小倉優子はバツ2 家庭的で可愛いけど“男運がない”女性の特徴

コクハク編集部
更新日:2022-07-30 06:00
投稿日:2022-07-30 06:00

小倉優子が2度目の離婚をテレビで生報告

がんばって(C)日刊ゲンダイ
がんばって (C)日刊ゲンダイ

 タレントの小倉優子(38)が27日、自身のSNSで離婚したことを報告した。今回の離婚理由や親権、養育費については触れていないが、2度目の結婚は3年余りでの破局となった。

 28日には、木曜レギュラーを務めるフジテレビ系の帯番組「ポップUP!」(月~金曜、11時45分)に生出演。MC陣に「全然気を遣わず、なんでも言ってください」と答えている。

 離婚した歯科医師の男性とは2018年末に結婚し、20年7月には第3子を出産。しかし、結婚当初から別居が報じられ、妊娠中に夫側から弁護士を通じて、離婚と2人の子供の養子縁組解消を求められていた。

 小倉はこれでバツ2となるが、最初の結婚相手にも恵まれなかった。11年に結婚したヘアメイクアーティストの菊地勲氏との間には2児に恵まれたものの、16年に小倉の事務所の後輩との不倫が発覚し、翌年に離婚している。

ママタレ成功者のひとり

 デビュー当時、グラビアで活躍した小倉は、「こりん星」から来たゆうこりんとして“ぶりっこキャラ”で人気を博した。結婚後は3人の子育てをしながら仕事をこなし、料理を得意とし、料理本を複数出版するなどママタレントに転身を遂げ、成功したひとりだろう。

 料理の腕前はプロ級で、容姿端麗。仕事をこなし経済面でも自立している。しかも教育にも熱心なママ。理想の妻であり母にも思えるが、それでも離婚となれば、完璧過ぎたのがアダになったのか。

何でもできる妻がいる環境に適応できなかった?

完璧すぎる料理は苦手…?(写真:iStock)
完璧すぎる料理は苦手…? (写真:iStock)

 婚活アドバイザーで「マリーミー」代表の植草美幸氏が言う。

「婚活でも『スープのダシを鶏ガラから取っています』とアピールする女性よりも、『勉強中で簡単なものしか作れません』という女性の方が人気。ハラハラ感があったり、ちょっと抜けていたり、一緒に成長できる方が好まれていますね。小倉さんは妻として完璧にこなしていたのかもしれませんが、初婚の男性には突然3人の親になって、何でもできる妻がいる環境に適応できなかった可能性も考えられます」

 結婚してから男性の態度が急に変わったり、早く別れたりする、あるいは、見た目や話し方がかわいい女性には、ある傾向が見られるとも。

「容姿の印象や雰囲気は必ずしも本人の性格と一致するものではありませんが、気が強かったり、しっかりしすぎていると男性がそのギャップに異常に驚いてしまい、違和感を抱くケースは往々にしてあります。婚活の現場でも仮交際から本交際になって、『人格が全然違う』と別れるケースはよくありますね」(植草美幸氏)

元祖癒し系女優の飯島直子は尽くしすぎて離婚

(C)日刊ゲンダイ
(C)日刊ゲンダイ

 男好きするが男運がないタイプでいえば、元祖癒やし系女優としてブームになった飯島直子(54)もそうだろう。97年の人気絶頂時にTUBEのボーカル前田亘輝と結婚するも、01年に離婚。12年に実業家と再婚したが、19年に舞台女優との不倫騒動が報じられた。昨年秋に離婚している。

 飯島の場合、週刊誌などでたびたび「尽くす女」と報じられてきた。本人も「今夜くらべてみました」(日本テレビ系=17年8月9日放送回)で、再婚前に付き合っていた男性について、「その人がすごいワガママだったんです。けっこう尽くしちゃうタイプで」と語っている。

 前田や実業家との結婚後も仕事をセーブし家庭を優先してきた飯島。男性を立て、理想を絵にかいたような結婚生活にみえるが……。

家庭を優先しすぎるタイプは男性をダメにする

「家庭的な女性はモテるといわれますが、家庭を優先しすぎるタイプは男性をダメにします。俺の言いなりになるだろうと安心させてしまうからです。また、飯島さんのようにきれいな方だと、相手は輝いていた女優の部分も含めて好きだった可能性があり、ずっと側にいると扱いがぞんざいになるケースはあるでしょう。独身時代同様、働いて周囲と交流を持っていた方が、心配し、大事にしたいという男性心理も働きます」(植草美幸氏)

 浮気に走り、家庭を大事にしない夫が悪いのは当然だが、結婚して男性が豹変しないためにも、彼女たちから学ぶことはあるかも?

