現代と違う? 15年前の“パパ活”マンガを読み直してみました

内藤みか 作家
更新日:2019-05-05 23:11
投稿日:2019-05-02 06:00
 先日、15年前のちょっと過激な少女漫画『娼婦ハルミン物語』を読み直してみました。援助交際をする10代の女の子が主人公なのですが、まだ「パパ活」という言葉がなかった時代と、現代のパパ活事情とを比べてみると、いろいろなことが見えてきたのでした。

お値段は今のほうが高騰気味?

お金を貰って…(写真:iStock)
お金を貰って… (写真:iStock)

『娼婦ハルミン物語』は、漫画家の水槻れんさんが描き、2003年に講談社コミックスデザートから刊行された作品です。ハルミンと呼ばれる女の子は、男性から呼び出されると1回3万円という明朗会計でベッドを共にします。「もうすぐ20歳」と言っているので、おそらく19歳なのでしょう。彼女を呼び出した男たちは皆「すごく可愛いね」と喜ぶので、相当な顔のレベルのようです。時にはチップだよと言われて1万円多い4万円をゲットし、ラッキーと喜んでいます。

 一方、現代に蔓延しているとも言われるパパ活女子はどんな感じなのでしょう。彼女らも可愛い子は1回3万円はもらえるという話です。けれど、パパ活女子がするのはお食事だけ。ハルミンのように身体を張らなくても同額がもらえてしまうのだから、随分と価格が高騰したようにも感じてしまいます。逆に言えば、身体の関係なしで3万円出してしまうパパたちが、だいぶ草食化してしまったのかもしれません。

描かれているのは性感染症の恐怖

性感染症を防ぐためにもコンドームは大切(写真:iStock)
性感染症を防ぐためにもコンドームは大切 (写真:iStock)

 この漫画では、恐ろしいことが描かれています。ハルミンは援助交際を始めた最初のころは、不特定多数と性交渉を持ち、いろいろな病気を移されてしまうのです。それに懲りた彼女は途中から避妊具をつけて商売するようになるのですが、その不安は完全に消えたわけではありません。キスなどの粘膜での接触があれば、感染するおそれがあるからです。

 それでは現代はどうでしょう。パパ活でしているのはお食事だけのはずですから、感染の問題は全く関係ないと思われます。けれどデータを見ると不思議なことに、梅毒の感染者がかなりの勢いで増えており、東京と大阪がとくに数が多く、大阪市では平成27年以降女性の感染者が急増しているというデータを公開しています。なかでも全女性のうち10代から30代の感染が8割にもなっているのだとか(大阪市調べ)。これはいったいどういうことなのでしょうか。

不特定多数というおそろしさ

マッチングサイトで異性と簡単に出会えてしまう(写真:iStock)
マッチングサイトで異性と簡単に出会えてしまう (写真:iStock)

 性感染症の増加には、外国人男性との性交渉を原因とする説もあり、パパ活だけが原因であるとは思えません。もちろん一部には食事以上の行為をしているパパ活女子もいるのでしょう。けれどそれだけでなく、いわゆる不特定多数の男性と性交渉をしてしまう女性が増加していることもあると私は感じています。

 世の中にはマッチングサイトという名前の出会い系サイトがどんどん増えています。どんどん増えている理由はそれだけ利用者が多く、業者が儲かるということ。大抵は女性は料金無料なので、業者は男性から月々の利用料やマッチングの謝礼を受け取り利益を得ているのです。男性からすればパパ活女子にお金を払うよりも安い料金で女性と出会えて、しかもうまくいけばエッチもできるのですから、おトクで、だからニーズもあるのでしょう。

複数恋愛が性感染症を呼ぶ

複数の異性との性交渉は感染のリスクと背中合わせ(写真:iStock)
複数の異性との性交渉は感染のリスクと背中合わせ (写真:iStock)

 私の周りには恋人がいるのにこうしたサイトを利用して浮気相手を探す女性が何人もいます。アプリを通して女性が知らない男性と出会い、その時に病気に感染したら、今度は彼氏にも感染させてしまうかもしれません。実際そんな事態に陥り、一気に修羅場となった人がいます。その女性も彼氏も病院に行かなくてはならなくなってしまったので大変でした。結局浮気を許してもらえず、結局彼氏とは別れてしまいました。

 最近はポリアモリーなどと言われる複数恋愛がもてはやされています。複数の異性と性的に関係してもいい、と考える人がいるのです。けれど、そうした関係は、感染とも背中合わせで、パートナーにも迷惑をかけてしまう可能性があるという覚悟は必要かもしれません。

本当の愛を知った時に後悔しないために

後悔しないと言い切れる?(写真:iStock)
後悔しないと言い切れる? (写真:iStock)

