「この人と合わない」でも“心の扉を開いた風”に見せる3カ条

おくげちゃん 漫画家・イラストレーター
更新日:2022-11-04 06:00
投稿日:2022-11-04 06:00
「この人とは合わないな」と感じたら、みなさんはどうしますか? 私は心の扉がものすごく重厚で、一度ダメだと思うと再び心を開けないタイプです。
 そして私みたいなタイプは、損するケースも多いなと感じます。だからといって、急にオープンになるのは怖すぎる。なんかうまい方法はないでしょうか?
 どろんぱでは、何やらモジョ子が青い顔をしています。

 

 

 

(漫画:おくげちゃん)
(漫画:おくげちゃん)

 

オープンな人”っぽく”見せられたら◎

 わだかまりの解消って、カンタンにはできませんよね。

 人間関係にトラブルは付きものですが、私はそういう状態になると心の扉が完全に閉じてしまって、また仲良くするのがうまくできません。

 とくに相手から何かされた場合、執念深いのでずっと覚えています……。

 そこで嫌がらせをしてきた相手をまるっと受け入れられる、器のでかいママに聞いてみました。

「どうしたらそんな風にまた心を開けるの?」

 するとママからは、「心を開いてるわけじゃないよ」と言われ、3つポイントを教えてもらいました。

許せない人と接する時のポイント

・全体のメリットを考える
・相手の態度をミラーリングする
・本当に大事なところにはカギをかける

 例えば、どろんぱを出禁になったお客さんでも、来れば店の売り上げになります。それはお店にとっては喜ばしいです。

 次に、相手が自分にとっている態度をそっくりそのまま返してみます。

 こうすれば不公平感を減らせるし、相手側にも「自分がとっている態度」をわかってもらいやすくなります。

 そして最後に、全部のカギを開ける必要はないのです。

 相手をどこまで立ち入らせるかの線引きを明確にすると、悩む時間を減らせます。この3つを守っていれば、周りからは受け入れている”ように見える”んだそう。

 苦手な相手、好きじゃない相手、人間だから必ずできてしまいます。

 神様じゃないんだから、どうしても許せないことはあります。だけど、自分も相手も傷つかずに関係を持続するテクニックは知っておいて損はないはず。

 なかなかすぐには実践できませんが、次にチャンスがあれば私も頑張ってみたいです。

登場人物紹介

モジョ子、ママ(漫画:おくげちゃん)
モジョ子、ママ (漫画:おくげちゃん)

モジョ子:自信がほしい主人公。出禁だったお客さんがしれっと飲みに来て、ママがそれを受け入れたのでビックリしたみたい。今回の件で、よりママを尊敬する気持ちが強くなった。

ママ:どろんぱのママ。出禁にしたお客さんでも、相手の態度によってはまた受けいれる場合があるそう。しかし、調子に乗ってるなと感じたら今回みたいな対応も……。ママいわく、図太い相手には図太い態度で。

おくげちゃん
記事一覧
漫画家・イラストレーター
酒呑みまんが家。ふしぎで妖しい話を描いています。就活が嫌すぎて3年間ドイツに逃亡するなど放浪癖あり。京都市出身、東京在住。水商売歴10年。XInstagramでは毎日漫画を更新中。実績などはこちら

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


【45歳からの歯科矯正】ワイヤー装着し14カ月、別のワイヤー着けた!?
 昨年4月に歯科矯正(表側のワイヤー矯正)を始め、14カ月が経ちました。「やり始めてしまえば、あっという間ですよ」(主治...
【独自】ホスト嫌いのラッパーが歌舞伎町に喝!「ポンコツどもを俺が鍛える」RYKEY DADDY DIRTYインタ
 東京・八王子に生まれ、中学生の頃から暴走族やギャングといったアウトローの世界を生きてきたラッパー、RYKEY DADD...
【独自】全身タトゥーや元受刑者も⁉️ 歌舞伎町に誕生したラッパーだらけのホストクラブが異次元だった
 なにかと悪評が絶えないホストクラブ業界の聖地、新宿・歌舞伎町に斬新すぎるお店が誕生。人気ラッパーで発信力も持ち、インフ...
大バズり流行語5選、理解してる?40代でも話についていけるように解説
 2024年も半分が過ぎ、振り返ると今年の上半期もさまざまな流行語が登場しました。40代の皆さんが聞き馴染みのない言葉も...
330円って本気? 職人が作る高見えグッズ、ダイソー姉妹店で見つけた!
 ダイソーが提案する新しいブランド「スタンダードプロダクツ」で、日本が誇る職人技の商品をコスパ良くゲットしてきました。 ...
現金より危険な面も…「電子マネートラブル」よくある事例と3つの対策法
 近年、現金を持ち歩かず、電子マネーを利用する人が増えていますが、それに伴って急増しているのが、電子マネートラブルです。...
親子でしっぽシマシマ隊! チビ“たまたま”がすくすく育ちますように
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
命がけで庭の雑草駆除、今年もやるの?ローメンテを叶える夏の雑草対策
 雑草が気になる季節になりました。「雑草」という植物なんて無いねえ~と言われちゃえばそれまでですが、道端はまぁいいとして...
トレンド入り「猫ミーム」インフルエンサーの投稿じゃないのになぜバズる
 2024年春、突如日本のSNSシーンで流行し始めた「猫ミーム」というカルチャー。日本だけでなく、今世界で流行し、そして...
え、ハブられてる? ママ友に嫌われる言動ランキング&上手に付き合う術
 子育て中の女性が必ず直面する「ママ友との付き合い」。気の合う人に出会えれば、情報交換や悩みごとを共有できる仲間として心...
カスハラとクレームの違い 料理が30分経っても出ないから文句言ったら?
 パワハラ、セクハラ、モラハラ…。最近何かと「ハラスメント」という言葉を耳にしますよね。その中でもここ数年でよく見聞きす...
「風呂キャンセル界隈」失敗談 足の臭いでバレ!自分を奮い立たせる方法
 ネットスラングで「風呂キャンセル界隈」というワードが話題になっています。読者の皆さんの中にも、その日の入浴をキャンセル...
丸見え族、参上! うさぎシッポの“たまたま”君にロックオン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
何をそんなに怒っているのだ?
 何をそんなに怒っているのだ?  東京都庁近くにて。
ほっこり癒し漫画/第75回「ヘルプみーこ」(後編)
【連載第75回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
【難解女ことば】「小女子」ってなんて読む? ヒントはご飯が進むもの。
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...