路線図を見て萌える 「腐鉄子」が楽しめる濃い演劇は超満員

内藤みか 作家
更新日:2019-05-09 06:00
投稿日:2019-05-09 06:00
 鉄子とは、鉄道好きな女子のこと。腐女子とは、BL好きな女子のこと。そしてこの2つの趣味が”合体”したのが腐鉄子という存在です。鉄道の路線図を見ながら「ここで半蔵門線が銀座線と重なって……」などとあらぬ妄想を楽しむなかなかレアな存在なのですが、そんな腐鉄子さんが楽しめる舞台『堕天使は薄い本を閉じて』に、行ってきました!

鉄道好きの究極の楽しみは、鉄道の擬人化!

鉄道を擬人化する世界とは(写真:iStock)
鉄道を擬人化する世界とは (写真:iStock)

 実は私も隠れ鉄子かつBL好きです。その中でも特に寝台列車が好きで、北海道に往復カシオペアという寝台列車で行ったほどです。まだ路線図を見て萌えるという腐鉄子にまでは到達できていませんが、その素養は十分にあるらしく、知り合いから「こんな舞台がある」と教えてもらった時は胸が踊り、勇んでチケットを予約してしまいました。

 今までも、鉄道を擬人化したBL風の舞台はいくつかあったのですが、今回の舞台に食指が動いたのは、それがBLだけにとどまらないからでした。普通の男女の話もあり、さらに百合(女の子同士の恋愛)もありと、てんこ盛りだというではありませんか。私もかねてより脳内で鉄道を機関車トーマスのように擬人化することがあるのですが、女性の車両もあるんです。たとえば東京モノレールは私の脳内では天使のような女の子キャラなので、女子化した鉄道にも強い関心がありました。

駅名連呼のマニア垂涎の脚本!

路線同士が複雑な人間模様を繰り広げる(写真:iStock)
路線同士が複雑な人間模様を繰り広げる (写真:iStock)

 実はこの『堕天使は薄い本を閉じて』(Bixbite Createプロデュース公演)、2018年に初演し、好評だったために、今回再演となった作品なのです。それだけにチケットも連日満員御礼の大人気。線路を思わせる舞台セットのなか、噂に聞いていた相当に濃いセリフのオンパレードが始まりました!

「ようこそここまで北参道!」

「これからどこへ池袋?」

 などなど、駅名がセリフにこれでもかというくらいくっついてくるのです!

 もう、それだけで鉄子なら脳内にあちこちの駅の光景が浮かび、確実に大興奮もの。駅名の連呼だけでも嬉しいのに、路線同士が複雑な人間模様を繰り広げるのですからたまりません。

意味不明寸前の濃厚マニアックワードの連発

 次第に関係がディープになってくると、とめどない空想に追い打ちをかけるような巧みなセリフが次から次へと覆いかぶさってきます。

「ほらみろ、もうお前の青山は一丁目だ!」

「口ではそう言ってても、こんなにも清澄白河だぜ、お前の水天宮前は」

 ああ……っ!

 最高すぎます……っ!

 よくぞこんな脚本を書いてくださいました!と拍手を送りたい思いで胸がいっぱいでした。客席でも笑いが起きたり、頷いていたりと、皆さんノリノリで見守っています。

 女優さんも出演するからか半数が男性客でしたが、みなさん喜んでくれているようです。かつてこんなことがあったでしょうか。殿方と一緒にこんなにも楽しめるBL舞台が……!

不倫も百合もいっしょくた

物販コーナーまで駅名表示のようにデコレーション(写真:内藤みか)
物販コーナーまで駅名表示のようにデコレーション (写真:内藤みか)

 こんなに濃いBLですでにお腹いっぱいですが、さらにこれに丸ノ内線と南北線の昼メロ的な不倫やゆりかもめでの同人誌即売会的な百合模様なども重なり、事態はどんどん、そう、東京の路線図のように複雑化していき、目が離せなくなっていくのです。個人的には丸ノ内線が私の脳内妄想と同じく色っぽい熟女だったのが眼福でした。

 BLにとどまらない妄想を繰り広げたうえに2時間以内でまとめたこの作品、あっぱれとしか言いようがありません。心憎いことに、物販コーナーまで駅名表示のようにデコレーションされていました。嬉しくなって台本も購入し、萌えゼリフを読み直してはニヤニヤしています。もっと大勢の腐鉄子さんに駅名シャワーを浴びていただきたいので、この作品がシリーズ化され、続編が上演される日を心待ちにしています!

