現代と違う? 15年前の“パパ活”マンガを読み直してみました

内藤みか 作家
更新日:2019-05-05 23:11
投稿日:2019-05-02 06:00
 先日、15年前のちょっと過激な少女漫画『娼婦ハルミン物語』を読み直してみました。援助交際をする10代の女の子が主人公なのですが、まだ「パパ活」という言葉がなかった時代と、現代のパパ活事情とを比べてみると、いろいろなことが見えてきたのでした。

お値段は今のほうが高騰気味?

お金を貰って…(写真:iStock)
お金を貰って… (写真:iStock)

『娼婦ハルミン物語』は、漫画家の水槻れんさんが描き、2003年に講談社コミックスデザートから刊行された作品です。ハルミンと呼ばれる女の子は、男性から呼び出されると1回3万円という明朗会計でベッドを共にします。「もうすぐ20歳」と言っているので、おそらく19歳なのでしょう。彼女を呼び出した男たちは皆「すごく可愛いね」と喜ぶので、相当な顔のレベルのようです。時にはチップだよと言われて1万円多い4万円をゲットし、ラッキーと喜んでいます。

 一方、現代に蔓延しているとも言われるパパ活女子はどんな感じなのでしょう。彼女らも可愛い子は1回3万円はもらえるという話です。けれど、パパ活女子がするのはお食事だけ。ハルミンのように身体を張らなくても同額がもらえてしまうのだから、随分と価格が高騰したようにも感じてしまいます。逆に言えば、身体の関係なしで3万円出してしまうパパたちが、だいぶ草食化してしまったのかもしれません。

描かれているのは性感染症の恐怖

性感染症を防ぐためにもコンドームは大切(写真:iStock)
性感染症を防ぐためにもコンドームは大切 (写真:iStock)

 この漫画では、恐ろしいことが描かれています。ハルミンは援助交際を始めた最初のころは、不特定多数と性交渉を持ち、いろいろな病気を移されてしまうのです。それに懲りた彼女は途中から避妊具をつけて商売するようになるのですが、その不安は完全に消えたわけではありません。キスなどの粘膜での接触があれば、感染するおそれがあるからです。

 それでは現代はどうでしょう。パパ活でしているのはお食事だけのはずですから、感染の問題は全く関係ないと思われます。けれどデータを見ると不思議なことに、梅毒の感染者がかなりの勢いで増えており、東京と大阪がとくに数が多く、大阪市では平成27年以降女性の感染者が急増しているというデータを公開しています。なかでも全女性のうち10代から30代の感染が8割にもなっているのだとか(大阪市調べ)。これはいったいどういうことなのでしょうか。

不特定多数というおそろしさ

マッチングサイトで異性と簡単に出会えてしまう(写真:iStock)
マッチングサイトで異性と簡単に出会えてしまう (写真:iStock)

 性感染症の増加には、外国人男性との性交渉を原因とする説もあり、パパ活だけが原因であるとは思えません。もちろん一部には食事以上の行為をしているパパ活女子もいるのでしょう。けれどそれだけでなく、いわゆる不特定多数の男性と性交渉をしてしまう女性が増加していることもあると私は感じています。

 世の中にはマッチングサイトという名前の出会い系サイトがどんどん増えています。どんどん増えている理由はそれだけ利用者が多く、業者が儲かるということ。大抵は女性は料金無料なので、業者は男性から月々の利用料やマッチングの謝礼を受け取り利益を得ているのです。男性からすればパパ活女子にお金を払うよりも安い料金で女性と出会えて、しかもうまくいけばエッチもできるのですから、おトクで、だからニーズもあるのでしょう。

複数恋愛が性感染症を呼ぶ

複数の異性との性交渉は感染のリスクと背中合わせ(写真:iStock)
複数の異性との性交渉は感染のリスクと背中合わせ (写真:iStock)

 私の周りには恋人がいるのにこうしたサイトを利用して浮気相手を探す女性が何人もいます。アプリを通して女性が知らない男性と出会い、その時に病気に感染したら、今度は彼氏にも感染させてしまうかもしれません。実際そんな事態に陥り、一気に修羅場となった人がいます。その女性も彼氏も病院に行かなくてはならなくなってしまったので大変でした。結局浮気を許してもらえず、結局彼氏とは別れてしまいました。

 最近はポリアモリーなどと言われる複数恋愛がもてはやされています。複数の異性と性的に関係してもいい、と考える人がいるのです。けれど、そうした関係は、感染とも背中合わせで、パートナーにも迷惑をかけてしまう可能性があるという覚悟は必要かもしれません。

本当の愛を知った時に後悔しないために

後悔しないと言い切れる?(写真:iStock)
後悔しないと言い切れる? (写真:iStock)

 結局、娼婦ハルミンはどうなったかというと、ある日、とても好みの男性と知り合います。彼とは体の関係もまだなのに、一緒にいるだけで、なんだかとても幸せな気持ちを味わえるのです。本当の恋を知り、大切な彼と結ばれたくなった瞬間、彼女は性感染症かもしれない自分のリスキーな身体に初めて衝撃を受けたのでした。読んでいてとてもせつなくなるお話です。

