#ちむどんどん反省会は狙い通り?NHK朝ドラが反社の描写って

更新日:2022-08-05 06:00
投稿日:2022-08-05 06:00

「ちむどんどん」の炎上が止まらない!

放送開始直後から矢面に…(C)日刊ゲンダイ
放送開始直後から矢面に… (C)日刊ゲンダイ

 NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」が連日のように炎上している。沖縄が本土復帰50年を迎えるタイミングで制作された本作は、沖縄に生まれ育ったヒロイン・比嘉暢子(黒島結菜)と家族の絆を描いている。

 暢子は兄と3姉妹の4人きょうだいの次女で、沖縄の本土復帰とともに上京し、料理人を目指して修行をする日々を送る。同じ沖縄を舞台にした朝ドラ「ちゅらさん」(2001年放送)が人気を博しただけに期待されていたが、評価はまるで正反対だ。その理由は登場人物がとにかくクズ過ぎるからだろう。

兄のニーニーを筆頭に…

 筆頭は兄のニーニーこと賢秀(竜星涼)。自由奔放な性格で、一攫千金を狙い怪しい投資話に乗ったり、プロボクサーになったかと思えばファイトマネーを前借し失踪、おまけに暢子の所持金を持ち逃げするなど次から次へと問題行動を起こしている。

 母親の優子(仲間由紀恵)はニーニーに甘すぎると指摘され、長女の良子(川口春奈)はわがままで博夫(山田裕貴)と何度も離婚危機を迎え、視聴者をざわつかせた。そして、まさかのヒロイン・暢子である。

ヒロインがまさかの略奪愛!?

演技派がアダに…?(C)日刊ゲンダイ
演技派がアダに…? (C)日刊ゲンダイ

 先月末には、幼い頃に沖縄・やんばるで出会った青柳和彦(宮沢氷魚)との恋愛が発展し結婚の話が進んだが、略奪愛的展開に炎上。和彦には5年以上交際した婚約者・大野愛(飯豊まりえ)がいて、式場の準備も進んでいたし、愛は暢子の友人でもあったからだ。TVコラムニストの桧山珠美氏が言う。

キャラクター全員が共感できない

「本土復帰50年の沖縄を描くということで、視聴者も骨太のドラマを期待していました。『ちゅらさん』が異例の総集編が放送されるほど好評だったから、なおさらですね。ところがふたを開けてみれば、ニーニーが借金を踏み倒したり、反社が出てきたり、朝ドラが扱うには品格が疑われるストーリー。ヒロインの暢子も本土復帰のタイミングで上京し、勤め先のオーナーに喧嘩を売るなど、とにかくキャラクターが全員共感できないのです。暢子は和彦の母親・重子(鈴木保奈美)に結婚を認めてもらうため、毎日、手作り弁当を届けていますが『嫌がらせでは?』とSNSで批判の声が集まっていますよね。NHK朝ドラ特有の“成長を見守り、応援する”というコンセプトが崩れています」

 反社会的勢力が登場したのは8月3日の放送回。暢子が勤めるイタリア料理店の「アッラ・フォンターナ」の元従業員が持ち出した権利書が反社勢力に渡り、それをネタに揺すられる展開に視聴者は騒然とした。ツイッターでは連日、放送後に「ちむどんどん反省会」のハッシュタグで、盛り上がっている。炎上商法だとしたら大成功だが、出演者のイメージに影響はないのか。

演者にも悪いイメージが“飛び火”する可能性

その後の他番組でいろいろ“暴露”していた(C)日刊ゲンダイ
その後の他番組でいろいろ“暴露”していた (C)日刊ゲンダイ

「ネットでは役柄を通り越して、『竜星涼さんや黒島結菜さんが嫌』という声が出ています。私の周囲にもドラマを脱落した人がたくさんいますが、ここまで視聴者の批判にさらされる朝ドラも珍しく、演者に対しても悪いイメージで終わる可能性は否めません。朝ドラのヒロインは国民的女優の登竜門。『ちゅらさん』のヒロインだった国仲涼子さんや『ごちそうさん』の杏さん、『とと姉ちゃん』の高畑充希さんは、その後も民放ドラマで好感度が高い役をもらって活躍しています。一方、批判が多かった作品『純と愛』の夏菜さんや『まれ』の土屋太鳳さんは、同性の好感度に影響している印象。“ハズレくじ”を引いた黒島さんが気の毒です」(前出の桧山珠美氏)

 演技がうまいからこそ、余計にアンチの気持ちを逆なでするという見方もあるが、最終回までにあらゆる評判の巻き返しは叶うのだろうか。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


