現代と違う? 15年前の“パパ活”マンガを読み直してみました

内藤みか 作家
更新日:2019-05-05 23:11
投稿日:2019-05-02 06:00
 先日、15年前のちょっと過激な少女漫画『娼婦ハルミン物語』を読み直してみました。援助交際をする10代の女の子が主人公なのですが、まだ「パパ活」という言葉がなかった時代と、現代のパパ活事情とを比べてみると、いろいろなことが見えてきたのでした。

お値段は今のほうが高騰気味?

お金を貰って…(写真:iStock)
お金を貰って… (写真:iStock)

『娼婦ハルミン物語』は、漫画家の水槻れんさんが描き、2003年に講談社コミックスデザートから刊行された作品です。ハルミンと呼ばれる女の子は、男性から呼び出されると1回3万円という明朗会計でベッドを共にします。「もうすぐ20歳」と言っているので、おそらく19歳なのでしょう。彼女を呼び出した男たちは皆「すごく可愛いね」と喜ぶので、相当な顔のレベルのようです。時にはチップだよと言われて1万円多い4万円をゲットし、ラッキーと喜んでいます。

 一方、現代に蔓延しているとも言われるパパ活女子はどんな感じなのでしょう。彼女らも可愛い子は1回3万円はもらえるという話です。けれど、パパ活女子がするのはお食事だけ。ハルミンのように身体を張らなくても同額がもらえてしまうのだから、随分と価格が高騰したようにも感じてしまいます。逆に言えば、身体の関係なしで3万円出してしまうパパたちが、だいぶ草食化してしまったのかもしれません。

描かれているのは性感染症の恐怖

性感染症を防ぐためにもコンドームは大切(写真:iStock)
性感染症を防ぐためにもコンドームは大切 (写真:iStock)

 この漫画では、恐ろしいことが描かれています。ハルミンは援助交際を始めた最初のころは、不特定多数と性交渉を持ち、いろいろな病気を移されてしまうのです。それに懲りた彼女は途中から避妊具をつけて商売するようになるのですが、その不安は完全に消えたわけではありません。キスなどの粘膜での接触があれば、感染するおそれがあるからです。

 それでは現代はどうでしょう。パパ活でしているのはお食事だけのはずですから、感染の問題は全く関係ないと思われます。けれどデータを見ると不思議なことに、梅毒の感染者がかなりの勢いで増えており、東京と大阪がとくに数が多く、大阪市では平成27年以降女性の感染者が急増しているというデータを公開しています。なかでも全女性のうち10代から30代の感染が8割にもなっているのだとか(大阪市調べ)。これはいったいどういうことなのでしょうか。

不特定多数というおそろしさ

マッチングサイトで異性と簡単に出会えてしまう(写真:iStock)
マッチングサイトで異性と簡単に出会えてしまう (写真:iStock)

 性感染症の増加には、外国人男性との性交渉を原因とする説もあり、パパ活だけが原因であるとは思えません。もちろん一部には食事以上の行為をしているパパ活女子もいるのでしょう。けれどそれだけでなく、いわゆる不特定多数の男性と性交渉をしてしまう女性が増加していることもあると私は感じています。

 世の中にはマッチングサイトという名前の出会い系サイトがどんどん増えています。どんどん増えている理由はそれだけ利用者が多く、業者が儲かるということ。大抵は女性は料金無料なので、業者は男性から月々の利用料やマッチングの謝礼を受け取り利益を得ているのです。男性からすればパパ活女子にお金を払うよりも安い料金で女性と出会えて、しかもうまくいけばエッチもできるのですから、おトクで、だからニーズもあるのでしょう。

複数恋愛が性感染症を呼ぶ

複数の異性との性交渉は感染のリスクと背中合わせ(写真:iStock)
複数の異性との性交渉は感染のリスクと背中合わせ (写真:iStock)

 私の周りには恋人がいるのにこうしたサイトを利用して浮気相手を探す女性が何人もいます。アプリを通して女性が知らない男性と出会い、その時に病気に感染したら、今度は彼氏にも感染させてしまうかもしれません。実際そんな事態に陥り、一気に修羅場となった人がいます。その女性も彼氏も病院に行かなくてはならなくなってしまったので大変でした。結局浮気を許してもらえず、結局彼氏とは別れてしまいました。

 最近はポリアモリーなどと言われる複数恋愛がもてはやされています。複数の異性と性的に関係してもいい、と考える人がいるのです。けれど、そうした関係は、感染とも背中合わせで、パートナーにも迷惑をかけてしまう可能性があるという覚悟は必要かもしれません。

本当の愛を知った時に後悔しないために

後悔しないと言い切れる?(写真:iStock)
後悔しないと言い切れる? (写真:iStock)

 結局、娼婦ハルミンはどうなったかというと、ある日、とても好みの男性と知り合います。彼とは体の関係もまだなのに、一緒にいるだけで、なんだかとても幸せな気持ちを味わえるのです。本当の恋を知り、大切な彼と結ばれたくなった瞬間、彼女は性感染症かもしれない自分のリスキーな身体に初めて衝撃を受けたのでした。読んでいてとてもせつなくなるお話です。

