「蓮」の実で運気アップ!開運花師が教える簡単アレンジテク

斑目茂美 開運花師
更新日:2022-07-27 06:00
投稿日:2022-07-27 06:00

「夏の開運花」といえば?

今回は蓮の実のお話 (C)コクハク
今回は蓮の実のお話 (C)コクハク

 暑いのがとにかく苦手で、夏が大っキライなワタクシ。どうやら子供の頃に一生分の海遊びをしてしまったせいか、海を見てもワクワクではなく日焼けと津波の“怖い”のキーワードしか浮かばず、ハッキリ言って夏は大変に憂鬱でございます。

 そんなワタクシが苦手な夏を乗り切るアイテムは「スイカ」と「かき氷」とアノお花……。

 慌ただしい現実から一旦離脱したくなったら、近場にあるアノ花が一面に咲き誇る池に出向いて、あの世にいった気分でリフレッシュしてまいります。

 夏は猫店長率いる我が店でも入荷するアノ花の実は、夏の苦手なワタクシを天上界へと誘います。今回は「清々しいオーラを放つ 蓮の実」の解説でございます。

汚泥を滋養として咲く「天上の花」

仏教にも何かと登場するお花 (C)コクハク
仏教にも何かと登場するお花 (C)コクハク

 蓮は、日本全国の水辺などで見ることができる水生植物です。7月から9月にかけて美しい大輪の花が咲き、根っこのような地下茎は蓮根(レンコン)と呼ばれ、食べられるのは有名でございます。

 仏教でなにかと蓮の花が仏具に登場するのは「極楽浄土に咲く花」と考えられているため。蓮の花は欠かせないお花であり、特別な意味を持つとされております。

 なんせ、生まれたばかりのお釈迦様が歩いちゃって、しかもその足跡には蓮の花が咲いたっていうんですから、特別でございますわよ。

 清浄な水辺で咲く蓮の花は小さく、汚泥に咲く花ほど大輪。汚泥(俗世)に染まることなく美しく咲く蓮の花が、厳しい仏教の悟りの道だと捉えられ、「煩悩に染まらず苦しい修行の道を越えてこその美しい大輪の花」とのことなのでしょうか。

 同じように汚泥を滋養として美しく咲く大輪の蓮の生き方は、「理想的な女性の生き方そのもの」として捉えられているようでございます。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


超逸材!金色に輝くたまたまの魅力にメロメロ~吸引力が凄い
 きょうは、陽を浴びて金色に輝く“にゃんたま”君。  海風に耳を澄ましまして何を想う……?  この並外れた魅...
あなたは受け恋?追い恋? 8月15日~8月21日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
気の合うママ友を作るには?連絡先をすぐに聞くのは危険です
 子供を育てていると、避けては通れない「ママ友」の存在。苦労せずにすんなりママ友ができるタイプもいれば、人見知りでなかな...
【ニトリ】4.5万円ワークチェアの座り心地 2022.8.13(土)
 長引くコロナ禍で定番になったリモートワーク。毎日の通勤時間がなくなり助かることはたくさんありますが、パソコンの前に座る...
なぜ黙ってたの?聞けば納得!大事な話を言わない大人の思惑
 皆さんは、相手から「実はね……」と話を切り出されて、「なんでもっと早く言ってくれなかったの!?」となる経験をしたことが...
専業主婦が抱える5つの不安と解消法 羨ましがられるけど…
 結婚や妊娠をきっかけに仕事をやめ、専業主婦になる人は多いです。しかし、いざ専業主婦として毎日家事や育児をこなす毎日を過...
“たまたま”のセルフマッサージ♡ 肉球とにゃんたまにキュン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「前髪全部焦がした」幹事ドン引き!同窓会の面白断り方LINE
 久しぶりに同級生から同窓会のお知らせが届いても、なんとなく行きたくない時ってありますよね。  今回は、そんな同窓...
夏の切り花“最大”の悩み!プロが解説&実践する花持ちの秘訣
 近年の暑い夏は本当に体にこたえます。  当然切り花にも厳しい夏で、お花屋は毎日が格闘でございますのよ。しかも、猫...
あなたは受け恋?追い恋? 8月8日~8月14日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
その言動に原因あり? 友達がいないアラサー女性の特徴5つ
 年齢を重ねていくにつれ、周りの環境はどんどん変化していきます。特に、女性は結婚や出産を機に変わる人が多いですよね。しか...
UFOと交信!? “たまたま”のサファイアブルーの瞳にうっとり♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「悪夢を見ない方法」4選 毎晩ぐっすり眠れないのはなぜ?
 毎晩悪夢にうなされてぐっすり眠れない人は、日常生活になんらかのストレスを抱えている可能性があります。  そこで今回は...
【無印良品】手軽な「日干しかご」見ーっけ!2022.8.6(土)
 天日干しして作る自家製「干し野菜」への関心は高まるばかり。野菜を無駄なくおいしく使い切る、調理方法の幅は広がる、そして...
「慰謝料やばいらしい」秘密情報も暴露!お局様のウザいLINE
 どんな会社にも、古くから居座るお局がいるものですよね。長く会社にいるお局は、いい人もいるのですが、中には態度が大きくな...
正直しんどい!メンタル不調の人に逆ギレされたらどうする?
 コロナ禍もあってか、ここ数年で急激にメンタルケアや心の病気に関する本やニュースが増えた気がします。  悩みを抱えてい...