橋本愛「家庭教師のトラコ」“爆死”寸前で…松嶋菜々子サプライズ出演に期待の声あがるワケ
〈爆死〉なんて不謹慎な表現もされ始めた橋本愛(26)主演の連ドラ「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系=水曜夜10時)。初回...
2022-08-09 17:03 エンタメ
NHKが中森明菜「紅白出演」画策中…“1989伝説ライブ”高視聴率に上層部ビックリ、現実度は?
 NHKが“幻の歌姫”中森明菜(57)を担ぎ出そうと躍起になっているという。大みそかに放送される紅白歌合戦に、どんなスタ...
2022-08-09 17:03 エンタメ
フジ「純愛ディソナンス」 光石研の演技がスゴイ! 低視聴率でも夏ドラの“ダークホース”に急浮上
 夏ドラマも世帯視聴率が伸び悩み、大半が、かつて合格点とされていた2ケタに届かない。直近では半分の5%を切るドラマも出て...
2022-08-09 17:03 エンタメ
3年ぶりに下田の国際カジキ釣り大会が開催! コロナ禍でも自分のペースで夏を満喫
【山田邦子 人生いろいろ】  コロナ感染者が増えているので中止になるイベントは多いけれど、ファンが支える、アーティスト...
2022-08-09 17:03 エンタメ
風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた
 有村架純(29)と中村倫也(35)W主演のドラマ「石子と羽男─そんなコトで訴えます?─」(TBS系)。8月12日放送の...
2022-08-09 17:03 エンタメ
六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」
【私の秘蔵写真】  六平直政さん(俳優・68歳)  コワモテにドラ声、迫力満点の俳優・六平直政さん。超個性的なバイプ...
2022-08-08 17:03 エンタメ
小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言
 NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で主演を務める小栗旬(39)が、撮了後に家族6人で米ロサンゼルスに"再移住"すると一...
2022-08-08 17:03 エンタメ
杉野遥亮が売れっ子になれたのは…塩顔イケメンなのにオドオドしているから?
 俳優の柄本佑(35)の「裏かぶり」がちょっとした話題になった。柄本は今期、7月30日に終了したNHKの連ドラ「空白を満...
2022-08-08 17:03 エンタメ
グラドル葉月あやは留学費用貯めようと貧乏暮らし、デビュー後ギャンブルにハマり…
【役者・芸人「貧乏物語」】  葉月あや(グラビアアイドル/31歳)  巨乳と愛嬌ある笑顔で人気のグラドル葉月あやさん...
2022-08-08 17:03 エンタメ
上沼恵美子16年ぶり日テレ出演で上機嫌 “関西の女帝”イメージ払拭作戦? トーク衰えしらず
【桧山珠美 あれもこれも言わせて】  それにしても、世のおばちゃんたちはどうしてあんなにもパワフルなのか。  日曜早...
2022-08-07 17:03 エンタメ
江口のりこ節NHK「あさイチ」でも炸裂 あまりのマイペースに華丸・大吉も恐縮しきり
 やっぱり、江口のりこ(42)は最高だ。  7月29日放送「あさイチ」のプレミアムトークに出演した際のこと。  オー...
2022-08-07 17:03 エンタメ
「泥酔」あびる優vs「違法連れ去り」才賀紀左衛門…娘をめぐる“泥沼闘争”のどっちもどっち
 2019年12月に離婚したタレントのあびる優(36)と、格闘家の才賀紀左衛門(33)が、7歳になるひとり娘のAちゃんの...
2022-08-07 17:03 エンタメ
20代から悩みぬいた末にたどり着いた バイク川崎バイク「アクセル全開」の境地
【今週グサッときた名言珍言】 「50歳でブンブンとか、ヒィーアやってたら、どんどん面白くなっていくと思うんで、そこはや...
2022-08-07 17:03 エンタメ
山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに
 NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で主演を務める小栗旬(39)に“第4子”が誕生していたことが明らかになった。これによ...
2022-08-07 17:03 エンタメ
皇統優先と男系男子最優先、護憲と改憲…上皇さまと安倍元首相は基本的な部分が大きくズレていた
【皇室のトリビア】#78  上皇さまは、なぜ安倍元首相とそりが合わなかったのだろう。推測してみたい。  安倍氏は、皇...
2022-08-07 17:03 エンタメ
NHK時代劇は健闘も…“7万人を斬った”大御所・高橋英樹が憂う若手俳優のヒーロー志向
 NHKはこんな愉快な時代劇を、なんでBSプレミアムなんかで地味に、しかも強力な裏番組が並ぶ時間帯に放送しているのだろう...
2022-08-07 17:03 エンタメ