#ちむどんどん反省会は狙い通り?NHK朝ドラが反社の描写って

更新日:2022-08-05 06:00
投稿日:2022-08-05 06:00

「ちむどんどん」の炎上が止まらない!

放送開始直後から矢面に…(C)日刊ゲンダイ
放送開始直後から矢面に… (C)日刊ゲンダイ

 NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」が連日のように炎上している。沖縄が本土復帰50年を迎えるタイミングで制作された本作は、沖縄に生まれ育ったヒロイン・比嘉暢子(黒島結菜)と家族の絆を描いている。

 暢子は兄と3姉妹の4人きょうだいの次女で、沖縄の本土復帰とともに上京し、料理人を目指して修行をする日々を送る。同じ沖縄を舞台にした朝ドラ「ちゅらさん」(2001年放送)が人気を博しただけに期待されていたが、評価はまるで正反対だ。その理由は登場人物がとにかくクズ過ぎるからだろう。

兄のニーニーを筆頭に…

 筆頭は兄のニーニーこと賢秀(竜星涼)。自由奔放な性格で、一攫千金を狙い怪しい投資話に乗ったり、プロボクサーになったかと思えばファイトマネーを前借し失踪、おまけに暢子の所持金を持ち逃げするなど次から次へと問題行動を起こしている。

 母親の優子(仲間由紀恵)はニーニーに甘すぎると指摘され、長女の良子(川口春奈)はわがままで博夫(山田裕貴)と何度も離婚危機を迎え、視聴者をざわつかせた。そして、まさかのヒロイン・暢子である。

ヒロインがまさかの略奪愛!?

演技派がアダに…?(C)日刊ゲンダイ
演技派がアダに…? (C)日刊ゲンダイ

 先月末には、幼い頃に沖縄・やんばるで出会った青柳和彦(宮沢氷魚)との恋愛が発展し結婚の話が進んだが、略奪愛的展開に炎上。和彦には5年以上交際した婚約者・大野愛(飯豊まりえ)がいて、式場の準備も進んでいたし、愛は暢子の友人でもあったからだ。TVコラムニストの桧山珠美氏が言う。

キャラクター全員が共感できない

「本土復帰50年の沖縄を描くということで、視聴者も骨太のドラマを期待していました。『ちゅらさん』が異例の総集編が放送されるほど好評だったから、なおさらですね。ところがふたを開けてみれば、ニーニーが借金を踏み倒したり、反社が出てきたり、朝ドラが扱うには品格が疑われるストーリー。ヒロインの暢子も本土復帰のタイミングで上京し、勤め先のオーナーに喧嘩を売るなど、とにかくキャラクターが全員共感できないのです。暢子は和彦の母親・重子(鈴木保奈美)に結婚を認めてもらうため、毎日、手作り弁当を届けていますが『嫌がらせでは?』とSNSで批判の声が集まっていますよね。NHK朝ドラ特有の“成長を見守り、応援する”というコンセプトが崩れています」

 反社会的勢力が登場したのは8月3日の放送回。暢子が勤めるイタリア料理店の「アッラ・フォンターナ」の元従業員が持ち出した権利書が反社勢力に渡り、それをネタに揺すられる展開に視聴者は騒然とした。ツイッターでは連日、放送後に「ちむどんどん反省会」のハッシュタグで、盛り上がっている。炎上商法だとしたら大成功だが、出演者のイメージに影響はないのか。

演者にも悪いイメージが“飛び火”する可能性

その後の他番組でいろいろ“暴露”していた(C)日刊ゲンダイ
その後の他番組でいろいろ“暴露”していた (C)日刊ゲンダイ

「ネットでは役柄を通り越して、『竜星涼さんや黒島結菜さんが嫌』という声が出ています。私の周囲にもドラマを脱落した人がたくさんいますが、ここまで視聴者の批判にさらされる朝ドラも珍しく、演者に対しても悪いイメージで終わる可能性は否めません。朝ドラのヒロインは国民的女優の登竜門。『ちゅらさん』のヒロインだった国仲涼子さんや『ごちそうさん』の杏さん、『とと姉ちゃん』の高畑充希さんは、その後も民放ドラマで好感度が高い役をもらって活躍しています。一方、批判が多かった作品『純と愛』の夏菜さんや『まれ』の土屋太鳳さんは、同性の好感度に影響している印象。“ハズレくじ”を引いた黒島さんが気の毒です」(前出の桧山珠美氏)

 演技がうまいからこそ、余計にアンチの気持ちを逆なでするという見方もあるが、最終回までにあらゆる評判の巻き返しは叶うのだろうか。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


