路線図を見て萌える 「腐鉄子」が楽しめる濃い演劇は超満員

内藤みか 作家
更新日:2019-05-09 06:00
投稿日:2019-05-09 06:00
 鉄子とは、鉄道好きな女子のこと。腐女子とは、BL好きな女子のこと。そしてこの2つの趣味が”合体”したのが腐鉄子という存在です。鉄道の路線図を見ながら「ここで半蔵門線が銀座線と重なって……」などとあらぬ妄想を楽しむなかなかレアな存在なのですが、そんな腐鉄子さんが楽しめる舞台『堕天使は薄い本を閉じて』に、行ってきました!

鉄道好きの究極の楽しみは、鉄道の擬人化!

鉄道を擬人化する世界とは(写真:iStock)
鉄道を擬人化する世界とは (写真:iStock)

 実は私も隠れ鉄子かつBL好きです。その中でも特に寝台列車が好きで、北海道に往復カシオペアという寝台列車で行ったほどです。まだ路線図を見て萌えるという腐鉄子にまでは到達できていませんが、その素養は十分にあるらしく、知り合いから「こんな舞台がある」と教えてもらった時は胸が踊り、勇んでチケットを予約してしまいました。

 今までも、鉄道を擬人化したBL風の舞台はいくつかあったのですが、今回の舞台に食指が動いたのは、それがBLだけにとどまらないからでした。普通の男女の話もあり、さらに百合(女の子同士の恋愛)もありと、てんこ盛りだというではありませんか。私もかねてより脳内で鉄道を機関車トーマスのように擬人化することがあるのですが、女性の車両もあるんです。たとえば東京モノレールは私の脳内では天使のような女の子キャラなので、女子化した鉄道にも強い関心がありました。

駅名連呼のマニア垂涎の脚本!

路線同士が複雑な人間模様を繰り広げる(写真:iStock)
路線同士が複雑な人間模様を繰り広げる (写真:iStock)

 実はこの『堕天使は薄い本を閉じて』(Bixbite Createプロデュース公演)、2018年に初演し、好評だったために、今回再演となった作品なのです。それだけにチケットも連日満員御礼の大人気。線路を思わせる舞台セットのなか、噂に聞いていた相当に濃いセリフのオンパレードが始まりました!

「ようこそここまで北参道!」

「これからどこへ池袋?」

 などなど、駅名がセリフにこれでもかというくらいくっついてくるのです!

 もう、それだけで鉄子なら脳内にあちこちの駅の光景が浮かび、確実に大興奮もの。駅名の連呼だけでも嬉しいのに、路線同士が複雑な人間模様を繰り広げるのですからたまりません。

意味不明寸前の濃厚マニアックワードの連発

 次第に関係がディープになってくると、とめどない空想に追い打ちをかけるような巧みなセリフが次から次へと覆いかぶさってきます。

「ほらみろ、もうお前の青山は一丁目だ!」

「口ではそう言ってても、こんなにも清澄白河だぜ、お前の水天宮前は」

 ああ……っ!

 最高すぎます……っ!

 よくぞこんな脚本を書いてくださいました!と拍手を送りたい思いで胸がいっぱいでした。客席でも笑いが起きたり、頷いていたりと、皆さんノリノリで見守っています。

 女優さんも出演するからか半数が男性客でしたが、みなさん喜んでくれているようです。かつてこんなことがあったでしょうか。殿方と一緒にこんなにも楽しめるBL舞台が……!

不倫も百合もいっしょくた

物販コーナーまで駅名表示のようにデコレーション(写真:内藤みか)
物販コーナーまで駅名表示のようにデコレーション (写真:内藤みか)

 こんなに濃いBLですでにお腹いっぱいですが、さらにこれに丸ノ内線と南北線の昼メロ的な不倫やゆりかもめでの同人誌即売会的な百合模様なども重なり、事態はどんどん、そう、東京の路線図のように複雑化していき、目が離せなくなっていくのです。個人的には丸ノ内線が私の脳内妄想と同じく色っぽい熟女だったのが眼福でした。

 BLにとどまらない妄想を繰り広げたうえに2時間以内でまとめたこの作品、あっぱれとしか言いようがありません。心憎いことに、物販コーナーまで駅名表示のようにデコレーションされていました。嬉しくなって台本も購入し、萌えゼリフを読み直してはニヤニヤしています。もっと大勢の腐鉄子さんに駅名シャワーを浴びていただきたいので、この作品がシリーズ化され、続編が上演される日を心待ちにしています!

