「この人と合わない」でも“心の扉を開いた風”に見せる3カ条

おくげちゃん 漫画家・イラストレーター
更新日:2022-11-04 06:00
投稿日:2022-11-04 06:00
「この人とは合わないな」と感じたら、みなさんはどうしますか? 私は心の扉がものすごく重厚で、一度ダメだと思うと再び心を開けないタイプです。
 そして私みたいなタイプは、損するケースも多いなと感じます。だからといって、急にオープンになるのは怖すぎる。なんかうまい方法はないでしょうか?
 どろんぱでは、何やらモジョ子が青い顔をしています。

 

 

 

(漫画:おくげちゃん)
(漫画:おくげちゃん)

 

オープンな人”っぽく”見せられたら◎

 わだかまりの解消って、カンタンにはできませんよね。

 人間関係にトラブルは付きものですが、私はそういう状態になると心の扉が完全に閉じてしまって、また仲良くするのがうまくできません。

 とくに相手から何かされた場合、執念深いのでずっと覚えています……。

 そこで嫌がらせをしてきた相手をまるっと受け入れられる、器のでかいママに聞いてみました。

「どうしたらそんな風にまた心を開けるの?」

 するとママからは、「心を開いてるわけじゃないよ」と言われ、3つポイントを教えてもらいました。

許せない人と接する時のポイント

・全体のメリットを考える
・相手の態度をミラーリングする
・本当に大事なところにはカギをかける

 例えば、どろんぱを出禁になったお客さんでも、来れば店の売り上げになります。それはお店にとっては喜ばしいです。

 次に、相手が自分にとっている態度をそっくりそのまま返してみます。

 こうすれば不公平感を減らせるし、相手側にも「自分がとっている態度」をわかってもらいやすくなります。

 そして最後に、全部のカギを開ける必要はないのです。

 相手をどこまで立ち入らせるかの線引きを明確にすると、悩む時間を減らせます。この3つを守っていれば、周りからは受け入れている”ように見える”んだそう。

 苦手な相手、好きじゃない相手、人間だから必ずできてしまいます。

 神様じゃないんだから、どうしても許せないことはあります。だけど、自分も相手も傷つかずに関係を持続するテクニックは知っておいて損はないはず。

 なかなかすぐには実践できませんが、次にチャンスがあれば私も頑張ってみたいです。

登場人物紹介

モジョ子、ママ(漫画:おくげちゃん)
モジョ子、ママ (漫画:おくげちゃん)

モジョ子:自信がほしい主人公。出禁だったお客さんがしれっと飲みに来て、ママがそれを受け入れたのでビックリしたみたい。今回の件で、よりママを尊敬する気持ちが強くなった。

ママ:どろんぱのママ。出禁にしたお客さんでも、相手の態度によってはまた受けいれる場合があるそう。しかし、調子に乗ってるなと感じたら今回みたいな対応も……。ママいわく、図太い相手には図太い態度で。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


あなたは受け恋?追い恋?11月28日~12月4日エレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”のごはん場へGO!みんなで仲良くたくさん食べてね
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
観葉植物がすぐ枯れる!購入前に知りたい5つの原因と選び方
 部屋の中に観葉植物があると、それだけで素敵な雰囲気に変わりますよね。しかし、観葉植物を枯らしてしまった経験があると、欲...
最期のLINEは「大好きだよ」忘れられない女友達の感動の言葉
 あなたにとって女友達とはどのような存在でしょうか? もしかしたらその友達は、あなたを救う女神様かもしれません。  今...
この季節特有? 浮足立つ気持ちは何だろう 2022.11.27(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
誰かに紹介する?したくない?付き合う人の選び方は単純明快
 親や先輩から「付き合う人は選んだほうがいいよ」と言われた経験はありませんか?  お恥ずかしいのですが、私は30歳に...
「授乳するの気持ち悪い」と落ち込んだ日 2022.11.25(金)
 皆さん、授乳にどんなイメージを持っていますか。母と子が触れ合う大切な時間? 母親が自らの栄養を子に分け与える神聖な行為...
汚部屋ではないけれど…「片づけられない女」を卒業したい!
 自分の部屋を見回したとき「ぐちゃぐちゃしてる」「誰にも見られたくない」と感じる人は、もしかすると「片付けられない女」か...
日向ぼっこで免疫力アップ! 自慢の“たまたま”もフワフワに
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
花屋解説!コロナ禍の「喪中ハガキ・メール」お悔やみマナー
 今年もあと1カ月程度。猫店長「さぶ」率いる我がお花屋さんも、年末の準備をしなければいけない時期になっておりました。 ...
【アラフォー子羊の悩み】夫と10年レス、女として終わり?
 「予言より当たる!」と話題沸騰! 毎月お届けしているルノルマンカード(※)の「星座別パワーワード占い」が人気を集めてい...
「勤労感謝の日」働く自分やあの人に感謝!2022.11.23(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
SNS疲れしたあなたへ 30代は“中途半端な人間関係”の清算を
 いまや年齢に関係なく、多くの人が「使いこなして当たり前」のSNS。でも、表情も声色(こわいろ)も分からないSNS投稿で...
女から嫉妬されやすい女性の特徴 無意識ほど怖いものはない
 女性の中には、「なぜか同性から嫌われる」という人がいます。相手に何かしたわけでもないのに、初対面から嫌な態度を取られた...
「アヒル隊長 大冒険セット」再販に歓喜! 2022.11.22(火)
 昨年11月、数量限定発売されたバスクリン「きき湯とアヒル隊長 大冒険セット」。現在、再販しているのを知っていますか? ...
白×黒柄のカモフラ!? めちゃ尊い“たまたま”に心が洗われる
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...