路線図を見て萌える 「腐鉄子」が楽しめる濃い演劇は超満員

内藤みか 作家
更新日:2019-05-09 06:00
投稿日:2019-05-09 06:00
 鉄子とは、鉄道好きな女子のこと。腐女子とは、BL好きな女子のこと。そしてこの2つの趣味が”合体”したのが腐鉄子という存在です。鉄道の路線図を見ながら「ここで半蔵門線が銀座線と重なって……」などとあらぬ妄想を楽しむなかなかレアな存在なのですが、そんな腐鉄子さんが楽しめる舞台『堕天使は薄い本を閉じて』に、行ってきました!

鉄道好きの究極の楽しみは、鉄道の擬人化!

鉄道を擬人化する世界とは(写真:iStock)
鉄道を擬人化する世界とは (写真:iStock)

 実は私も隠れ鉄子かつBL好きです。その中でも特に寝台列車が好きで、北海道に往復カシオペアという寝台列車で行ったほどです。まだ路線図を見て萌えるという腐鉄子にまでは到達できていませんが、その素養は十分にあるらしく、知り合いから「こんな舞台がある」と教えてもらった時は胸が踊り、勇んでチケットを予約してしまいました。

 今までも、鉄道を擬人化したBL風の舞台はいくつかあったのですが、今回の舞台に食指が動いたのは、それがBLだけにとどまらないからでした。普通の男女の話もあり、さらに百合(女の子同士の恋愛)もありと、てんこ盛りだというではありませんか。私もかねてより脳内で鉄道を機関車トーマスのように擬人化することがあるのですが、女性の車両もあるんです。たとえば東京モノレールは私の脳内では天使のような女の子キャラなので、女子化した鉄道にも強い関心がありました。

駅名連呼のマニア垂涎の脚本!

路線同士が複雑な人間模様を繰り広げる(写真:iStock)
路線同士が複雑な人間模様を繰り広げる (写真:iStock)

 実はこの『堕天使は薄い本を閉じて』(Bixbite Createプロデュース公演)、2018年に初演し、好評だったために、今回再演となった作品なのです。それだけにチケットも連日満員御礼の大人気。線路を思わせる舞台セットのなか、噂に聞いていた相当に濃いセリフのオンパレードが始まりました!

「ようこそここまで北参道!」

「これからどこへ池袋?」

 などなど、駅名がセリフにこれでもかというくらいくっついてくるのです!

 もう、それだけで鉄子なら脳内にあちこちの駅の光景が浮かび、確実に大興奮もの。駅名の連呼だけでも嬉しいのに、路線同士が複雑な人間模様を繰り広げるのですからたまりません。

意味不明寸前の濃厚マニアックワードの連発

 次第に関係がディープになってくると、とめどない空想に追い打ちをかけるような巧みなセリフが次から次へと覆いかぶさってきます。

「ほらみろ、もうお前の青山は一丁目だ!」

「口ではそう言ってても、こんなにも清澄白河だぜ、お前の水天宮前は」

 ああ……っ!

 最高すぎます……っ!

 よくぞこんな脚本を書いてくださいました!と拍手を送りたい思いで胸がいっぱいでした。客席でも笑いが起きたり、頷いていたりと、皆さんノリノリで見守っています。

 女優さんも出演するからか半数が男性客でしたが、みなさん喜んでくれているようです。かつてこんなことがあったでしょうか。殿方と一緒にこんなにも楽しめるBL舞台が……!

不倫も百合もいっしょくた

物販コーナーまで駅名表示のようにデコレーション(写真:内藤みか)
物販コーナーまで駅名表示のようにデコレーション (写真:内藤みか)

 こんなに濃いBLですでにお腹いっぱいですが、さらにこれに丸ノ内線と南北線の昼メロ的な不倫やゆりかもめでの同人誌即売会的な百合模様なども重なり、事態はどんどん、そう、東京の路線図のように複雑化していき、目が離せなくなっていくのです。個人的には丸ノ内線が私の脳内妄想と同じく色っぽい熟女だったのが眼福でした。

 BLにとどまらない妄想を繰り広げたうえに2時間以内でまとめたこの作品、あっぱれとしか言いようがありません。心憎いことに、物販コーナーまで駅名表示のようにデコレーションされていました。嬉しくなって台本も購入し、萌えゼリフを読み直してはニヤニヤしています。もっと大勢の腐鉄子さんに駅名シャワーを浴びていただきたいので、この作品がシリーズ化され、続編が上演される日を心待ちにしています!

