男性と女性の趣味に対する考え方の違い…真のモテ趣味って?

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-05-06 06:00
投稿日:2019-05-06 06:00
「ご趣味は?」と聞かれた時、あなたは何と答えていますか?もしも男性ウケを狙って「料理」なんて答えているなら要注意!もしかしたら、それ、地雷を踏むかもしれませんよ。

王道の「モテ趣味」、本当に趣味ですか?

料理が趣味の女性はモテそうだけど(写真:iStock)
料理が趣味の女性はモテそうだけど (写真:iStock)

 趣味を聞かれた時、「読書・映画鑑賞・料理・旅行」の、どれかを答える女性は多いでしょう。これらの趣味は、「男性にモテる趣味ランキング」の上位にもランクインしている、いわば王道の「モテ趣味」ですね。

 でも、実際のところ、趣味といっても「強いて言えば好きなこと」というだけで「趣味」と答えている女性が多いのではないかと思うのです。

男性と女性が考える「趣味」とは

男性の趣味は「狭く深く」とことん追求(写真:iStock)
男性の趣味は「狭く深く」とことん追求 (写真:iStock)

 そもそも「趣味」とは、「専門ではなく、楽しみとして愛好すること」。だから上記でお伝えした「強いて言えば好きなこと」も趣味といえば趣味です。

 でも、モテ趣味を作る上で注意したい点があります。それが、男性と女性は趣味に対する考え方に大きく違いがあるということ。

男性は「狭く深く」の突き詰め系

 男性が趣味について語る時、その知識の深さや専門性に驚いたことはないですか?

 例えば「写真が趣味」という男性は、カメラのレンズや現像方法にまでこだわるなど、とにかく時間とお金を投資して試し続け、とことん追求し続ける方が多い気がします。よくも悪くも「オタク」とも言えますね。

女性は「広く浅く」の手広い系

 対して、女性の趣味は「映画鑑賞」といっても2〜3ヶ月に1度映画館に行く、「旅行」といっても年に数回など、広く浅くの多趣味であることが多いです。

 オタクになるまで掘り下げるのではなく、いくつもの趣味の中から「強いて言えば好き」をチョイスする。これが多くの女性の言う「趣味」ではないかと思うのです。

「強いて言えば好き」は地雷を踏む可能性もある

男性が作った料理の方が圧倒的に上手かったりして…(写真:iStock)
男性が作った料理の方が圧倒的に上手かったりして… (写真:iStock)

 同じ趣味を持つ男性がいたら、「話が合いそう!」と、嬉しくなりますよね。でも、注意が必要なのは、「強いて言えば好き」なものを趣味だと公言してしまうと、男性と話した時に知識の浅さが出てしまい、がっかりさせてしまうこと。

 例えば、「映画鑑賞が好き」という女性に対して、同じ「映画鑑賞」が趣味という男性が抱くイメージは、休みのたびに映画館をハシゴして映画鑑賞を楽しんでいる、そんな風かもしれません。でも、現状、女性は「そこまででもない」。

 映画鑑賞であればまだしも「料理」など、女子力高めな趣味を選んでしまうと、趣味が料理である男性はかなり期待するはず。でも、いざ作ってみると男性の方が圧倒的に上手い、そんな地雷を踏むケースは多いようです。

「理想の男性としたいこと」を趣味にする

理想の男性と一緒にしたいことを趣味にする(写真:iStock)
理想の男性と一緒にしたいことを趣味にする (写真:iStock)

「そう考えると、趣味なんてない」と、思う方もいるかもしれません。そんな方に、ぜひおすすめしたいモテ趣味の選び方があります。それは、「理想の男性としたいこと」を趣味にすること!

 ヒントはたくさんあるはず。コーヒーを一緒に楽しみたいと思うなら豆を焙煎からはじめてみる、お酒を楽しみたいならビアテイスターなどの資格を取ってみるなど、とことん突き詰めてみるのです。

 理想の男性と一緒にしたいと思うことは、心のどこかであなたも興味を持っているはず。趣味にすることで出会いのきっかけになるかもしれませんし、好きが高じて将来の職業になるかもしれません。

 その趣味に対しての知識が深ければ深いほど、おそらく男性に「面白い!」と、興味を持ってもらえると思います。これが本当の意味での「モテ趣味」ではないでしょうか?

どうせなら意外性がある趣味を選んでみては?

趣味はあなたの人生を彩る(写真:iStock)
趣味はあなたの人生を彩る (写真:iStock)

 これから趣味を見つけたい!そう思うのであれば、どうせなら男性が熱中してしまいそうな意外性のある趣味を選んでみてはいかがでしょう?

