美男子だらけの環境…「イケメン評論家」ってどんなお仕事?

内藤みか 作家
更新日:2019-04-18 06:00
投稿日:2019-04-18 06:00
「イケメン評論家」という職業を聞いたことがある人はいるでしょうか。イケメンについてあれこれコメントする人だと思っていただければ間違いはありません。実は2004年に新しく作られた職名なのです。

名乗ることで職業になる!?

大勢のイケメンをフォローするだけでも楽しそう(写真:iStock)
大勢のイケメンをフォローするだけでも楽しそう (写真:iStock)

 2004年に「イケメン評論家」という職業があったら楽しいだろうな、と妄想していたのは、作家の内藤みか、つまり、この私です。世の中にはいろいろな評論家がいるのだから、イケメンを評論する人がいてもよいではないか、と思ったのです。試しにGoogle検索をしたところ結果は0件でした。なので「誰もやっていないのなら私がなる」と、半分冗談で名乗り始めたのがはじまりでした。

 名乗るだけではいけない、ちゃんと活動もしなくては、と始めてみたのが「イケメン評論家」としてのブログでした。もちろんイケメン芸能人が大勢いるアメーバブログで作り、大勢のイケメンをフォローしてスタートしました。そして毎日のようにいろいろなイケメンのニュースについて好き放題に語っていたところ、突然コメントの依頼をいただいたのです!

「このイケメンを評論してください」

イケメンについて積極的に情報収集(写真:iStock)
イケメンについて積極的に情報収集 (写真:iStock)

 私にコメントを依頼してきたのが、いわゆる民放キー局と言われているメディアだったので、仰天しました。しかも「このイケメンについて電話でコメントしてください」という願ってもないお仕事だったのです。けれどブログでは好き放題言っているくせに、喋ることについては素人の私。あがってしまい、しどろもどろになり、なにをお話ししたのかも思い出せないほどでした。

 これにとても反省した私は、冗談で名乗るだけではなく本物のイケメン評論家になろうと、自分なりに努力を重ねました。いろいろなイケメンコンテストの歴代受賞者や、歴代仮面ライダー出演者をチェックしたりと歴史も辿りました。また、ひとりひとりのイケメンについてそれぞれの個性を見出し、顔について違う表現ができるように練習もしたつもりです。たとえばAくんは眉毛が太くて凛々しい男前、Bくんは色白で美少女と見まごうくらい繊細な顔立ち、という感じです。

ついにイケメン審査員の仕事が!

イケメン揃いの「ギャルソンカフェ」の審査員に(写真:iStock)
イケメン揃いの「ギャルソンカフェ」の審査員に (写真:iStock)

 密かな鍛錬の成果でブログにすごみが出たのでしょうか、その後もテレビや雑誌でのコメント仕事をいくつもいただくようになりました。そしてついに審査員の仕事依頼もやってきたのです。原宿にできるコンセプトカフェ「ギャルソンカフェ」にイケメンを揃えたいということで、私は勇んで面接会場に向かいました。

 そのカフェのもとには、原宿の一等地のカフェで働きたいイケメンの応募が殺到していました。私は男子を一度に数人ずつ、何時間も面接し続けました。1日に何十人ものイケメンを目の当たりにしたその夜は、テレビでイケメンを見かけても何も思えず、自分でも驚くほどイケメンでお腹いっぱいなイケメン酔いになってしまったのでした。

マニアックな知識が仕事を産む

夢中になっているものについてSNSで発信(写真:iStock)
夢中になっているものについてSNSで発信 (写真:iStock)

 それからも、イケメン舞台の脚本を書かせていただいたり、自らの撮影でイケメン写真集を作ったりと私はイケメン評論家としての仕事の幅を広げています。私以外にもイケメン評論家と名乗ってくださる方も増え、賑やかになってきました。今の夢は、イケメン地下アイドルに作詞を提供すること。その実現に向けて、自宅で密かに作詞の練習にも励んでいます。願望を実現させるためには、こうした隠れた努力は必要だと思っています。

 私もイケメン評論家になりたいです、というメールも何通もいただいています。でも、先に名乗っている人がいるところにやってきても、おそらくあまりうまみはありません。おすすめは、私のように自分で職業を作ってしまうことです。何かマニアックに夢中になっているものがあるのなら、その分野での評論家を自称し、ブログやSNSを始めてみてはいかがでしょう。何かに突出して詳しい人は、重宝され、コメント依頼が到来するもの。思い入れたっぷりの情報発信を続けていると、やがてメディアから声がかかるかもしれないのです。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 緊急事態宣言が解除されて早くも1カ月。まだまだ街に賑わいが戻ったとは言いがたく、慎重な生活が求められている今日この頃で...
FILM
 にゃんたまωにひたすらロックオン!  きょうも出逢ったイケてる猫に声をかけて、にゃんたまストリートスナップ撮影。...
FILM
 遥か昔、ワタクシが幼少の頃。学校の帰り道にあった大きな造園会社の塀に絡まって咲いていた、何とも摩訶不思議なお花がござい...
FILM
 バセドウ病によって甲状腺の全摘手術に至ってから、まもなく1年になろうとしています。  術後の経過は順調で、今は体力や...
FILM
 ニャンタマニアのみなさま、お待たせしました。  きょうは久しぶりに、「接写したくなるにゃんたまω」です。 ...
FILM
 ご飯作りは、毎日の生活の中で切り離せない大事な家事のひとつ。しかし、仕事で疲れていたり、献立を考えるのが面倒だったり、...
FILM
 コロナ期、私たちはSNSを利用して、リアルで減ってしまったコミュニケーションを埋めました。人と会えない期間によって、よ...
FILM
 土鍋を置いておくと、猫がまあるくなって中に入る「ネコ鍋」現象がありますが、透明ボウルを置いてみたら、やはり!入りました...
FILM
 ある日の昼下がり。  猫店長「さぶ」率いる我がお花屋さんに、この日も悩める子羊がお花を買いにやってまいりました。...
FILM
 寛解に向かっていたバセドウ病が再燃してからは、ひとことで言うと「地獄」。何をしても良くならない症状が、日を追うごとにひ...
FILM
 世界で一番多くのにゃんたまωを撮影する、猫フェチカメラマン・芳澤です。  「いいえ、我こそがにゃんたま撮影数世界...
FILM
 みなさんこんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。婚活や恋愛のコンサルをしている私自身が結婚後に女性が...
FILM
 きょうは、小さな港地区のにゃんたま兄貴。  強くて賢くてカッコイイからみんなに一目置かれていて、次期のボス猫候補...
FILM
「アナタ、なんで全身真っ黒なのよ! 喪服なのか! すぐやめなさい!」  先日とある著名な祈祷師の方に会うなり、いき...
FILM
 この連載もいよいよ終盤です。私は発覚から術後まで、およそ2年間にわたりバセドウ病と闘いました。甲状腺を全摘する手術を終...
FILM
 ニャンタマニアのみなさんこんにちは。  きょうは、三角おにぎりみたいな形の島を背景に、にゃんたまω記念撮影にトラ...