内藤みか
記事一覧
作家
著書80冊以上。大学時代に作家デビューし、一貫して年下男性との恋愛小説を書き綴る。ケータイ小説でも話題に。近年は電子媒体を中心に活動。著書に「あなたに抱かれたいだけなのに」など。イケメン評論家として、ホストや出張ホストなどにも詳しい。
XInstagram

エンタメ 新着一覧


北乃きいは《ぽちゃぽちゃが超かわいい》定期的に激変ぶりが話題に…“豪快キャラ”今後は?
 15日放送の日本テレビ系バラエティ番組『上田と女がDEEPに吠える夜』に出演した女優の北乃きい(33)。【ひとり好き女...
2024-05-17 17:03 エンタメ
フワちゃん機中の問題行動を暴露され大炎上! "次に消えるタレント"が…しぶとくサバイブのなぜ
 タレントでYouTuberのフワちゃんを巡るエピソードがまた炎上中だ。5月9日に更新された千原ジュニア(50)のYou...
2024-05-16 17:03 エンタメ
「僕じゃ駄目かな」あすなろ白書のキムタクを想起、優三渾身のプロポーズ
 寅子(伊藤沙莉)は、弁護士として社会的な信用を得るためにお見合いをさせて欲しいと直言(岡部たかし)とはる(石田ゆり子)...
桧山珠美 2024-05-16 16:43 エンタメ
事件はいつも「あの階段」で起こる! 岩ちゃん演じる花岡もう婚約
 晴れて弁護士になったが、女性であることを理由になかなか依頼をしてもらえない寅子(伊藤沙莉)。「女の幸せより大事なものか...
桧山珠美 2024-05-15 15:00 エンタメ
炎上芸人・粗品は松本人志にビビってない!キンプリへの暴言も計算済み?
 2018年にコンビとして『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)のチャンピオンとなり、2019年にピン芸人として『R-1ぐ...
堺屋大地 2024-05-15 06:00 エンタメ
井上真央「結婚説」否定から長すぎる”動向不明”…新作出演なし1年超に心配の声広がる
 井上真央(37)が新作に出演していない期間が1年を超え、芸能界では徐々に心配の声が出始めている。今年1月、新春番組で「...
2024-05-14 17:03 エンタメ
水原一平事件「ドラマ化」米国では即決、日本では実現ムリ…識者が指摘する数々の障壁
 ドジャース大谷翔平(29)の元通訳・水原一平被告(39)の横領事件が「エンタメのネタ」になり始めた。アメリカにおいてテ...
2024-05-14 17:03 エンタメ
「握手」の演出に伏線?寅子と花岡は友情の証、優三のそれとは真逆だった
 寅子(伊藤沙莉)の1年先を行く花岡(岩田剛典)は司法修習後の試験に合格。どうしても早く伝えたいと寅子に電話をしてきたの...
桧山珠美 2024-05-14 16:00 エンタメ
生田斗真「無痛分娩おねだり」発言でP&Gに問い合わせ殺到 「ノーコメント」貫くCM企業の苦しい胸中
 生田斗真(39)の舌禍が尾を引いている。生田は5日、インスタグラムのストーリーズで集まったファンからの質問に答え、その...
2024-05-13 17:03 エンタメ
浜崎あゆみの足の形は日本人の中では少数派だった! 過去には池田エライザも話題に
 歌手の浜崎あゆみ(45)が5月10日、インスタグラムに自撮り写真など5枚を投稿。うち4枚は自身の手のネイルを披露するも...
2024-05-13 18:28 エンタメ
滝沢カレン似モノマネ芸人らいるRIEさん 乳がんを初告白…GW前に手術、宣告と経緯を聞いた
 滝沢カレンのモノマネで知られる女芸人、らりるRIEさんが乳がんになったことを日刊ゲンダイで初告白。GW前に手術が終わっ...
2024-05-12 17:03 エンタメ
あぶ刑事ヒットならドラマ化も?柴田恭兵の“枯れた老人”は世を忍ぶ仮の姿
 先月までNHK-BSで放送していた「舟を編む~私、辞書つくります~」はなかなか素敵なドラマでした。  三浦しをん...
中森明菜ついに復活!会員限定イベントは10億円稼ぐとも トラブル続きだった歌姫の売り出し方
【城下尊之 芸能界ぶっちゃけトーク】  このところ記事や動画で中森明菜(58)の情報を見たり聞いたりすることが増えてい...
2024-05-11 17:03 エンタメ
映画『広末涼子』(仮)の鳥羽氏は中盤キャラ?スキャンダル史まだ続く説
 昨年6月、人気シェフ・鳥羽周作氏とのダブル不倫が報じられ、無期限の謹慎処分を受けていた広末涼子。その後、夫だったキャン...
堺屋大地 2024-05-11 06:00 エンタメ
大谷翔平のパンツめぐり荒唐無稽な“陰謀論”…前後逆にはくのは「メッセージ」と信じる人々
 米連邦検察は日本時間5月9日、ドジャース大谷翔平(29)の通訳を務めていた水原一平容疑者(39)が銀行詐欺と虚偽の納税...
2024-05-10 17:03 エンタメ
花岡(岩ちゃん)、寅子に匂わせプロポーズ!?でも黄色いバラの花言葉は…
 とうとう合格した寅子(伊藤沙莉)、先輩の久保田(小林涼子)、中山(安藤輪子)。そして寅子と合格者が3人も出たことで、廃...
桧山珠美 2024-05-10 15:30 エンタメ