美男子だらけの環境…「イケメン評論家」ってどんなお仕事?

内藤みか 作家
更新日:2019-04-18 06:00
投稿日:2019-04-18 06:00
「イケメン評論家」という職業を聞いたことがある人はいるでしょうか。イケメンについてあれこれコメントする人だと思っていただければ間違いはありません。実は2004年に新しく作られた職名なのです。

名乗ることで職業になる!?

大勢のイケメンをフォローするだけでも楽しそう(写真:iStock)
大勢のイケメンをフォローするだけでも楽しそう (写真:iStock)

 2004年に「イケメン評論家」という職業があったら楽しいだろうな、と妄想していたのは、作家の内藤みか、つまり、この私です。世の中にはいろいろな評論家がいるのだから、イケメンを評論する人がいてもよいではないか、と思ったのです。試しにGoogle検索をしたところ結果は0件でした。なので「誰もやっていないのなら私がなる」と、半分冗談で名乗り始めたのがはじまりでした。

 名乗るだけではいけない、ちゃんと活動もしなくては、と始めてみたのが「イケメン評論家」としてのブログでした。もちろんイケメン芸能人が大勢いるアメーバブログで作り、大勢のイケメンをフォローしてスタートしました。そして毎日のようにいろいろなイケメンのニュースについて好き放題に語っていたところ、突然コメントの依頼をいただいたのです!

「このイケメンを評論してください」

イケメンについて積極的に情報収集(写真:iStock)
イケメンについて積極的に情報収集 (写真:iStock)

 私にコメントを依頼してきたのが、いわゆる民放キー局と言われているメディアだったので、仰天しました。しかも「このイケメンについて電話でコメントしてください」という願ってもないお仕事だったのです。けれどブログでは好き放題言っているくせに、喋ることについては素人の私。あがってしまい、しどろもどろになり、なにをお話ししたのかも思い出せないほどでした。

 これにとても反省した私は、冗談で名乗るだけではなく本物のイケメン評論家になろうと、自分なりに努力を重ねました。いろいろなイケメンコンテストの歴代受賞者や、歴代仮面ライダー出演者をチェックしたりと歴史も辿りました。また、ひとりひとりのイケメンについてそれぞれの個性を見出し、顔について違う表現ができるように練習もしたつもりです。たとえばAくんは眉毛が太くて凛々しい男前、Bくんは色白で美少女と見まごうくらい繊細な顔立ち、という感じです。

ついにイケメン審査員の仕事が!

イケメン揃いの「ギャルソンカフェ」の審査員に(写真:iStock)
イケメン揃いの「ギャルソンカフェ」の審査員に (写真:iStock)

 密かな鍛錬の成果でブログにすごみが出たのでしょうか、その後もテレビや雑誌でのコメント仕事をいくつもいただくようになりました。そしてついに審査員の仕事依頼もやってきたのです。原宿にできるコンセプトカフェ「ギャルソンカフェ」にイケメンを揃えたいということで、私は勇んで面接会場に向かいました。

 そのカフェのもとには、原宿の一等地のカフェで働きたいイケメンの応募が殺到していました。私は男子を一度に数人ずつ、何時間も面接し続けました。1日に何十人ものイケメンを目の当たりにしたその夜は、テレビでイケメンを見かけても何も思えず、自分でも驚くほどイケメンでお腹いっぱいなイケメン酔いになってしまったのでした。

マニアックな知識が仕事を産む

夢中になっているものについてSNSで発信(写真:iStock)
夢中になっているものについてSNSで発信 (写真:iStock)

 それからも、イケメン舞台の脚本を書かせていただいたり、自らの撮影でイケメン写真集を作ったりと私はイケメン評論家としての仕事の幅を広げています。私以外にもイケメン評論家と名乗ってくださる方も増え、賑やかになってきました。今の夢は、イケメン地下アイドルに作詞を提供すること。その実現に向けて、自宅で密かに作詞の練習にも励んでいます。願望を実現させるためには、こうした隠れた努力は必要だと思っています。

 私もイケメン評論家になりたいです、というメールも何通もいただいています。でも、先に名乗っている人がいるところにやってきても、おそらくあまりうまみはありません。おすすめは、私のように自分で職業を作ってしまうことです。何かマニアックに夢中になっているものがあるのなら、その分野での評論家を自称し、ブログやSNSを始めてみてはいかがでしょう。何かに突出して詳しい人は、重宝され、コメント依頼が到来するもの。思い入れたっぷりの情報発信を続けていると、やがてメディアから声がかかるかもしれないのです。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


値上げの冬に負けない!一人暮らしの「防寒術」侮るべからず
 冬の一人暮らしって、家族と過ごすよりも寒く感じますよね……。とはいえ、値上がりする電気代に困っている人も多いはず。今回...
あなたは受け恋?追い恋?11月28日~12月4日エレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”のごはん場へGO!みんなで仲良くたくさん食べてね
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
観葉植物がすぐ枯れる!購入前に知りたい5つの原因と選び方
 部屋の中に観葉植物があると、それだけで素敵な雰囲気に変わりますよね。しかし、観葉植物を枯らしてしまった経験があると、欲...
最期のLINEは「大好きだよ」忘れられない女友達の感動の言葉
 あなたにとって女友達とはどのような存在でしょうか? もしかしたらその友達は、あなたを救う女神様かもしれません。  今...
この季節特有? 浮足立つ気持ちは何だろう 2022.11.27(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
誰かに紹介する?したくない?付き合う人の選び方は単純明快
 親や先輩から「付き合う人は選んだほうがいいよ」と言われた経験はありませんか?  お恥ずかしいのですが、私は30歳に...
「授乳するの気持ち悪い」と落ち込んだ日 2022.11.25(金)
 皆さん、授乳にどんなイメージを持っていますか。母と子が触れ合う大切な時間? 母親が自らの栄養を子に分け与える神聖な行為...
汚部屋ではないけれど…「片づけられない女」を卒業したい!
 自分の部屋を見回したとき「ぐちゃぐちゃしてる」「誰にも見られたくない」と感じる人は、もしかすると「片付けられない女」か...
日向ぼっこで免疫力アップ! 自慢の“たまたま”もフワフワに
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
花屋解説!コロナ禍の「喪中ハガキ・メール」お悔やみマナー
 今年もあと1カ月程度。猫店長「さぶ」率いる我がお花屋さんも、年末の準備をしなければいけない時期になっておりました。 ...
【アラフォー子羊の悩み】夫と10年レス、女として終わり?
 「予言より当たる!」と話題沸騰! 毎月お届けしているルノルマンカード(※)の「星座別パワーワード占い」が人気を集めてい...
「勤労感謝の日」働く自分やあの人に感謝!2022.11.23(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
SNS疲れしたあなたへ 30代は“中途半端な人間関係”の清算を
 いまや年齢に関係なく、多くの人が「使いこなして当たり前」のSNS。でも、表情も声色(こわいろ)も分からないSNS投稿で...
女から嫉妬されやすい女性の特徴 無意識ほど怖いものはない
 女性の中には、「なぜか同性から嫌われる」という人がいます。相手に何かしたわけでもないのに、初対面から嫌な態度を取られた...
「アヒル隊長 大冒険セット」再販に歓喜! 2022.11.22(火)
 昨年11月、数量限定発売されたバスクリン「きき湯とアヒル隊長 大冒険セット」。現在、再販しているのを知っていますか? ...