 アプリで簡単にその夜にベッドを共にできる異性と出会えてしまう現在の世の中で、不特定多数の男性と関係を持っている女性たちも、真実好きな人に出会ったときに後悔をすることがないように、慎重な行動をすることが必要なのかもしれません。

内藤みか
記事一覧
作家
著書80冊以上。大学時代に作家デビューし、一貫して年下男性との恋愛小説を書き綴る。ケータイ小説でも話題に。近年は電子媒体を中心に活動。著書に「あなたに抱かれたいだけなのに」など。イケメン評論家として、ホストや出張ホストなどにも詳しい。
TwitterInstagram

エロコク 新着一覧


コスパ感も◎! 小さなボディに似つかわしくないハイパワー
 昨年から続く物価高。何もかもが値上がりしていて、お買い物に慎重になっている人は多いと思いますし、私もその例に漏れません...
桃子 2023-02-05 06:00 エロコク
ガテン系は好きでも…25歳の愛人女子がパパ候補を振ったワケ
 知り合いのオジサマから、こんな質問が。 「月2万円程度で愛人が持てるなんて夢のある話だよね。でも、女の子にしても...
中山美里 2023-01-31 06:00 エロコク
吸引系が革命的進化!Gスポットにアプローチするバイブが登場
 クリトリスに振動刺激を与えながら吸い上げる、いわゆる“吸引系”の登場は、ラブグッズ界にパラダイムシフトをもたらしたと思...
桃子 2023-01-29 06:00 エロコク
生身のペニスで円熟SEX…美熟女が気づいた本当の幸福 #5
 某ミセスコンテストのグランプリに輝いたM子さん(45歳ウォーキング講師/既婚・子供なし)。  絶大な美しさを誇る...
蒼井凜花 2023-01-27 06:00 エロコク
お手当の値切りにため息…愛人関係はウィンウィンじゃないと
 長引く不況の影響で、最近「お手当を値切られる」という愛人希望の女性が少なからずいるそうで……。 「私は1回2万円...
中山美里 2023-01-24 06:00 エロコク
硬質な素材だからこそ! 振動がGスポットまでまっすぐ届く
 海外からの輸入バイブレーターが増えはじめた時期、私は「欧米のバイブって硬いなぁ」と思っていました。日本製はぷにぷにとし...
桃子 2023-01-22 06:00 エロコク
ED夫にはない鋭い勃起…再会した元カレの肉棒に貫かれる夜#4
 某ミセスコンテストのグランプリを手にしたM子さん(45歳ウォーキング講師/既婚・子供なし)。  圧倒的な美を誇る...
蒼井凜花 2023-01-20 11:09 エロコク
夫の胃袋をつかむはずが…35歳主婦は料理教室で愛人をゲット
“夫婦円満の秘訣は夫の胃袋をつかむこと”というのは結婚式のスピーチの常套句ですが、今の時代、年齢にかかわらず料理下手な女...
中山美里 2023-01-17 06:00 エロコク
上級者もきっと満足! マルチユースの優秀バイブレーター
 ここ数年、マルチユースなラブグッズが増えています。ひとつあればいろんな使い方ができるので、「何を買えばいいかわからない...
桃子 2023-01-15 06:00 エロコク
ED夫の指ワザで2度のアクメ、人生初の挿入ナシで爆ぜる私 #3
 某ミセスコンテストのグランプリに輝いたM子さん(45歳ウォーキング講師/既婚・子供なし)。  圧倒的な美を誇る「...
蒼井凜花 2023-01-20 11:24 エロコク
お手当は整形費用に…地味子だった26歳OLが尽き進む“愛人道”
 高級車やマンションまで買い与えられた昭和の愛人と比べると、もらえるお手当はスズメの涙というのが平成・令和の愛人事情。パ...
中山美里 2023-01-10 06:00 エロコク
3つの指で3P気分! 絶対に期待を裏切らない突起ローター♡
 3つの指のような突起が並んだ、「サティスファイヤー スリーサム3」。説明書を見ずとも、使い方を理解できる人は多いのでは...
桃子 2023-01-08 06:00 エロコク
60歳夫と初夜!クンニ直前まで濃厚な舌づかいでバック攻め#2
 ミセスコンテストのグランプリに輝いたM子さん(45歳ウォーキング講師/既婚・子供なし)。圧倒的な美を誇る彼女は、美魔女...
蒼井凜花 2023-01-14 02:56 エロコク
12人と同時進行!小悪魔系25歳女子がパパを落とすマル秘テク
 今回ご登場いただくのは、婚活パーティーをパパ探しに活用しているというめっちゃカワイイ女性。早苗ちゃんというフリーターな...
中山美里 2022-12-27 06:00 エロコク
絶対に外さない鉄板バイブ! ぬくもりを肌と粘膜で感じて♡
 雑誌やネットの記事を見ていると「鉄板コーディネート」や「絶対にハズさない手土産」のような特集があり、出費するからにはハ...
桃子 2022-12-25 06:00 エロコク
夫の精液で知るSEXの悦び…私も近親相姦する運命なの?#5
 元保育士のR子さん(25歳主婦/子供なし)は、昨年、都内の総合病院の御曹司の妻となった。大手カルチャースクールで、のち...
蒼井凜花 2022-12-23 06:00 エロコク