ただでさえ、やることだらけでバタバタするのがお引越しですが、小さな子がいる家族は環境の変化や子どもの体調など、心配事も...
タイ→ホーチミンへ!ベトナムドン、やっぱりゼロ多すぎ問題
こんにちは! 複業家の林知佳です(占い師もやってます!)。全4回にわたり、コロナ後初の海外について書かせていただきます。...