エンタメ 新着一覧


どぶろっく・江口直人さん ランジェリーを使った個展を
【死ぬまでにやりたいこれだけのこと】  どぶろっく・江口直人さん(42歳)  ギターを使った音楽ネタでおなじみのお笑...
2021-01-18 17:03 エンタメ
ライブハウスで壮絶な最期を遂げた故・南正人さんを悼む
【ロフト創業者が見たライブハウス50年】#29  フォーク、ロック、レゲエのシンガー、吟遊詩人、いやヒッピーと呼ぶのが...
2021-01-18 17:03 エンタメ
二宮和也夫人 出産後の次の目標は白いチャペルで海外挙式
 発売中の「女性セブン」(1月28日号)が、「二宮和也パパになる! 妻と妊活500日」という見出しとともに、嵐の二宮和也...
2021-01-18 17:53 エンタメ
タブレット純さん 大竹まことさんと桜木紫乃さんとの一枚
【私の秘蔵写真】  タブレット純さん(タレント・46歳)  ムード歌謡漫談で知られるタブレット純さんは、昨年10月に...
2021-01-18 17:03 エンタメ
コロナで芸能リポーター消滅危機 後継者不足も浮き彫りに
 新型コロナ禍で緊急事態宣言が再び発令された今、テレビ界にも異変が起きている。 「ロケの多くが中止になり、スタジオの出...
2021-01-18 17:53 エンタメ
M-1最年長ファイナリスト錦鯉 今年の目標は“脱アルバイト”
【役者・芸人「貧乏物語」】漫才コンビ「錦鯉」  昨年末の「M-1グランプリ2020」で最年長のファイナリストとして話題...
2021-01-18 17:03 エンタメ
チケット即完売 激アツのスポーツ漫画「ハイキュー!!」の魅力
 Netflix日本法人が20年12月、人気の10作品を日ごとにランキング化する「今日のTOP 10リスト」から、20年...
2021-01-17 17:03 エンタメ
上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?
 女優姉妹はどっちが活躍できるか。2組の人気姉妹に逆転現象が起きている。  上白石萌音&萌歌。どっちが姉? という人、...
2021-01-18 05:48 エンタメ
板野友美もプロ野球選手と結婚 元AKBメンバーは今が充実期
【桧山珠美 あれもこれも言わせて】  元AKB48の板野友美が結婚した。相手は6歳下のヤクルト・高橋奎二投手。10日「...
2021-01-18 05:48 エンタメ
"親方"の言葉を支えに舘ひろしが咲かせた「大根の花」
【今週グサッときた名言珍言】 「(渡哲也が)『お前がウチに来て、つらいこともあると思うけど、傷をなめ合っていこうな』っ...
2021-01-17 17:03 エンタメ
吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ代役が転機
「女が嫌う女」の各種調査で上位の常連である吉岡里帆(28)に微妙な変化が見え始めた。吉岡は週刊女性の恒例企画「女が嫌いな...
2021-01-18 05:48 エンタメ
広がる大臣や知事のリモート会見はテレビカメラマン泣かせ
 遅すぎた緊急事態宣言では新型コロナウイルスの感染拡散は止まらず、知事や医師は連日のメディア会見で危機を訴えているが、こ...
2021-01-17 17:03 エンタメ
「大物になりたいならワルになれ」を金魚に教えられた俺
【ダンカンの笑撃回顧録】#75  師匠の談志の海外出張落語会の最中に師匠宅で一人大宴会を催し、その結果、袴が畳めない大...
2021-01-17 17:03 エンタメ
森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機
 女優・森七菜(19)の今後を心配する声が上がっている。  森は15日までに自身のインスタグラムのアカウントを削除し、...
2021-01-17 10:08 エンタメ
NHK世論調査に疑問 政府、五輪組織委、安倍前首相に忖度か
 NHKが今月9~11日に実施した世論調査をめぐり不可解なことがあった。調査結果は、12日夜のニュース(午後7時と9時)...
2021-01-16 17:03 エンタメ
橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道
 女優・橋本環奈(21)のファンから悲鳴が上がっている。理由は9日配信の「日刊大衆」がUSENの宇野康秀会長(57)と“...
2021-01-17 10:08 エンタメ