 アプリで簡単にその夜にベッドを共にできる異性と出会えてしまう現在の世の中で、不特定多数の男性と関係を持っている女性たちも、真実好きな人に出会ったときに後悔をすることがないように、慎重な行動をすることが必要なのかもしれません。

エロコク 新着一覧


圧迫されると興奮…学生時代の経験が招いた新しい快楽の世界
「性癖という自覚はなかったけど、好きだった」という“ある行為”が、何かのタイミングでセクシャルな喜びにつながることがある...
大泉りか 2021-04-20 06:10 エロコク
小さなボディに似つかわしくない強振動!10秒で迎える絶頂♡
 最近、「極天クリサリスローター」が手放せません。全長9・2センチと小ぶりで、シンプルを極めたフォルム。鏡と見まごうほど...
桃子 2021-04-18 06:00 エロコク
思わず赤面! うっかりやらかしたLINEのエッチな誤変換10選
 官能作家を生業としている筆者のパソコンとスマホの中は、一般の方はまず使わない「官能用語」のオンパレードです。まるで「体...
蒼井凜花 2021-04-16 06:00 エロコク
水分98%の「iroha petit」 プニプニ触感で全身を愛撫して
 ラブグッズの醍醐味は、人の体からは繰り出せない刺激を体験できるところにある、と私は思っています。振動や回転は生身の人間...
桃子 2021-04-11 06:00 エロコク
イケメンナルシスト俳優との恋でボロボロに…30代OLの告白#5
 イケメン俳優Oさん(36)とついにセックスに至ったR子さん(31歳独身・不動産勤務・実家暮らし)。しかし、彼のセックス...
蒼井凜花 2021-04-09 06:45 エロコク
吸盤のようにピタッと張り付き…2種類の刺激で極上の時間を
 クリトリスが性的に敏感な器官であることは、いまさら説明の必要もなく、ピンポイントで攻めると強い快感が得られます。一方で...
桃子 2021-04-03 06:00 エロコク
イケメンナルシスト俳優との恋でボロボロに…30代OLの告白#4
 イケメン俳優・Oさん(36)とついにセックスすることになったR子さん(31歳独身・不動産勤務・実家暮らし)。濃厚なフェ...
蒼井凜花 2021-04-09 06:42 エロコク
まっすぐ挿れればヘッドの先端が“ちょうどいいところ”を刺激
 棒の先に、うずらの卵を2回りほど大きくしたような楕円体がついている――。 「Gストレート」の形状を言い表すとこう...
桃子 2021-03-28 06:00 エロコク
イケメンナルシスト俳優との恋でボロボロに…30代OLの告白#3
 イケメン俳優・Oさん(36)とSNSを通じて知り合い、付き合いが始まったR子さん(31歳独身・不動産勤務・実家暮らし)...
蒼井凜花 2021-04-09 06:47 エロコク
カップル向けバイブを一人で…ハンズフリーで深い快感に酔う
 U字形バイブはカップル向けに作られているものが多いので、自分ひとりの密かなお楽しみのために使いたい……という女性からは...
桃子 2021-03-21 06:00 エロコク
イケメンナルシスト俳優との恋でボロボロに…30代OLの告白#2
 SNSがきっかけでイケメン俳優・Oさん(36歳)と知り合い、LINEで親交を深めて付き合いが始まったR子さん(31歳独...
蒼井凜花 2021-04-09 07:13 エロコク
スイッチオンで…クリがまっすぐきゅーっと吸い上げられる!
 基礎化粧品をシリーズ使いしている女性は少なくないですよね。相乗効果を狙うほか、シリーズへの信頼感というものがあるのでし...
桃子 2021-03-19 17:53 エロコク
上級者も満足♡多彩な機能で身も心もヒートアップ間違いなし
 バイブ選びはビギナーの方が難しいと思われがちですが、実は中~上級者の方がハードルが高いものです。あの機能も欲しいし、こ...
桃子 2021-03-07 10:43 エロコク
コンパクトな見た目を裏切るパワフルな振動にうっとり♡
 ゆっくりとセクシュアルな妄想を広げて、じっくりと自分の体を気持ち良くしていく……。そんなセルフプレジャーを楽しみたい夜...
桃子 2021-02-28 06:00 エロコク
終わった後も肌が突っ張らない潤滑剤♡セルフプレジャーにも
 女性には基礎化粧品を季節や肌の調子によって使い分ける習慣がありますが、潤滑剤も同じように考えてほしいと思います。香りで...
桃子 2021-02-21 06:00 エロコク
振動だけじゃない!肉感的な本体が生き物みたいにぐねぐねと
 ローターとは元来、「挿入を目的とせず」「振動によって主に体の表面に刺激を与えるもの」を意味していました。今もそのイメー...
桃子 2021-02-14 06:00 エロコク