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ
【シリーズ「光と影のアイドル群像」】桜田淳子  松田聖子や郷ひろみのように、いまなお熱い声援を浴び続けるスターはほんの...
2022-08-14 17:03 エンタメ
高橋一生の“共演者キラー”健在なり 今度は飯豊まりえと熱愛報道、過去にも次々ウワサに
 衝撃のニュースが飛び込んできた。5日発売の「FRIDAY」が飯豊まりえ(24)と高橋一生(41)の熱愛を報じたのだ。 ...
2022-08-14 17:03 エンタメ
隅田川花火3年連続中止の影響か…テレ東中継チームの質低下が心配だ
【桧山珠美 あれもこれも言わせて】  猛暑で少し歩いただけでも息が苦しい。マスクをしなければ、まだましなのに……。 ...
2022-08-14 17:03 エンタメ
IMALUは東京と奄美大島の“二拠点生活” 環境問題に取り組むモチベーションは「結婚」か
 お笑いタレントの明石家さんま(67)と女優の大竹しのぶ(65)の長女で、2世タレントの代名詞でもあるタレントのIMAL...
2022-08-14 17:03 エンタメ
主役を気取らず常に仲間の良さを引き出す 麒麟・川島は生粋の司会者
【今週グサッときた名言珍言】 「さんまさんとか紳助さんの番組見て、こんな緊張感与える番組、あかんと思って『ラヴィット!...
2022-08-14 17:03 エンタメ
NHK紅白を打ち切りから救う歌手は松田聖子か中森明菜か…視聴率30%が“デッドライン”
 例年、お盆休みを過ぎると、渋谷区のNHK神南界隈は、にわかに慌ただしさを増してくる。  局の看板番組「紅白歌合戦」が...
2022-08-14 17:03 エンタメ
「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い
【皇室のトリビア】#79 「今のところ悠仁さまは筑波大付属高校へ普通に通っているし、特に目立った変化はありませんね。た...
2022-08-14 17:03 エンタメ
水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏
 生放送のワイドショーや情報番組などのキャスター・アナウンサーに新型コロナ感染が広がり、“欠席”が相次いでいる。日本テレ...
2022-08-14 17:03 エンタメ
ビートたけしの寂しすぎる最晩年に思うこと…「フライデー」編集長時代の思い出
【週刊誌からみた「ニッポンの後退」】  私はビートたけし(75)という芸人が嫌いだ。  この男の顔がテレビに映ると即...
2022-08-14 17:03 エンタメ
怯むな!町田啓太「テッパチ!」防衛省協力でもイケパラ風味
 水曜日は「テッパチ!」の日。イケメン好きなら覚えておいて損はありません。私も町田啓太お目当てで見始めましたが、これは令...
柴咲コウ「女優」に収まらないビジネス眼 2拠点暮らしの仕事ぶりは芸能人の最先端
 女優の柴咲コウ(41)が10日、都内で行われた「マムート160周年記念プロジェクト」に登場した。 「山の日特別授業─...
2022-08-13 17:03 エンタメ
片瀬那奈は動画生配信で「女優復帰」言及せず…気になる今後と「多部未華子=救世主」説
 片瀬那奈(40)が、本格復帰に向けて有名俳優や女優が所属する大手事務所に所属することが複数のメディアで報じられた。 ...
2022-08-13 17:03 エンタメ
親日家だったオリビア・ニュートン・ジョンさんの「プロ魂」 福島公演では復興祈る
 中高年世代が胸を焦がした青春スターがまたひとり、逝ってしまった。オリビア・ニュートン・ジョンさんが米カリフォルニア州に...
2022-08-13 17:03 エンタメ
蒼井優&山里亮太に第1子誕生 芸能界きっての“おしどり夫婦”の秘訣は「母の教え」
 タレント山里亮太(45)、女優の蒼井優(36)夫妻に第1子となる女児が誕生し、祝福の声が相次いでいる。ラジオで発表した...
2022-08-13 17:03 エンタメ
八月納涼歌舞伎「東海道中膝栗毛 弥次喜多流離譚」は派手さとばかばかしさで暑気払いに正解
 コロナ禍で先月までは3分の2くらいしか観客を入れていなかったが、今月からほぼ全席を売るようになった。2年前の公演再開の...
2022-08-13 17:03 エンタメ
小倉優子が選んだ「きれいな別れ方」 唯一無二“バツ2ママタレ”として返り咲く日
城下尊之【芸能界ぶっちゃけトーク】  タレントの小倉優子(38)が先日、正式に離婚したことを発表した。小倉はバツ2とな...
2022-08-13 17:03 エンタメ