谷原章介長男の芸能界挑戦で改めて感じる器の大きさ…実父・いしだ壱成と共演の可能性も
《中には、生まれのことだったり親に関することだったり、いろんなDMとか質問も頂いたんですけど、そこは僕は当たり前のことだ...
2024-03-04 17:03 エンタメ
性加害報道のサッカー伊東純也が、週刊新潮をスルーして女性だけを訴えたのはなぜか
【週刊誌からみた「ニッポンの後退」】  持つべき友は医者と弁護士といわれるが、松本人志もサッカーの伊東純也も弁護士に友...
2024-03-03 17:03 エンタメ
大谷翔平の電撃婚で狩野舞子に"祝福"コメント殺到 田中みな実との噂が消えなかったワケにも注目が
 2月29日に電撃婚を発表したドジャース・大谷翔平(29)に祝福の声が止まないが、一方で過去に噂された女性たちにも注目が...
2024-03-03 17:03 エンタメ
“電撃婚”大谷翔平の心を射止めた妻はプロ中のプロ彼女。目標はダル夫婦?
 2月29日16時42分のことでした。NHKで衆院政治倫理審査会(政倫審)の中継を見ていたら、<大リーグ・大谷翔平選手 ...
カトパンの仕事復帰はのんびりモード…“あげまん”パワーで夫のスーパーは年商2000億円→3400億円に急成長
《先輩ママの慶ちゃんと色々とゆっくり話せて楽しかったー》  28日、自身のインスタグラムにこう投稿したのが加藤綾子アナ...
2024-03-02 17:03 エンタメ
岡田准一「夢はマッターホルンに登ること!」ファンは登山好き滝沢秀明氏とのコラボに期待
 俳優の岡田准一(43)が2月29日、都内で行われたマムート「アウトドアフィールドで叶える夢」キャンペーン開催記念イベン...
2024-03-02 17:03 エンタメ
阿部サダヲ&クドカン「ふてほど」で見せつけているのは“ドラマのTBS”の底力
 1月スタートの冬ドラマも終盤戦に突入。全体的に世帯視聴率が低下している中、西島秀俊(52)主演のTBS日曜劇場「さよな...
2024-03-02 17:03 エンタメ
山本陽子さんの思い出…沖田浩之さんとの熱愛発覚も、猛スピードのジャガーでワイドショークルーを振り切った
【城下尊之 芸能界ぶっちゃけトーク】  美人女優の山本陽子さんが2月20日、急性心不全で亡くなっていたことがわかった。...
2024-03-02 17:03 エンタメ
フジ「すぽると!」復活で“女子アナ王国”再興なるか 佐久間みなみアナと松崎涼佳アナの2枚看板に期待大
 フジテレビ系で2001年4月から16年4月まで放送されていたスポーツニュース番組「すぽると!」がこの春、8年ぶりに復活...
2024-03-02 17:03 エンタメ
博多華丸・大吉の「舞台への思い」が凝縮されたコメントに涙…どんな売れても2人は自然体
【お笑い界 偉人・奇人・変人伝】#182  博多華丸・大吉の巻(下)  ◇  ◇  ◇ 「あさイチ」(NHK)です...
2024-03-02 17:03 エンタメ
中居正広に俳優業復帰の機運…「だれかtoなかい」の“自虐漫談”でピンチをチャンスに
 キャリア38年のベテランである中居正広(51)がテレビ界で注目を集めている。ダウンタウン・松本人志(60)とダブルMC...
2024-03-02 17:03 エンタメ
山下智久&水上恒司が視聴率3%台のフジ水10を救う? 4月期「ブルーモーメント」コケたら"廃枠"も
 フジテレビの"水10ドラマ"枠が苦戦している。「3時のヒロイン」福田麻貴(35)が主演し、等身大のアラサー女子の婚活ス...
2024-03-02 17:03 エンタメ
【台湾ルポ】台湾人の祈り方「拜拜」が酔狂的でエキセントリックすぎる!
 日本からのアクセスも良く、週末や連休を利用して旅行が楽しめる海外として人気の「台湾」。台湾グルメを満喫したり、観光スポ...
2024-03-02 06:00 エンタメ
川栄李奈「ナースエイド」で完全復活の兆しからの…元AKB“最高演技派”に立ちはだかる2人の女優
 川栄李奈(29)が「完全復活の兆し」(在京キー局プロデューサー)ともっぱらだ。現在放送中の主演ドラマ「となりのナースエ...
2024-03-01 17:03 エンタメ
「買い物ブギ」圧巻のステージ!“キングカズ長男”覚醒、スズ子の虜に
 ワンマンショーに向けて稽古や衣装合わせが続く中、スズ子(趣里)は新しいマネージャーのタケシ(三浦獠太)の様子を見て不安...
桧山珠美 2024-03-01 14:30 エンタメ
池田エライザ「舟を編む」を野田洋次郎の好演が支え…ミュージシャン俳優の「味わい深さ」
 2月18日から始まったNHK BSのプレミアムドラマ「舟を編む~私、辞書つくります~」(日曜夜10時=全10話)が好評...
2024-02-29 17:03 エンタメ