初めての女が激白!息子のカテキョは“童貞大学生”でした #1

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2022-08-12 13:40
投稿日:2022-08-05 06:00

土砂降りの夜…2人の関係に変化が

ひどい雨の夜に…(写真:iStock)
ひどい雨の夜に… (写真:iStock)

――続けてください。

「変化が起こったのは3カ月目に入る前でした。息子の課外授業の帰り道に大雨が降ったため、貸し切りバスの到着が大幅に遅れるとのこと。その日は火曜日。いつも通り午後6時からU君が訪問してくれる日でしたが、息子からスマホに連絡が入ったのは、すでに5時半を過ぎていたんです。

 東京も土砂降りでした。息子から連絡が入ると、私はすぐに家庭教師の本部に電話したんです。当日キャンセルはキャンセル料が発生しますが、肝心の息子が不在ですからどうしようもありません。

 でも、なぜか本部の電話はコール音が鳴るだけで、誰も出てくれません。そうこうしているうちに、玄関のチャイムが鳴って……。

 ドアを開けるとU君が立っていました。

 それも、ずぶ濡れになって……。私、思わず『風邪ひくわよ。早く入って』と招き入れましたね。すぐにタオルを渡し、未使用の主人用の部屋着に着替えてもらって……」

土砂降りの雨の音に「これもまた運命だ」と

リビングで休んでもらうことに(写真:iStock)
リビングで休んでもらうことに (写真:iStock)

――続けてください。

「U君は恐縮しながら、着替えました。そして、息子の帰りがかなり遅れるので、今日はキャンセルする旨を伝えたんです。

 ずぶ濡れになった洋服は洗濯機に入れました。洗いと乾燥までは2時間ほどかかりそうです。温かなココアを出し、リビングで休んでもらったんです。

 息子からは『まだまだかかりそう。家に着くのは9時過ぎかも』とメールがありましたね。

 外では土砂降りの音。そして部屋には2人きり。リビングのソファーにはL字の位置で私たちが座っています。私は緊張しながらも『これもまた運命だ』と感じました。ええ、2人がもっと親密になるという運命です。

彼は真っ赤に頬染め「まったくモテません」

 さりげなく、話を切り出しました。

『U先生は聡明でカッコいいから、大学ではモテモテでしょう?』

 そう言うと、彼ったら頬を真っ赤に染めて否定するんです。会話は以下のようなものだったと記憶しています。

『い……いえ、まったくモテませんよ。そもそも女子はほとんどいない学部ですし』

『あら、学部が男子ばかりでも、サークルや合コンに行けば女の子がいっぱいでしょう?』

『ああ、一応、映画研究会のサークルには籍を置いていますが、そこも男子ばっかりですね。合コンは苦手で……』

『じゃあ、彼女いない歴何年かしら?』

 つい口をすべらせてしまったんです。しまったと思ったのですが、彼はうつむいたまま、

『年齢そのまま、彼女いない歴になります……』

 と消え入りそうな声で言ったんですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


推しメンは誰?バチェロレッテS2にみるあなたの恋愛&結婚観
 Amazon Prime Videoで7月より配信中の婚活リアリティ番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2。1人の...
ミクニシオリ 2022-08-15 06:00 ラブ
うざい!何様?「彼氏の女友達」マウントあるある&対処法
 付き合いはじめた彼氏に仲の良い女友達がいる場合、すぐに仲良くなれるタイプの女性なら問題ありませんが、マウントを取ってく...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
離婚寸前!?「夫婦の危機」乗り越え方&関係修復の3ステップ
 3組に1組が離婚すると言われる日本。まったく違う環境で育った他人が家族になるのですから、かなりお互いに歩み寄らないと離...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
仕事帰りの隙間が正解! 警戒する彼を自然に誘うLINEテク3選
 気になる彼ができた時、あなたは積極的に誘うほうですか?  実は男性の中には、下心が見え隠れするあからさまな誘いには...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「少人数結婚式」意外なメリット 財布に優しいだけじゃない
 長引くコロナ禍で、今までのように盛大な結婚式を挙げにくくなってしまいましたよね。そこで今、人気なのが「少人数結婚式」で...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「相手男だろ?」って嫉妬!?寝る前に届いた甘い胸キュンLINE
 好きな男性からキュンとするLINEが届いて眠れなくなった……なんて経験をしている女性は意外と多いようです。  今回は...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
「僕の妻はよく分からない人」空虚な夫婦関係を正当化する男
「冷酷と激情のあいだvol.103〜女性編〜」では、夫のユウキさんに対して“演じている自分”を崩せないまま8年もの歳月が...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
ハイスぺ男との結婚を逃すな!自分を偽り続けた40歳妻の限界
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
若さアピールは危険! 年上男性に恋を意識させる6つのテク♡
 恋した相手が年上男性だった場合、「恋愛対象だと思われていないかも……」と不安になってしまいますよね。  今回は年上男...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
その手があった!物欲のない彼が喜ぶプレゼントを考えてみる
 付き合いが長くなってくると、彼への誕生日プレゼントをあげ尽くしてしまい、どうしたらいいのかわからないと悩む人も多いです...
恋バナ調査隊 2022-08-12 06:00 ラブ
マッチングアプリで選ぶべき男性は? ポイント3つを押さえる
 感染症が拡大すると増えるのが、マッチングアプリをする女性たち。婚活イベントが中止になったり、規模が縮小され、出会いの機...
内藤みか 2022-08-11 06:00 ラブ
【苦痛】夫婦喧嘩、マジ疲れた…意外な原因を知っていますか
 大好きな人との結婚生活とはいえ、時には喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。しかし、夫婦喧嘩が増えていくにつれて関係が悪...
恋バナ調査隊 2022-08-11 06:00 ラブ
私のことまだ好き? 彼氏との温度差を感じちゃった時の対処法
「尽くしていても、相手からは気持ちが感じられない……」  交際中、自分とパートナーとの間に気持ちの温度差を感じると不安...
若林杏樹 2022-08-10 06:00 ラブ
「この人はATM」夫が大嫌いでも絶対に離婚しない妻の本音
 まったく家事をする気がない、何歳になってもマザコン……。結婚生活を経て「年々夫を嫌いになっていく」なんて人もいるでしょ...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
彼氏の体臭がきつい(涙)傷つかない3つの対処法を考えた
 40代の同世代カップルに多い悩みが「彼氏の体臭がきつい」というもの。理由は、40代を過ぎた男性は、特に加齢臭も強くなり...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
ハロワで不採用続出!子育て真っ最中・転勤族妻の働き方事情
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...