恋人のいる女性も…レンタル彼氏にお金を払ってしまう理由

内藤みか 作家
更新日:2019-04-25 06:00
投稿日:2019-04-25 06:00
 最近は、レンタル彼氏(出張ホスト)を呼ぶ女性が増えてきているようです。けれど多くの人たちは、レンタル彼氏を呼ぶ女性たちのことが理解できないようです。なぜ彼女たちはお金を払ってでも、こうした男性たちを呼び、ヴァーチャルデートを繰り返すのでしょうか。

普通の男性とデートすれば無料なのに……

レンタル彼氏は最低でも1時間2000円くらい(写真:iStock)
レンタル彼氏は最低でも1時間2000円くらい (写真:iStock)

 レンタル彼氏を呼ぶと、1時間最低でも2000円くらいはします。ランキング上位などにいる人気ホストだと1時間10000円などというびっくりするような価格設定も。1時間単位で加算されていくので、たとえば朝10時から夜8時までテーマパークで遊んだら、10時間ですから2000円のホストだと20000円、10000円のホストだとなんと100000円もかかってしまうのです。

 もちろん何時間も呼ぶお客様には割引制度を設けている店舗もあるので、場合によっては半額くらいにディスカウントされるかもしれませんが、それでもちょっと躊躇してしまう額です。一般の男性とデートすれば、お金はかからないのだから、彼氏がいないのなら、マッチングアプリ(出会い系サイト)で知り合った人と出かければいいんじゃないの?と言う人もいますし、確かに経済的にはそのほうがお財布に優しいですよね。それなのにお金を出してしまうのは何故なのでしょう。

彼氏がいなくて寂しいから呼ぶわけではない

寂しさだけが理由じゃない(写真:iStock)
寂しさだけが理由じゃない (写真:iStock)

 私は過去に何人……いや何十人ものレンタル彼氏(出張ホスト)の人たちの話を聞いてきました。それはもちろん私自身がレンタル彼氏(出張ホスト)に強い関心を持っていた、というか、率直に言って呼んでみたい気持ちがあったからです。私はシングルマザーなので、さみしいから誰かに相手をしてもらいたいという思いが強かったのです。

 シングルマザーがレンタル彼氏を利用したがる気持ちは、まだ理解されやすいかもしれません。男がいなくて寂しいんだろう、そういう人たちがレンタル彼氏を呼ぶのだろう、と言ってくる人もいます。けれど実は、レンタル彼氏を呼ぶ人たちの中には、人妻もいれば、彼氏がいる女性もいるのです。そうした女性たちはなぜ、夫や彼氏だけでは満足できず、お金を払ってまでレンタル彼氏を利用するのでしょうか。

希望しているのはごく普通のデート

望んでいるのは普通のデート(写真:iStock)
望んでいるのは普通のデート (写真:iStock)

 ここでひとつ誤解を解いておかなくてはならないのですが、レンタル彼氏や出張ホストを呼ぶということイコール、ベッドでエッチなことを楽しむと思い込んでいる人がいますが、それは違います。店舗によってはオプション料金をつければそうしたアダルトなサービスがつけられることもありますが、そういうことを希望しない女性は結構多いのです。

 では、何をしているかというと、普通のデートです。一緒にお酒を飲んだり、お茶をしてまったりおしゃべりをしたり、お散歩をするなど、一般の男女が日常的にしているような、そんなささやかなことを望んでいる人も少なくありません。もちろん仲良くなってきたらテーマパークなどにお出かけすることもあります。お金を払ってまで普通のデートをしている、その気持ちがわからない人もいるかもしれません。

執事カフェを利用する気持ちに近い!?

「大事にされている」感覚を味わいたくなる(写真:iStock)
「大事にされている」感覚を味わいたくなる (写真:iStock)

 実は、彼女たちがデートで求めていることは「癒し」なのだと思います。レンタル彼氏たちは、こちらの希望するデートコースをいやな顔せず付き合ってくれ、「疲れてない?少し休もうか?」などと気遣ってくれます。そして何時間でも話を聞いてくれるのです。大事にされる、大切に扱ってもらえる、というお姫様のような経験を、女性は時々味わいたくなるんですよね。