 結局、娼婦ハルミンはどうなったかというと、ある日、とても好みの男性と知り合います。彼とは体の関係もまだなのに、一緒にいるだけで、なんだかとても幸せな気持ちを味わえるのです。本当の恋を知り、大切な彼と結ばれたくなった瞬間、彼女は性感染症かもしれない自分のリスキーな身体に初めて衝撃を受けたのでした。読んでいてとてもせつなくなるお話です。

 アプリで簡単にその夜にベッドを共にできる異性と出会えてしまう現在の世の中で、不特定多数の男性と関係を持っている女性たちも、真実好きな人に出会ったときに後悔をすることがないように、慎重な行動をすることが必要なのかもしれません。

エロコク 新着一覧


アンダー3000円でも超優秀!ラブグッズ初心者にもおすすめ♡
 ラブグッズと価格の関係には、悩ましいところがあります。海外ブランドが続々と上陸していますが、比較的高額になるのは致し方...
桃子 2021-10-24 06:00 エロコク
もう別れられない…裏切られ続けてもレズビアンの彼女が好き
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女と付き合うことになったW子さん(41歳・パート・子供なし)。しかし、パートナーの女性...
蒼井凜花 2021-10-22 06:00 エロコク
強烈ハイパワーな電マ 時短でイキたい夜のお供にうってつけ
 強振動がお好みの皆さん、お待たせしました。かつて電マはパワーの強さを競い合っていましたが、最近はあまり聞かなくなりまし...
桃子 2021-10-17 06:00 エロコク
涙が頬を…彼女に見せられたレズビアンの元カノとの裸写真
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。二人の幸せな時間はほどなくして消え...
蒼井凜花 2021-10-15 06:00 エロコク
脱・マンネリ! 自宅をラブホテル風に演出できるアイテム3選
 コロナ禍で、お部屋デートが続く今日このごろ、今週も彼が部屋に泊まりに来た……! と、戸惑う女性が少なくありません。時に...
内藤みか 2021-10-14 06:00 エロコク
先端を直接デリケート部分にあてたら…オーガズムは不可避♡
 ビビッドなオレンジ色で、形状はまるで糸切りバサミ。雑貨ショップの店頭にあってもおかしくない風貌の「サティスファイヤー ...
桃子 2021-10-10 06:00 エロコク
天国と地獄の繰り返し…豹変した彼女に身も心も傷つけられて
 結婚10年目にしてレズビアンの恋人ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。一目ぼれした相手・A美さんとのセッ...
蒼井凜花 2021-10-08 11:43 エロコク
絶賛の声も 男性は年上女性とのセックスに何を求めている?
 年上女性と年下男性とのカップルが珍しいことではなくなっている今日このごろ、「年上の人とのエッチは最高!」と絶賛する男性...
内藤みか 2021-10-07 06:00 エロコク
カップルでのお出かけ羞恥プレーにも! 一石三鳥の活躍ぶり
 膣トレが盛んな昨今、グッズも多様化しています。骨盤の内側に張り巡らされた骨盤底筋群を刺激し、鍛えるためのグッズのことで...
桃子 2021-10-03 06:00 エロコク
同性とはいえ不倫…つらいのに彼女のキスは甘美で優しくて
 結婚10年目にして女性と恋に落ちてしまったW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。お相手の女性は、新宿二丁目のレズビ...
蒼井凜花 2021-10-01 06:00 エロコク
ローターでありバイブでもあり!女性の体に寄り添ってくれる
「完全防水 静音設計 ナカイキボールバイブ9」を輩出しているのは、人気ブランド「P×P×P」。防水仕様であること、作動音...
桃子 2021-09-26 19:12 エロコク
一見すると口紅! すべての人に持ってほしい気配りローター
 これを見てすぐに「ラブグッズだ」と分かる人は少ないのではないでしょうか。「マジックモーション マジック ロトス」は、れ...
桃子 2021-09-19 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#6
「同じ敷地内に立つマンションの別棟」に不倫相手と住むH美さん(27歳・派遣)。LINEでの連絡は毎日、そして3日に一度は...
蒼井凜花 2021-09-17 06:00 エロコク
いかつい雰囲気を裏切る優しく繊細な刺激で極上オーガズムへ
 不良少年が捨て犬を保護した……そんな現場を目撃したら「超~いい人!」と思っちゃうのが人情というもの。好印象から悪印象へ...
桃子 2021-09-12 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#5
 不倫相手と同じ敷地内のマンションで新生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。しかしある日、分譲のA棟に住む彼と賃貸のB棟...
蒼井凜花 2021-09-10 06:00 エロコク
精密ロボット機能搭載!“押す”&“こする”を備えた最新バイブ
 女性の性感帯はいまだ謎に包まれたところが多く、中でも最もミステリアスなのがGスポットでしょう。ラブグッズ界もこれまで、...
桃子 2021-09-05 06:00 エロコク