エンタメ 新着一覧


「シン・エヴァ劇場版」興収100億円も…何がすごいのか?
「エヴァンゲリオン」シリーズの最新作のアニメ映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(3月8日公開)の興行収入が74億262...
2021-04-18 17:03 エンタメ
「東芝買収提案」騒動ではWBS圧勝!報ステは訂正のお粗末
 テレビ東京系「ワールドビジネスサテライト(WBS)」が報道の雄、テレビ朝日系「報道ステーション」に合わせ、22時に1時...
2021-04-18 17:03 エンタメ
4月ドラマはアラフォーの“オバハン女優”が頑張っている
【桧山珠美 あれもこれも言わせて】  新型コロナ第4波とともに春ドラマがやってきた。またもや「おうち時間」が増えるから...
2021-04-18 17:03 エンタメ
憧れの存在を優しく救い肥え太る 今田耕司という”妖怪”
【今週グサッときた名言珍言】 「こういう感じで、いろんなこと受け入れそうで、芸人しかあんまり興味がないのかも分からへん...
2021-04-18 17:03 エンタメ
NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声
 7日発売のNiziUのセカンドシングル「Take a picture/Poppin' Shakin'」は初週に34万7...
2021-04-18 17:03 エンタメ
出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?
 モデルのマリエ(33)から突然発せられた衝撃の告白は15年前、バラエティーで共演した島田紳助氏(65)に矛先が向けられ...
2021-04-18 17:03 エンタメ
阪神タイガースよ、俺をツルツル丸刈りにさせないでくれ~
【ダンカンの笑撃回顧録】#88  昨年はコロナの影響で約3カ月遅れの開幕となったプロ野球が、今年2021年は当初の予定...
2021-04-18 17:03 エンタメ
眞子さまが結婚に一途なのは、実は皇室を離脱したいから?
【皇室のトリビア】#11  4月8日、小室圭さんが金銭問題の説明文書を公表した。西村泰彦宮内庁長官は絶賛しているようだ...
2021-04-18 17:03 エンタメ
ワイドショーのコロナ特集は高視聴率ネタ 現場はヘトヘト
「もっと“密”の画はないの!?」  ディレクターからこんな注文を出されて、いまテレビのカメラマンやリポーターたちは困惑...
2021-04-18 17:03 エンタメ
デンジャラス安田和博「ボキャブラ」バブル弾けて仕事激減
【役者・芸人「貧乏物語」】  デンジャラス安田和博さん(53歳)  1990年代の「ボキャブラ天国」でブレークしたお...
2021-04-18 17:03 エンタメ
江口のりこがソロ活女子を救う!「孤独のグルメ」超えるか
「孤独のグルメ」に続く人気番組となれるだろうか。4月2日から始まった江口のりこ(40)主演の連ドラ「ソロ活女子のススメ」...
2021-04-17 17:03 エンタメ
田中みな実一択から「今田美桜買い」に UNIQLOも唸った
 女優の今田美桜(24)が15日、都内で自身がバイヤーをつとめるユニクロの期間限定セレクトショップ「ミオクロ」の発表会に...
2021-04-17 17:03 エンタメ
フジ女子アナにステマ疑惑…花形職業の凋落で自覚マヒか?
 フジテレビの女子アナによるステマ疑惑。芸能人御用達の人気美容室とその系列店でカットやネイルなどの施術をタダで受け、その...
2021-04-17 17:03 エンタメ
鈴木亮平「レンアイ漫画家」の現場で見せる“非ピリピリ”
 役作りのために極限の肉体改造を行い、アツい演技で視聴者を魅了する変幻自在のカメレオン俳優といえば、鈴木亮平(38)。4...
2021-04-17 17:03 エンタメ
古希超えの仁左衛門と玉三郎が“前代未聞 月またぎ”に挑戦
 コロナ禍で再開してからの歌舞伎公演は、上演時間1時間前後以内という制約から、舞踊劇や一幕で終わるものばかりが上演されて...
2021-04-17 17:03 エンタメ
小倉優香の「小倉ゆうか」には賛否…芸能人改名の吉凶禍福
 お騒がせタレントの改名宣言が賛否両論だ。生放送中のラジオ番組で突然降板を直訴し、騒動になっていた小倉優香(22)が9カ...
2021-04-17 17:03 エンタメ