 執事カフェがありますが、そちらで味わう感覚と近いものがあるのかもしれません。執事カフェもこちらをお嬢様扱いしてくれて、丁重に応対してくれます。普通の男性とデートすると、たとえばこちらがおしゃれなバーに行きたいのに「居酒屋でいいじゃん」と揉めることもあるわけで、常に癒されるというわけではありません。レンタル彼氏はただデートしているだけではなく、女性を思いやるという「サービス」を提供してくれているから、女性はお金を払うのだと私は思っています。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


直径8ミリの極細ローター 強すぎず弱すぎずの刺激にうっとり
 クリトリスは、“性的に気持ちよくなる”ためだけに存在する器官といわれることもありますが、快感に対してほんと貪欲ですよね...
桃子 2021-01-18 11:06 エロコク
女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス5選」#1
 二回目の緊急事態宣言が発令されて、セックスに恐怖をお持ちの方も多いことでしょう。しかし、一方では「ここさえクリアすれば...
蒼井凜花 2021-01-15 06:00 エロコク
パーフェクト!自分の手ではできない小刻みな動きが病みつき
 最近パフェがブームですが、語源は「パーフェクト」。一つのグラスにさまざまな素材が絶妙なバランスで詰め込まれ、完成してい...
桃子 2021-01-10 06:00 エロコク
官能作家オススメ「寒い冬こそしたい」おすすめセックス4選
 日に日に寒さが強まってまいりましたが、こんなときこそ、愛するパートナーとのセックスを充実させたいですね。そこで、官能作...
蒼井凜花 2021-01-08 06:00 エロコク
電マのヘッドだけ ユニークなアイディアグッズで実力も◎
 国内外のアダルトグッズをかなりの数見てきているという自負のある私ですが、今でもハッとする斬新なアイデアに出合うことがあ...
桃子 2020-12-27 06:00 エロコク
女性官能作家直伝!クリスマスのセクシーデート&セックス4選
 クリスマスには、愛しいパートナーとのデートや情熱的なセックスを楽しむ方も多いでしょう。そこで官能作家の筆者が提案したい...
蒼井凜花 2020-12-24 06:00 エロコク
凹凸がダイナミックに刺激…パワフルな振動と摩擦がやみつき
 ビビッドカラーの雪だるまといった風情のバイブがお目見えです。その名も「完全防水 ビーバイブ スノーマン」。  私...
桃子 2020-12-20 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #3
 これまで二回にわたって「フェラチオの奥義」についてお話ししました。今回は最終回。やや難易度は上がりますが、官能作家なり...
蒼井凜花 2020-12-18 17:02 エロコク
一瞬で昇天確実 強烈なオーガズムで、深い眠りをサポート
 今年とても元気だった「極天(キワミテン)」シリーズから、「アンモナイト ベロ」が届きました。まさに古代生物のような形状...
桃子 2020-12-13 16:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #2
 皆さん、こんにちは。前回に引き続き、今回も官能作家が伝授する「フェラチオの奥義」についてお伝えしたいと思います。十年間...
蒼井凜花 2020-12-11 17:52 エロコク
激しいプレイでも挿入部はしなやか…根元はぶれないティルド
 この連載では、私が振動刺激を好むということもあって、ディルドを紹介してきませんでした。張り形といわれることもありますが...
桃子 2020-12-06 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #1
 もうすぐクリスマス。今から愛するパートナーとの熱い夜を待ちわびている女性も多いことでしょう。今回から数回にわたり「官能...
蒼井凜花 2020-12-04 18:00 エロコク
リアルが怖い時は…バーチャルセックスでいいんじゃない?
 冬を迎え、新型コロナウイルスの感染が加速しています。こんな時は濃厚感染なセックスをするのが怖い、という女性たちも増えて...
内藤みか 2020-12-03 06:00 エロコク
力加減が絶妙!Gスポットの広い範囲を的確に刺激してくれる
 その年を象徴するラブグッズというものがあり、2020年は、今回紹介する「LELO ソラーヤ・ウェーブ」がそうなりそうで...
桃子 2020-11-28 06:00 エロコク
「妻を他の男に抱かせたい…」エリート商社マンの告白 #5
 これまで4回にわたり連載してきた「ネトラレ」――。自分の愛する妻を他の男に抱かせることで、夫婦のセックスレスを解消しよ...
蒼井凜花 2020-11-27 06:00 エロコク
やっておいて損はない! 3つのボールで日常的に膣トレを♡
 今年は膣トレグッズが豊作です。コロナ禍を経て、これまで以上に自身の体に目が向くようになったからでしょうか。  膣...
桃子 2020-11-21 06:00 エロコク