冷めない恋愛をする女性の3つの共通点…終わらない恋の秘訣

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-04-21 06:00
投稿日:2019-04-21 06:00
「腐れ縁!」なんて苦笑しながらも、不思議なくらい冷めない恋愛をしている女性っていますよね。恋愛には賞味期限があると言われる中、彼女たちはどうしていつまでもラブラブでいられるのか、その秘訣を探ってみました。

「冷めない」「冷めさせない」が終わらない恋愛の秘訣!

いつまでも冷めない恋愛をするには(写真:iStock)
いつまでも冷めない恋愛をするには (写真:iStock)

 当たり前ですが、恋愛は一方の想いだけでは成立しません。どちらかが冷めては終わりを迎えてしまいますし、別れに至らなかったとしても、情や妥協で付き合っていくのってなかなかつらいことです。

 では、いつまでも冷めない恋愛をするためには、どうすれば良いのでしょうか?

 それは、自分の気持ちが「冷めない」こと、同時に相手に「冷めさせない」を与えることが大切なのではないかと思うのです。

冷めない恋愛をする女性の3つの共通点!

お互いのバランスを保つことが大切(写真:iStock)
お互いのバランスを保つことが大切 (写真:iStock)

 いつまでも冷めない恋愛をする女性の、3つの共通点を探ってみました!終わらない恋の秘訣を彼女たちに学びましょう。

1. 束縛させない

 男女ともにありがちな嫉妬によるトラブルですが、冷めない恋愛をする女性は「束縛させない努力」をマメに行います。例えば、こまめに連絡をする、交友関係をきちんと話しておく、携帯の暗証番号を教えておくなど。とにかく、男性に心配する隙を与えません。

 こうすることで、パートナーが「余裕のある男性」へと変化していきます。この関係性を保てると自分自身も束縛されることなく自由にいられますし、恋愛を気楽に継続させやすくなるのです。

2. 見せない姿を持つ

 冷めない恋愛をする女性の多くは、「見せない姿を持つ」ことを意識しているようです。具体的には、裸でウロウロ歩き回ったり、メイクやコテを巻く姿を見せたり、などですかね。

「機織りをする姿を見ないで」という鶴の恩返しではないですが、「見ないでと言うと見たくなる」のが男性。そして、何年経っても女性に対して「奥ゆかしさ」を感じるのでしょう。

 とはいえ、毎日お風呂は2人で入る、男性が生理用品を買ってくる、なんて、全て晒け出しカップルもいますので一概には言えません。男性のタイプによっても大きく違うため、ちょうど良い価値観をお付き合いの中で見つけていくと良いと思います。

3. 見返りを求めすぎない

 自分がパートナーのために費やした時間やお金、愛情に見返りを求めすぎると損得勘定が生まれ、次第に関係性が悪くなることがあります。とはいえ、無償の愛を与え続けるのもNG。「都合の良い彼女」になる可能性があるからです。このバランスがなかなか難しい!

 このバランスを保つには、男性に「してもらった」と認識させ、しっかり感謝をしてもらうことが大切ではないかと思うのです。でも、そのためには、自分自身も、相手がしてくれたことにいち早く気づいて、感謝することが不可欠でしょう。

 また、大前提として、感謝に対して「それだけ?」と見返りを求めない心も必要ですね。お互いに感謝し合えるカップルは、終わらない恋愛をする率が高い気がします。

「冷めない」自分を保つことがポイント!

穏やかで温かな関係を…(写真:iStock)
穏やかで温かな関係を… (写真:iStock)

 冷めない恋愛をする女性の共通点を見てみると、「冷めさせない」を相手に与えてあげているようで、「冷めない」自分を保っていることに気がつきます。自分の気持ちが冷めてしまっては、元も子もありませんし。

 自分がされたら嫌なことはしない。自分がされて嬉しいことをする。恋愛うんぬんより、人間として大切なことですね。日々の1つ1つは、「信頼」という形で現れます。一生仲良く添い遂げるためにも、ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 男と女の関係は、別れ際に人間性があらわれるのも傾向。別離を選んだカップルの双方から話を聞くと、同じ出来事への捉えかたが...
並木まき 2019-11-13 18:13 ラブ
FILM
 男と女の関係では、別れ際に本性が出るとも言われます。別離を選んだカップルの双方から話を聞くと、同じ出来事への捉えかたが...
並木まき 2019-11-13 18:15 ラブ
FILM
「なんとなく一緒にいて楽しいけど、いつ別れようかときどき考えてしまう」  女子が誰かと付き合う時、必ずしも「大好き! ...
七海 2019-11-13 06:00 ラブ
FILM
 大好きな彼の自宅に、“主張する私物”を置くと、他の女性への牽制にもなりますよね。以前のコラム「彼の家で“私の存在”を知...
並木まき 2019-11-12 06:00 ラブ
FILM
 筆者は現在25歳で結婚を二度経験していますが、正直「結婚ってめんどくさい」と思うことはありました。でも、幼い頃から「結...
東城ゆず 2019-11-12 06:00 ラブ
FILM
 男心を掴むには胃袋を掴むのがいい、と言われるこの頃ですが、手料理を食べさせるほど親しいわけじゃない。そんなときは、彼が...
内藤みか 2019-11-11 06:20 ラブ
FILM
 彼氏のことが大好きであればあるほど、彼氏に近寄ってくる女性に嫉妬してしまうことってあると思います。たとえ相手の女性にそ...
東城ゆず 2019-11-11 06:00 ラブ
FILM
 恋愛体質の女性は、いつも彼氏が途切れずにウキウキとしているようで、恋愛難民の方から見ると羨ましい存在かもしれません。で...
リタ・トーコ 2019-11-10 06:00 ラブ
FILM
 相席バーで、ある男性に出会いました。その男性は会社の飲み会の二次会でその店に訪れていたのですが、意気投合し、みんなでL...
神崎メリ 2019-11-10 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子です。AB型は、日本人の約1割という少数派。本日は、そんなAB型男性にスポットを当ててみたい...
山崎世美子 2019-11-09 06:00 ラブ
FILM
 隠れたる男尊女卑思考の持ち主なのか、単なるプライドの問題なのか……。世の“夫”と呼ばれる生き物の中には、妻に対して無意...
並木まき 2019-11-09 06:00 ラブ
FILM
 心理学の一つである恋愛学を学ぶと、恋愛が上手になる……とは限りませんが、「どうしたらいいか分からない」「相手の気持ちが...
ミクニシオリ 2019-11-08 06:00 ラブ
FILM
「別れたけれど、元彼のことがやっぱり好き」――。そんな気持ちを抱えている方は多いかもしれませんね。涙を飲んで別れを受け入...
リタ・トーコ 2019-11-08 06:00 ラブ
FILM
 彼に「仕事が忙しくて今月は会えない」などと言われた時、結構な数の女性が不安になります。それは「本当に仕事が忙しいの? ...
内藤みか 2019-11-07 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁の中には、普段は鬼の仮面を外しているものの、夫からちょっとした地雷が投げ込まれるのをキッカケに、鬼嫁に豹変するタイ...
並木まき 2019-11-07 06:21 ラブ
FILM
 正直、そんなにルックスがいいわけでも性格がずば抜けていいわけでもないのに、なぜかいつも彼氏がいる女性ってあなたの周りに...
東城ゆず 2019-11-06 06:00 ラブ