 自分がしてそうにない「らしくない」趣味は、周りから見ると「ギャップ」のため、意外さが魅力的に映るはず。そして、熱中する頃にはモテるモテない関係なく、あなたの魅力の1つになっているはずですよ。

 さて、ウイスキーが趣味だと公言する筆者ですが、先日、本当にウイスキー好きな男性と飲んでいて知識の浅さを恥ずかしく思ったところ。短絡的ですが、そのうちウイスキー検定に挑戦しようと心を決めた次第です。

 なんにせよ、趣味は人生を彩るもの。ぜひ、この機会に趣味と向き合ってみてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性に「一緒にいたい」と思わせる!手っ取り早くモテる方法
 特定の彼氏ができなかったり、付き合ってもすぐに別れて長続きしないと、目標にしている「結婚」まで辿り着けずにどんどん落ち...
若林杏樹 2021-04-14 06:19 ラブ
男性から届いた“意味深LINE”5選…これってどういう意味!?
 男性から届く意味深LINE……。「これって、いったいどういう意味!?」と、一喜一憂していませんか? そんなLINEメッ...
恋バナ調査隊 2021-04-14 06:15 ラブ
「Clubhouse」で明暗…彼氏ができた人と離婚危機に陥った人
 近ごろはブームもひと段落した感のある、アメリカ発の音声SNS「Clubhouse(クラブハウス)」。iPhone利用者...
田中絵音 2021-04-13 06:07 ラブ
どうしてモテるの?小悪魔女性の特徴&5つのモテテクニック♡
 女性からすると、小悪魔女性は「あざとい」と思われがち。しかし、男性はそんなあざとさを感じていても、心惹かれてしまうこと...
恋バナ調査隊 2021-04-13 06:10 ラブ
良いギャップのある女性になるためには? 小手先テクはNG!
 ギャップのある女性って素敵ですよね。ギャップに惹かれて恋に落ちる……というシチュエーションはもはや定番パターンです。で...
七味さや 2021-04-12 06:00 ラブ
理想は成長し合えるカップル♡ 彼を尊敬できなくなったら?
 大人の男女のお付き合いでは、「成長し合える関係」を理想とする人が増えてきます。実は、お互いに成長し合える関係でいること...
孔井嘉乃 2021-04-12 06:00 ラブ
好きな人に“わざと誤送信”LINE♡したたか女性の究極テク5選
 好きな人に、“わざとLINE”を誤送信したことはありますか? 多くの女性は「きっとバレてる」「逆効果だと思う」と、送信...
恋バナ調査隊 2021-04-11 06:00 ラブ
こうなると手遅れ…夫が離婚を本気で考えた時の3つのサイン
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。離婚を切り出すのは女性からというイメージが強いかもしれませんが、家庭裁判所で...
山崎世美子 2021-04-10 12:39 ラブ
「運命かも…」不倫相手の妊娠で離婚を決めた元夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.35〜女性編〜」では、コロナ禍でも浮気をやめなかった夫と離婚したものの、その浮気や離婚にまつ...
並木まき 2021-04-11 06:00 ラブ
不倫相手は妊娠まで…元夫の浮気の真実を知りたい女性の悲痛
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-04-10 06:16 ラブ
男性より女性が稼ぐ「逆パワーカップル」がうまくいくコツ
 あなたは、自分より稼ぎの少ない男性との同棲を考えられますか? 昔ながらのイメージだと「男性は女性より稼いでいるもの」で...
ミクニシオリ 2021-04-09 06:00 ラブ
彼氏から大切にされる彼女の特徴6つ&男性がそう思う瞬間♡
せっかく大好きな男性とお付き合いできても、大切にされている実感がないと不安な気持ちになってしまいますよね。そこで今回は、...
恋バナ調査隊 2021-04-09 06:00 ラブ
イケメンはなぜイケメンとカップリングするのか考察してみた
 いわゆるBLものでは、イケメン同士が恋愛することが多く、その様子を女性たちはうっとりと見つめている。そして実は、現実世...
内藤みか 2021-04-08 06:00 ラブ
価値観が合うと恋愛がうまくいく理由♡5つのチェックポイント
 彼氏ができれば、当然「関係を長続きさせたい」と思うもの。しかし、交際がスタートしてから、「こんな人だったんだ……」と気...
恋バナ調査隊 2021-04-08 06:00 ラブ
カレを傷つけない!焦らしてモテちゃう“夜の断りテクニック”
 カレのことは好きだけど、今日はなんだか疲れているし、気分じゃない……。でもカレはやる気満々だし、どうしよう〜。そんな時...
若林杏樹 2021-04-07 06:00 ラブ
このまま独身? 女性が結婚に焦る6つの瞬間&上手な対処方法
 結婚に憧れている女性は多いでしょう。しかし、結婚願望があるのに、なかなか叶えられずにいると不安になってしまうもの。でも...
恋バナ調査隊 2021-04-07 06:00 ラブ